2010年8月アーカイブ

2010年8月31日

再開 歩きゴルフ

 

7月前半猛暑襲来、月末、肺炎罹病

8月前半治療そして静養

猛暑でぐったりしていた今年の夏

 

8月末になってから

ようやく、やる気が出てきた

 

・・・

 

早速、きょう

富士山麓でのオープンゴルフコンペに参加してきた

 

現地の道路上の気温パネルは20.5℃

やっぱり避暑地である

 

二か月ぶりのゴルフ

支配人、フロント、コンシェルジェ、マスター室

みなさん、懐かしく、迎えてくれた

とても嬉しかった

 

・・・

 

腕自慢の50歳代以下の若者たちが集まってくる

 

6月一緒した某氏は優勝した

賞品の無料券で次が2位でまた無料券貰い

きょうのプレーに参加している

 

上手な人の中には、こんな風に工夫しながら

あちこちのゴルフ場のオープンコンペを有効に使い

道場荒らしをやっているわけだ

 

上手な人のプレーはスコアをまとめる技がうまい

目の前で見れるから、参考になることが多い

 

・・・

 

今年は例年よりも高温がつづいているとのこと

この日は30℃で涼しい方とか

風もあったし、体感では暑さは感じなかった

 

紫外線は強烈だった

にやけど目を塗った上にスリーブ長いTシャツはUVカット

顔首にも日焼け止め

 

発汗を冷感に変えるアンダーシャツ

下着やズボンまでびっしょり濡れていた

 

もちろん

水分はプレー中いつも補給し続けていた

 

sibamente.jpg 芝メンテの業者が変わってよくなったと

プレヤーの間では評判がいいらしい

これは朝早く巻いておいた芽土を吸い上げ回収している作業

だんだんとグリーンが現れてくる

さらにグリーンのケアをすればプレーOKとなる

 

kamo_natsu.jpg 今年初夏にカモの子供が11匹生まれていた

きょう探したら少なかった

カラスに襲われたのも板のかも知れない

 

マスター室の話では巣立ちで飛び去ったとか

二ヶ月間ご無沙汰のゴルフ場

 ここだけが様子が変わっていた

 

fujikumogakure.jpg

早朝大月から無料区間になった高速道路を登ってくる時間帯は

富士山がはっきりと見えた

 

いつも富士山に向かってショットするこのホール

山頂から山腹まで雲がかかってしまい

まったく富士山が見えなくなった 

 

気温は早朝県道の表示が20.5℃だった

ここはさらに高いから低いだろう

29℃以下だろう

 

風もあり涼しさがあった

ズボンはぐっしょりだった

水分補給はきちんとやれた証拠

 

・・・

 

二か月ぶりの体を慣らすゴルフであったから

途中は適当に楽しんでいた

 

最後の18番

いつも「明日につながる」からと、ちゃんとPARを取りたい

真剣にやることにしている

 

一打目

ベテラン二人のうち一人と、もう一人が左の林の中へ曲げた

 

優勝無料券の彼と私とが

コースベストポジション、真ん中に運んだ

50歳代と70歳との距離の差は50Y

 

二打目

池越えオンを狙う二人

彼は珍しくチョロってしまい、池の手前130Y

自分は150Y狙いトップし、距離届かず池ポチャ

 ここまで互角

 

池の手前淵まで近づけば残り100Y 

「100Yから打つのが屈辱だ」

 

そのまま

150Yから精魂入れてショット

見事にオンピンそば1m

 

斜め下左へのフックラインを

最後にカップの淵、上からゆっくりと沈めてPAR

 

・・・

 

これで、「元気復活宣言」とした

 

 ・・・

 

2010年8月28日

再掲 証拠写真

 

以前に、サンディエゴ海岸で撮影した雀の写真を紹介したことがある

場所は、正確には

サンディエゴのシーポートビレッジ

 

オフで散歩中に夕陽が傾いた頃、珈琲ブレークをした

 

テラスのテーブルに、小鳥たちが集まってきた

 

【先に紹介した時、掲載した写真】

sandiego.jpg先の写真は、これである

鳥たちだけが写っていた

 

おこぼれのパンくずをじっと待っている

行儀のいい鳥たちが、写っている

 

自分が写真の左に座っていた

パンをかじっていた

じっとそれを見ながら、おこぼれを待っている

 

そう書いた

 

しかし

本当かどうか

読者には、この写真だけでは

信じてもらえなかっただろう

 

気になっていたから、アルバムを探してみた

自分も鳥たちも写っている写真が見つかった

 

【菓子パンをかじる自分を、一斉にじっと見つめている鳥たち】

sandiego_suzume02.jpg

すっかり仲良しになれる

 

テーブルの場所を変えても同じ

パンくずを手に載せても。突きに食べに来る

 

sandiego_suzume01.jpg

鳥たちは人間に慣れる

人間は家畜と同様単なる動物である

 

また先のプログ記事では

ロンドンの公園で絵付けをしている老人がいた

お前もやってみろ

手に餌を乗せたら、雀たちが飛んできて手に乗って

餌を食べた

そう書いた

 

これらの写真から

嘘でない話なんだと、お分かり頂けたら幸い

 

・・・

 

2010年8月24日

布 高分子繊維

 

量販店で夏物処分でエアコン購入した際に

 粗品の中にあった

マイクロファイバークロス

 

ひと昔前のめがね拭きで知られた高分子繊維のこと

 

ノベルティー(粗品)として喜ばれる訳がある

 

microfiber.jpg 

超極細繊維の鋭いエッジで、汚れをしっかり削り落とす

2度、3度吹きの手間不要

 

洗って何度も使える

 

立体構造と髪の毛の100分の1の細さの超極細繊維の中には

無数の空間がある

毛管現象(ウイックバック)効果

吸水力が抜群

水滴、しずくの拭きとりに威力発揮

 

乾燥が速い

繊維自身が水分を吸い込むのではなく

繊維の間にある隙間で

水分を抱えている

水分を放出するスピードが速く

綿のタオルの2,3倍の速さで乾燥する

 

5枚セット、それぞれ色が違っている

伊達にノベルティー(粗品)だからカラフルにした訳ではない

実は色分けで用途を使い分けるためとか

 

 ノベルティーはいつもどこかに仕舞い込み

使わないことが多い

 

この先端繊維こそは

日常生活であちこち使いこなすようにしてみたい

 

・・・

  

抑制 医療費

 

70歳になると

若い頃から支給されていたカード形式の「国民健康保険証」の他に

自治体から、昔の保険証の大きさと同じ

「高齢受給者証」が支給される

 

年寄り扱いすると

最初の公から発行された証明書である

 

年寄り扱いされたことについては、すでに別の記事にしてある

ここでは、医療費について考えてみたい

 

