2010年9月アーカイブ

2010年9月30日

クリップ パターカバー

 

二日目は予報曇りだったが、あいにくの小雨になった

 

 しかし

富士山周辺のゴルフ場が雨が降っても

ここだけは、小雨で済む特徴がある

土砂降りがあるとすれば、台風の時だけ

 

ホテルから近いから楽ちんだった

 

雨は予想していなかったので

パターカバー予備を持ってこなかった

時々傘をさす程度の小雨でよかった

 

以前TMスパイダーを使っていた時から工夫し

事務用カラープラスチック挟む小道具を使っている

 

こうしておくといいことばかりある

 

パッティング中、カバーを腰にぶら下げておける

塗れたグリーン上にカバーを落とさなくていい

小雨ならカバーを傘の下の梁にぶらさげられる濡れない

パターのシャフトに挟んでキャディーさんに渡せる

 

キャディーさんは助かる

四本のパターをしまうのも楽になるし

パターの水気やごみを拭いてからカバーをかけ易いし

キャディーカートのパター収納筒にすぐ戻せる

 一連の作業がやさしくなる

 

・・・

うん

日ごろ一生懸命アシストをやってくれる

キャディーさんへの感謝の意味で

プレヤーが出来るささやかな工夫かもしれない

そう説明しなくても

いつかは、心に通じ合える日が来るだろう

 

ジェントルマンのスポーツだから

ゴルフは

 

・・・

 

事務用品のカラークリップだから安価

 

挟む箇所はいろいろある

腰のポケット、パターシャフト、雨の日なら傘の骨

 

・・・

 

この方法はまだ誰もやっていないようだ

 

グリーンにキャメロンのパターをわざと置き

同伴者から「あなtのでしょ?」と声を掛けさせる演出するよりも

まともに素直なプレーヤーになりたい

 

・・・

 

右は、予備のふかふかのパターカバー

天気予報では曇りだったので家に忘れてしまった

hangclipputter.jpg

 

同伴者は、きのう競技会に参加の会員のお一人と

初めての人と三名

 

初めての人は、かなり上手だった

そして、案の定、優勝

 明日のオープンコンペに参加される

 

この人の技やプレー態度から

学ぶところが多かった

 

・・・

 

三日間のエントリーだったから、クラブハウスを離れるまで

その明日のコンペに参加するか迷っていた

 

プレーが終わってからどうするか決断tの時がきた

 「三日間だと家庭騒動になるしい~」

「二日間でもケーキ買っていかないとねえ」

と話したら

「女性はケーキが大好きですからねぇ」

キャディーさんの声が、妙に心に響いた

 

結局、考えた末に、キャンセルした

霧雨の富士山を降りた

 

・・・

 

帰路、整体院でストレッチし

デパ地下でいつもの買い物

 

そして、特別に、家族に対して

二日間のゴルフに感謝する意味で

ケーキをぶら下げて帰宅した

 

・・・

 

もし三日連ちゃんゴルフで自分だけ楽しんでいたら

まちがいなく家庭騒動になっていたところだった

二日間だけゴルフした決断は

正しかったのだぁ・・・

 

・・・

 

その通りになった

ケーキにみんなの顔がほころんだ

 

家内安泰

よかった、よかった

 

・・・

 

2010年9月29日

二日間 ゴルフコンペ

 

秋になりゴルフシーズン

29日競技会、30日ファンコンペ、1日コンペ

三日分ともエントリーしがた、家庭稟議のすれすれ二日間参加

 

きょうは競技会

バックティーとなるが、シングル若者が競うから

バックティーグラウンドの後ろの方

 

シングルはアイアンで打てる

シニアはウッドで打つ

 

70歳以上はREGティーから打ってもいい

シニア扱いされるのは嫌う

しかも、とても上手どう年配者が会員に居らっしゃる

だから、自分もバックティーから打つ

 

天候はなんとか持った

 

 

1stsnowfuji.jpg

朝だけ、先日初冠雪した富士山の頂きだけが少し覗いていた

 

greenkeep.jpg

 

早朝のグリーンキーパーの仕事

9番ホール、砂を撒く車、砂を吸い上げる車

 

グリーンは速い、ポテトチップスグリーン、山からの傾斜、芝目

キャディーさんの教える通りに打たないとまずカップインはしない

 

シングルクラスは、自分のような下手なプレーヤーが居ても

影響は受けない実力の持ち主たち

攻め方など参考なることが多い

一緒に回れるだけ恵まれている

 

ちなみに

どの組のシングルプレヤー達のパターはやっぱり

スコッティーキャメロンだった

 

行き着くところは同じなのだろう

 

・・・

 

連ちゃんゴルフだから、この日は河口湖に宿泊した

 

・・・

 

> 追加メモ <

 

よく朝、ゴルフ場に聞いてみたら偶然性に驚いた

 

そのホテルは

このゴルフ場が以前所有していたもので

リニューアルし綺麗になっていた

 

適当に前日になってインターネットで選んだ

楽天ポイントで今月いっぱいの限定格安価格で泊まれた

帰宅往復2日間の交通費など勘案すれば

泊まった方がいいとの判断だった

 

・・・

 

 

 

2010年9月26日

初秋 稲干す

 

 

ここらあたりは、もう、秋らしい風情になっている

 

我が家の二階から北の方を眺めると

地主の土地が広がっている

 

稲を刈り終わっていまは稲を干している

これをみて「収穫の秋」を知る

 

inehosu.jpg

 

正岡子規が明治32年、日暮里から道潅山に外出し

道潅山であたりを見渡すと

東北の方に筑波山の方まで遠望でき

広々とひらけた関東平野の遠い村々まで稲刈りしている人たち

なんと小さく見えることか、と詠った

 

" 遠村に 稲刈る人の ちいささよ" 

 

・・・

 

ここらあたりも広い関東平野の一角

現代の今でも、目の前で毎年、稲刈りが行われている

そんな自然と近いところに住んでいるんだ

 

整いましたぁー

そこで一句

 

" 窓あけて 稲干す見ては ほっとする "

 

・・・

 

実力 地図ナビ

 

2002年式BMW525iに乗ってから

古い年式の車の純正カーナビのDVDは必要ないと学習した

理由は、もはや、DVDの時代ではない

 

サンヨーGorillaポータブルナビ

手持ち歩きナビになるほど

高性能化&小型化された

 

・・・

 

反面、欠点もある

ダッシュボードの上に置いとくと

駐車時ガラスを割られ盗難に遭う世情である

(サンヨーは愛用者に、車上あらし盗難補償一年間提供)

 

・・・

 

目立たないように、この死角に隠した

画面を見ないで済むのは

とにかく頻繁に曲がり角でアナウンスするからだ

 

さしずめ

かん高い、喧しい声を出す女性ナビゲーターが

隣りに乗って指示しているかのようだ

 

porta_navi.jpg

左がポータブルナビGorilla

配線を外しいつでも『歩きナビ』として車外携行用として持ち出せる

腰にぶら下げる透明なケースに入れたまま

車外から見えにくいこの隅に置くだけにしているわけ

 

・・・

 

右の時計は、市販の電波時計をただ置いてあるだけ

一瞬で時刻が読み易いアナログ針だからいい

 

右下は、超小型のFMトランスミッター

パソコンから、USBかSDメディアかで音楽を収録し

FMラジオで受信し、車内の複数HiFiスピーカーシステムで楽しめる

 

・・・

 

Gorillaに内臓された16GBSSD

地図や周辺情報などが満載

情報のやり取りがとにかく素早い!

 

Gorilla愛用者には、サンヨーのWebサイトにログイン

自分で地図上で目的地までの道路をなぞってルートをカスタムできる

SDに保存すれば「登録地点」として、瞬時にルートを呼び出せる

 

・・・

 

かって、MB_C240中古車を探した時

カーナビについては年代物になってしまっていた

DVD地図は高かったしもはや販売していない

 

外車中古屋さんは異口同音に

「小型のナビが便利です」

 

・・・

 

今回

自分がポータブルナビを使い始めてから

歩きナビの方が進化し追い抜いた

と、初めて、実感できたのである

 

純正カーナビが15~25万円もした時代は終わった

3~5万円で買えてしまう時代になった

 

カーナビという言葉は

早晩もはや無くなっているのかも知れない

 

・・・

 

 

富士山 初冠雪

 

きのう富士山が初冠雪した

 

甲府地方気象台発表

25日富士山の今季の初冠雪を観測した

平年より六日、昨年より十二日早い

 

29日、30日コンペ参加予定なので

冠雪の富士山を見たい

 

・・・

 

【去年10月中旬のゴルフコースの紅葉】

 

20091016golfred.jpg 

ことしもまた、紅葉の秋がやってくる

 

・・・

 

 

2010年9月25日

車にも  ビンテージ

 

ビーテージものの話がつづく

 

自分が今年の夏に所有し始めたBMW5シリーズ

 

ちなみに、その 変遷を調べてみよう

 

・・・

 

初代は、1972-1981、E12

2代目は、1982-1988、E28

3代目は、1988-1995、E34

 

ここから写真を掲載してみよう 

  1992bmw_e34.jpg

オーソドックスなデザイン

 

・・・

 

4代目は、1996-2003

E39

2002e39_525i_A.jpg

その八年間でデザイン的には大きく二回変更された

 丁度中間にあたる2002.6のモデルは

BMW開発にいた日本人が設計した

 

自分が所有するのは

いわゆる、この後期型BMW である

 

これが、気に行った理由がある

次からのデザインが、ちとモダン過ぎる

この爺には、どうも馴染めそうもない

だから、このデザインの車を選んだのである

 

・・・

 

5代目は、2003

E60/E61

bmw525iE60.jpg

がらりとデザインが変わった、と明らかに判る

車幅も1800⇒1840mmへ

車長も4775⇒4841mmへ

 ちと大き過ぎる

 

流行の切れ目のデザイン

各社がコンピュータ・デザインを採用して以来

いいとこどりすると

どうしてもこのように似て来て

街を走っている車が、みんな同じように見えてしまうのだ

 

個性的で、BMWらしさは、4代目までだった

 

・・・

 

最新型は、2010~、F10

2010bmw5series.jpg

 

こうして見てみると

自分が所有するBMWは、デザイン的には昔のタイプということになる

 そのせいか、滅多に街で走っているのを見かけない

 

だから、ビンテージもの、と、呼んでもいいかも

 

・・・

 

大事に愛用したい

 

・・・

 

>> 付録 <<

 

BMWの正面のラジエータグリルは二つある

これはキドニー(腎臓)と呼ばれ

BMWのデザインの基本

 

【5代目のグリル】 

bmw_kidney.jpg

 

>> おまけ <<

 

これは、西独駐在員時代の写真

1973年 33歳

 

1973wgermany_bmw.jpg 

そう、この車は、初代目BMW

 

ドイツ国内地方出張で遠くは飛行機で飛ぶ

空港でレンタカーし仕事先に向かう

これは宿泊したホテル前で撮影

 

左向こう側に写っているのが当時のベンツ

この大きさが基本のベンツ

 

ドイツでも風格があるしステータスシンボルだったから

大会社に訪問するときは、決まってベンツ・レンタカー

 

アウトバーンでこのベンツを運転したとき

200km以上出しても、驚くほど、安定走行していた

ひたひたと路面を走った

 

・・・

 

手前のBMWは小型だから、せいぜい180kmが限界だった

よくこんなんで飛ばせたものだな?

