2010年1月アーカイブ

2010年1月17日

ウイーン NewYearConcert

NHK BSで正月ウイーンからHappy New Year コンサートが中継されます。

S氏から届いた録音CDを視聴しました。

昨年の音よりもいいのでは?という気がしました。

今回はBS-hiからの録音でムジークフェラインでの収録方法が吊りマイク数を増やしゾーンごとに狙ったのでクリアなサウンドで収録出来たのではないかとのご見解でした。

素晴らしい音色を聴きながら熟成ワインとで昔31歳ウイーンオペラ座前5列目で歌劇「魔笛」感激したことを正月に思い出すひとときです。

stage.jpg

オーディオ技術雑誌に投稿するほどの超プロ級達人S氏に相談し、当方の限られた予算内で、製品発表後今もなお評判高い機器をバランスよく組み合わせて、一応、『オーディオが趣味です』と言える最低限度スレスレのシステムを昨年冬の間に構築できておりました。

◆CDプレヤー デノン           

  1991年発売 DCD-1650GL 20bit4DACΛ   取得1/4

  安定した駆動メカ、音の深さ

http://denon.jp/museum/dcd1650series.html

◆プリメインアンプ デノン     

  2005年 PMA-2000AE  160W+160W    展示品取得1/2

  大容量電源で低域表現の重厚さ

http://denon.jp/products2/pma2000ae.html

◆SPシステム ダイヤトーン 

  1988年 DS-77Z  

  2.5cmボロン化チタン+10cmΦ+31cmΦ  @29kg 取得1/45

  ボロンの澄んだ高域表現、高剛性キャビネット、アラミド繊維コーン

http://page.freett.com/knisi/diatone2.htm

プラス、HiFi専用SPケーブル、太い電源ケーブル。

この構築を通じ、名器はマニアの厳しい評判で選ばれるジャンルと理解出来ました。

同輩S氏とは放送通信業界メーカー出身でかって一緒に仕事したことあります。

放送制御が専門で趣味のオーディオでもこれほどの超トップクラスは知人では見当たりません。

SPはダイヤトーン2S-3003(1990年)2way@54kgペア300万円はじめ複数お持ちでそれに見合う複数の名器と言われる機器で構成されるシステムを宝の山と所有し、レトロ真空管アンプも自作。業務用スイススチューダマルチトラック録音機など自宅に放送局用機器がところ狭しとぎっしりあり、並みではありません。

実際に耳に聞いて名器の評判を自ら確認判断をされて来られた経歴を素人が拝見すれば、散財もので奥が深いからやるからには名器を買っては試してはと自分に納得がいくまで探し続けなければならない、極言すれば、蟻地獄的要素を持つのがオーディオ趣味。素人は手を出したら家庭騒動になるジャンルであることは古今東西変わりません。

氏からのアドバイスは貴重でした。

わが予算のせいで最低限度は無理だったすれすれにレベルダウンせざるを得ずも「一応オーディオが趣味です」と言えるシステムで最適化出来たことはまことに幸運だったというしかありませんでした。

2010年1月15日

椎間板 無事でした

冬になると背骨のわき腹が痛むからとうとう大病院整形外科部長に「背骨かどうかはっきりさせたい」とレントゲン撮影を依頼しました。

新聞紙並みのフィルム(うっ、放射線被爆?それに高い検査料!)何枚から椎間板は年齢並みで異常なしと診断。整体院、ゴルフ続行OK、とのことでした。

柔軟体操を勧告されました。生来固い体系は認識済みです。

寒さ冷たさが原因で筋肉が収縮し痛み出たのかも知れません。

昨年富士山麓歩きゴルフの帰路のみ整体院でストレッチを今冬は毎週通院したおかげで風邪も花粉症もなしです。

健康維持のためのリハビリ開始はシニアの教養必須科目として自分でカリキュラムを作るしかありません。

4月から介護予防推進センター健常維持対象者に選ばれマシントレーニング教室の生徒で専門家の指導受けるので、市営スポーツジムでの鍛錬の基礎データ確認に絶好の機会と捉えています。

chair.jpg定年後SOHO書斎の椅子を探しました。

北海道の倉庫に眠っていた中古品発見(新品価格の1/6)。なんと輸送途中破損したため保険で幸運にも新品に様変わりしました。

椎間板への当たり板上下ずらせ背骨のラインを重視した設計。直立では座席が前に傾斜し背骨が自然にまっすぐに。座席前後、肘掛高さ、枕高さ、各部位の弾力強さなど、分割された椅子の部位を姿勢に応じ調整可能できるから自分の体系や使い方に合わせられる。人間工学的には市場では一番よく完成しているチェアである。


