2011年5月アーカイブ

2011年5月29日

安曇野 懐かしや

民放テレビ局

 地元の系列放送局20周年記念番組

『 安曇野わんぱく日和 』

LIVE(生放送)

放映された

 

同時中継で結ぶ番組で

こうしたLIVEは一年ほど前から準備される

 

・・・

 

前半の会社人生は

放送機器業界の機器設計で働いた

 

後半の会社人生は

この松本平にある大手企業で働いた

 

・・・

 

学生から社会人になって、入社したとき

この通信パッシブ(電源不要な)部品メーカーは

まだ放送機器業界へ

アクティブ(電源要増幅器)は未着手だった

 

後発でいいから、これから参入しようと企てていた

その新規事業参入プロジェクトに

入社後すぐ投入された

 

・・・

 

その後 

S39年東京オリンピック直前

NECの2インチ幅VTR機器開発プロジェクトに参加

NECに泊まり込み、増幅器開発

プリント基板設計、試作、温度試験など経て

VTRに装着・試験など

当時としては日本最初のVTRだったから

NECと共に突貫工事で工場に寝泊まり

完成し放送局に納入し

白黒テレビで開会式を見た

2inchtape.jpgS39オリンピックで使用されたVTRテープ

幅が2インチあった

リールの上にあるのがDVテープ

 

・・・

 

若いし独身だった

残業・休出・徹夜など

三ケタ時間時間外勤務をやっても

平気な年頃だった

 

・・・

 

会社人生の前半分の20年間

機器開発・現地搬入・現地調整とどこにでも出かける

自分も放送局が企画するイベントを手伝っうことも多々あった

 

今回のLIVE

台風接近のせいとは言え

晴天日にLIVEを放送する企画だったに違いない

 

あいにくの顛末に

残念無念の涙を流しただろう

スタッフの気持ち

痛いほどよくわかった

 

・・・

 

パイオニア製

50インチ型プラズマテレビ

モデルKRP-500A

 

超美しい映像を

堪能できた

 

・・・

 

参考

 

このブログの最下段にある

検索欄に

「500A」

とキーワードを入れ、右の検索ボタンを押すと

プラズマ・テレビを自宅に設置した

過去のブログ記事が表れる

 

・・・

 

後半二十年の会社人生

 安曇野穂高など北アルプスを抱く

松本平に、自宅を新築し住んだ

 

その自宅を「サテライト・スタジオ」と名付けた

そのくだりは

このブログでも取り上げている

 

「サテライト」検索

 

・・・

 

会社入社直後にかかわった オリンピック

開会式の映像は今も忘れない

 

「オリンピック」検索

 

・・・

 

 

 

 

2011年5月27日

タフな デイサービス

 

今日は

デイサービス

自分ひとりで処理しなければならないメニューばかり

介助は整体クールダウンのみ

 

*************************

 

①高速道路往路自動車運転(早朝神経集中運転)

②1000m富士山900-1050mUpDown歩きゴルフ2万歩(運動療法)

③ランチ(食欲度チェック、食感テスト)

④入浴(疲労した筋肉をほぐす)

⑤高速道路復路自動車運転(眠気さまし集中運転)

⑥ストレッチマッサージ指圧整骨、整体院(スポーツクールダウン)

⑦デパ地下夕方、格安に食材調達(頭、目、会話フル活動)

⑧家族と夕食で歓談(楽しいチャットで脳を柔らかく)

 

*************************

 

今日は特別に

次のようなタフなメニューが追加された

 

*************************

 

①α、高速道路片道車線工事

安全運転、我慢忍耐テスト

普段6時出発を一時間早めて5時出発し

混雑渋滞を回避できたので

割とスムーズに流れた

 

②α、歩きゴルフの移動距離延長

普段よりも400ヤード長くなるバックティーからの競技会に参加

 普段と違う環境への適応性チェック

なんとか若者たちに後れを取らなかった

 