と、いまになってこの写真を見ながら、そう振り返る

 

ま、人並みに、命知らずの若者だったんだ

と、あぁ、恥ずかしや~!

 

・・・

 

当時、軟らかなサスだった日本車では

とてもアウトバーンを走れない!と揶揄され

ドイツのどこにも日本車は見当たらなかった

 

 日本車が先進国で認められたのは

トヨタが海外向けに一から作り直したセルシオ

米国に上陸されてからだ

(その後、レクサス・ブランドに進化した)

 

そのセルシオ2代目(走行距離8千km)

かって所有したことがある

 

【直江津港にて撮影】

my_cersior.jpg

トヨタがこのセルシオを開発するために

一から設計やり直し、新専用工場、専用テストコースを新建設

米国に上陸させ、世界標準だった高級車ベンツに

その乗り心地の良さで唸らせしめた逸品

 

 (自分の所有した車歴については、目下編集中)

 

・・・

 

 

配布 国勢調査

 

調査員がやってきた

平成22年度国勢調査

人生70年で初めてである

 

調査票提出の方法は、三種類

調査員に提出

郵送で提出

インターネットで回答

 

予めどの方法で提出するかを申告する

インターネットにした

chosakokusei.jpg

 

。。。

 

 

宅配 ご苦労さん

 

今年の夏は暑かった

 

太陽光線も南太平洋並みに強かった

 

mabushii.jpg

 

日常生活で、宅配便のお兄さんたち

みんな額から汗を流し働いていた

「ご苦労さーん」と声をかけ

労をねぎらうことが多かった夏だった

 

路地の奥まで入り込んで仕事するのは、大変なことだろう

一軒一軒玄関先からごみ回収する労と同じく

社会を支える立派な仕事だとつくづく思う

 

宅配便のおかげで世の中が一層便利になっている

自分の場合、ゆうパックより圧倒的に利用が多い

 

・・・

 

最近こんなことがあった

 

粗大ごみ一掃作戦の一環で古いゴルフクラブを処分することになった

中古ゴルフクラブショップから

ビンテージもののパターをゲットした

そのくだりは記事にしてある

 

パターが送られて来た時に空き箱が二つになるように頼んでおいた

クラブを詰め込んで、集荷センターに電話したら

「電話番号を入力してください」ピッポッパッと入力したら

「受け付けました」と切れた

簡単な操作

 

箱の口をガムテープで張ろうとしたら

ピンポ~ン!まさか??なんと、宅配のお兄さんだぁー

「ガムテープ貼っときまーす」

「よろしくー、 ありがとうさーん!」

 

・・・

 

もう一つの例は、残念な事故のケース

 

50型大型テレビの表面に衝撃などから保護するアクリル透明板

通販で一番安い価格のを注文してあった

販売先が仕入れるのかしばらく音沙汰なかった

最近メール連絡があった

準備のため宅配業者と時間など打合せていた

 

大型テレビ表面材質は、二種類ある

自分のプラズマはガラス製なので、固く傷つきにくい

液晶だと、表面が軟らかいから簡単に傷つき破損しやすい

 

しかしガラスでも完全ではない

高価な品物だから、透明なアクリル板をかけることにした

 

受け取りの日、宅配業者が持ってきた

一瞬段段ボールを見て悟った

「一緒に立ち合ってくれない?」

段ボールを開けた

アクリル板を取りだしてチェック

 

嗚呼!短い辺の真ん中に傷がある!

外の段ボールに小さな穴

スキーストックの先みたいな鋭利な金属が外から

突き刺さった衝撃の傷みたいに欠けていたのだ

 

宅配のお兄さんに言った

「宅配やさんのミスじゃないよ、これ」

「あきらかに、発送元のミスだよ」

 

段ボール箱の外には

「取扱注意」とか「われもの」とか

普段よく見る警告シールがなかったからだ

持ち帰ってもらった

 

早速送り主にメールしたら、すぐ電話が入った

送られてきた状況を説明した

 

どうも、何枚か一つの大きな段ボールに入っていたところか

一枚分を抜き出して、そのまま伝票を張って送ったみたいだね

それに、この薄い段ボールの外には

衝撃吸収材が当てていなかったから

上から積荷がのっかったらどうしても傷つき易いよね

 

こんど送る時は、このあたりを指示してよね

一生懸命この製品を作った人たちの労がある

こんなの見たら悲しいよね

 

送り主は理解し「すみません、すぐ送ります」

「うん、慌てないでいい。丁寧に梱包してよね」

 

・・・

 

もう一つの事例は

以前、このブログで書いたことがある

 

定年退職直後、SOHO準備のため

格安の中古チェアを探していた

北海道の倉庫で保管していたものが破格の格安で見つかった

活躍してもらいたいと注文した

 

ところが運送する際に

どうも販売先が簡単に考えていたらしい

単に椅子の外側に一枚プチプチで巻いた梱包だけだった

椅子の横にある調整ノブが欠けたいた

 

(保険は販売価格で交換は出来なかったが、その後色々あって

幸い販売中の製品だったから新品同様の顛末になった)

 

・・・

 

運送の方法や手段は、広範囲に発展し普及している

反面、梱包や保険など破損した時のことまで考えないで

利用してしまう面もある

 

サービス産業では速さサービス重視・優先はいいが

往々にして、こうした破損とか損失とかを

あらかじめ組み込んだビジネスになり易い

 

日用品ならいいが貴重品やビンテージものは代替えが見つからない

お金で弁償の問題で解決できない物も多い

 

このあたりはよく考えて買い物した方がいいかもしれない

高齢者は自分で引き取りに出掛けにくい

幸い買い物はだんだんと減っているが・・・

 

・・・

 

一方日常で不可な食材のケーたリング配送には

とても助かっている

 

特別な食材だけは自分が買い出しして

家族を喜ばせている

 

先週のデパ地下魚介類セール

丸物は大きな鯛一匹しかなく、幸いこれをゲットできたから

お袋がお頭の方を、かみさんが尾っぽの方を賞味してもらった

 

marumono.jpg こうした珍しいよい物を見つける食材の買い出しの秘訣は

あちこち足を運んで情報収集し

その時間帯に行って調達するしかない

 

すると、果たして

自動車運転をあと何年できるだろうか

そろそろ心配になりかけている

 

・・・

 

健康第一のシニアライフであることをいつも心がたい

 

明るく・元気に・楽しく・面白く・前向きに

 

・・・

 

  

2010年9月24日

パター ビンテージもの

 

ビンテージの記事が続く

 

ゴルフギアについても何度かこのブログで取り上げている

 

クラブを収納するゴルフバッグは二個所有する

かって日取りが接近し遠出ゴルフすることもあり

宅急便で送ったりしやりくりするため

クラブとバッグとを二式持っていたことがあった

 

クラブは一式にまとめるため

固いシャフトSから柔らかいシャフトRに変えるため

全部売却し下取りで一式にまとめた

 

クラブを入れるキャディーバッグいずれも中古品

テーラーメイドとキャロウエイとのプロ用バッグ

バッグの口が一般用よりも広く

クラブの出し入れが易しい

 

世の中で滅多に見ることはない

これら程度がいいのは

収集家たちが保存していたせい

 

あえて使うのは

残りの人生を楽しみたいからである

 

golfbags.jpg

 

ゴルフ場で目立つデザインがよい

頑丈に出来上がった品質は

なかなかの逸品でもある

古いからビンテージもの

 

「格好いいシニアゴルファー」のファッションの一つとして使っている

 

高齢化に伴い、力も落ちたから

クラブは柔らかいシャフトのに変えて来た

 

残るはパターだけになった

 

18ホールで半分は、グリーン上でプレーする

パターが最も打数的に使う頻度が高い

シニアプレヤーの「杖」みたいなもの

 

最後に使いたいブランドがあった

スコッティー・キャメロン

 

1962年カルフォルニア生まれのスコッティー

現在までにタイガー他著名な米国ツアープロの多くが愛用する

名器パターで評判が高い

パターにはカルフォルニアの地名がニックネーミングされている

 

・・・

 

髭爺が新しい2010年モデルを持っていても

ちっとも可愛くないだろうし

やっかみを買うだけ

 

爺さんらしく古さのあるいいパターを持ちたい

この計画でずっと中古品を探していた

最近いいパターに出合った

 

2002年発売スコッティーキャメロン

NEWPORT STAINLESS BEACH

scnewportbeach.jpg303 STAINLESS と両端バランスウエイト部分に刻印されている

グリーン上を修復するフォークもパターカバーに付いている 

 

ステンレス以外の素材は戸そうなので、ケアしないとすぐ錆びが浮いてくる

この303ステンレスは柔らかく

パターの良さの要素

打感と打音がすこぶるいい

 

かねてより見つけて取り置きしてもらっていたのを

きのう中古クラブショップで現物チェックし気に入ったので

格安で購入できた

あいにく土砂降りの雨だったので持ち帰らず

宅配してもらったのが今朝届いた

 

・・・

 

富士山麓のゴルフコンペで若者たちの目に止まり

「ああ、キャメロンですかぁ・・・」

(年寄りらしく、ビンテージものパター使ってんだぁ・・・)

そう思われたら、ま、納得レベルだろう

 

・・・

 

 

2010年9月23日

いいもの ビンテージ

 

このプログでは

生活の中で、新品だけでなく、用途によっては、

中古品でも、充分に役に立つことを

取り上げている

 

自分が使う物は、新品から中古品まである中

新品だけど在庫処分品、良品、逸品というように

割と品物がいいレベルに選択肢をおいている

 

すると

年代物については、ビンテージがある

  

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

Wikipediaによれば、「ビンテージ」とは

本来、ワインにおいて

葡萄の収穫から醸造を経て、瓶詰めされるまでの工程を表す

 

oldwines.jpgその後、言葉の使い方が広がって

名品、年代物の楽器、オーディオ製品、カメラ、衣料品、車などの

希少品の意味に使われるようになり

ジーンズ、ヴァイオリンなどにも使われ一般化したとのこと

 

基本的に過去の年代

およそ10年以上前に作られた製品に対して使われるらしい

 