自治体生活部保険年金課から定期的に

「医療費のお知らせ」

というのが、被保険者個人宛に届く

iryouhi.jpg 

そこには

国民健康保険で施術された月の分の

病院へ支払われた医療費の総額が表示されている

 

そのうちの1割が自分から支払われ

9割が国民健康保険から医師に支払われている

 

ここで考えなければならない点は二つある

一つ目は、支払った保険料だから、保険を利用し自分の健康を維持する

二つは、日本全体からみた医療費の抑制への協力

三つ目は、負担に関係なく、医療費総額は変わらない

 

つまり、70歳を境にして

2割負担から、1割負担になった

 

一見、自分だけのことを考えたら

得した気になる

 

たとえば、整体院整骨マッサージ施術の医療費負担が

500円だったのが200円となった

予算的には、二回できる勘定

嬉しい限り

 

まてよ、そこで、どう考えるか

 

事例をあげよう

この際退院の治療費総額は、4600円とある

二回かかれば整体院には9200円の収入

 

つまり、個人的に安いからといって

回数を重ねてみると

整体院をもうけさせていることになる

 

整骨、マッサージは、整形外科などの医療に比べると

リハビリ的意味合いが濃い補助的な施術である

重傷でなければ回数を減らしても

体に異常がすぐ発生するわけではない

 

自治体からの医療費のお知らせ

これは分かれている

 

整体院通院の場合は

(柔道整復分)

と書いてあり

別のお知らせで届く

 

分けた理由がそうなら

これで気がつく

 

整体院に通うのは

ゴルフとか激しい運動の後に

どうしても回復を早めるため以外は

むやみに通院することは

控えようと

 

・・・

 

7,8月猛暑と病気のために

ゴルフはやっていない

つまり

帰りに整体院に通院していない

 

・・・

 

世の中には、こうして無駄な通院で

医療費が膨らんでいることが多い筈

 

・・・

 

2010年8月23日

長寿 お祝い金

 

けさ自治体福祉保健部高齢者支援課から

長寿お祝い金一万円が支給された

 

70歳、つまり

『古希』のお祝い金

ということらしい

 

同時に届いたのが

「敬老の日」イベントへの招待状

 

kokiiwaikin.jpg これらを受け取っていた親父やお袋の姿を見ていたころは

行政が年寄りを大事にしてくれているんだな

と、微笑ましく、思うだけだった

 

しかし

妙なもんだ

 

自分の番になると

嗚呼、相変わらず行政は

自分を(本人の意思とは裏腹に)高齢者扱いにしたいんだな!と

再び、気付かされることになる

 

・・・

 

半年近くなるが、いまだ

気持ちの切り替えがまだ出来ないでいるから

複雑な気持ちではある

 

・・・

 

快適 おまかせ

 

今朝の新聞の一面の見出し

『炎暑延々』

 とあった

 

天気予報

あと一週間ほど残暑が続くらしい

 

さて

新設したエアコンの紹介をしておきたい

 

最近のエアコンは多彩な多機能に溢れている

 これを使いこなすのは、至難の業である

 

kaiteki.jpgこの時、便利なのが、リモコンにある

 『快適おまかせ』

ボタン

 

春夏秋冬通じて

このボタン一つで、OKというのだ

 

工場出荷時(ディフォルト)設定

 変える必要はない

 

エアコン本体の上部には

センサーが三種類ついている

ひとセンサー(三個ワンセット)、日射センサー、間取りセンサー(超音波)

 

aircon001.jpg

 

◆ エコナビ ◆

「日射センサー」

晴れ・曇りなど日当たり具合変化検知し

自動温度調整

 

◆ いるとこサーチ ◆

「ひとセンサー」

人の動きや温度変化から

人の居場所を検知し、検知した場所を中心に空調

人が部屋から居なくなると運転パワーダウン

人が戻らなかったら運転停止

暑い外から帰宅した時には、「風あて」

顔にあたる風が気になる時には、「風よけ」

 

aircon003.jpg「間取りセンサー」

部屋の広さと形、家具など風を遮るものを検知

風向・風量を調整し効率よく風を届ける

設定した体感温度になるように自動調整

 間仕切りを開け閉めで空間に合わせパワー調整

  

aircon012.jpg

 

◆ ナノイー ◆

水に含まれた微粒子イオンだから長寿命

空気中の水をイオン化するから水は不要で安定供給

aircon005.jpg 

「ナノイー美容」

肌の潤いと髪の毛のまとまり感を保ち

キメがみだれ角質がはがれるの被害が軽減され

キメの整った美肌・美髪へ

 

aircon004.jpg髪のキュウティクルに吸着・浸透し

キュウティクル層の水分量を均一に整える

髪のうねりがやわらぎ、うねりの少ないまとまりのある

美しい髪をキープする

aircon006.jpg 

「除菌・脱臭」

室内のカーテンなど繊維の奥、隅々まで付着した臭いを 軽減

菌やカビの繁殖抑制

アレルギー物質も抑制

洗濯物のイヤなニオイも抑制

冷暖房しない季節も単独でナノイーだけ使える

aircon010.jpg 

「空気清浄・換気」

部屋の汚れた空気(二酸化炭素・ニオイ・ホムルアルデヒドなど)を

戸外に放出

 

「内部除菌」

アルミフィン・送風ファン・送風路

ナノイーを隅々まで充満させ隅々まで除菌

熱交換器に付着したニオイのもとを洗い流す

内部乾燥・熱交換器加熱でカビ発生防止

 

aircon009.jpg「掃除ロボット」

自動で内部フィルター面を掃除機が走る

ノズル、かき取り、かき上げ、ブラッシング吸引

集めたホコリは自動で戸外に放出

 

aircon008.jpg民生品の部品も、高品質化している

 

故障したエアコン室外機の基盤劣化の影響については

先に記事にした

 

このエアコンに採用している電子制御プリント基板

うわぐすりとして、シリコンコーティングされており

雨や湿気から電子部品などをガードしている

 

他の電気・機構部品とシナジー効果で

品質信頼度を向上させている

 

ところで 

我が家のエアコンを決める際

カタログ表示の部屋サイズのワンランク上のクラスを

買うことにしている

余裕あれば、静かな運転ができる

 

車と一緒である

 

・・・

 

先にも記事にしたが

現役時代脳波解析ソフトの仕事で、大手家電の研究所を訪問した際

エアコンの快適性追求研究は、果てしなくきりがない

と、研究員が話していた

 

あれから20年近く経過した2010年

民生品家電に反映され実用化された新技術の進化を見ると

つくづく

その速さや凄さに、目を見張るものがある

 

昨年末お袋の寝室のエアコンを更新したのは異なるメーカー

おなじように簡単操作できる

『おまかせ自動』

お袋は、このボタンだけ押しさえすれば

あとはコンピュータが適切に管理してくれる

 

様々な進化した付加価値は

おまかせください

開発者はその方が安心

 

・・・

 

以上

最新式のエアコンの紹介

 

aircon013.jpg

涼しい秋が待ち遠しい

早く来い来い

 

・・・

 

2010年8月22日

猛暑 防災訓練

 

万が一大地震など何らかの災害が住宅地に発生した場合

自宅から脱出、避難、持久を余儀なくされた場合には

一体どんな姿どんな用意が必要なのだろうか

そんな目的意識があった

 

自治体の大がかりな防災訓練が

自治体内の順番で今回この近くの小学校で行われた

 7時から10時三時間

 

7時半に集合し、避難者の点呼を班ごとに実施

7:45小学校で受付

そのあと運動場の会場も移動し防災訓練を見学

 

ところで自治体が開催するからか

お偉いさん方はテントの下で涼しい顔して座っていた

この光景にすぐ違和感を覚えた

そう感じたのは、自分だけかなあ???