③α、栄養たっぷりステーキ御前(無料)ランチ

食欲食感テストはまずまず上々で楽しんだ

 

⑤α、高速道路、渋滞ノロノロ運転

いらいらしない走行訓練

眠くもならず落ち着いて安全運転できた

 

*************************

 

スタート時間も普段より三組も遅かった

 

このため普段15時には富士山を降りるところ

30分遅れの15時半に出発

 

高速道路片車線工事の渋滞あって

普段16時半整体院到着が、一時間遅れの17時半

 

買い出しは

デパ地下終了の19時までかかった

帰宅は19時半と長いデイサービスになってしまった

 

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

曇天

 富士山はうっすらと見えた

 

20日快晴の姿よりも白くなっていた

寒気戻りか、多少、降雪があったからだ

 

天気予報「曇り」通り、雨は降らず

 運がよかった

 

・・・

 

本日の写真

 

朝6:30ゴルフ場開店7:00am前に到着

スタッフはまだフロントデスクに見えない

 

応接間から外を眺めた6:30の風景

 

201105260630asa.jpg 

若葉色のコースと開花した赤いツツジの色が冴えている

20110526tutuji.jpg

 さて

タフなデイ・サービスだけど

若者たちと競い合い挑戦できるうちは幸せだ

と思っている

 

健脚リハビリメニューを消化だけと

割り切っている

 

傾斜地上り下りの丘陵地帯をひたすら歩く間

ゴルフプレーを面白く楽しんでいる

 

どちらかといえば

歩数とか足腰の運動リハビリの質の方を気にしている

 

ゴルフの方は

うまくいけば、素直に喜ぶし

ミスしても

ドンマイ!ドンマイ!と、まったく気にしない

 

だから

成績スコアの方はまったく無関心なのである

 

ショットも、パッティングも

同伴者が驚くほど

殆ど時間をかけずに

さっさっと、やってしまう

 

だから

いつも成績は

ブービーメーカーBM(最下位)か

ブービーBB(下から二番目)

たまには

賞品がもらえたりする驚き

   

競技会で全長が400ヤード伸びても

普段と同じスコアだった

 

 ★゜・:*:・。,★゜*. ★゜・:*:・。,★゜*

 

いくつか記憶に残る場面もあった

 

富士山に向かって打つショートホール

競技会になると、途端に長くなる

 両脇から、高い木々がせり出し、視界が狭くなる

 

バックティーからだと204ヤードある

若者はアイアンだが

自分はドライバーでないと届かない

 

「200ヤードでお願いします」

キャディーさん

 

アゲインスト(逆風)

 両脇に林がよりせり出して見える

 

オーナーの若い同伴者は左にひっかけ

手前の木の枝を折って、ボールが真下に落ちた

上手な人でも、緊張を誘う狭さだ

 

自分は、躊躇することなく

ドライバーを手に

軽くスイング

 

 ショットは良かった

まっすぐグリーン方向に飛んだ

 

わずか

グリーン右に少し外して

右バンカー壁の直下へ落ちた

 

ティーショットは、上出来であった 

これだけ沢山バンカーが待っているなら

捕まっても、良しと割り切る

20110526driver.jpg

バンカー(砂地)に入ってボールに近づくと

自分の背丈より高いあごでグリーンは見えない

 

普段このバンカーに落ちたら、まず、なかなか直接は脱出できない

こうなったらいつもの開き直り精神でやるしかない

 

カップ方向を狙った

砂と一緒にショットし、ボールの行方を見上げたら

スローモーション映画のように

鴨居の高さいみたいな壁を

ボールが、ラフ(長い芝生)を梯子に見立てたのか

回転しながら、一生懸命に、駆け上がって消えた

 

なんと

ラフ(長い芝)のところから、グリーン上にまで

やっとこさ届き、転がって、止まった

 

2オン2パット、ナイス・ボギー 

20110526bunker.jpg

 

 今日は、あちこちで、楽しんでやれた

 