ここまでが、前置きと定義である

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

さて

自分の所有物の中に新品から中古品まである

 

30歳ごろ海外の人々の生活する考え方に影響されてから

衝動買いしないで、じっと待って世間の評判を見ながら

いい物、逸品を、一つだけ買う姿勢を貫いている

 

だから、自分の所有物にも

10年ちかいビンテージ物も混じっていることになる

 

・・・

 

きょう雨が激しかった午前中だったが、予定していたので出かけた

連休で高速道路も一般道も渋滞だった

 

デパート別館の「Men's館」

持参したのは、ブレザーコートと合わせたズボンの2着分

 

いずれも

西独駐在時代仕事でロンドンを訪れた際

英国仕立ての服を持っていてもいいか

記念に、有名ブランドのブレザーコートを手に入れていた

 

brands_regentstr.jpgロンドン、リージェントストリートの店

バーバリー、と、オースチンリード

 

定年までは仕事中は、やはり周りに合わせ

グレー系の背広が主体だった

 

定年退職後再就職したあと精神的にフリーになった

学会、展示会など、人目につく場所では

自分を明るいシニア姿として示すべく着用

 

・・・

 

「Men's館」には、現役時代に、訪れたことがあった

 

地方の会社に勤務し

その親会社から子会社にアドバイスしていた

 

設立に3年目の情報サービス産業 、すなわちソフトウエア会社

そのうち子会社に出向し事業を拡大した

 

定年退職した2000年には30歳以下社員200名ほどの規模になっていた

社員はほとんど、自分の子供の世代

 

そんな環境で勤めるのに、グレーの背広じゃ合わないから

この「Men's館」訪れて事情を相談し

薄グリーン、薄ベージュの背広上下にしたことがあった

 

・・・

 

定年退職から十年が経過し300名の社員数

25周年記念OB会が10月にあり招待状が届いた

 

定年退職後再就職し2008年まで働き

仕事を引退し、隠居し、そして2009年から

隠遁(世事から逃れ隠れ住む)生活に入っている

 

つまり

世間での征服、裃(かみしも)である

背広やブレザーコートなどを新調すること自体

もはや無駄である

 

元気なシニアとしての『イメ・チェン』だけを

演出し表現できてさえすればいい

 

・・・

 

コストパフォーマンスを高くするためには

この2着分のブレザー/ズボンはそのまま使いたい

 

ワイシャツとネクタイと胸ハンカチ

三点セットを新調する作戦を立てた

 

男の館で誂えられる作戦

一階から偵察し始めた

 

カラーワイシャツが濃淡展示してある店で足が止まった

 

美しい女性店員さんに相談

今回のOB会の背景と状況と作戦とを説明した

 

 持参した二着のブレザーコート

いままでのズボンとの配色には問題ないそのままでGO

 

聞いていて頷いた彼女 

まずワイシャツからスタートした

 

広い棚からさっと一枚抜いた

最初のブレザーに挟んだ

 

「えっ?」

想像していなかった明るい色だぁっ!

 

そして引き続き

ネクタイの棚からさっと一本抜いてワイシャツの上に置いた

 

「えっ?」

これまた、想像していなかった配色だった

 

そして

「素晴らしい!!」

感嘆の声を上げてしまった

 

もうひとつのブレザーにも同じ

ワイシャツを持ってきた

「えっ?」これも予想していなかった明るい色

次に置かれたネクタイも同じ

まったく想像していない色

 

ううっ!・・・

これらの素早い配色に唸った!

 

あれこれ持ってきてああだこうだするんじゃない

一発配色で完了させた!

 

格子柄のブレザーの色の一つを利用し合わせることは

常識として自分も知っていた

 

自分の予想していた色はどうしても保守的で

やっぱり地味だった

最初の説明の時に

彼女は首を縦に振らなかったのである

 

「ワイシャツは背景なんですよ」

そう女性定員はそうおもむろに説明し始めた

「ネクタイ、コート、ズボン」

「家だったり、塀だったり、庭だったり」

 

なるほど

頭の中のキャンバスで絵を描いているんだ

 

「僕にとっていわば109系的配色ってなかったんですよねぇー」

そう意気がって呟くのが精一杯だった

 

確かにソフトウエア設計の会社だから

半分以上が女性社員である

OB会に出かければ

男性部下よりも彼女たちから厳しいチェックが入るだろう

 

「よし、思い切ってその配色で行こう!」

 

プロにはやっぱり敵わない

だから雨嵐の中やってきた甲斐があった

 

・・・

 

かくして

二着分のワイシャツ、ネクタイ、胸ポケットハンカチが決まった

 

帰宅して夕食後一服し、かみさんに見せたら

「ああっ!」と配色の意外性に驚き

「いいわねえ・・・」と感嘆した

 

プロの仕事は簡単そうに見える

しかしプロの仕事を通じて苦労あってのノウハウ

素人には足元にも及ばない

 

・・・

ちなみ

この店は、背広などが専門店である

英文のパンフレットを貰った

 

bb_usa.jpgアメリカのブランド

リンカーンからオバマまで歴代の大統領の仕立てをやっている

陳列している背広は重厚で素晴らしい

もちろん高価な洋服

 

我が隠遁生活では

ワイシャツとネクタイと胸ポケットハンカチ

それらだけで、イメチェンが出来た

 

つまり

きょうのこのブログ記事のテーマ

いいもの、ビンテージ

 

自分の例から説明できる

 

いいブレザーコート持っていたからこそ

新しいブレザーコートをう必要はなかったし

イメチェン用のアクセサリーだけ買っただけで済すことが出来たのだ

 

つまり

コストがかからなかった

いい物を持てば、浪費はない

エコだったわけ

 

自分のいまの環境に合わせて

自分のシニアライフの絵の背景を少しだけ

明るく描いてみただけのこと

 

現役時代はさしずめモノクロだけの世界だった

シニアライフになったからこそ

そんなカラフルナなアレンジも楽しめる

まさに

Enjoy!

エコ・ライフ!

 

・・・

 

2010年9月18日

古都 ウイーン

 

1971年羽田を出発モスクワ経由で欧州へ出張

 

共産圏国経由だった

 

ソ連国、首都モスクワの空港で一泊

乗り継ぎ便が無いから宿泊費無料

 

ポーランド国、首都ワルシャワで一泊

ポーランド放送局でデモ

 

ルーマニア国、首都ブカレストで一泊

ルーマニア公団でビジネス

 

これらの国はいずれも、当時共産圏であった

 

モスクワは乗り継ぎ便が無いからノービザ

ワルシャワもブカレストも滞在ビザは

いずれも日本人は一泊だけしか許可されなかった

 

いわゆるこれら「赤い鉄のカーテン」内の国々から

西側へ飛んだ先が

オーストリア国、首都ウイーン

 

citiesredcoldwar.jpg

 

地図で一目瞭然

オーストリア国は、共産圏に突き出している

首都ウイーンはその東突端部に位置する

 

そのせいで、この国は歴史的に

ソ連・ドイツとの狭間で苦難の歴史を歩んできた

 

1971年はすでにオーストリアは西側であった

共産圏から自由な国に入ったせいか

当時なんだかほっとしたことを覚えている

 

このオーストリアという地形から

首都ウイーンは東西両陣営のスパイが暗躍するに

格好の街となっていたらしい

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

ちなみに

スパイ映画「第三の男」が撮影された

 

夜中スパイ主人公が追手に追跡されて

狭い石畳の通りを縦横無尽に逃げ回るクライマックス

 

主人公と追手との影が、壁や石畳に歪んで長く映し出され

あちこち動く手法

 

盛り上げるのに動くだけではない

静止状態でも、息をのませる

strnighthide.jpg

ある家の入口まで来た

街灯の光が当たららない戸口の影に隠れる

 

足元の靴にネコが居る

 

しばらくすると

ネコが隠れた主人公の靴を舐めるから

そこに潜んでいると追手は気付く

 

3rdmantaxi.jpgそこにめがけて走り突進する追手

すると左からタクシーがさっと通過

タクシーが去ったあと

あっ!姿が消えた!

 

strshadowrun.jpg必死に逃げる、追いかけるシーンが圧巻

通りの建物の壁に映る、歪んだ影の動きも素早さを表現

入れ替わり立ち替わり、影だけのシーンが続く 

 

地下の下水道でも

追手のランプの光に主人公の影

慌てる主人公の向こうに

ランプが揺れ動き、主人公の心も慌てる

 

最初この餌画を見た時、このような手法に感銘した

 

3rdmantunnel.jpg 白黒写真や、映画の基本は、光と影である

スパイは、光と影

まさにぴったりの素材で、この映画は制作されていた

 

> 中略 <

 

ご存知の印象的なラストシーン

3rdmanlast.jpg

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

さて話は、現実の世界に戻る

 

1971年31歳 

オーストリア国営放送局ORFでデモンストレーション

マイクロフォン専門のメーカーを訪問

担当者と夕方郊外のワイナリーでワインを楽しんだ

 

最初訪れたウイーン仕事が終わったオフの日

シェーンブルン宮殿へ観光に出かけた

scheonbrunn.jpg

入口で英国から観光に来ていた女子大学生とふと会話を交わしたことから

宮殿内および庭園見学とアフタヌーンティーだけ

一緒にチャットを楽しんで過ごした

 

夜はあらかじめ予約していたオペラ座へ、一人で出かけ

「魔笛」を前から5番目で観劇した

(このくだりは以前ブログ記事にしている)

 

・・・

 

二年後、1973年西独現地法人設立直後

代表としてフランクフルトに駐在

 

ウイーンのマイクロホンのメーカーと業務提携したから

このウイーンにはたびたび訪れ

街中を散策した

 

雨の日も、曇りの日も、晴れの日も

美しい街並みの古都だと思った

 

koto_vienna.jpg

 

ウイーンは綺麗な静かな落ち着いた街

特に街かど曲がると、新しい静かな光景が目に入ってくる

  

あたかも

「第三の男」のサスペンスを盛り上げていた

あのシーンを思い出す

 

角にくると、次の通りを覗き見しては、曲がってみる

するといつも

新しい光景が目に入ってきた

 

そんな楽しみ方もしてみたりし、時には、カフェでお茶し

ゆったり気分を味わえた 

 

アメリカや日本と比較すれば 

欧州のテンポは遅い

 

この石畳通りの古都ウイーンを散策すると気が落ちつくのをみると

人間にとってはすこぶる当たり前の環境かもしれない

 

・・・ 

 

2010年9月17日

物 執着心

 

粗大ごみ一掃作戦で思いだしていることがある

 

日本はアメリカに似て消費傾向が強いといえるのは

欧州を見ると判る

保守的な欧州は物を長く使う

 

無駄遣いしないことと、お金が無いことなど

それなりの理由があるだろう

 