 

kunren001.jpg

kunren002.jpg

というのは

 

避難者が誘導された場所には、テントが無いのだ!

運動場の端、垣根の近く

炎天下に立てという指示だったのだ!

 

kunren006.jpg

炎天下、猛暑の紫外線は強いから、立っていても痛いくらい辛い

この紫外線熱波のシートにはほとんど誰も座ってなかった

このお年寄りさん、大丈夫かなあ?

気になって時々見たが、普段慣れているのか、大丈夫そう? 

kunren003.jpg

炊き出し弁当がやっと配布された

ところで

この写真の後方に、人々の立っている足がずらり見える

校庭の低木垣根に人々は寄り添って立ちんぼされているのが判る

垣根は日陰になっていない、単に気休め程度にそばにいるだけ

 

避難者は炎天下に

こうして三時間も立たされたことなった

 

・・・

 

そんな避難民が暑そうに立ちんぼしている姿

テントの下のお偉いさん方から真正面左側20mに見えた筈

 

訓練とは言え

納税者の避難者が任意で自分の意思で参加している

いわば訓練の一員なんだから

避難所にもテントが用意してもいいんじゃなかったのか!

 

ここは

高齢者の多い住民地区でもある

 自治体側に、そんな心配りがまったく無い証拠

 

制服組が偉いからテントの下に居ていい?

そんな馬鹿な!

 公僕でしょ!

 

テレビで見たことある大がかりな訓練

初めて参加してみたが

この感覚のギャップには、違和感を感じた

 

住民の気持ちに無関心な自治体

何故だろうか?

 

まわり、誰も文句言ったり

冗談にも、冷やかしたりしていなかった

それも異常じゃないか?

不思議だった

 

・・・

 

救急につきもの医師団のテント

kunren004.jpg

生身の人間もいれば、人形もいた

訓練の終わりごろには、テントの隅に、この人形が山積みとなっていた

死体じゃあるまいし、妙な光景だった

kunren008.jpg

自治体を支ええる各種インフラが破壊された

という想定

水道、電気、ガス、電話、郵便局などの復旧実演が

順番に行われていた

 

倒木撤去

kunren005.jpg

ブロック塀下敷き負傷者と火災

kunren007.jpg

臨時郵便局?

順番的には何日かあとに必要になるのだろうが

訓練では早々と現れた

kunren009.jpg

医薬品が運ばれてきた

kunren010.jpg

自衛隊はやはり災害に向いていると判った

消防隊では力不足の感がある

kunren011.jpg

航空自衛隊機工部隊が

電動機械器具類を駆使し

大がかりな家屋破壊による救出実演した

 

崩壊建物など地震の際の惨状下の活動は

消防隊の救出には限界があると判った

kunren015.jpgまた、対照的に、静かだが、確実に

女性ボランティアのバケツリレー実演

 

これまでの大災害経験から

初期消火には

住民たちのバケツリレーの効果が大きかった

と実証されていると説明があった

 

kunren012.jpg

調べてみると

2tタンク車で5分しか放水できない

使った水、消防局が水道課に水道料金を支払う

 

訓練の締めは、型どおりに

複数台防自動車による、華やかな放水消火

kunren014.jpg

三時間が経過し、訓練の最後に

避難民たちは

お偉いさん方が座っているテントの前に

集合させられた

 

kunren016.jpg ここで、赤十字の指導のもと

三角筋の折る手順

そして

額を怪我したときの処置の仕方

実習をした

 kunren013.jpg

 

そして自治体の長が型どおりの読み上げご挨拶

しかし

まったく避難民の心に響かなかった

 

・・・

 

さて、冷静に

訓練を振り返ってみよう

 

炊き出し弁当、カレーライス、お茶が

支給された

 

ほとんどが簡単に戻す料理ができる非常食だろう

味は頂けないが、災害時だから生きるため

味に不満は言えない

 

最後に、協調しておきたい点は

多くのボランティアの人たちの活躍が目立ったことだ

 

報道によれば

大災害時のボランティアの活動がかなり大きな助けになっているらしい

 

それに比較して

また、くりかえしで、くどいが。。。

お偉いさん達は、相変わらず、涼しい顔でテントの下に座ったまま

 

あたかも、公僕、制服組のために

三時間の炎天下の避難役として付き合ったと思う

自分だけだろうか

いささか後味悪く、腑に落ちなかった

 

・・・

 

話はまたもどして

 大がかりな防災訓練を一度見学・体験しておくと

まさかの時、いざというときに

慌てたり、たじろかないで済むだろう

 

自分でも、自宅でも、地域でも、何かができるかも知れない

そんな気持ちになったこと、いい機会であった、と

自分は、素直に総括しておきたい

 

・・・

 

そして普段から

備え、脱出、避難、持久に関して

気を配っておく

 

備えあれば、憂いなし

 

・・・

 

 

 

 

2010年8月21日

プロ 餅屋は餅屋

 

きのう新しいエアコン取り付け工事が完了

熱帯夜四日間エアコンなしの悪夢は去った

ぐっすりと眠れた

 

夕陽が当たるベランダで工事の若者達

プロだと判るところがある

 

それは複雑な曲がりへの配管敷設のカバーのまわしかた

綺麗な処理で仕上げる能力がある

 

多くの工事を取り扱う中

多様な配管取り回しを経験しているからこそ

 瞬時に

こうすべきと判断し、工事を着手

 

配管・配線など継ぎ足しやり直し出来ないから

一発で決めてしまうのがプロの技術

 

このあたりが

素人はやはりプロには敵わない点だ

 

二人の若者が工事を全部終わった時

こちらを見て「どうでしょうか?」との顔した

 

「綺麗だね。さすがプロの仕上がりだよ。」

 

お世辞でなく

内心からの賛辞を惜しみなく贈った

 

「はい、ご苦労さん」

冷えた缶サイダーをまず一本ずつ渡した

 

「はい、これは猛暑手当分だよ」

もう一本ずつがボーナスというわけ

二人とも満面笑みがこぼれた

 

