2010年2月アーカイブ

2010年2月27日

チリ地震 発生しました

世界で5番目の規模M8.8の地震が発生

地球の裏側の日本沿岸まで

津波が到達し報道が過熱した


松本に宿泊したとき

明け方ベッドから飛び起き

「関東大地震だっ!」

TV見たら阪神・淡路大震災だった


出社してその経験を果たしたら

誰も信じてくれなかった


その後

信州大学のオープン講義で

岩盤の上沼地に市街がある

と知り自分だけ納得


その地震直後

関西出張時に現地に出かけた


高架電車が近づくと町並みは

(ブルーシートで)だんだんと青く埋まる風景

御影駅まで行けるも

その先不通


西宮駅前のデパートは

上層階まで壁を残し崩壊

自転車売り場か自転車がぶら下がっていた


階層押し潰されたビル


焼け焦げた鉄筋と異様な匂い


初めての体験


幼い頃疎開先の田舎で

「堤防が決壊するぞお」と叫ぶ声に

二階に避難一階水浸しになったことがあった

そのとき水害の怖さ知った


渡米中パームスプリングに

日帰りドライブ遊びに行った翌日

そこで地震が起きたニュースを見た


頑強な底つき登山靴

分厚い手袋、ヤッケ等、リュック

都内勤務ビルに置いていたこともあった


世界中どこにいても

ベストをその時尽くすしかない


まさかの時の備えとしてやれることは

限られている


【アメリカ国内ハブ空港"ルート66バー"で乗換時間調整時に撮影】

Break.jpg

空港で乗換便の時間空きに

こうしたバーに立ち寄る度に

社会勉強できた


アメリカ人が飲み物を注文するのを

注意深く聞けば

英会話の勉強にもなった


1969年初渡米時

「シーシーオンザロック」と注文しているのを聞いて

バーテンダーに「それって何?」と聞くと

瓶を取り出して「これだよ」と教えてくれた


カナディアン・クラブ

オンザロック=「C.C on the rock」

その後ずっと

それで相手に通じた


2006年渡米時

米国駐在日本人が

私が注文したら「それって何?」と聞くので

バーテンダーのところに行って事情説明し

瓶を借りてきて

「これだよと」

同じように説明しました

flap.jpg成田空港開港前に

新規納入する

インフォメーションシステムを

手掛けたチームに居た時は

世界中の空港システム物流など

裏方も含めて資料を集めた


当時はインターネット検索もない時代だから

国会図書館が頼みの綱だった


そのシステムとは

反転フラップ式案内表示板で

かなり大きな発着便表示板のこと


パタパタと音がして文字が変わる

あれ


手がけたシステムとは

表示板の前数mの位置に

工業用ビデオカメラを設置し

常時撮影した画像を

空港内あちこちに設置されているテレビモニターに

配信し表示するシステム


元祖はイタリアのソラリー社で

1960年代から世界中の空港で使用されていた

日本でも使われ

その後富士通が似たものを開発


この方式は特徴的に視認性が高いから

交通機関、競馬場など公共施設、ガソリンスタンドで活躍


元祖機械式で

長い期間使用されていた

その後は

LED、プラズマなどの電光掲示板が取って替わりつつある


2010年2月25日

トヨタ公聴会で 思うこと

今日米国下院公聴会にトヨタ社長が出席

オリンピック終われば

昔の日本車バッシング再現でぶり返すだろう


外人にすぐSorryと言わない

これ国際人の常識なのに

豊田社長の陳謝から始まった公聴会

いかにも日本人的手法で大きなミス!

訴訟多発覚悟!