物が少ない、物を大事に使う

このことと関係がある

 

1971年(31歳)デモ機器を抱えて渡欧し

各国放送局でデモンストレーションする行脚をした

 

ブログ記事にしたことあるが

羽田からモスクワに飛んだ

 

アエロフロートは、離陸でジャンボのように急上昇しないから

見送りにの上司が帰国後こう言った

羽田沖に墜落する、と思ったと

 

旧ソ連大陸横断中、ツンドラ地帯が見えた

途中給油のために立ち寄る各空港は寂しく

ミグ戦闘機が駐機していた

 

そう冷戦時代の話で

鉄のカーテン内の東欧から、西欧に向かった

 

ところが

クルーはすこぶる親切だった

上空で飛行が安定すると自由に歩き回れたし

どうぞどうぞと操縦室内まで見せてくれた

陽気なパイロットたちだった

 

座席は人数を増やすために膝がきつかった

 貧しい国ではよくある座席改造だ

 

夜さむい冷たい暗いモスクワ空港に着いた

ここに宿泊したことは、以前ブログに記した

 

bagman.jpg 

空港端にあるホテルに荷物を運ぶポーターが

ボールペンを欲しがった

 

bpen.jpg一泊なので換金していないから、物だけをねだられた

 チップだと思ってあげた

 

次はポーランド、首都ワルシャワへ

(以前、ブログ記事)

 

ポーランド国営放送局でデモ

夜旧市街を見学

ビザは外国人は一泊だけだった

 

次がルーマニア国、首都ブカレストへ

空港滑走路わきには、空に向け機関銃が点々と並んでいた

冷戦時代だからだ

 

当時、ボーランド公団へ電気部品納入する取引があったから訪問

公団購買担当者は引き出しを開けた

沢山のライター、お酒、贅沢品、土産品があった

何か持ってきたか?と聞く

いわゆる賄賂を要求されたのだ

 

これらの国では

独裁政治の下で、軍人や公務員たちが苦しめられる

役回りのいい立場を最大限に生かし弱い者相手に

賄賂が公然と横行する疲弊社会になってたことは

当時から有名だったから知っていた

 

年一回の価格交渉があり、当然のごとく

担当者が公団上層部に対して

自分の成績を示すべく、大幅に値切って来た

あらかじめドイツ人商社マンから彼らの商習慣は聞いていた

対応の仕方をしっていたから、NOと一点張りに突っぱねられた

それで契約が切られることはなかった

 

ポーランドのタクシーの、ルノーは、50万km走行だった

物を大事に使う?物が無い?

 物への執着心

 

いろいろな事情がある

 

・・・

 

世界には、チップという習慣が残っている国がある

お金を渡す、物を渡す

そこにワイロが存在

 

> 参考 <

アメリカ1949年映画「賄賂」

ロバートテーラー主演

bribe_lobby.jpg

2010年9月16日

ゴルフ リハビリ

 

富士山麓でやる「歩きゴルフ」を『健脚リハビリ』と称してきた

 

下界、普段の生活でも、リハビリはある

自宅でストレッチするとかいくらでも出来る

 

ゴルフ練習場にはティーチングプロがいる

自分のゴルフについていろいろと相談できる

 

ゴルフスイングの基本、アプローチショットの打ち方

それぞれにリハビリができる

 

・・・

 

きょうは久しぶりの秋雨

近くのゴルフ練習場に出かけた

プロに30分間見てもらった

 

コースで調子がおかしくなったときの様子を報告し

いわゆる症状を説明したあと、質疑応答&チェックし

基本をおさらいする

 

ゴルフをしたことない人には

プロが飛ばすのを見て

ゴルフは力がいると勘違いする

 

だから

ゴルフを始めるとだれでもまずこの壁にぶつかる

これはあたりまえ

 

ゴルフは力ではないと、まず頭を切り替える

このあたりはしっかりと教えてもらわないとならない

 

教えてもらっただけではできないから

実際そうやれるか

そこが練習中の大きな壁になる

 

この間、プロの指導がないと遠回りする

 

この壁を破れば

ゴルフはだんだんと上手く方向に進む

 

普段の体の動かしかたでないし

人間だから、時々忘れてしまう

時々、プロに見てもらうことは必須だし、効果が持続する

 

物理的に申せば

ヘッドスピードが早ければボールが遠くに飛ぶ

 

ヘッドスピードを上げるためには

どうするか?

 

手で打つのではない

体も動かすのである

 

時々不調な時は

決まってこの基本から外れている

 

ボールを打つことだけを考えると

小さな考えになる

手先だけで動き、体が動かない

 

練習場ではいいが、コースではダメなケース

 

とかく

小さな筋肉を使いたがる

 

体を動かすことを考えれば

大きな筋肉を使える

 

ゴルフは

大きな筋肉を使うスポーツである

 

不調になったら

大きな筋肉を使う基本から

逸脱していたからだったんだ

と分析し改善した方がいい

 

小さい筋肉で改善しないことだ

 

【ボビージョーンズのスイング】

swingbj.jpgゴルフのリハビリ

これはこうした基本を再確認し

練習し体に覚えさせ

コースで正しいゴルフに戻すこと

この繰り返しである

 

我が通所施設にしている富士山麓ゴルフコースで

歩きながら『健脚リハビリ』をし

ゴルフしながら『正しいゴルフ』を希求する

スコアはその結果にすぎない

内容がどうよかったかが大切になる

 楽しく面白く上手に

・・・

 

参考

 

下の写真は、アメリカ製のゴルフスイング習得するための補助器具

ゴルフの正しいスイングプレーン(スイングの面)を確認したり、矯正したりできる

 

 手で持つゴルフクラブに相当する棒がある

クラブの軸の上には

回転するゴムで覆われた筒がついている

 

ある程度ゴルフスイングの基本を覚えたら

使い方は簡単

 

器具の円の周りを、棒でゆっくりとなぞってスイングし

正しい軌道を確認・把握する

 

次に

この器具から離れて

自分のゴルフクラブを持って、同じような円周をクラブシャフトが通るようになれば

スイング軌道をただしく理解し、かつ

クラブをちゃんとスイングプレーン上に振っていることになる

 

繰り返し、練習し、この感覚を覚える

 

そして、実際に、

ゴルフボールを打って確認し練習する

 

迷えばまたこの補助器具の助けを借りれる

 

explanar11.jpg

 

 

体を使って背骨を軸に回転しながら、クラブをまわせば

この円軌道を逸脱しない

 

この枠にそってクラブを振るには

ぜったいに体の回転が欠かせない

 

ゴルフスイングは手先で無く、体の回転で行う

そのことを頭ではなく、体で覚えられる

 

 アメリカで開発されたこの器具は、日本にもある

自分も何年か前に自分のスイングプレーンを確認するために

この器具を試したことある

 

えっ?

ここを通るのかぁ?

初めは吃驚仰天するくらい新しい発見だった

 

それほど

見るのと自分がやるのとのギャップが激しい

ゴルフというスポーツ

やってみないと気がつかない

 

タイガーウッズと競い合っているミケルソン

彼はレフティー(左打ち)でプレーしている

実は、生来、右打ち

 

なぜか、レフティーでぷれーしているのか?

子供の頃

ゴルファーのお父さんのスイングを忠実に真似るには

向かい合ってお父さんの一挙一動を見ながら覚えた

親父さんが右打ちだから左打ちになってしまった

それほど

スイングの各部位は、正確に時系列的に動かないといけない

 

正確に動くには、小手先に集中してはだめ

体全体、大きな筋肉を使うようにスイングする

 

プロからそう指導されても

いざ、自分がスイングできるか

正直非常に難しいのだ

 

・・・

 

ゴルフスイングの練習

まさにリハビリという考え方が必要

 

 きょうはそのことを再確認できた

 

 

2010年9月15日

三輪車 幼稚園入学前

 

粗大ごみ一掃作戦をやっていると

 時には

昔の古いアルバムを見直すこともある

 

幼少のころ過ごした社宅を思い出した

 

90過ぎたお袋とお茶し会話を交わしてみると

覚えていたことを話してくれた

 

幼稚園に入る前の話だそうだ

三歳ごろ?

 

小学校の頃から中学二年生まで居住したこの市

大企業の社宅が展開していた

自宅は十条通にあった

 

下の写真の右に、やがて入学する小学校がある

小学校の左の道の左に展開する中社宅

小学校のグラウンドの上端あたりから通学していた

 

方位は、上が東になる

社宅の東側(上)に工場の一部が展開し三本の煙突が見える

 この三本の煙突は子供の頃の想い出

三本の煙突の話はまたの機会に

今は一本になっている

 

shataku_view.jpg 

中社宅にある遊園地

自宅の西側(下)道路挟んであった

 

その公園の西側に工場長の大きな屋敷があってここだけが塀に囲まれていた

三歳上のお兄さんがいたのでよく遊びに行き

その塀の上をよく一緒に歩いたりと可愛がられた

その後、医師となるが、若くして他界され

母上様と十数年前にお会いする機会があった

 

その遊園地で、お袋と自分とが遊んでいたら

ある骨董屋さんが通りかかった

何か持っている?

 

【まったく覚えていない三輪車】

oldtricycle.jpg骨董屋さんが言うには 

いま会計事務所から三輪車を譲ってもらって来たところ

 

すると

夢中で三輪車に触っては喜んだ嬉しい顔して

車輪にしがみついてしっかりと離さない自分

そのの様子を見ていた骨董屋さん

 

譲ってもいいですよ

とお袋に言った

 

でも、まだ幼稚園上がる前だから、早いわねえ

とお袋は答えた

 

いや、早く覚えたほうがいいよ

特別に安く譲りますよぉ

 

かくして

幼稚園前に三輪車に乗り始めていた、というのだ

自分はもちろんこのことを

かいもく覚えていない

 

・・・

 

ごみ一掃作戦の最中

整理している写真をみながらお袋と話をしていた2,3日前に

この会話になった

 

当時工員が多い社宅では

三輪車なんて贅沢品で誰も乗っていなかったそうだ

周りは羨ましがったらしい

 

その通りの奥に住んでいた元気なおばさん

いつも何人かの奥さんを従えていたほどのボス的存在

 

そのおばさんが、三輪車の事を知ったら

その骨董屋さんを捕まえて

なぜ、最初に私んとこに話を持ってこなかったの!・

若い奥さんに甘いんだからさ!