6番ミドル2打目グリーン手前1m花道へ

パットでころがし6m先のカップへ

バーディー

 歓声が上がった

 

フロントパット数16

3パット一回のみ

 

やっとキャメロンパターに慣れたようだ

 

適当にさっさと打っているが

ストンストンとカップに沈む

 いい調子

 

キャディーさんが

「ここは、こうです」

とアドバイスくれている間に

さっさと打ってしまう

 

同伴者やキャディーさんから

パッティング早いですね

と評される

 

競技会でも

緊張することなく

自分のさっさペース

 

リカバリーショットもうまくいき

同伴者の歓声をもらって 

普段通りに、面白く、楽しめた

 

*******************

 

奇しくも

競技会では、普段の成績で決まるHDCが採用されている

 そのせいで、幸か不幸か

、ちょうど真ん中の順位になった

 

プレーが終わり、スコアカード提出時に

初心者並みの私のハンディキャップ値を覗いた同伴者

「うっそっぉ!」と大声で叫んでいた

 

 もう一人の若い同伴者いわく

「真剣にやっていませんよね」

 

ときどきナイスショットを放ったから

疑問を持ったらしい

 

はい、すみません

真剣にプレーやっていません

 何せ

リハビリなもんですから

ごめんなさ~い

 

*******************

 

かくして

レベル5クラスのタフなデイ・サービス・メニュー

爆発暴走(体の故障)することなく

臨界テストもどきの過酷なリハビリは

無事に終わった

 

健康に感謝!感謝!

 

★゜・:*:・。,★゜*. ★゜・:*:・。,★゜*

 

 シニアになったら

生活のすべてがリハビリ習慣だと思って

上手に、こなすようになると

よい結果がついてくる

そう考えている

 

明日への元気で明るい希望のために

必要不可欠な行動指針

と心得えているわけ

 

★゜・:*:・。,★゜*. ★゜・:*:・。,★゜*

 

 

2011年5月25日

実験 雑な菜園作り

 

我が家の前の市民農園

5/25の様子

 向こうは、この界隈の地主の本物の農園

20110525simin00.jpg

 

自分が無料で貸与された区画の様子

20110525simin11.jpg

  

市民農園は、3/19解禁

その頃から他の利用者は、畑仕事をスタート

 

自分は体験農園(農学校)の方に集中

市民の農園は、準備作業したまま放置

 

5/2になって初めて

市民農園の方に取り掛かった

 

二列の向こう側が自分の担当の苗どおk

京菜、水菜、かぶの種を、15cm間隔で植え付けた

 

手前が家族の担当

小松菜を筋状に植え付けていた

 

・・・

 

植付から、三週間も、わざと

まったく手を付けない放置状態にしてみた

どうなるか?

を観察したかった

 

最近の雨で、ようやく苗が伸びてきた

 

同じころ残りの種を植えた庭のプランタンの苗

(写真を後掲)

よりも、倍以上、生育が早い

 理由は簡単

畑は家などの影がないから

太陽光線の照射360度広く時間が長いからだ

 

20110525simin22.jpg

三週間で雑草がどのくらい伸びるかも

これで判った

 

今週中に

雑草取りと野菜の間引きの作業に入る

 

・・・

 

さらに実験のため 

我が家の庭に

市民農園とほぼ同じ大きさの畑を作った

 こちらは家族が好きにやってみていいことにしている

20110525niwahatake.jpg

春先に植木をずらしていた訳は

この畑のスペースを作るためだった

 

・・・

 

市民農園と同時に撒いた種から発芽しても

日光の照射時間が少ないから

下の写真のように生育が遅いことが判る

カブ、水菜、京菜

20110525niwauetuke.jpg

 

・・・

 

農園からもらった

アピオスの球根をプランタンに植えていたら

発芽しこのようにツルが伸びたので誘引している

 