自分も若い頃

暑い中こうして一生懸命働いていた

思い出した

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

日は明けて、今朝

早速、外車中古車屋さんに出かけた

担当者が夏休み終えた

 

自分でやろうと気追っていた配線工事

不運にも肺炎で倒れ

意欲消沈

 

カーナビ・レーダー・空気清浄器への

GPS,アンテナ・バックカメラ・VICSアンテナ・電源

部品を預けた

 

見えないように隠す

プロの配線の引きまわしを依頼

 

 【サンヨーGorilla専用@25千円。オークション@1700円で社外品ゲット】

backcamera.jpg猛暑の中、二人とも汗だくだくで打ち合わせ

 

持ち込んだギアや部品などを見せると

「これはこういう風にまわした方がいい」

プロからのアドバイスは的確であった

 

豊富な経験から来る最適な配線処理ルート

プロに任せるのが一番いい

 

素人は単体は理解できても

経験不足から 

この配線引きまわしが一発で処理が出来ない

 

経験の差がノウハウ

プロと呼ばれる所以だ

 

自分も現役時代はそれなりにプロだったから

信頼し工事をお任せいたすことにした

 

・・・

 

仕上がりが楽しみ

 

月末の富士山麓でのゴルフへのドライブには

間に合う

 

・・・

2010年8月20日

工事日 新エアコン

 

19日の番が最後のエアコンなし真夏の夜だった

 

きのうは小雨降ったから、少し気温が下がった

夜の室温は31℃の高温多湿熱帯夜

 

【量販店の特売品:温度計プラス湿度計】

situdokei.jpg

 

扇風機だけではだめだった

保冷剤を包んだタオルを首に巻いた

 

・・・

 

さて今日が新しいエアコンの工事日である

14-16時の間に来宅すると連絡があった

 

・・・

 

今朝はお袋の通院日

家内が付き添うので車で二人を病院に送った

帰宅し先ほど

洗濯干しを終えた

 

このあと

ベランダの整理

故障エアコン室外機を覆っていたブルーシート外し

室内の工事のスペース作りをする

 

・・・

 

お袋が帰って来た

どこも悪いところはないとのことだった

我が家で一番元気なのはお袋だ

昔堅気でエアコン嫌い、無しで暮らせる

 

実際は きめ細かにチェックし

時々エアコン入れてあげている

強制すると拒む

 

親子といえども

掛け合い的なタイミングが大事

 

・・・

 

エアコン工事の話は、設置のあと

 

 ・・・

 

 

2010年8月19日

首 保冷剤巻き

 

今日は曇りだったから、幾分涼しい夜を迎えるだおうか?

 

真夏の夜、エアコンなしの真夏の夜は、今日まで

なんとか、しのぎたし

 

・・・

 

小雨で温度がさがったから

首に保冷剤を包んだタオルを巻かなくても眠れるかも

 そうは問屋が卸さない

 

雨のあと、湿度が高いままだからだ

湿度も大敵なのである

 

kubi_icing.jpg

 

デパ地下で貰う保冷剤が冷凍庫に沢山あった

 

夜中にトイレと冷水補給とに起きたいついでに

台所に行き冷凍庫から数個を出し

このようにタオルで包み、首に巻きつけて寝た

 

頸動脈の血流の温度を下げることができる

頭の方も冷えてくる

 

意外にぐっすりと寝れるのである

 

昼間なら熱中症の応急措置として

脇の下の血液の流れを冷やすのがいいらしい

 

寝ている時は、どうしても、寝がえりを打ったりするから

この首の方が安定していい

 

エアコンなしの夜16日は

一階応接間のソファーで寝てみた

寝台車を思い出すほど、ノスタルジックではなかった

応接間にはエアコンはない

 

それよりも 

なにせ寝がえりが多い自分には

ソファーは、窮屈だった

 

そこで

二日目17日,残り18、19日は、二階寝室に寝ることにした

 開けっぱなし、扇風機回し

この保冷剤を首に巻きつけ

四日間の熱帯夜を、しのいだのであった

 

・・・

 

図らずしも

温度と湿度とを真剣に意識したことになる

 

・・・

 

 

2010年8月18日

死闘 超熱帯夜

 

きのう二晩目の真夏の夜を過ごした

 

寝室のエアコンが故障して以来

昼間は37℃を突破する

とても部屋に居ることができない

確かに昔より気温が上がっていると判る

 

16,17,18,19日、32℃~35℃と超熱帯夜

エアコンなしの就寝に挑戦するしかない

 

そこで

話題の自宅 熱中症が心配となる

 

だから

いろいろ工夫し考えて試している

 

昔ながらに

家中開けっぱなし、密閉はしない

扇風機で風を送り、体温を冷やす

これらは、誰もがやれることだ

 しかし

エアコンに慣れているからキツイ

 

プラス

冷凍庫の中に

お店で貰っている保冷剤が沢山溜まっていた

 

複数タオルに鋏み、首に巻いて寝る

目的は

頸動脈の太い血管の温度を下げる

なかなか気持ちがいい

 

さらに

一時間ごとに起き

冷たいスポーツドリンクを飲む

そのとき

 保冷剤を交換する

 

意外に

ぐっすりと眠れるのだ

 

あとすこし

なんとか頑張ろう

 

 【このエアコン、ロボットみたいに、きめ細かい管理してくれる】

 

nanoe_mark.jpg 

今朝、量販店に出向いた

きのう在庫を抑えていたエアコンの購入手続きを完了

 

表示価格はシーズン前よりは数万円値下がりしていた

さらに全国最安値を提示し

しっかりと値切らせてもらった

 

 ニッパチ(2、8月)は、売り上げが少ない

在庫処分に協力したからか

粗品どっさりくれた

 

・・・

 

品薄ということは、取り付け工事は暇

最短二日後の20日午後に交換工事してくれる

 

・・・

 

このエアコンの詳細は、追って紹介したく

 

・・・

 

 

2010年8月17日

故障 最古エアコン

 

お盆休みが過ぎると朝晩がだんだんと涼しくなる

これがさわやか信州の例年、そんな感じ

関東もまだ暑いが、比例して暑さが遠のくのが

この時期である

 

夏の終わり方

例年、こんな感じだったけど

ところが

今年は違うのである

 

残暑がいまだ猛暑つづきなのである

きょう練馬は38℃を記録している

 

不運なことが起きた

きのう

我が家で現役一番古いエアコンがダウンした

 

寝室のエアコンだから、やっかいである

嫌と言うほど真夏の夜を味わっている

 

「昔はエアコンなかった、こんな暑さは平気だ」

エアコンをすぐ切ってしまい

30℃すれずれの寝室で平気で寝ているお袋

(その分、夜半の見回りで自分は忙しい)

 

いまものなおエアコンなしを実践している

とはいえ

 

自分の世代は、エアコンがないと辛い

普段のエアコンの有難味

いまや、汗をかき、身に染み、塩辛い!