と噛みついたとか

 

当時お袋はその家の前を通らず迂回し

供給所(会社のスーパーマーケット)に

食材買い物に出かけていた

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

ところで、話は変わるが、まだ車のこと

 

西独駐在時に必要な西ドイツ自動車運転免許証を取得した

 

在住したフランクフルト市警察署発行

 

【表紙側】

wgdriverlcns01a.jpg

1974年(34歳)の春に取得

 

【内側】 

wgdriverlcns02a.jpg

 顔写真は、糊付でなく、鳩目二か所、割印のみ

 

西ドイツに居住(住民登録)してから6ヶ月間は

非居住者の場合と同じ条件で運転ができる

つまり、その間は

日本の国際免許証、および、在外公館等の翻訳照明を携行する

 

・・・

 

駐在員として西ドイツに居住し続けるとなると

その国際免許証の1年間有効の期限が切れる前に

西ドイツの運転免許証を取得しなければならない

 

入学する自動車学校を決め

既定の学科講習と学科検定を受ける

ドイツ語の他に、英語が選択できたから助かった

 

運転歴があったので

技能講習は免除され、学科だけの検定だけだった

 

学科試験は、日本と大きく違っていた

JAF雑誌にあるような写真があって

こういう場合はどうか?

という問題が多かった

 

実際の場面に即した判断力を求められた

 日本の問題は文章選択式だけ

写真を使って場面の判断を試験した方がよりいいのでは

 

合格すると

写真のような運転免許証が交付された

 

・・・

 

住民登録した時と同じく

なんだかやっと西ドイツに住んでいるんだ

と、いう気持ちになったものだ

 

その後、西ドイツは、東ドイツと統一されドイツとなった

現在は、「EU運転免許証」に変わっている

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

自分は、人より小さい時から

車に縁があったんだ、と分かったのである

 

・・・

 

現在自分の自動車歴をブログに載せたいと

昔の写真を探し、記事を編集中である

 

三つ子の魂、なんとやら 

 

三輪車にしがみついてから

70-3=63

63年も経過した

 

・・・ 

 

2010年9月14日

猛暑 カリンの実

 

猛暑でカリンの木は葉っぱが落ち始めた

 

カリンの実はどうなったか

十個ほど実がついて大きくなっている

20100914karin.jpg

どうやらカリンの実もこの猛暑に頑張っている

あとはいつごろから黄色くなるか

今年初めての収穫となる

 

去年カリンの木の下に、黄色になったカリンの実が一個落ちていた

去年春に植栽したから

その年に実がつくとは思ってもみなかった

 

 

今年収穫したら

カリン漬けを試そう

 

・・・

 

 

2010年9月13日

涼風 富士山

 

暦では、『白露』、涼風が吹くころ

 

きょう富士山麓のオープンコンペに参加した

自分はここの会員だが同伴者は外からの参加者たち

新しい出会いも楽しい

 

前回ゴルフした9月3日ころ

近くの富士桜CCでサンケイクラシックプロ選手権が開催

最終日5日石川、園田の若手がプレーオフし石川が優勝した

 この試合を見ながら気がついた

 

乗用カートがあるゴルフ場である

コースにUpDownがある

二回ほどプレーしたことがあるが

もし、歩くとなるときつい

 

つまり

プロの試合は歩きでやる

年配のゴルファーはきつかったにちがいない

 

反対に

若いプレヤーたちには有利だったから

若者たちのプレーオフになった

そんな分析、ありかも

 

・・・

 

富士山麓1000ゴルフ場は、やっと涼しい風が吹いていた

 

いつもの池にいるカモたち

きょうは違うショートホールにいた

やっぱり三匹だけしか残っていない

どれが親でどれが子供か、全部子供かわからない

 

three_kamos.jpg

 この写真はグリーン側から斜め振りかえって撮影している 

 

池面に映っている縦の影は、複数の林の幹である

ここのショートホールは

左にあるこの林すれすれにボールが飛ぶと

グリーンの左のこの池にポチャ!と落ちる

 

しかし

グリーン外してもラフがあるし下段があるから

運がよければ止まり池には入らない

 

 さきほどの富士桜CCには

左の池との間はグリーンのカラーだけでラフの無いショートホールがある

グリーン外してカラーに落ちても池ポチャになる罠である

かって石川が落としたことがあった

 

ショートホールはワンオンしなければならないのである

 

・・・

 

きょうのオープンコンペ

昨年一緒に回ったことある上手な人が同伴者だった

背が高く細身のスタイルのいい彼は若いから

気持ちのいいショットを放つ

 

こうしてたまにいい物を見させて頂くと

目の保養にもなるけど、それだけではない

「よし自分も」とイメージしたら

ドライバーショットが真ん中に飛んでナイスショットがなった

ますますゴルフが楽しくなった

 

・・・

 

さて中古でゲットしたギアを試してみた 

プロギアGN502HITの3Wと5Wは、つかまり易かった

つかまり易いと、ボールは左に出やすい、その通りだった

次回までに、修正することに

 

生鉄のアプローチウエッジ(AW)とサンドウエッジ(SW)

最初距離感がつかめなかったが

そのうちだんだん慣れた

 

まだ所有しているジャンボのウエッジは

打ちやすいグースネック

 

反対に

この生鉄はストレート

一般に素人には難しいと言われている

 

バンカーをいくつか試した限りでは

むしろ

いままでのやっていたオープンスタンス打法よりも

スクエアに立ち、ボールは両足の間

バックスイングは、ヘッドをうしろ外側に上げ

ドスンとカット気味に砂にぶつける打ち方がいい

 

そのうち方でうまくいったのは

最終ホール18番池越え

 

飛び過ぎてグリーン奥のバンカーに入ってしまった

このバンカーショットが難しい訳は

返しショットで飛びすぎてしまうと

またグリーン手前の池に落ちてしまうから怖いケース

 

思い切ってドスンとカット気味にやってみた

ふんわりボールが上がってグリーンに止まった

 

生鉄は一度使ってみたいと思っていたから

楽しめそうだ

 

・・・

 

ジューン・ツヅジ(ティーグラウン脇にある)

june_tsutsuji.jpgこの花のように 

マスター室の美人の明るい女性スタッフたち

快活な男性スタッフといつも、笑顔で迎えてくれるから嬉しい

 

9/3プレーした際に

女性スタッフが声をかけてきた

「病気なさっていたんですね」

(7,8月ゴルフに来なかった訳が分かりましたよ)という優しい目

(ああ、ブログを読んでくれたんだ)と嬉し思い

咄嗟の返事に詰まった

 

このように

髭爺を気遣ってくれるスタッフの皆さんに囲まれプレーできる

この上もない環境である

 

このブログでは、ゴルフ場のカモ、ランチメニューなど時々紹介している

大切なブログファン

ファンを意識すると、少しでもいいブログ創作の意欲が増してくる

 

プライバシー情報尊重から

このゴルフ場の固有情報は出さない方針だが

知る人ぞ知る名門コースである

 

・・・

 

昔は接待専用に使われていた名門コース

施設も抜群にいいし、グリーンの手入れもいいし

何よりもフェアウエイが美しい、林の中も綺麗である

 歩きゴルフだから静かな森林浴が出来る

 

・・・

 

スタッフ同様に

なによりもキャディーさんの質がよく明るい美人揃い

 

富士山からの芝の目、ポテトチップスグリーンの傾斜

キャディーさんの言うとおりにパットしないと

ほとんどカップにボールが向かわないし入らなくて余計に叩く始末

終日よきパートナーである

 

 【冠雪の春富士山、春ツツジ、雨の日の合羽姿のキャディーさん】

sisters_fujisan.jpg きょうは

夫々キャディーさんとしてついてくれた

若いギャル姉妹たちとも逢えグータッチ挨拶したし

何人かのいつもよくリードしてくれるキャディーさんとも逢え挨拶を交わしたし

スタッフのみなさんたちが、この髭爺の顔を覚えてくれているのは

まことに嬉しい限りである

 

フロントで会計しようとしたら

おつかれさまです、・・・さん

あれっ!僕の名前知っているの?

はい、もちろん!

 

てきぱきした明るいフロント

コンシェルジェさんたちも親切

 

このゴルフ場では

終日楽しいプレーの間、親切な明るいスタッフとの出会いもあり

とても有難いことに思っている

 

自分はこのゴルフ場しかプレーしない平日会員になって二年目

 

2008年までに名門コースを含み

歩かねばならないゴルフ場を探していた

 

そしてふとあるとき

秋のオープンコンペに参加して見た

 

歩きだけで、楽しいゴルフができる

面白くもあり、コース攻略は見た目よりも難しい

 

こうした様々な条件が

自分の一人ゴルフに合致したのであった

 

そして、あたかも、健康のために

『健脚リハビリ施設』

に通所しているのである

 

いまや

それ以上の

『心のケアリハビリ施設』

にもなっている

 

スタッフのみなさん!

感謝!感謝!感謝!

 

・・・

 

心からの感謝状でーす!

thank_you.jpg 

 

2010年9月10日

白露 涼風が吹くころ

 

自治体介護予防推進センターが開催する教室への参加

今年から対象者となったから、始めている

 

4月から三カ月単位

筋トレのための、マシントレーニング教室

転倒防止のための、バランストレーニング教室

 

 

そして、きょう、申し込んだのが

口腔衛生関係の、食べる噛む教室

10-12月に、週一回通う

 

 ・・・

 

今朝、自治体無料健康診断を済ませた

 

ecg.jpg血圧、心電図、尿、レントゲンとも正常

肺炎罹病の影は消滅と確認できた

血液検査の結果待ち

 

・・・

 

この秋、あと 

自治体無料歯科健診が残っている

 ha_burashi.jpg

 

 

食欲の秋、体育の秋

芸術の秋、 読書の秋

 

二十四気では

2010年日本では8月23日からの期間だった「処暑」の次

『白露』(はくろ)に入った

2010年日本では9月8日頃から秋分までの期間

 

大気が冷えてきて、露ができる

涼風が吹くころ

 

・・・

 

いま 

梨が旬である

  nashi.jpg

 

 

2010年9月 9日

顛末 鳩の台風避難


この記事は昨晩書いたが、きょう顛末まで書いてUPした

 

きのう 

ゴミ回収は、あと、缶類もあった

昼ごろ回収車が去ったあと

家人が雨の中プラスチックケースを取り込んだ

 

そのとき

門の外がわの片隅に

一匹の鳩がびしょ濡れにうずくまっていたらしく

箱をどけたら、隣家の方に飛んで去った

 

しばらくして家人が気になって 様子を見に出たら

また門の外、同じ片隅に戻っていた

 

 自分も出て見てみたら

じっと動かないし、逃げない

門を開けたら、よちよちと入ってきた

 

口笛を鳴らしたら

階段を二段登ってうずくまった

弱っているらしい

  

三段目は登らないから

靴の紙箱で、すくい上げたら、箱の淵にとまった

そのまま

玄関の外の雨に当たらないドアの外まで持ってきた

 

びしょ濡れの鳥

手を差し伸べると、よちよちと逃げるだけ

 人間に慣れているわけではなさそう

 