大手企業には顧客満足(CS)や品質保証は根付いている日本

人間の目も自動車の目も安全を求める

電子制御より昔ながらのメカ的ブレーキ&アクセルの方が安心


くしくも同じタイミングで

ナショナル電気カーペット電源SW部分不具合あり交換する

お袋が通販先三越からの封書で

ナショナルに連絡したら

一週間以内に新品が届き

冬が終われば送り返す手配

 

 我が家はいまワゴン車派

歴代、車は下駄履きだ

として使用する家風だ


車検迎えた

昨夏8.5万kmクラウンンtアスリートVステーションワゴン

手放した

トヨタは乗り心地優先なので走行中ふわふわ

市街地はいいが

高速時安定性が悪かった

 

皆既日食の日発見した

MB 2004年C240 ステーションワゴン

(取得1/4)4万km


厳寒早朝乗車しても

トヨタクラウンよりも冷え込みさを感じない

室内気密さ抜群!


きめ細かいエアコンシステムなど

上位Sクラスと同等機能が凝縮されている

 

ドイツの車設計の考え方が

単純に実用的なのは

昔から変わっていなかった


ドイツ・ブレーメン製

2.5LV6エンジン、高剛性ボディー

固めのサスペンション、ミシュランタイヤ

高速道路の運転は安定している

 xenonlamp.jpgランプに特徴があり

Cクラス第二世代は

涙目タイプ

すぐ判る


カタログでは

橙色のハロゲンランプ+曇りガラス・ユニットが標準品

販売店整備工が

上位クラスの青白光色のキセノンランプ+クリアガラス・ユニットに

換装していた車だった


眼はクリア&パッチリ!

と若返っていたスタイルに

視認安全性も向上していた


MyCarMBC240.jpg 取得後

こんな復活をしてみた

 

2004年発売当時の車載電話装置は

MOVA携帯電話をコードに接続する方式


しかしドコモMOVAサービス廃止となり

「もはや役立たず」と諦めている所有者が多い


そこで手持ちのSoftbank携帯電話Bluetooth機能を利用し

自動車電話装置にワイヤレス接続させ

機能が使えるように復活させた


以前のように携帯電話をコードに接続する必要はなく

ポケットの中に携帯電話を携行したまま乗降車できる利点があり

より便利になって復活したわけ


この復活をヤナセなど正式ディーラーに問合せても知らなかったから

ハンズフリー自動車電話を復活させて楽しんでいるのは

世の中で自分だけかもしれない


シニアになっても

脳だけはいつも柔らかくしておき

何にでもチャレンジして見る機会を失いたくない

そのWill(意思)こそが大切だ

と思う

 

 ハンドル左手側のスイッチを操作し

メーターパネル画面に表示される電話帳で相手先を選択し

右手親指でハンドル右手側スイッチで

電話機受話器で呼び出す


相手につながると

室内のマイクとスピーカーとで会話ができる仕組み


多少の操作があるから

車のハンズフリーは厳密には各社100%となっていない

handsfree.jpg

車歴は長い

サラリーマンだからお金なくほとんどが中古車


1969年渡米時ハーツレンタカーで

いくつか乗ったが最小サイズのフェアレイン

「四畳半が動いた!」と記録が残っている


アメ車が大きいのに驚いた瞬間


結婚後間もなくローレル、サニー

1973年からの西独駐在ではドイツ車一通り乗った


帰国して

グロリア、ギャラン、地方勤務で帰省往復のため

中型に戻しルーチェロータリーエンジン

(ベンツに対抗すべく米国上陸した)セルシオ二代目

マジェスタ

帰郷後実用本位で

レガシーワゴン

クラウンアスリートVワゴン


そして、いま

MBワゴン


小回りがいい下駄履が気に入っている

数えてみたら日本での所有車歴10台目


 MBのEクラス以上は

昔からの豪華さ高級さがあるが

国民者的Cクラスはママチャリか下駄と見ている


ドイツに住んだ時

ドイツ人は車に対してそう思っていたから

まず洗車する人はいない

道具の一つだと思っている


日本以外は洗車しない

道具だと徹底している

日本人は

車は贅沢品と思うから

洗車するのかも


「ドイツ人的徹底性」

という言葉が好きなドイツ人がゆえに

手抜きはせずSクラスの機能を満載されている

普段着でもいいしお出かけ洋服でも両方OKの設計思想を実現

傑作逸品造りの魂には

それなりに感心させられるところ

 