 

1994年製

昨年一度動かなくなった

苦肉の策として

室外機の上にブルーシートのテントで太陽直射を遮蔽

室外機の中の電気部品基板の劣化を疑った

温度特性が悪くなったと判断

 

 今年も梅雨に電源を入れたら動かなかった

そのうち動き出したので

昨年と同じく、テントを張って延命作戦

 

これで5,6,7,8月四ヶ月間なんとか動いてくれrた

 

メーカーによれば部品は8年間分在庫する

あればOK,無ければ、次の故障は望み薄

 その危険に投資は出来ないから

やむなく16年目で更新することにした

 

猛暑災害中も頑張ってくれたおかげか

幸か不幸か

お盆休み直後の今週だけ

夏物処分の期間なのだ

 

どの店も激安販売中

 

【代表的なエアコン夏物処分広告】

summer_sale.jpg

 夏物処分!! 早いもの勝ち! 売り切れ御免!

 

キャッチにはそうあるが、実際は厳しい

 

人気機種の在庫切れがかなり目立ち

取り付け部隊は暇なのに

商品が無い状態

異常な状態らしい

 

今年猛暑災害襲来で品薄になった

さらに

ラッシュした工事も、一カ月待ちと混乱していた

 

世界のエアコン生産量の70%が中国である

しかし

現在も人気機種は9月まで在庫切れ

 

各量販店、異口同音

今年はほくほくの売上増だったそうだ

 暑くなって左うちわで涼しい顔していたのは量販店だけ

 

・・・

 

きょう午後

量販店に出かけて、前調査をして来た

 

大型電気量販店に、これだと思う品種を見つけた

在庫があった

すぐ一台を抑えて来た

 

夏は夜と朝早くに、お客が殺到するから

在庫が無くなるからだ

 

・・・

 

前回購入した時の担当者が休みだった

なのに前日に

他の店員さんに、情報をヒヤリングしておいた理由はある

 

早速、今夜

通販も含めて最安値を調査しておいた

明日、その担当者と価格交渉をするためである

 

我、半額王子はめったに衝動買いはしない

(在庫がある)新品なら、まずしない

中古でこれしかないという極上品だったら即断する

 

今回は新品だが品薄だから在庫を抑えておいた

顔なじみだから出来た

 

このあたりのタイミングは難しい

 

・・・

 

西独駐在時代

アンティークの趣味がある知人のドイツ人が買い付けする際

たびたびそばで見る機会があった

 

アンティークだから世界に一つ品買い物が多い

 真贋力もさながら

判断力、決断力、タイミング

その重要性を教えられた

 

どのメーカーも売れ筋商品にだけに付加価値をつけ

適切な価格で販売する

 

売れ筋を狙うべき理由は

そこにある

 

・・・

 

製品の紹介は次の機会に

 

・・・

2010年8月13日

車色 トレドブルー

 

静養中の夏休み

普段気がつかないことに

目を向けてみた

 

2002年式E39後期型

BMW525iの車の色

トレドブルー

 

この色は現在販売中ののBMWにはない

 

この

『トレド』とは

どこから来た(由来の)ネーミングだろうか?

 

日本では、シルバーとか白とか黒が

車の色として好む

 

滅多に見かけない色

トレドブルー

toledo_blue.jpg 

 

BMWの車体色には、こんなのがある

 

ミシガン・ブルー(米)

ルマン・ブルー(仏)

アルピナ・ブルー(スイス)

トレド・ブルー(西)

 

そう、一般的にも

地名を使うことが多いみたい

 

このトレドは、どうもスペインの街らしい

 

さらに調べると

オハイオ州にトレド市がある

ミシガン州との境、湖の南西数km

デトロイトの自動車産業に伴い発展した工業都市

フロントガラス、ウインドウズなどガラス産業

トレド美術館のガラスコレクションが有名

 

そして

市の旗に濃いブルー色が使われている

関係ないのかなあ

 

やっぱり、あるみたい

市名はスペインの古都トレドから由来

そこと姉妹都市である

 

このアメリカのトレド市は

日本では豊橋市が姉妹都市

 

・・・

 

ちなみにスペルは

Toledo

両方とも同じである

 

 これだけ世界が広いのに

由来って話になると

意外に

狭い世界の話なのかもしれない

 

・・・ 

  

 BMWはなぜかブルー系が似合う

色彩の補色関係では

紺にはオレンジが引き立つ

 

くしくも

方向指示器のカバーはオレンジである

 

スポーツタイプになると

淡泊感、すっきり感を出すデザインとして

透明になることが多いようだ

 

・・・

 

 

 

 

お茶 夏休み

 

お盆休みで高速道路下りの渋滞が始まった

 

我が家は連休はどこにも出ない主義である

信州に住んでいた頃は

いつも逆方向で帰省が出来

渋滞を横目で見ながらすいすいと走ったから

高速道路の混雑渋滞は見ている

あんな経験はしたくない

 

我が家はお茶が好きである

お茶はカテキンで殺菌力が強い

 

【白地に青い唐草模様も、画像処理すると金箔になる!?】

dobin.jpgよく飲む

朝から夜まで一年中

使う回数が多いだけに

その土瓶の部品や、土瓶自体までよく壊す

 

お袋がいい物もっているが

来客以外は使わない

 

もっぱら

土瓶は日用品・消耗品である

 

量販店で同じ土瓶が長年売り続けている

部品の取っ手(つる)も網もある

 

新しいのに変えても

違和感はない

 

土瓶とお茶は、日本的だから

しっくりと似合う

 

・・・

 

 

2010年8月12日

新品? ホットジャー

 

最近我が家の家電は一か所の量販店で買うことが多い

冷蔵庫や洗濯機など大物家電は比較し格安だった量販店となるが

小物はもっぱら一つに絞っている

ここはポイントは付かない代わりに値引きする

カードを作っておけば購入履歴が判る

そのおかげで今回助かった

 

2009.7.16にパナソニック製電気ホットジャーを購入した

 

ところが

今年8月頭にお湯が出なくなったので

その量販店の修理部に持ち込んだ

 

早速履歴を調べてもらったら

一年過ぎているが

少しだからメーカーに相談して見ることになった

 

お盆休み入った今日電話が来た

「修理が出来上がって来ました。無料です。」

 

早速台風の影響で小雨の中

引き取りに行って来た

 

修理内容は

制御基板A底部、制御基板B表示部、電動ポンプ交換

 

そう修理明細に書いてあるが

現物を見たら、違った

 

hotpot.jpg

 

ダイヤモンドフッ素加工の黒い内鍋は真っさらの新品

底部の金網も新品

前部水量表示部透明板も新品

上のスイッチボタン表示部は基盤と一帯なのか新品

上蓋の内側ステンレスは新品

 