可愛い花が咲くそうだ

アピオスの球根、つまり、芋は、地下茎でどんどんつながって増える

20110525apios.jpg

 

・・・

 

花壇作りもチャレンジ

 

庭の片隅に花の種を撒いた

20110525hanabana.jpg

様々な種類の花の種が混ざっている

何が咲くかは

咲いてみてからの楽しみ

 

・・・

 

秋に紅葉するヤマボウシの植木の根元が空いていた

コスモスの種を撒いた

20110525kosumosu.jpg

 

いずれも

秋が楽しみである

 

あと朝顔の種がある

水につけて処理をするので

近いうちにトライしてみる

 

・・・

 

今週末の農学校は、休校になる

トマト誘引の点検に出かける

 

・・・

 

明日は、富士山1000mにて

健脚リハビリ、山歩きゴルフの部

 

高速道路が27日まで工事中のため

自宅から5分の高速ICに5時には乗る必要がある

 

ゴルフハンディキャップが

シングルクラスのゴルフ。セミプロクラスの会員たちが参加する競技会

 

18ホールとも、バックティーから打ち始めるから

全長で400Yほど長くなる

 

力があり軽く飛ばせる若い会員たち

年相応に刻む髭爺

必至で若者についていくしかない

 

かなりタフなゴルフ

プレッシャーと負荷のかかるリハビリメニューになる

 

自動車運転、ゴルフ、入浴、整体院、食材格安調達

デイ・サービス

こなし

帰宅し夕食後には

バッタンQのメーターの目盛は

完全に振り切れてしまう

 

・・・

 

 

2011年5月23日

回顧 レトロ

 

知人が趣味としている真空管アンプ

自作したと写真を送ってきた

 

・・・

 

久しぶりに見る真空管の姿が

新鮮に映り、素晴らしく感じた

 

頂いた写真を少し画像処理してみたら

ガラスの微妙な味が出せた

 

なんともいえない

芸術品

 

・・・

 

電源供給さえ続けば

fragile(壊れやすい)

なのに

予想外のパワーを生み出す

 

あたかも

原子力発電所みたいに

昔は

革命的な電気部品であった

 

shinkukan.jpg

Western Electric 社製 300B 直熱三極管

 オーディオマニアの通が使う

珍しい逸品

生産はもはやされていない

 

「この音にハマったら抜けられない感じ」

彼は、そうコメントしてきた

 

shinkukan11.jpg

真空管は

こうした美しい姿を持ち合わせているから

自作ファンには、自作も演奏中このアンプを眺めるのも

とてもたまらない興奮を感じるのだろう

 

・・・

 

このステレオアンプを作るのに

現在では、トランスだけで20数万円かかるそうだ

ちなみに

この真空管300Bは製造していないから

 オーディオマニアは

このようなプレミア価値のある創造性をも有する資質を備えている

 

・・・

 

メールの返事にこう書いた

 

この真空管の雄姿

何ともいえないほど重厚な雰囲気を持っていて

いいですね!

 

将来、自分が歩けなくなって

在宅を強いられても

 

夕陽が差し込む書斎で

ワインを飲みながら

 

ほのかな真空管のヒーターのオレンジ色の灯りが

まどろむ視界の向こう側で

揺れ動き

 

流れてくる静かなクラシックに

自分も溶け込む

 

そんな風に

のんびりと落ち着いた時間帯に

 

わが人生を

少しずつ振り返ってみるのもいいなあ・・・

思いました

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

自分も、人生を振り返ってみると

真空管と出会いは古い

 

・・・

 

この自作アンプにも使われている

電源、出力用トランス

このメーカーに入社した

 

独身寮には、試作課の社員がいた

電源、音声出力用トランス

サンプルで作ってくれた

アルミケースにドリルで穴あけ加工し

トランスや真空管や部品を取り付け

ケースの裏側に配線を綺麗に張り巡らせた

 

真空管アンプを何台も

自作しハマっていた時期があった

 