あと5年したら枯葉マーク

やがて高齢化で車無しの生活か

と思うと寂しくなる


2010年2月18日

雪が 降りました

明け方までに雪が降りました。

一面雪一色になるも、雪かきするほどではなく都心の方が積もったようです。

関東平野南側太平洋を低気圧が通過した典型的な東京の雪でした。

松本時代北アルプスでフェーン現象で滅多に雪が降りません。降るとどか大雪で雪かきに追われました。

さぼると路面が凍結しツルハシで3cmほどの氷板を割ったこともありました。それら道具はいま滅多に使わないで済みます。

FebSnow.jpg
31歳西欧デモ行脚でスイス国営放送局訪れた際相手してくれた担当者がアイガー北壁に登ると話してくれた。
 
それから何年後にフランクフルトからスイスチューリッヒ、そして、ルツェルン市へドライブしました。
 
底の石ひとつひとつまで見える程透明度の高いルツェルン湖そしてユニークなカペル橋、向こうに見えるのがピラトゥス山2132m、世界一急傾斜走る歯車列車で展望台へ行きました。
 
自然が保護されて美しい国であることは小さい頃綺麗な切手で知っていたが、現場の美しさはこの世と思えなかったのは、当時の日本と比較してのこと。努力すれば綺麗に出来るのでは、と理解しました。
soup.jpg
冬はスープが似合う。大きな鍋に残り野菜でスープを作り暖をとる。

2010年2月12日

バンクーバ 冬季オリンピック

日本人、韓国人などアジア系移民の多いカナダ西海岸バンクーバーで開催された冬季オリンピックは室内で初めての開会式と閉会式でした。

1998年長野冬季オリンピックではビッグハット開催アイスホッケー試合カナダVSスエーデンを観戦しました。

その後、仕事でカナダ・トロント訪問時にアイスホッケー博物館を訪問。地元出身で引退したアイスホッケーの神様といわれるグレッツキー選手のレストランで食事しました。

今回アイスホッケー試合でも著名人として客席に現れて観客の敬服の視線を浴びていました。

【因縁の宿敵スエーデンに勝利したカナダの喜びを1998年長野で撮影】

canadawin.jpg 開会式(から閉会式まで)をパイオニアKUROプラズマ50型ハイビジョンテレビKRP-500Aで観賞しました。

画面の大きさ、細かい描写、肌の状態、真央ちゃんのメダル受賞のあとの涙と外れるマスカラ、クリアに臨場感が目の前から直に伝わり、セットのサラウンドシステムとでハイビジョン映像と5.1chとのホームシアターを楽しみました。

晩生(おくて)だったので同輩達が大型テレビを購入するのを羨ましく思っていて自分はいつになるか不明のまま我が家では大型テレビは高値の花でした。

ところが2009年パイオニアが採算割れでプラズマテレビ生産中止(出水工場閉鎖で社会問題化)を宣言したことを知りました。

大型TVは画質上液晶でなくプラズマでないとダメと決めていたので、慌てて購入する決断をし電気量販店を探し回りました。

動く物体が液晶画面だとどうしても尾を引いてしまうのが欠点(最近は何倍速という姑息な手段で欠点を隠そうとしている)があります。

プラズマテレビは従来のブラウン管テレビと同じ構造なので尾を引くことなく切れのいい美しく高細度に表現した画像を提供してくれるのが特徴です。

一方アナログ放送だと粗画面になるので小型テレビの方で見るのがいいです。

プラズマ自体は素晴らしいが、生産側からみると歩留まりが悪く高価なのがパイオニアが生産中止した原因でもありました。

つまり二度と現れない逸品だったので、購入せざるを得なかった訳です。 

KURO.jpg このショウ展示中の写真で判るように大型テレビ+サラウンドシステムとの組合せは確かに一般家庭には大きすぎるサイズです!
 