外装は蝶番に使用感あるのでオリジナルとみていい

特殊な洗剤をつかったのか

新品みたいに美しくなって帰ってきたのである

 

表向きは上記の修理部品だけだが

メーカーの気持ちとして、記録残さないけど

新品と交換してたおきました

そんな意向が読み取れる

 

・・・

 

自分も製造業で働いた

だから顧客満足度について敏感だったから

このパナソニックの好意は読んでいたのである

その通りになったので内心ホッとしている

 

・・・

 

もっとも

一年目で壊れた電気ホットジャー

そのこと自体が問題視される今回の故障

 

だからだと

新品同様になったことは

当たり前だ

と思わない

 

素直にパナソニックの好意を汲んでおきたい

それが読んでいた自分への納得でもある

 

 

世の中、何事も、持ちつ持たれつ、お互いさま

 

・・・

 

最後に付け加えたいことがある

 

この一週間

電気ホットポットなしの生活だった

 

いちいちお湯を沸かしてお茶を飲んだ

別に不便はなかった

 

昔はこれでなんともなかったんだ

あらためて家電がなんでもかんでも本当に必要なのか

 

そんなことを

考えるきっかけになった

 

・・・

 

 

2010年8月11日

切替 デジタル放送 

 

アナログ放送が今月末に終了するJ.COM

CATVチューナーのデジタル切り替えをした

 

応接間のパイオニア製50インチプラズマテレビKURO

デジタルハイビジョンテレビには

パナソニック製CATVデジタルチューナーに

2005年に設置済み

 

二階寝室と一階SOHO書斎との残り2台

いまだアナログチューナーだったから交換した

 

応接間のはフルデジタルチャンネル

残り二台はデジタルコンパクトチャンネル数

交換キャンペーンで料金も安い

従来のアナログよりは番組数が増えている

 

パイオニア製CATVデジタルチューナーには

HDMI端子と今様なコネクターが装備

 

デジタル化しているから

5年前のパナソニック製と画質など性能は変わらない

 

catvdigitaltunner.jpg 

CATVなら従来のアナログテレビも使えるから

寝室と書斎とのテレビの買い替えは必要ない

 

・・・

 

我が家には電話が三本、FAX回線が一本ある

しかい、一つの会社とは契約していない

その訳は、あとで述べる

 

実家のお袋専用、ガス検知器連動のNTT回線

昔からのハローページに掲載していたのを

帰郷時に電話台帳から削除

ほとんどが押し売り電話

対策が留守電にセット 

ほとんど諦めて切ってしまう効果が絶大である

 

信州から帰郷した時に持参したNTT回線

一階と二階とに子機四台+外門インターホーン

メインとして使用している

 

SOHO(書斎)用

光BフレッツNTTからauひかりに乗り換えた

インターネット、電話線+専用FAX線

光Bフレッツよりも速く料金

 

つまり

電話回線が三本ある

一社にまとめない理由は

災害時になったら、どれか生きているかもしれない

という安全対策

 

・・・

 

2010年8月10日

肺炎 治療完了宣言

 

28日発症、29日から6日分x延長でトータル12日分投与

2007年発売の強力な抗菌剤のおかげで

入院しないで、自宅で治療ができた

 

アステラ製薬ジェニナック200mg錠

毎朝2錠服用

2錠x12日x0.2g

わずか総量4.8gの化合物

治療完了

 医薬品に感謝

 

geninax.jpg

 

いささか気が弱くなった

このまま静かに療養生活に入りたい

 

ゴルフなどは7,8月キャンセル

食材買い出し以外は自宅軟禁に近い

これも受け入れるしかない

 

ダウンした原因を分析してい見た

 

今年の高温&熱中症多発の猛暑災害

家人が猛暑でへきへきしている最中

自分だけ意気がって、スケジュールをこなしていた

 

そのスケジュールが問題

隠遁生活してもリズムが大事だと思いこみ

現役みたいにスケジュール化しこなす

 

それがリズムを作れば、健康にやれるはず

そんな錯覚が間違いの元

 

今回はじめて生死を彷徨って

彼岸手前でまだ早いと追い返された

 

この予想もしない体験

家人にも心配をかけてしまい

ほとほと懲りた

 

 これからは

しゃかりきに現役時代のように振る舞うことを中止

180度反対の

のんびり、ゆるり人生を送ることを決心

 

せっかちな性格だから、果たして出来るのか?

自分も家人も知人もだれもがそう思っている

 

早速親戚から

のんびり計画が挫折しないように注意しなさい

そんな温かいアドバイスも届いている

 

・・・

 

頑張る意思よりも

のんびり計画が挫折しないように

努力する意思の方のこと

 

新しいチャレンジ

 

・・・

 

まずは治療完了の宣言

 

・・・

 

2010年8月 9日

車内 マイナスイオン

 

アバウトの隠遁生活で過ごして来た

猛暑災害中に粗大ごみ一掃作戦など無理し

肺炎を患ってから

やたらに綺麗な空気が欲しいと

いささか神経質になっている

 

治療中にいろいろ考えてみた

 

まずマイナスイオンに関心がある

 

室内のエアコンにもある

マイナスイオン発生機能を使うようになった

 

さらに自家用車の方も、対策を考えてみた

 

 本革シートは最初ゴージャスに見える

2000年頃レガシーワゴンで使ったことがあるが

座っていても、滑り易いのが欠点で嫌いになった

それ以来

ファブリック・シートの方を好んでいる

 

2002年式のBMW520iセダン

ワンオーナーがひとりで綺麗に使っていた車内

使用した感じが無いほどしっかりしたままのファブリック・シート

 

この除菌もしておこう

 

【クリーンエ&除菌ア対策ツール】

cleanair_jokin.jpg

 

ファブリック・シートには 

花王製のリセッシュ除菌EX

キャッチフレーズ

" おひさまに干したように消臭・除菌 "

  

プラス

 

カーメイト製AIRFIL「快適空間」

空気清浄器

 

二枚のフルターに配合された「イチョウ葉エキス」

アレルゲン、ウイルス、菌類を不活性化し

ウイルス・花粉・塵埃・ダニ死骸・カビの除去、強力脱臭

さらに

マイナスイオン50万個/㎠発生

 

このギアはワンランク上のミニバン用サイズ

BMWセダンに使えば効果大

 

ダイキン製車載空気清浄機を過去十年間ほど使っていた

サイズが半分になった上

効果は大幅に強化されている

 

・・・

 

さて肺炎の治療の方は

強い抗菌剤ジェニナック錠投与12日間

明日で服用を完了する

「なんでもなかったら完治とみなしていい」

と主治医の話

 

そしたら

じっくりと、のんびりと

英気を養う療養生活に入りたい

 

・・・

 

空気のきれいな森林浴ができる

富士山麓の歩きゴルフが恋しい

 

・・・

 

滝 ナイアガラ

 