水にパンを浸し置いた

おやつの時間に作ったブルーベリージャム塗ったパンの残り

hatoko.jpgしばらくしてドアを開けて覗くと

パンを突いていた

 

そのうち台風の接近で風雨が強くなったから

寒いだろうからと、ドアを開け誘導し

玄関土間に入れた

 

宅急便が来た

ピンポーンの音にびっくり反応

 

ドアの内側には鳥がいるから、そっとそばをすり抜ける

でもまだ逃げない

 

そのままじっとしている訳は

羽根がびしょ濡れて寒いからだと判った

 

ヘアドライヤーを持ってきて

1mほどから温かい風を送った

 

体が温まったからか

しばらくしたら羽根を広げ、つくろい始めた

 

そしてよちよちと移動し

パンくずを突き始めた

 

お袋が庭の小鳥箱にやる小鳥の餌

殻の付いた餌を撒いたら

ついばみ始めた

 

体が温かくなったから、元気が出たのだろう

 

・・・

 

この弱った様子だと

すぐには回復しない

 

家中を飛び回ると困るが、そこまではないだろうとみて

玄関にそのまま置いておくことにした

 

外の出せば、猫もいるし、門の外なら、車が危ない

元気回復したら、外に離すことにした

 

・・・

 

我が家は普段小鳥が沢山来ている

家の前が畑と田んぼでその向こうには

地主の森が展開している

 

・・・

 

 つづき

 

<8日18時の記事>

 

鳥には止まり木が必要だ、ということを忘れていた

 

玄関ホールを覗いてみると

脇の年寄り用手すりに止まっていた

 

少し太めだが止まり木にしている

 

この手すりの高さまで飛ぶなら

少し元気が回復したことになる

hatokogenki.jpg

カメラに向いたこの顔つきの表情

今晩ここを避難場所にするんだ

と、決め込んでいるようだ

 

もう遅いから

明日の朝早く戸外に放すことに

 

・・・

 
つづき

 

<9日6時記事>

 

朝早く解放することにしていた

玄関ホールは

ドア内側に天窓からカーテンで覆うから夜は暗い

カーテンを左右に引き、ドアを押し開けた

 玄関ホールが明るくなった

 

鳥が止まっている手すりの後ろに回り

「さあ、あっちに飛べ!」と合図したら

羽ばたいて飛んで玄関を出た

 元気がもどっていた

 

でも、一旦

玄関脇の塀に止まって、こちらを見ている

 

「早く行け!」

 

そしたら

家の前の空き地向こうの林まで、元気に飛びたった

 

★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆★ 

 

ここで一件落着とはならない

 

そのあと、ただちに、大事な後始末作業に入った

 

インフルエンザ騒ぎの時に買っておいた

手やドアノブなど消毒する消毒液噴霧器を持ち出し

あちこち吹き付け消毒し始めた

 

さらに

消毒ペーパーで、止まり木にされた手すりを綺麗に拭いた

ドアやノブや玄関の踊り場や床も拭いた

 

止まり木の下に予め新聞紙を引いておいたから

夜中じゅうの糞と一緒に袋に入れ密閉し、燃えるごみへ

 

土間の餌なども外に履き出したあと、噴霧器でまんべんに消毒

餌に浸かった器は、除菌剤を浸し消毒

 

そう

鳥インフルエンザじゃないが、鳥はどうしても雑菌を運ぶ

それら雑菌から肺炎にもなることもあるから

ましてや飼うのは危険である

 

それらは知っていた

一晩やむなく保護したが、その影響も警戒していた

解放したあとの消毒作業は、必須だったのである

 

一般に 

鳩は卵を産んだところの戻る性質があり

何度でも飛来されてしまいこれが被害になる

鳩駆除のためのネット(網)や、鳩駆除ペーストまで売られている

 

その知識があって上で、一泊させたけどさぁ!

お礼(参り)だけは、御免こうむりたーい!

戻ってこなくていいーぞぉー!

 判ったなぁ!

 

・・・

 

 

2010年9月 8日

猛暑 台風9号

 

2010年の台風は

沖縄から日本海そして東北以北に抜けている理由は

太平洋高気圧が張り出してコースを北寄りにずらしているから

との気象庁の解説である

 

きょう午前中、台風9号は

そのコースを予報より南に変え

敦賀湾上陸後、南東に向かい横断し始めた

当初の予定コースより南寄りで進んでいる

関東地方に今晩接近する

 

MHKニュース引用

taifu9.jpg

 

二階のエアコンの室外機に被せていたブルーシートは

94年製エアコンが8/16故障後

新しいエアコンに交換設置したから不要になった

 

目下、屋内ごみ一掃作戦中

地方から帰郷した引っ越し荷物の残骸を廃棄処分すべく

昨日までにまとめた分を今朝出すけど雨である

そのブルーシートを塀に沿わせ張って

ゴミの山を雨から濡れるのを保護しておいた

昼までに無事に回収が終わって安堵

 

自動車のガレージの西側から

強烈な太陽光線が車に照射され日焼けする被害を防ぐため

ブルーシートをテントみたいに張って日陰を作ってある

台風の風が強くなれば外すことにしている

 

近くの大きな河川は、上流で台風の雨が降るとたちまち増水し

堤防の下の歩く通路すれすれにまで溢れる

 

利根川が大雨で氾濫し堤防が決壊したら、洪水は南下し

たちまち都心の地下鉄が水浸しになる

そんな怖いシミュレーションが

テレビCG放映されていた

 

2010年の台風は

コースがいままでと変わるから

新たな災害を被る地域が増えることを示唆している

 

 ・・・

 

新しい災害に対しては

何も起きないことを祈るしかない

 

 

2010年9月 7日

騒動 マニキュア黒

 

ゴルフをやると、自分の腕前を磨く途中に

迷いが生じるものである

 

自分の腕が悪いのか

道具が悪いのか

 

かくして

道具を買い求めつづける病気にかかりやすい

なかなか「弘法筆を選ばず」の境地は遠い

 

ゴルフでもそうなりやすいことは知っていた

 お金が無いから自分は大丈夫だとも

 

2004年ゴルフを正式にレッスンプロについて習い始めた

新しい打法として、すでに科学的に整いつつあった

 

 近年、道具とボールとの進化が著しい

子供でも女子でもやれるスポーツになって来た

 

女子プロ、若い男子プロの台頭は、道具の発達によるところが大きい

 

・・・

 

さて、始めた頃は、どのクラブがいいか判らないから 

これといったクラブと決めないで

中古のバラバラのクラブで習い始めた 

すぐ、「バラバラは駄目だ」とレッスンプロに指摘された

それでも 

ゴルフ場のスクール一年目のコンペ

90を切った好成績

 

中古クラブで、あれこれ試してみた期間は

クラブなど勉強することにもなった

 

そして二年後

一旦整理のために処分し、平均的に、揃え直した

 

このあたりのゴルフ歴や道具のことなどは

,自分で制作したホームページ

シニアライフの過ごし方

 

事例として

2004-2008年のゴルフ修業時代

シニアゴルフに移行する推移を紹介している

(その後、情報は追加していない)

 http:/www.vivo-honda.jp

 

・・・

 

ゴルフプレーでボールを打つ道具がクラブ

クラブのヘッドは同じである

 

人によって力の違いがあるから

どこで区別しているか?

シャフトのしなり方や柔らかさを違えている

 

その理由は

基本的に習得すべきゴルフスイングは一定とする

シャフトのしなりを利用しヘッドでボールを打つ

 

力のある人には固いシャフト

力の弱い人には柔らかいシャフト

 

 であれば

ちゃんと完成したひとつのスイングで

適切にボールに当たり

高弾道、方向性、飛距離で効率よくボールを飛ばせる

 

・・・

 

表示としては

S>SR>Rの順に、柔らかくなる

(プロは力があるからXとかさらに固くなる)

 

つまり

力のある若い人はSシャフト

普通の人はRシャフト

 

自分が2004年64歳始めた時

まだ力があったから、Sシャフトにした

 

・・・

 

高齢化に比例し力が衰えるから、自分も

Sシャフトから普通の人が使う柔らかい固さRシャフトに変えた

 

2007年にシャフトの硬さを変えた

イコール

Sシャフトを処分し、Rシャフトを買い求めた

クラブを下取りにし、また中古クラブで揃えたのである

 

・・・

 

ゴルフ愛好諸兄が陥る病は

ゴルフをやり始めると間もなく、上手にならない理由を

どうしても

自分の能力の製よりも、道具に押しつける傾向がある

 

たしかにマッチしていない道具だとうまく打てない

そういう面もあるから

素人はますます迷う

 

最近では、新品を買うなら問題は少ない

ゴルフショップに測定器があり、試し打ちし適切に決められる

 

中古店にはそういう施設が少ないから

評判とか経験に頼る

 

自分も例外でなく

始めた頃、どうしても、目移りし

中古のクラブををあれこれゲットして来ていた

 

他の人よりも少ない方なのは

幸か不幸か、お金が無いからだった

 

・・・

 

2007年に更新したアイアンセットは

定評のあるダンロップ社XXIOゼクシオ2006

 

ダンロップは大きな会社だから資金が多くある

頻繁に改良し新製品を発売できる

 

さらに

売上げ伸ばすために

アマチュアゴルファーが優しく使える道具(クラブ)づくりする

すぐ人気製品となり、中古市場にも多く出回っている

 

・・・

 

実は、このことで、コースでは問題が生じる

 

かなりの数のプレヤーが同じものを持っている訳だから

同伴者に居ると

キャディーさんが、クラブを出し入れする時

間違え易い

 

同じブランドでも

外から見ただけでは判らないが

アイアンセットなら、長さ、重さ、バランス、シャフトの固さなど

長いのから短いのまでちゃんと性能が揃えている

 

プレヤーが覚えた一つのスイングで

全部が迷うことなく振ることが出来るためである

 

そのプレヤーに合うクラブを持参してきている 

 

もし、 違う性能のクラブが混じったら

プレヤーにとって調子が狂うことを意味するから

万が一他の人のクラブが混じると大変なことになる

 

この混乱を避けるために

各自がクラブに自分の印をつけるのが習わし

 

量販店に売っているギャルが携帯電話などに貼るシール

自分は、星印を使ってクラブに貼りつけている

星がついたクラブは

自分のだと判るから、 キャディーも間違えることはない

もちろん

プレーが終わったら自分のクラブを自分で確認するのは

言うまでもない

 

・・・

 

話は戻って、 今回

屋内ごみ一掃作戦の一環として

そんな風にして長年溜まっていたクラブを処分することにした

 

ゴルフ中古市場は発達している

買い取りを下取りにし割引もある

 

処分したら、この機会に

フェアウエイウッド#3番と#5番を、優しいクラブに変更することにした

 