「こんなでかい物どうして持ち込んだの!?」と反応したお袋も今回オリンピックで楽しんでくれました。
 
しかしKUROシリーズは50型と60型と二種類しかなく、生産中止宣言がゆえに現物を探したとき遅しの感でどこの店でも見つからずやっと展示品として50型だけ一台が残っていたのを見つけたのでした。
 
お店でも生産中止だから展示しているテレビ本体、キャビネット、SPシステム、全部一緒に一掃したいからありえない超特価で払い下げてもらいました(取得1/2)。
 
この現物は普段電源入れず日曜お客様からリクエストがあった時のみ電源を入れていたほぼ新品の超お買い品。
 
大物入りでちょっと家庭騒動ものでしたが長時間のオリンピック観戦で家族もこの大きさに慣れ家具として認知されました。
 
◆Pioneer プラズマテレビ 50V型 KUROシリーズ KRP-500A
 
 
◆Pioneer ホームシアターシステム HTP-LX51 
 

2010年2月10日

花粉症 対策はじめました

毎年花粉症に悩まされる春は間近でしょうか。

朝一錠花粉症鼻水症状緩和服用薬を飲み始めました。

この薬は眠くならないので自動車運転するものには好都合です。

毎年、漢方的には、甜茶、ナツメの実、混ぜて煎じたり、驚くほど多い情報を参考にし良かれと思う方法を試したりします。

今年は冬の間整体院通いし体調がいいせいか症状が出ていません。hana.jpg

面白い話があります。
 
毎年4月にラスベガスで世界一大きい国際放送機器展示会NABが開催され、現役時代および定年後手伝っていた会社の輸出先アメリカ代理店の展示ブースで説明員をしていました。
 
渡米する直前には念のため花粉症の薬を持参するも、現地着いたらピタッと花粉症の症状が出なくなったのが不思議でした。
 
松井秀樹選手も花粉症だそうでNYからアナハイムに移住して本当に花粉症が再発するのか注目しています。たぶん出ないと思っています。
 
このアナハイムでは2001年オープン初戦で、野茂投手、ボーンズのホームラン、おまけとして、長谷川投手のボークも見れました。
 
インターネットで座席指定し購入し、球場で購入番号を窓口に示せば座席チケットに交換してくれます。

2010年2月 9日

雀が 住みついています

北側二階トイレ外の水槽カバー底板が外れ沢山の雀の巣が現れました。

昔から二階木製雨戸袋に住みつき今は水槽を根城になっていたのは知っていました。

庭の梅にある巣箱の餌に群がり庭仕事しても平気で地面の餌を食べに降りて来ます。

どうも馴れ馴れしいから我が家から巣立った子雀たち?だろうと思います。

birds.jpgサンディエゴ海岸でのスナップが下の写真です。

このテーブル左側で私がパンを食べていたら同じテーブルの端で待っている小鳥たち、知人が撮影で近づいても逃げませんでした!

観光客の餌付で慣れていたのかもしれません。

昔餌ロンドンの公園池の端で付けしていた老人の勧めで餌を持つ自分の手に止まった雀に吃驚したことがありました。

我が家のケースはどうも雀のお宿になっているから、庭でも図々しいのかも?

同じ屋根の下の住民だから、皮つき小鳥の餌を庭に撒いてあげています。  

sandiego.jpg

 

2010年2月 4日

ピアノ 習い始めました

2008年末に仕事引退したらPCキーボード触る時間が激減しました。

指運動の補完を見つけねばなりません。

学生時代お茶の水ビジネススクールで履修したレミントンタイプライターの手動叩くストロークに似たもの探したらピアノしかないと習おうと決断しました。

きょうは幼児の本からスタートしました。

シニアは月2回レッスンでいいそうです。

「幼児と違うのは楽譜が読めて音楽に慣れて意味が理解できるから大人の方がずっと進歩が速い」という美しい先生の言葉を信じて「頑張ろう!」と決意しました。

自宅では昔買ったが使ってなく御蔵に眠っていたカシオ電子鍵盤(普通のピアノが7オクターブ、これは5オクターブある)を持ちだし練習することに。

electoropiano.jpg

実は我が家に縦型ピアノがあるが使っていなかった間に、世間では騒音問題が厳しくなり家屋自体に部屋の防音工事が必要となっている。

その工事は費用がかかるから大変だから出来ない。ピアノの裏に吸音材を貼るなど方法はあるようだ。じゃ、ピアノの方で何か工夫が出来ないか調べてみた。減音するためのフェルトを厚くするとか工夫がありそう、いつかチャレンジしてみようか。