のちに

放送局への音声ビデオ設備の開発設計に従事することになる

 

・・・

 

この会社のトランス

秋葉原では一番高価なトランスだった

 

ラジオ技術という専門雑誌

著名な先生が作って発表するオーディオマニア向けアンプ

必ずこの会社のトランスが使われた

会社も宣伝になると、先生の設計注文に合わせて特注トランスを提供

  

当時から半世紀

その価値は下がっていないらしい

 

・・・

 

上に述べたように

自分は、その後

放送局への装置開発や、音楽録音スタジオ設備の

開発設計に携わった

 

職業柄つねに

一流の装置からの一流の音色を耳にしていた

 

つまり

自宅でオーディオ趣味がやれる人は

金持ちが大前提になる、ということを悟った

 

・・・

 

入社した当時は

半導体、トランジスタ化していた時代が始まっていた

 

真空管アンプには縁がない

当然そう思っていた

 

ところが

都内の音楽スタジオから

音楽マルチチャネルミキシング調整卓

 

流行のトランジスタ式アンプではなく

真空管で作ってくれ

特別注文が入って、開発設計担当した

 

さすが

大きな真空管では

多数のアンプを調整卓に収納するから

物理的に無理である

 

そこで

思いついた

 

当時テレビ受像機はまだ真空管時代だった

テレビの中に、くるくる回すチャネル切り替えチューナー部品があった

その中に

高さ2cmほどの「ニュービスタ」

三極真空管が使われていた

 

この日立製ニュービスタを使いプッシュプルアンプを設計した

大電力を食う

マルチミキシング音声調整卓

開発設計し、二台納入した

 

当時としては

先にもあとにも

真空管で作った、マルチチャネルミキシング調整卓は

これだけしかないはず

 

・・・

 

ということで

清く貧しく美しくほがらかに生きる自分としては

音楽は

気持ちで、聴くようにしている

 

装置、ハードウエアに依存しない

楽しみ方を心得てきたわけ

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

2002年回顧の旅に出かけた

 

カナダ、トロント市

アイスホッケー博物館

 

古い由緒ありそうな建物の中にあった

その建物の中の応接室で見つけた

古い応接家具とかなり古い電蓄

 

 【2002.4.16撮影】

oldradio.jpg

 

自分が幼少の頃

我が家にもこうした大きさの縦長の電蓄があった

一番上にレコードプレヤー

前面パネルの上部に放送受信とスピーカーアンプ

下部に、30cm口径のスピーカー

外側のキャビネットの木部をカラ拭きで光沢が出ていた

 

・・・

 

レトロな品物

まったく同じものでなくとも

出会えば

自分の人生を回顧させる

キーになって

走馬灯の如く

昔の自分を思い出す

 

・・・

 

無料 がん検診

 

自治体が提供する無料がん検診

 

(財)自治体保健医療公社

自治体がん検診センター

 に出かけた

 

gankenshin.jpeg

【手渡せられた資料の挿絵】

 

集団検診でよくある

バリュウム飲んでX線で胃影で検診するタイプ

これで異常が見つかれば

胃カメラ検診に進む

 

・・・

 

今年は節目として『検診の年』にしている

これからもいくつか検診の予定を立てている

 

・・・

 

2011年5月22日

農学校 第8回5/22

 

きのうと同じ晴天である

しかし

ちがうのは雨が近づいている

だんだん蒸し暑くなり正午30℃の真夏日になった

  

案の定3時ごろから雨が降り出した

明日は19℃と半分近くに最高気温が落ちそう

 

・・・

 

地面から反射した紫外線が雲でまた地上に戻されるから

昨日の全空晴天日よりも

今日の晴天と曇天の方が、紫外線がずっと強烈である

  

富士山1000mゴルフ・リハビリは5時間と長丁場だ

腕も顔も首も日焼け止めを塗って

紫外線から目も肌も防護する

 

2010.6.3撮影

2011.5.20、このツツジはまだ咲いていない

 