早速

中古市場で評判をチェック

 

人気が出てきたのは、PRGRプロギア社のクラブ(銀)

2008.11月発売二年前

新品発売当時@39,900円

 

・・・

 

そうクラブの新品は一本でも高い

金が無いから新品は手が出ない

 

このクラブなら 

在庫新品なら2年落ちで現在2万円位が相場

中古なら傷の程度によるが12-18千円程度

人気商品だから値が下がらない

 

・・・

 

クラブの紹介

 

PRGRプロギア社は、打ちやすいクラブづくりを追求してきている

いわゆる銀シリーズ

 

fw3sole.jpg

ソール(底)には

大きな三角形の肉厚の重い金属タングステン合金がはめ込まれて

低重心化を図っている

 

ヘッド形状はシャロー(薄べったい)

打ちやすいイメージを持たせてくれる

 

fwusui.jpg

右の同社のヘッドから、さらに、6mm薄くし

低重心化(3W重心高23mm)

 

ヘッドの断面図

fwdanmen.jpg

クラウン(上の部分)を薄くし、低重心化設計

 

ボールが当たるフェイス

チタンとステンレスの中間に位置する金属、マレージング鋼

ボールの飛び出しがよく、ほどよい響きのいい音

(音も美学?という人も居る)

 

振り易いように、短目のシャフト

 

・・・

 

シャロー(薄べったい形状)ヘッド

インパクトしたあとヘッドが地面をすべりぬけやすいから

ヘッドスピードが落ちないから、高い弾道で飛距離も出る

 

初心者・中級者のみならず、力の衰えたシニアにもGood!

 

・・・

 

中古市場のゴルフクラブ専門店で最安値をインターネットで探したら

3Wが1万円を切る格安を見つた

新品同様相場から1万円も安い!

 

相場より安いのには必ず訳がある 

写真を見ると

後ろに米粒の塗装が欠けた傷が点在

幸いクラウン(ヘッドの上部)には大きな傷は見当たらない

 

カバーをかけずにクラブバッグに入れると

アイアンや他のクラブとぶつかり傷が出来易い

 そんなクラブということ

 

他の部分は新品同様きれいだから

現物を見てから、決めることにした

ショップで現物を見たら、自分的には、まったく問題ないレベル

 

3番フェアウエイウッド、5番ウッドの2本

 

・・・

 

現在まで尾崎ジャンボのウエッジ類を使っていたが

重たいから、これも軽いのに変えておきたい

 

 フォーティーン社は生鉄など手作りクラブメーカーで有名

 

ステンレス製ヘッドなどが主流で、ノーメッキの生鉄ヘッドは稀

空気、手で触ると途端に錆びる欠点がある

 

その反面ソフトな打感がする

そこがいいというプレヤーもプロにも多い

 

サンドウエッジとアプローチ2本揃って数千円の格安品があった

人生最後に生鉄を楽しむことにした

 

溜まったクラブを下取りに出し

これら四本を新たにゲットすることにした

 

ゲットする合計金額から

持ち込んだ様々なクラブの下取り価格を引き

さらに下取り買い取り割引1000円引き

長年溜まっていたポイント分5500円を引き

格安でいい買い物ができた

 

★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆ ★☆★☆★ 

 

>> エピソード <<

 

中古ゴルフクラブショップからの帰りに

100円ショップに立ち寄った

 

女性店員に

「マニキュアはどこにある?」

?怪訝な顔?

 

マニキュアを買うのは生涯初めてだから

どこにあるか?どれを買うのか判らない?

恥ずかしくても、いちいち聞くしかない

 

「クロはどれ?」

う~ん、やっぱり

装飾のためにこまかい銀粉が入っているのが多い

むっ??望み薄か?

 

「真っ黒なのは、無いの?」

探してもらったら、1本だけあった

 

「真っ黒かな?」

手にとって見た彼女いわく

「黒ですよ」

 

レジで再度

「これ真っ黒だよね?」

 

 怪訝な顔しながら、手にとって見つめて

「真っ黒ですよね」

 

@105円也

いまは百円ではない、外税になった

 

生まれて初めて買ったマニキュア 

nailblk.jpg家に帰って家人に

「マニキュアを買って来た」

と現物を見せたら、たちまち、騒動になった

 

「一体どうしたの?」

「頭がおかしくなったんじゃない?」

「そんな趣味があったの!!」

「いやだあ、(爪に)塗ったら一緒に歩かない!!」

 

年取って、いよいよ頭が変になった!

と家人は思ったらしい

 

・・・

 

 そしらぬ顔して

自分の書斎に籠った

 

ゲットしてきたフェアウエイウッド2本を取り出した

 

3番ウッド、5番ウッド、2本とも格安だった

そう、傷が点在しているってことだ

 

より安かった3Wの方は

ヘッドの上の部分クラウンの後ろの方に

アイアンなどクラブ同士が当ったため付いた

黒い塗装が欠けた2mimほどの傷がいくつかあり

かつ、白地が露出している

かなり目立つ傷だ

 

恐る恐る初めてのマニキュアの瓶のキャップを取り外した

あっ!と、驚いた!

キャップに筆が付いているないか!?

なんと、すぐ使える

便利に出来ているなぁ

 

白地を黒く塗ったら、バッチリ!

白地は見えなくなったぞぉ!

 

立ってゴルフクラブを持って打つ前のアドレスで構えてみた

手の長さとシャフトの長さの先にあるヘッド

 

細かい傷なんて見えないし

ヘッドの上の部分クラウンは真っ黒なので

後方脇に塗装が欠けた傷があったとは思えないほど

まったく気にならない

 

これなら、コースで新品同様に見える

マニキュアで生き返らせた

という訳である

 

夜、種明かしを聞いた家人はほっとしていた

調子に乗ってこう言った

「キャップに筆が付いていてさぁ!、すぐ塗れるんだね!」

「あーったりまえ~じゃん!!」

(うっ?低気圧?)

xxxxx

 

・・・

 

(独り言)

 

他の人みたいに新品クラブを買い求めず中古で我慢する節約ゴルフだよ

ゴルフ道楽してないじゃん!

健脚リハビリしているだけだしさ、元気なんだからいいじゃん!

 

・・・

 

 台風一過あしたは晴れ

 

・・・

2010年9月 4日

訪問 民生委員

 

いままで民生委員に縁がなかった

初めて自分宛てに

民生委員が汗をかきかき自転車で来た

 

自治体からの古希祝い金を持参したのである

 

kokiiwai.jpg

この自治体は何十年か前まで多くの移住があった

それが高齢化社会となってしまい

自治体の財政は厳しくなる一方である

 

民生委員の話では

訪問しても昼間は会えない

ジョギングしたり散歩で外出したりで家に居ない

だからまた出直しで夜訪問している

 

言いかえれば

元気な老人が増えている

自分もその一人だ

 

来年あたりから祝い金は廃止になるかもしれません

そう話されて

自転車で暑い中帰られた

 

民生委員さん

お仕事本当にご苦労さんでーす

 

知人から、お前はラッキーだよ

とっくに年寄り扱いの諸制度はなくなっているぞ

そうか、本当に来年無くなるのかもしれない、と思った

 

・・・

 

2010年9月 3日

猛暑 夏富士の姿

 

8/31の富士山は雲隠れしていたばかりではない

帰路三つの事故渋滞に遭遇していた

Avianボトル散在、ベンツ自損クラッシュ、積荷散在

幸いゴルフが早く終わったから予定は時間通りで助かった

 

 8/31@2万歩歩けたので「元気復活宣言」とした

 

きょうは9月に入って最初のゴルフ

2日おいて、3@2万歩こなせたら

「完全・元気復活宣言」にしたい

 

富士山は、朝から日中、くっきりと姿を現した

 ここにいくつか写真を紹介したい

 

 空には、美しいなスジ雲が目を楽しませてくれる

aki_gumo.jpg

 

ゴルフ場へのアクセスは中央高速道路河口湖ICで下りる

大月ICから河口湖ICまでは、社会実験中で料金が無料

 

下りて県道を少し登ったところにある気温表示が朝23℃だった

 この辺りは熱帯夜でないことが判る

 

そこから山腹を登った先のゴルフコース

1000mほどの高地にある

このコースの上に別荘が展開している

 

ゴルフコースは

CO2を吸収し、酸素を作る、つまり、エコ環境に貢献する

 

しかし

900-1105mのUPダウンのコースなのに

乗用カートがない

 

プレヤーにとって

18ホール・ワンラウンド

@2万歩ほどあるく

(健脚リハビリ施設と呼ぶ所以)

 

空気は薄くボールは飛ぶ

若い人は左右に曲げ林の中で遊ぶ

シニアは飛ばないけど真ん中を歩ける

 

この風景の美しさとは裏腹に

コースを実際に歩くとなると、他の事も注意を払わねばならない

 

プレヤーの体が、普段の生活よりも

想像以上に、過酷な環境下に晒されるからだ

 

危険がいっぱい!

空気が澄んでいるから、照射される紫外線は、最も強烈

UVカット衣類などで体を防御しなければならない

 

顔、首後ろ、腕には日焼け止めを塗付した上でさらに

帽子、サングラス、長袖中Tシャツ、半袖Tシャツ

 すべてUVカット

 

体の温度を上げない工夫として

発汗の気化熱を利用して体を冷やす

スポーツ用アンダーウエア

 

水分補給のために

スポーツドリンク二本(内一本は氷結)

ランチ時には意識的に水を何倍も飲んでおく

 

入浴前には冷水を飲む

帰路には疲労回復のスポーツドリンク

そして

筋肉疲労回復のドリンク

さらに

甘いお菓子と糖分も欠かせない

 

ゴルフ後にはズボンがビッショリ濡れている

多分、朝から夕食まで通し

大型ペットボトル二本は、水分補給している

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

さて、話は戻ろう

姿を現した夏の富士山を撮影してきたのでここに紹介したい

 

やっぱり

逆さ富士の写真がいいだろう

 

sakasafuji01.jpg

この写真の向こう側がティーグラウンドで打ちおろしでこちら側に歩く

このホールのグリーンに登る手前から後ろを振り返って撮影した

 

fuji&bag.jpg

自分のパッティングが終わったので

後ろを振り返って同じ場所を望遠で撮影したもの

次の組のプレヤー達がフェアウエイで待機している

 

手前右に移っているのがキャディーさんが使う電動バッグカート

左端の黄色いバッグが自分のもの

テーラーメイドの派手なバッグ

 

sakasafuji02.jpg

 次のホールは、富士山に向かって打つショートホール

横に長い二段グリーン

カップは、下の段か、上の段に切られる

 

・・・

 

この池の右端の淵に、カモがいた

6月に来た時は、11匹の子供と母親だった

 

・・・

 

下の写真は、その池の傍から

逆にティーグラウンドの方向を撮影したもの

 

いまは三羽しか見当たらない

逃げないところを見るとコガモが育ったのだろう

 

他のカモは巣立ったか、カラスに襲われたか

3羽だけとは、少しさびしい風景

 

3kamo.jpg

 

 この日はポイントが溜まっていたから一部を使い

プレー費割引と食事つきとした

どれでもいいから、2850円のステーキにした

午後からは調子が上がった

 

・・・

 

スタート時間が遅かったので、戻りが遅くなった

整体院が済んでデパ地下へ

魚介類処分セールの残り少なかった

 

・・・

 

丸物(おかしら付)が少ない

さらに一匹ずつ乗っている

丸物二匹にならない?