stand.jpg

富豪が集まる賭博の町ラスベガスにある有名なホテルを覗けば世界中の国宝級の芸術展示会が安く観賞できます。

あるホテルのショッピングアーケードのお店の中にこのセザンヌの像がありました。

シニアになってもこのくらい姿勢が良ければ申し分ない!そんな見本です。

【国際放送機器展示会がヒルトンコンベンションで開催、2001年撮影】

2010年1月11日

警報器 取り付けました

義務化されたので火災・煙感知警報機を取り付けました。

各部屋に取り付けると1世帯でも決して安くありません。

@3~-4千円と高すぎるから国や自治体が支援金を出すべきではないでしょうか。

通販最安値を探したら@1500円ほどであったので注文し自分で取り付けました。

火災警報機は本来台所だけでいいだけど、念のため、他の部屋の煙感知警報機の他に、電気製品の多い書斎SOHO、お袋の部屋にも取り付けました。

また消火器もテレビ報道を見て期限切れ効果ないとことなので新品に交換しました。

hotel.jpg火災警報機と言えば、滅多に経験しない苦い思い出があります。

現役時代ロンドン出張時、公園の近くの昔からあるホテルに宿泊、夜遅くチェックインしてトイレに座ったら眼の前のドアの背面に大きく火災時避難の方法が書いてありました。

それを読んでいる最中に館内にベルが突然鳴りだしアナウンスが響きました。

慌ててトイレを出た時はっと気がついた時、ショックでした!

入浴直前だったから下着姿だったし、急ぎ服を着て避難しなければならない!ところがベッドの上あちこちに着るものが散らばってたから慌てました。

そのうち消防自動車のサイレンも聞こえ始め停電になるかもしれない?と恐怖感が湧き焦るばかりです。

洋服を着始めてから間もなく「大事にならなかった」とアナウンスが繰り返されたのでした。避難が中断されたことは運が良かった。もしそのまま避難していたら、何が起こったか?と様々なシーンが頭をよぎると身震いしました。

それからはホテル泊まる際は、覚悟してオーガナイズしなくちゃいかん、と思いました。

上層階だったので肝を冷やした経験ゆえ、まず、それ以降チェックインする際に、なるべく低階層を頼んだり、また非常口を確認したりしました。

そして部屋に入ったら、普通は上着やコートがハンガーの一番上なるが、就寝時など非常時にすぐ対応するためには、体の内側からつまりワイシャツ、チョッキ、上着、コートの逆の順番に重ねておいたりハンガーを分けておいたりすればいい、と学びました。

また夜通しトイレ電灯は付けぱなしでドアを少し開けほんのりと室内の様子が判る程度にしておけば、まさかの時すぐ行動できる、そういう習慣がつきました。

いま自宅でも廊下や応接間などに避難誘導灯のLEDランプだけでなく、消灯しても光る蛍光性テープをドアノブ、階段降りる所、曲がり角、外のドアまで、避難経路の位置を表示するため貼ってあります。

備えあっても憂いがなきように、ダブルトリプル・・・安全策として。。。 

ミカン よく食べました

近くにある卸市場に行くとミカン箱売りしていて暮れからこの冬ビタミンC摂取で風邪予防のため何箱も食べました。

愛媛、和歌山、静岡あたりが多く流通していて市場で仕入れる方が小売店の半額近くずっと安いからです。

高齢化しそろそろサプリメントも必要な年頃かなとも思います。

この手を調べてみるとあるはあるは、ヒアルロンサン、グルコサミン、コンドロイチン・・・効果の実態を調べてみようと思います。

mikan.jpg

2010年1月 8日

自作PC グレードUP

毎年師走から正月にマザーボード、ビデオカードを一年前発売在庫品(取得1/5)を見つけHDDは最新に交換しOS再インストールし直しPCグレードアップします。

Vista Ultimate と XP pro とを起動時切り替え方式です。

XPを残す理由は所有アプリ財産を活用するためで、Windows 7はVistaと類似、安定するのを待つことにしています。新しいOSには飛びつきません。

CPU 286から30年間デスクトップPC自作してきました。

昔は秋葉原に部品なし、台湾から個人輸入したりし、IBM ノートも液晶や基盤部品を交換修理しました。

我が家は災害時対策のため、au(1ギガひかりインターネット)、NTT(電話)、CATV(テレビ)と乗換プラン活用しメディアを分散しています。

NTT電話2回線、auひかり電話2回線(FAX専用含む)あるのはSOHO環境と複世代だから。

業務用無線LANで遠隔SOHO用プリンタ、ノート屋内移動自由。電話もドアホン・子機同士転送可、どれが鳴っているか見つけるは脳活によし? gamePCMB.jpg 昨年かみさん用PC更新時には「これまで内助の功でよく頑張ってくれた」とご褒美にノートMacPowerBookPro新品(取得8/10)をプレゼントしました。

MacPCを買ったのはこれが初めてです。

一枚のアルミボディー削り出しケースの美しさ、傑作さはさすがMac!!