3/19オープン3日間営業するも、降雪でクローズしてしまい

4/1からオープンしたほど、今年は寒かったせいだ

20100603tutuji.jpg

 

今日は都内だから、と

つい油断し、塗らなかった

半袖だったから、たちまち、畑作業中ヒリヒリし始め

腕は肘から手首にかけて真っ赤に焼けてしまった

 

帰宅してすぐ

薬用ローションを慌てて塗布するも

痛みはしばらく治まらなかった

 

・・・

 

農学校

本日の講座と実習

 

③トウモロコシ

間引き(2回目)

 

④トマト(大・小)、きょうり

 寒冷紗(ネット)を取り外す

 

二本の支柱で苗に沿って合掌式(逆V形)に立てる

横方向へ支柱を渡し

支柱同士を麻ひもで結びしっかりと固定する

 

慎重に、トマトの脇芽かき作業をする

短い鉄支柱を取り外す

支柱に誘引し麻縄で8文字に2ヶ所縛る

 

そのあと

花に向けてトマト・トーンを噴霧塗布する

 

⑦いんげん

追肥 化成8号 1/3杯

 

特別区

②カブ全部収穫する

③水菜残り全部収穫する

これで特別区の収穫すべて完了した

 

・・・

 

30㎡区画9列では

スタートから二か月余り経過

いまだ収穫が始まっていない

 

だから

この特別区で栽培した

水菜、カブ、小松菜は

収穫の証として早期に家人と一緒に賞味できた

この農園主のご配慮に感謝

 

・・・

 

なお

④トマトの列での作業デモンストレーション

自分の区画に利用者が集まった

農園主から指導を受けながら、大宝で自分も実習デモした

 

・・・

 

以下きょうの写真集

 

④トマト(大・小)、きょうり

作業後の様子

20110522tomatokyuri.jpg

ネットを取り外し、半円形の鉄支柱も取り外した

 

そのあと支柱を組み立てた

支柱の高さは、自分の身長によって決めた

 

上の写真は

トマト脇芽かきが終わってから

支柱に結びつけたところ

 

トマトの摘み取りがやり易いように

花がある方を外側に向けた

 

暖かくなるにつれて

ぐんぐん生育してくるから

長く伸びたら、そのつど、支柱に誘引していく

3~4日に一回くらい見回る 

 

・・・

 

⑤ナス。ピーマン、ししとう

作業後の様子

20110522nasupimanshishi.jpg

ネットを取り外した

ネットに使った半円形の鉄の支柱はそのままにした

次回の作業に使う

 

ナスの苗に沿って短い支柱を建てた

 

・・・

 

全景の様子

赤枠が自分が受け持つ貸与区画(3mx10m)30㎡苗床9列

20110522taiken.jpg

全国農業体験農園協会

会員農場

<協会お墨付き看板>

 

特定非営利活動法人

所轄庁:東京都

法人認証年月: 2010.4.20

(以下、内閣府NPOホームページから引用)

 

目的

この法人は

農業者に対して農業体験農園の普及並びに運営等に対する

協力・支援を中心とした農業系の改善支援を行うとともに

地域住民・一般消費者並びに児童生徒に対する農業啓発を行い

広く社会に貢献することを目的とする

 

活動分野

社会教育の推進を図る活動

子供の健全育成を図る活動

職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動

経済活動の活性化を図る活動

かかる団体の運営または活動に関する連絡、助言又は援助の活動

 

・・・

 

この農園主が経営する

保育所の庭

子供たちが、土に馴染み、野菜を作って、収穫する

児童たちはみんなで野菜を他の即食べている

 

・・・

 

以下、この農園風景スナップショット

 

20110522turu.jpgねぎの畑 

20110522negi.jpg

興味あるのは 

畑の耕し方に工夫がある

 