次の滝は、カナダとアメリカとの境にある

ナイアガラの滝

 

1953年「ナイヤガラ」

モンローウオークのマリリン主演

ナイヤガラの滝で起こった殺人事件

 

映画の中では、ロケにつかった 

ナイヤガラ滝の壮大さが各所に紹介され

サスペンスさを盛り上げていた

 

eiga_niagara.jpg

 

現役時代に国際神経生理学会で訪れたトロント市

オフ時に

一時間ほどかかるバスツアーで訪れた

 一見の値がある

  

taki_niagara.jpg

展望台は、ほぼ滝の上と同じレベルだし

目の前十メートル先には、想像を絶する量の水の流れ

ただでさえ圧倒されてしまい

自分もこのまま流されて滝壺に落ちるのではないか

そんな錯覚を覚える

 

fune_niagara.jpgMAID of the MIST

ナイアガラの滝の遊覧船

 「霧の召使」

 

青色の合羽を着て

「凄いっ!」と唯々驚くばかりに

上の方を見上げっぱなしになるから

落ちてくる飛沫(しぶき)といえども

開けた口の中に大量の水を浴びる

慌て騒ぐ周りの 悲鳴も聞こえず

バジャバジャ落ちる爆音のみ、体にぶるぶると響く

あたかも

水流を駆け上がるサケになった気分のごとし

 

マイナスイオンは半端な量ではない!

 

・・・

 猛暑災害の8月

涼しい話題と思って、滝シリーズ

 

昨晩はなんと雨が降った

今日は最高気温26℃とか

つかの間の

過ごし易い一日になりそうだ

 

・・・

  

2010年8月 8日

滝 ヨセミテ

 

滝シリーズ

 

次は、ヨセミテ国立公園の滝

この公園を散策すると、何本かの滝に出会う

 

1969,2002,2004年と三回訪問

 

アクセスはサンフランシスコから日帰りバスツアー

あるいは

鉄道で途中まで行き、そこからバスツアー

 

いずれもヨセミテ近くに来ると一本道しかないのか

この岩と岩との間の隙間トンネルを通過した

 

tunnel_yosemite.jpg

 

途中のチェックポイントを通過

掲示板には

天候:晴天 最高:24℃ 最低:6℃

 

check_yosemite.jpg

ヨセミテ国立公園の中心に着くと

見渡せば沢山の滝が見える

 

taki_enpou.jpg 少し離れた展望台からの眺めも、素晴らしい

 

taki_yosemite.jpg

これは2002年回顧の旅のとき撮影

 

この回顧の旅とは

現役で働いていた

電気通信&医療福祉保健分野の足跡をレビュー

 

ロスアンジェルス、ラスベガス、アイオワシティ

トロント、サンフランシスコ、ホノルル

 

一方

定年退職2000年の翌年2001年に計画していた

欧州の回顧の旅は

9.11事件の直後だったため中止

 

それから

親父も亡くなって、お袋も同居しているいま

なかなか長期間自宅を開けるのが難しいが

方法としては

近くの市営の老健施設でのステイ利用がある

 

・・・

 

そのうちに欧州回顧旅行も考えたい

昔でいう東欧も担当範囲と広いから

全部回るのは不可能

的を絞ってゆったりした旅行をしてみたい

 

・・・

 

 

2010年8月 7日

猛暑 かりん

 

8月のカリンの実

 

20100806karin.jpg

 

猛暑なんのその

葉焼けがあっても、かりんの実の方は大丈夫

 

・・・

 

5時半気温24℃、6時半26℃

 けさはまったく風がないせいか、家の前はし~んと静まりかえっている

 

 

20100806akichi.jpg 

 

 

2010年8月 6日

滝 マイナスイオン

 

乗鞍岳に「ゆけむり館」という日帰り温泉がある

樹齢500年の木曽サワラを使った造り

乳白色のすべすべしたお湯

 

その駐車場から少し歩くと、滝がある

そのひとつが、三本滝

 

norikurataki1000.jpgこの滝の下に来て見上げ、振りかかるしぶきを浴びていると

マイナス・イオン・シャワー

とても気分が爽快になる

 

・・・

 

いま治療で自宅静養中につき

何か涼しい話題が無いものか?と探していたら

ふと信州に住んでいた頃のことを思い出し

この滝のことが最初に浮かんだ

 

・・・

 

気分を落ち着け

副交感神経を高め、リラックスし

のんびりと夏を過ごしたい

 

・・・

そんな思いの記事である

 

 

 

2010年8月 5日

猛暑 梅干し

 

我が家の庭には梅の木が二本ある

今年は小さいほうの梅の木に実がなった

umeboshi.jpg 

実をシソの葉と漬けたあと

この猛暑を幸いと

お袋が梅を干していた

 

縁側の外の段は炎天下で熱くなっており

スリッパなど履かないと熱い熱いと話していた

 

年中行事で見かける梅を干す風景

おなじ頃、親戚からも梅を干す写真が携帯で届いた

 

7月は以前の梅を毎日一つずつ食事の時食べている

スポーツドリンクは、いまや猛暑災害に欠かせないが

梅干しは塩分補給には簡単でいい

 

・・・ 

 

2010年8月 4日

大事に ひとつの人生

 

6日分の投与後の経過診察を受けに出かけた

解熱剤以外の医薬品の処方で

もう6日間の様子を見ることになった

 

39.1-39.3度の高熱が

通算3日間投与後2日間も続いた

肺炎のかかりかけでなく

肺炎と断定された

 

2007年に出たこの強い薬のおかげで

入院せずに自宅で治療ができるようになった

医療の進化は凄いっ!

頭が下がった

 

haion.jpg

 

ついでに

肺炎球菌ワクチン接種

申し込んでおいた

 

成人の肺炎には、二種類ある

市中肺炎 と 院内肺炎

 

市中肺炎の25-50%が、肺炎球菌の方だそうだ

ワクチンはこの肺炎球菌だけしか効果が無い

 

薬局で冗談に、薬剤師に話した

追い返されたよ、あちらは満員だってさ

これから命を大事にしなくっちゃ!