Intelハイッテルだから、WindowsVista 動いています!

http://www.apple.com/jp/macbookpro/design.html

 

2010年1月 6日

ワイン おいしい

今年は厳寒の気候だと思います。寒いと西独時代フランクフルトに住んでいた冬を思い出します。

ドイツ知人から遊びに来いと声がかかり田舎の彼の家に出かけると、早朝パンやさんに出向き出来たての玉ねぎ入りパンを買うのに付き合わされました。

また、ソーセージ屋でお気に入りを選びバーべQする夏も楽しいです。

そしていつでもワインはつきものなのがドイツの生活でした。

ドイツでは白が主だが当時ユーゴスラビア産の赤ワインもよく飲んでいました。週末になると夜遅くまで歓談しながら何本も飲む、「次はお前の番だ」と地下室からワインを代り番こに取りに行く。何本も空けても酔わず頭も痛くならないから不思議でした。

日本だとワインは酔いやすいという話を聞くが確かに気候風土のせいがあるに違いありません。ひとつは湿度がある、ドイツなど大陸は乾燥している。日本やイギリスみたいな湿気の多いところはワインはどうも、という人も少なくないと思います。

ポロフェノールが沢山含まれるから見直された赤ワインですね。

親父が生前赤玉ポートワインをよく愛飲していたが甘すぎた記憶があるけど、ドイツで飲んでいるワインはそんなに甘くない。カルフォルニアワインも同じ。

どうも日本人の我々世代はサントリー赤玉ポートワインの甘さを子供のころ試飲しワインを敬遠したに違いないと思います。

それにまだ日本ではワインが高いのが気に食わないともいえます。コーヒーみたいに飲んでいる欧米人並みのワイン生活になかなかならない。。。ま、いいでしょう。。。

redwine.jpg

2010年1月 5日

小寒 夜はまだ長い

冬至(12/22)、小寒(1/5)、大寒(1/20)、立春(2/4)と続きます。

冬は夜が長い。学生は蛍雪時代つまり蛍、雪の光まで使って夜遅く勉強する、そう言われた受験時代を思い出すでしょう。

夜でも頭の中は結構忙しく活動できる貴重な時間帯であります。

小学校の頃、親父勤務会社の外国関係の方に同級生がいて遊びに行くと、BBC放送を聞いておられた。友達と英語片言を教えてもらった。

「小さい頃から"将来外国に行く"と話していた」とお袋の弁でした。

その方から刺激を受けたのが英語とラジオ。家の中の置時計を分解組み立てたり、鉱石ラジオ、真空管ラジオ自作、次第に電気やメカに興味を持ち始め、海外を目指す心とが相乗効果になりました。

中学時代週三回夜 C.O.D .(Concise Oxford Dictionary) 英英辞書を持参し英語塾通いました。

大学時代ESS(English Study Society)。アルバイトし英語会話学校の短期講習を渡り歩いてみた訳は、どんな教え方どんな教材で教えているのかそこから逆に覚えるコツを探せば英語覚える近道があるのでは?英語構文主体、LL Language Laboratory=教師の声を聞きながら反復練習する方式とか、語学の方法論、英語圏の生活や背景にも興味が湧いて来ました。

ネイティブとのハンディギャップを如何に埋めるかが課題でした。

会社員になり夜学ロゴス英語学校シニア科在学中は大使館員が集うピアノバーに飛び込み英会話修業しました。

アマチュア無線始めた訳は英語学ぶ手段のひとつでした。

米軍アマチュア無線局のチャット仲間に招待され夜分英会話したりしました。

朝は豪州アマチュア無線局と英会話してから出勤しました。

しかし結婚後だったから「私とどっちが大事か?」迫られ証明すべく売却し手を切りました。

その後ハノーバー見本市にある局から日本を呼び出したのが交信最長記録。 

amateur.jpg夜は邪魔されないで勉強するのに素晴らしい時間です。

特に冬は寒いことで頭も冴え好都合。冬の夜の時間を大事にしたいです。

それにしても、今年は、寒い、寒い!