 

さて、指運動でいままでに最もきつかったのが手動式英文タイプライター。

大学卒業の春休み就活のため千駄ヶ谷お茶の水ビジネススクール英文タイプ科入学し15mm厚米国タイプ教本を修了しました。

当時は学生だからタイプライターが買えない。

昔読んだリーダースダイジェストには、一ダースなら安くなるという有名が実話があった。

それは子供が12人、だから子供たちは工夫する。

その中に紙のタイプライタで練習したとあった。

自分もそうして見たし、電車の窓から英文を見ると指を動かした。

正式には、各指の持ち場所はそれぞれ縦一列と決まっている、人差し指だけが二列。

ホームポジションは、左小指がa、左人差し指がf、右人差し指がj、右小指が;である。

 

ガッチャンガッチャンと叩くメカ式レミントンタイプライターです。

力のない小指操作が一番難しかった。

その後電動になるがのちも、業務用テレックス鍵盤が読み取り孔開きテープ作成するときガチャガチャと騒がしかったです。

海外や貿易部で仕事していた頃タイピングが肉体労働力仕事だったと覚えています。 

typewriter.jpg会社人生最後十五年間は情報サービス産業の会社勤務だったから、コンピュータソフトウエア開発社員たちは自分の子供の年代20-35歳と若い人たちばかりでした。

お付き合いの歌はポップス歌謡曲が定番でした。

カラオケで若い連中と歌を歌う羽目なりました。

若い人とのお付き合いだから演歌はほとんど歌えません。

お付き合いのため自分も若い人が歌う曲を覚えるしかありません。

しかし誰もが歌える歌を覚えても先に歌われたら努力が水泡に帰しえしまいます。

そこで新曲を覚えるか難しい曲かしか選択肢はなかったわけです。

さすればイントロが始まっても自分だとわかるから悠々と出ていけます。

この作戦実行は不可能と思われましたが、やるしかありません。

CDと楽譜と買ってオフには覚えることで必死でした。

おかげで無事にカラオケお付き合いをこなせました。

最近でもお付き合いしています。

一人十曲とノルマ押し付け、人数分x1時間予約する、これを提案しました。

みんな必死でエントリーし、自分も13曲歌えました。

最近では彩香の三日月やI blieve等を覚えたりと、相変わらず忙しいです。

脳を柔らかくする方法はいつでも試したいです。

その彩香は福岡のピアノ教室に通っていたそうです。

 

ピアノは音楽の基礎だと思いました。

ピアノ選択したもう一つの理由がここにあったと後付け理由にしています。

今年の冬に早速ピアノ教室の調査に入りました。

定年後の老人が流暢に弾いていたので質問、「あの人何年?」「初めてピアノ習う教室に入って6年目です」「えっ数十万円もかかっているの? 」教室通いは高額なので諦めました。

相談した美しいピアノ先生から手ほどきを受けることになりました。

2010年2月 1日

ネットハット 護美・美人

家庭ごみの収集方法が変わりました。

色別袋で仕分けし玄関先に出します。

この写真は初日でそのまま置きましたが他のお宅を見たら、犬猫防止のため錘のついた網が紛失・盗難防止のため紐で門にくくりつけていたので、なるほどと思い我が家もそうしました。

8:30までなるもピックアップは午後から夕方になること多し。市内どこもそうでした。

ネットの下部には錘があり強風でない限り舞い上がらない工夫がされています。

ご婦人の帽子ネットハット(通行人が"はっ!"と思わず見る)護美・美塵(ごみ美人)?

gomi.jpg ちなみに、このネットの商品名は、" カラスのあみちゃん "

 

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。