首を縦に振らない

 

処分セールでは、こういう注文は受け付けないのがルール

隣のおばさん、丸物一皿欲しがった

「いいよ、どうぞ、どうぞ」

欲しい人には優しい自分

親切は帰って来た

「私の方はおかしらつき要らないから、他のが無い?」

なかなかやる若い奥様

すかさず

「じゃ、僕がそのおかしら付もらうから、組合せ変えてよ」

と、魚屋さんのお兄ちゃんに提案

まず、奥さまの方の丸物を外し、他の物を入れた

奥様、それでいいと、落着

こちらの方も、丸物二匹となった

「もう少し何か入れない?」

図々しい自分

「丸物2匹だけで2千円、とてもできないよ」

「OK、いいよ、もらうよ」

即断がポイント

3千円分が1千円だら、お得な買い物だった

 

ハム専門店でも美味しい物を負けてもらった

これが顔を覚えられる髭爺のメリット

 

・・・

 

元気復活宣言から

完全・元気復活宣言が達成した

満足の1日だった

 

・・・

 

 

 

2010年9月 1日

快調 02年式

 

きのう富士山麓1000m高地に初遠出ドライブ

7月にMB_C240ワゴンW210から乗り換えた

BMW_525iセダンE39

 

 

【シルキーちゃんの雄姿】

2002e39_525i_plain.jpg 

8年前製造の2002年式

ディーラーから購入しワンオーナー

2005、2007、2009と.三回車検と整備

中古車Goonet認定車

人柄が偲ばれる綺麗な車だった

 

MBと違いスポーツ志向が強い車

エンジン音は「シルキー・トーン」と呼ばれる

重厚な滑らかに走り

BMWのスポーティーな加速性には定評がある

  

オートマあるいはマニュアル5速が選択でき

意のままに操作できるから面白くなる

楽しい快適なドライブが楽しめる

 

BMWのスローガン

ドイツでも使われている

英語

Joy at driving

日本語

『 駆けぬける歓び 』

 

joy_run.jpg

  

遠出試乗し、初テストしたものは他にもあった

 

自分がインターネットなどで格安で購入し後付したギア類のテスト

小物の取付使い勝手のチェック

 

まず大きな問題がカタログからあった

ドリンクホルダーが二人分あるが、爪が出るタイプで壊れやすく最悪

だから考えた

 市販品のカップホルダーで適当なのを見つけ

使いやすい場所に貼り付けようと

探した、見つかった

 

front_control.jpg 【写真手前が、追加&貼り付けしたドリンクホルダー】

 

左肘かけが、前にずれるから

後部座席用ドリンクホルダー

 すっぽりと収まった

 

★☆★

 

次は、前席用ドリンクホルダー貼り付け場所を探した

 

front_settled.jpg 前席用にドリンクホルダー

(使わない)灰皿の上に貼付

これもすっぽりと収まった

 

前席と後席と、異なるデザインのドリンクホルダー

よく似合っている

 

★☆★

 

操作性のいいシフトレバー付近に、追加ギア類を集めた

 

ポータブルナビ(後述)はクリアビニールケース被せたまま

車外に持ち出せる

 

エアコン前 の片隅の空間を有効に使うことにした

 

左には

ガレージ開閉リモコン

 シャッターをUp、Down操作できる

 

中央には

Gorillaポータブルナビ本体

置くだけ

 

 右には

見てすぐ時刻が判る特徴を生かすには

アナログ針の電波受信で正確

丸型の時計

 置くだけ

 

 その手前には

シガーソケットに差すタイプの

卵型FMトランスミッター

使用時に差し込む

 

あらかじめパソコンで音楽を収録しておいた

SDカードあるいはUSBスティック(写真はUSB差している)

 

FM電波で飛ばし

カーFMラジオで受信させ

車内のステレオスピーカーシステムで聴ける

FM周波数指定、停止、早送り、巻き戻しなどボタン付

 リモコンもあるから操作はラクチン

 

 下の写真

左がポータブルナビ用、右がFMトランスミッター用

 

右のシガーソケットコネクターには、USBソケットがある

サンバイザーに取り付けた薄型Bloothoothハンズフリーのリチューム電池に

USBケーブル接続すれば充電できる

 

remote_control.jpgサンヨー製ポータブル・カーナビ 

 

夫々内臓だが、さらに感度を上げるために

外付けのGPSおよびVICSアンテナ追加した

 

純正ナビ地図は2001年製で最新版は2007年で販売終了している

Gorilla内臓2009年度地図 はずっと新しく詳しい

 

感心した特徴がある

曲がり角毎に頻繁に、アナウンスしてくれる詳しい丁寧さ

画面見る必要はまったくないのである

 

アナウンスだけ聞いているだけで正確に運転できる

このメリットがあったらこそ 『置くだけナビ』 が実現した

 

つまり

窓ガラスを割られポータブルナビ本体が盗まれる事故が多発中

盗難防止のためには、ダッシュボードに取付ずに

他に目立たない場所に、ナビ本体を隠すしかない

 

どこか?

変速シフトの前方、エアコンボタンの低い位置の片隅

 

ここは元々カップホルダーの位置だが

引き出す爪がホールドするから壊れやすく使えない

 

ならばここのスペースを生かせる

外から見えにくいし 安全

 

差しこんでいるコネクターケーブルを外せば

外に持ち出せるから、『歩きナビ』に変身する

 

「歩きナビ」といっても、カーナビのように

道に沿った誘導をしてくれる優れ物

 

さらに 

歩道橋、駅構内の通路まで複雑なルートを案内してくれる

 

優れたガイドさん

Gorrillaちゃんは、大胆無敵!

 

<追記>

 

GorillaにはSDカードスロットがある

 

パソコンから、サンヨー会員でログインすれば

専用の地図が操作できる

 

目的地までの希望ルートを作成できる

地図の道路を正確になぞって決めていける

変更や回り道など編集もあらかじめできる

 

完成したデータをSDカードにセーブし

Gorillaに読ませれば

計画した道を、自分の希望通りに

正確に案内してくれる

 

Gorillaには、FMトランスミッターが内臓している

 

パソコンから音楽を収録したSDカードを読み込ませておけば

車内のカーステレオスピーカーで高品質で聴くことができる

 

Gorillaniha,リモコンもあるから

本体から離れていても

ナビでもFMでも、操作が楽にやれる

 

★☆★

 

「歩きナビ」にしたい時は、車外に持ち出し携行できる

 

パソコンから画像を収録したSDカードを読み込ませられるから

画像だけでなくビデオも再生でき

5.2インチ写真アルバムとして使え

 友達とのチャットに役立つ

 

いまや

ノートパソコンもiPodもiPadも

不要な時代になっている

 

★☆★

 

ユピテル製交通取り締まりレーダー

 

ハンドルの右側に取り付けたから、見やすい

 

lader_onetouch.jpg

 

レーダー機能は最新式

スピード取り締まりのカメラの位置が近づくと刻々と知らせる

取り締まりをよくやる地点、置き引き盗難が多い地区

パトカー、救急車両の接近

多彩な警告を発する

 

実際のカメラ設置の写真まで表示される

 

GPSで測定した車の時速まで画面に表示してくれる

 

rader.jpg

 

車外に持ち出せるポータブル本体

 地図ナビ、および、ゴルフコースのナビを兼ねる

 

 

map.jpg地図ナビ

目的地とを直線で結び誘導するタイプ

 新しい道に入っても、その方角に向かえばいい

面倒な操作不要 

golf_navi.jpgゴルフナビ

全国のゴルフ場のコースレイアウトが収録

 GPS内蔵

ショットごとに残りの距離が判る

記録もでき

パソコンでラウンド管理ができる

 

・・・

 

本来レーダー専用ギア

トップクラスの機能を有する

 

アナウンスの頻繁度が非常に多い

こんなに多くの取り締まりレーダー設置や場所があるか?

と驚くほど、忙しくしゃべり続けるやかましさ

一人運転時の眠気防止に絶大の効果あり

 

★☆★

 

カーメイト空気清浄器

 

aircleaner.jpg

後部座席背面に

ワゴン用大容量空気処理能力タイプを

設置しておいた

 

ウイルス・花粉・カビ・ホコリ・ダニ・除菌するフィルター二組交換式

マイナスイオン発生式空気清浄

 

元々、車のエアコンにマイクロフィルター空気清浄機能が装備されているから

室内空気清浄が必要なときだけ使う

本体の電源は常にONし、運転席脇のシガーソケットコネクターにて

ソケットを差し込みで通電させる

 

★☆★

 

バック時ONするモニターカメラ

 

back_camera.jpgサンヨーオプション純正カメラは@25千円と高額!!

とてもとても庶民には手が出なかった

 

我半額王子は動いた

早速インターネットで格安を探した

 

オークションで中国製を見つけたので落札

たったの@1,750円也ゲット!!

 

Gorillaに問題なく連動出来た

カラー30万画素画像

予想以上にかなりくっきり映ってくれている

距離表示印置いて画面ガイドラインが移動設定できる

 

後方をLEDランプが照射する

夜暗闇では、車のバックランプと同時に

カメラのランプも点灯するから

バックの様子がくっきりと暗視できる

 

 車庫入れがずっと楽になった

 

 ・・・

 

クラウンアスリートは超音波式

後方数十cmの高い障害物に反射する電波を感知しブザーで警告

 

バックカメラ式

広角レンズの画像、左右上下を広く詳細に捉え

Gorillaの5.2インチ画面に隅々まで明るく映し出す

 

警告音は発しないけど

路面の凸凹まではっきり見えるからまったく支障はない

バック操作が楽になったから安心

 

・・・

 

外車屋さんが綺麗に処理したこれらギアの配線引きまわし

まったく目立たないプロの仕上がりに感嘆するばかり

 

 快適な自分仕様のオーナー車に変身させたから

これから浮気せず愛用していきたい

 

・・・

 

 遠出試乗が順調だった

『元気復活宣言』も出来た 

満足した一日だった

 

 ・・・

  

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。