2010年1月 4日

旅行は シニアのオアシス

現役時代は仕事の忙しさを理由に家庭サービスをさぼっていました。

かみさんへのご褒美として昨年秋、知人から教えてもらった旅行会社CTを初めて利用しました。

紅染まる十和田湖・奥入瀬・抱返り渓谷・中尊寺 民話のふるさと遠野と美人の湯・湯瀬温泉】

JR一ノ瀬駅からバスで岩手県、秋田県、青森県を600km走破しJR盛岡駅に戻る二泊三泊小旅行。平日人数少なくガラ空きの大型バスで楽ちん。どこも込んでなく空いていました。

【青森県山奥高速道路で過疎化し地元の人だけが訪れる紅葉スポット2009年撮影】

koyo.jpg会社人生前半20年放送機器業界で働いた記念との口実で揃えたAVギアで。

HDTV ビデオカメラで撮影し50型TVに耐える高画質の進歩さに驚きました。

これで家族奉仕したり、年に何回か小旅行ができたらいいなあ、と思います。

◆1920フルハイビジョンビデオカメラ (取得1/2)

 Victor GZ-HD40 120GB 1920フルハイビジョンのまま最長50時間記録

 プラス、腰ベルト携行予備大型電池、レンズプロテクタ。

 新モデル発売で在庫処分(新)品特価キャンペーン外付1TGBハードディスク付。

http://www.jvc-victor.co.jp/dvmain/gz-hd40/index.html 

2010年1月 3日

ECHO LIFE 必須です

世の中エコ・エコ、エコでないと乗り遅れる気がする最近です。

資源がない日本は先進国の生活に憧れ追い越せと一生懸命働き大量生産でコスト削減し世界に輸出した奮闘。

そんな時代に働いた世代だったから親から受け継いだ節約精神は大事だと身に染みています。これは次の代に引き継ぐべき文化だと思います。

1970年初頭欧州に住んでみて発展した国がそのうち枯れた国になるという将来の日本が見えた気がしたのは、彼らのその節約さ、ケチ精神の徹底さが強烈だったからでした。

フランクフルトに旧オペラ座がある。歴史的には1880年完成、1944年空爆で廃墟、1981年再開場。

【爆撃で天井が落ちているのが判る。英語版Wikipediaより1958年当時写真】 

AlteOper.jpg1973年から住んでいた間まったくの廃墟跡のままだった。フランクフルト駅も廃墟のままで帰国するまで完成しなかった。日本人のペースではとても考えられない。

道路で歩道など補修が始まると路面電車のレールを曲げてからやる。時間をかけて丁寧に修復工事。昼間だけ仕事。「ドイツ人的徹底さ」はドイツ人の日ごろの口癖。

オペラ座の側に財閥ロッチルド家の名をとったロッチルド公園がありその界隈はオフィス街で、その近くの高層ビルの前に事務所を構えていたのでこのオペラ座広場にあるメーベンピックというスイス系レストランがランチの常連でした。

【屋根を付けて復刻したオペラ座。WikimediaCommonより】

operahaus.jpgここから、節約の本題に入ります。

フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(FAZ)という地方紙(戦前スパイ事件で日本で震撼させたゾルゲ事件、ゾルゲは同社の記者)があります。

金曜日15時発刊の夕刊紙は二つ折りで3cmほどになるのは、中身すべてが個人からの広告で埋まります。それは中古品販売情報です。

ルールは、最初に電話掛けた人に買う売る権利があります。

逆が大変。帰国する際私物を広告したら最初の人にすぐ売れるも、売却済みが判らない人々からの電話が何日間も鳴りっぱなしでした!

頑固さで有名なドイツ人も個性的なこだわりさを固持し伝統的に物を大事にする国民性にはほとほと頭が下がる思いです。

生活を楽しむのに高額な支払いする新品には不必要と徹底。自動車車、応接家具、家電、オッフィス家具、新品納期は数カ月待たねば鳴りませんでした。

理由は中古市場が発達していて人々は中古で十分と考えているから新品に関心がないのです。欧州のエコは昔からの文化といえましょう。

今のシニアライフは懐が寂しいからこれ真似るがよし。30歳この文化に触れて以来40年間エコライフを貫き我"半額王子"となりましたー。

3M(無理、無駄、むら)しないのは工業だけでなく、シニアライフにも通じます。

この日記の中では、新品(定価あるいは実販価格)に対して"取得1/7"という具合に表記し追い追いそれら節約の実績をご紹介できるでしょう。 

2010年1月 1日

気まま日記 始めました

Good Morning! 

仕事から自ら引退宣言したあとのシニアライフは、時間が沢山できたので自由にライフ設計がし易くなりました。

大まかな企画と工程表を作っても、生活スタイルをフレキシブルにやれます。

見たこと、したこと、気がついたこと、などなど、気ままに書き下ろしてみたいと、年があけ、2010年の新しいチャレンジです。

 

毎朝がサンデー・モーニングー!!!

ブランチしながら、きょうは、なにしようか・・・。

徒然なるままに・・・。

何か昔のことを思い出すかもしれません・・・。

morning.jpg

参考

☟ シニアライフのテーマを模索中だった2008年に、一人で制作したWebサイトがあります。模索の様子をそのまま描き下ろしています。

http://www.vivo-honda.jp

今後、カテゴリー別のWebサイトを構築する予定にしています。

現役時代のようにいつまでと締切宣言しなくていいのが楽なのがシニアライフですね。

cup.jpg

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2010年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2010年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。