 

帰路、しっかりと、スポーツドリンク箱ごと調達

 

家人と健康についてチャット

お互いが健康に目を向ける

夏になった

 

・・・

 

2010年8月 3日

最新 ユビキタス

 

静養中にやれることの中に

ポータブルナビの取扱い演習がある

 

使用者には「いつもナビ」という無料サービスが受けられる

パソコン画面でログイン

Web上の地図を色々といじれる

 

複数の目的地までのルートを

あらかめ自宅で作っておけば

ポータブルナビの方で、すぐ使うことができる

 

SDカードを介し

複数の「案内ルート」の記録を呼び出した

ポータブルナビの方の「案内ルート」で

ナビゲーションが利用できる

 

単純に「案内開始」ボタンを押せば

すぐ使える

 

車に乗り込んでからいちいち目的地設定などやらなくてもいい

この簡単な便利さを提供はかなり楽になった

 

自分が使用した2004年製までの車のカーナビにはなかった

(最新の車のことは知らない)

 

ユビキタス社会

どんどん便利になっている

 

・・・

 

<説明>

 

ユビキタス

Ubiquitous

それが何であるかを意識させず(見えず)

しかもいつでも、どこでも、だれでもが

恩恵を受けることができる

インターフェース

 

ユビキタスコンピューティング

ユビキタスネットワーク

ユビキタス社会

等のように用いられる

 

・・・

 

それでも、道具は道具だから

取り扱いにはあらかじめ慣れておく必要がある

 

どんなに世の中が進化しても

道具をこなすというレベルでは

演習なくして慣れるのはいつも難しい

 

慣れるのを前提に

これら最新ギアが設計されており

最大限の恩恵を受けられる

 

ユーザーからの使い勝手の良否のデータが

フィードバック(戻る)する仕組み

メーカーは莫大の費用もかかる分

次の製品に活かせる月謝代となる

 

・・・

 

8月のはつらつ体操教室はキャンセル

ゴルフも、下旬までキャンセル

静養に努める

 

waytothere.jpg

上の写真

富士山麓標高千m

右がMyゴルフ場の一番低いホール。

この先300mほどに広がるのが富士桜高原パークビラ

 

朝7時ゴルフ場が開場する前に到着する

清々しい朝

 

ここでも頭の中が空っぽになる

 

・・・

 

 

2010年8月 2日

いつも ネアカで

 

少し固い話から入ろう

 

NHK番組現代ジャーナル放映

哲学者 山折哲雄 解説

 

つい最近まで我々は人生五十年で万事収まりがついていたのに

今や八十年になり

生と死との間に

" 病 " と " 老 "

という難病が割り込んできた

 

人生五十年ならそれまで生きてやろう

(山折定義:死生観)

葬式は、「葬送」と呼ばれ、家族は割り切れた

 

寿命が延びてから

告別式と呼ぶように変わった

 

お別れの時間が長くなった分

家族は一緒に過ごすことになり

 各人各様の人生観が変わることになる

 

新型の人生モデルを

作らなければならなくなって来たのだろう

 

そんなことを語っていた

 

難しいことはよく判らない

 

要するに

これからは

楽しく、明るく、面白く、元気に、前向きに

過ごしていいんじゃない?

 それで一緒に住む家族もよければいい

 

勝手にそう解釈してみた

 

dream_redcar.jpg 

 ☝ この満面の顔!!

 

定年退職したら

赤いスポーツ・カーに乗るのが夢・・・

 

大学の色彩工学の教授は、娘の車の色を赤にした

他車からの視認性が高いから、事故に遭いにくい、と

 

プラス

格好いいじゃないかぁー!

 

・・・

 

夢のまま終わる可能性100%

 というのは 

家人の反対に遭い実現していない

どうも世間体を気にするらしい

 

・・・

 

富士山麓のゴルフ場

春の芽吹き、美しい自然、澄んだ空気

高級車の新車撮影の場所として人気がある

 

ちゃっかりとランチのあと

撮影してもらった

 

この欲しそうな顔

子供に帰ったみたいっ!

 

・・・

  

むしろ ゆる~く

 

現在療養中である

 

逆らわないで飛ぶことにした

flyinsky.jpg 

せっかちな自分が注目しているのが

脱力トレーニング

 

身体をゆるめて人の能力を高めることを目的とする体操

 

時節柄、猛暑災害が話題のいま

免疫力などのテレビ番組が盛んに放映されている

 

その中にも、体のあちこちをゆるめる体操が紹介されていた

 

免疫力を高める

まさにいま自分としては必要としている

 

今回の肺炎罹病で

二日間の高熱で生還できた経緯を見てみると

 

高齢者の免疫力低下といわれる

それに当たる自分が、罹病してしまった

 

医薬品の治療効果

回復には体力が要る

 

これまで摂取した栄養・滋養が体力源

自分で自分を治療する力

 

こられらのコラボ

 

免疫力は訓練でアップできるという

 

自律神経の副交感神経は

リラックスに大きく関与するだけでなく

体の修復をしている時にも大切なもの

 

活動によって、ダメージを受けたり、疲れがたまったりする

 

ダメージ修復、疲労回復させ、通常の元気な体に戻す

主の立役者が、副交感神経

 

夜になると

昼の交感神経から、副交感神経にスイッチ

ゆったりモードになる

 

肺炎で意識朦朧とし、夜も昼も寝に寝た

寝ることを見直した

 

普段でも

夜ぐっすり寝ることが出来れば

副交感神経の方が増えるから

免疫力アップには具合がいいらしい

 

 そのほか様々な方法が巷には紹介されている

 

そのなかに

脱力トレーニングが目にとまったわけ

 

生還後から、実行している

 

就寝前、床に伏してから寝付くまで

そして

朝早く目が覚めて起床するまで

なるべく床の中で横たわることにしている

新しい時間帯

 

取り入れたいのが脱力トレーニング 

効果は出た

体温が上がった

 

・・・

 

せっかちな自分

のんびり、ゆっくり、ゆったり、のろーく

そんなテンポを取り入れることで

免疫力アップ

生活改善したい

 

・・・

 

 

2010年8月 1日

ロス 美術館巡り

 

さっきロスの日本人からメールが届いた

彼女は20代に渡米

ロス郊外に住んで悠々自適の身で人生を送ってらっしゃる

ご自分のブログを立ち上げたとの連絡

 

そこで

ロスの情報が頭に浮かび上がった

 

getty.jpg

ロス市街を見下ろせる場所

ゲッティー美術館

405号線脇から上がる高台にある

 

・・・

 

ロスで時間あれば、車で移動し

自由に過ごせるスポットは

美術館がいい

 

・・・

 

 

古城 900年前

 

彼岸を遠くにぼんやり見たかもしれない

意識朦朧から目が覚めてみれば

 

空っぽの頭の中に

再びどっと投げ込まれた乱雑なな情報が散財する

 

自宅サナトリウムでリハビリ中だから

時間はたっぷりとある

 

片っ端からブログの記事になりそうなのを取り上げたい

 

・・・

 

【Wikipediaより引用】

 

001Ss_Buedingen.jpgフランクフルト市の北東数十kmにある

小さな村ビュディゲンにあるお城

日本人にはあまり知られてないかも

 

日本で例えれば

田舎の田園の向こうの森の脇の神社とかお宮さん

静かな雰囲気 

人影は見当たらない

 

ロマネスク形式の核にその後拡大され

中世のお城らしさがある

 

今はホテルもある隠れた観光スポット

 

27年前

フランクフルト現地法人駐在時代

オフに訪れる静かなスポットのひとつであった

 

・・・

 

 

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。