左側内側は、垂直に削られている壁に、20cmほど彫られている

その左の垂直の壁に、まっすぐにネギの腹が当てられている

 ネギの向こう右側の15cmほど幅の溝には、藁が積み重ね敷き詰めまれている

 

つまり

ネギを左の掘り込んだ垂直の壁にソフトに押し付けている

 ネギが垂直に伸びていくように誘導している

そんな工夫がされている

 

こうしたプロの農業の作付け方法

理由の説明を受けると

「なるほど」

と勉強になる

 

・・・

 

きょう収穫した

カブは味噌汁に、水菜はサラダにし

食卓を飾り、美味しく食べた

 

家人もやっと

本物の家庭菜園を学んでいることを

理解してくれた

 

百聞は一見にしかず

 

・・・

 

来週土日の農学校は休講

 

暖かくなるにつれて

トマトときゅうりが、ぐんぐんと伸びる

支柱への誘引の管理で畑を訪れる

 

そして

6月第一週からか

やっと貸与区画30㎡9列苗床

キュウリなどから収穫が始まる

 

楽しみである

 

・・・

 

 

2011年5月21日

シニア 道具と使い方

 

ゴルフの技術的な内容や道具について

このブログは一般的話題から外れるからと

ほとんど取り上げていない

 

・・・

 

高齢者という観点からなら、少しはある

 

・・・

 

一般の人は、ゴルフ道具の知識としては

ゴルフ道具なんてぜんぶ同じだと思うかもしれない

あるいは

男性用と女性用とは違う

そんなところまでかも

 

・・・

 

シャフトの固さやクラブ全体の重さも違う

 

・・・

 

実は自分が高齢者

(高齢者の定義は、「国民保健高齢受給証」貰う70歳からとしよう)

になってから

高齢者用ゴルフ道具について

真剣に関心を持ちはじめた

 

2004年から使っていたのは若者と同じく

スチールシャフト

鉄だから重たく、「S」という硬さ

 

腕力も体力もあったから

簡単に振れた

 

・・・

 

高齢者になると

自分は元気だと思っていても

明らかに

腕力、体力、柔軟性

衰えている

 

・・・

 

そこで、2010年に、隠遁生活入る前に

軽くて柔らかなシャフトで柔らかな「R」と

打ちやすいヘッドの形状を持つ道具とに交換した

 

・・・

 

ボールを打つヘッドの面

予想された飛距離が落ちないで打てる場所

スイート・スポット

 

sweetspot.jpg

ヘッドのフェイスの中心から少し下あたりに位置する

 

プロゴルファーは、毎日練習するから

このスイートスポットにボールを当てる技術はパーフェクト

 

素人のゴルファーでは

当然ばらつきがあるから

この赤色に散らばるのは普通である

 

この素人のために

ゴルフクラブメーカーが開発してきたのが

スイートスポットのエリアが多い菊なる

低重心のヘッド

 

タングステンなど底に埋め込み

重心を低くする

背中の方に重心が移る

すると、 これによって改善される最大の利点が

スイートスポットの面積が広がる

 

つまり

アマチュアでも飛距離の差が出にくい工夫が実現

 

デメリットは

ヘッドがボール当たるまでの軌跡を分析してみると

シャフトから離れたヘッドの中心が重たくなる分だけ

ヘッドの先がボールにヘッドが到達するまでに遅れぎみになり

フェイスが開いた状態でボールに当たり易い

 

若いときと同じスイングで

この手の高齢者向けのクラブを振ると

右方向にボールが飛び出すことになる

 

・・・

 

だから高齢者ゴルファーは

打ち方も少し変える準備をしなければならない

郷に入れば、郷に従え

 

ヘッドの遅れを改善するいくつか方法がある

フェイスをあらかじめ閉じる

手首の戻りを活用する握り方をあらかじめしておく

 

道具の方を改造するなら 

握る部分、グリップを太くしておくと

手首の動作が抑えられるから

手首からの乱れが減るから

体の回転と同期してクラブを振り易くなるので

非力になってくる高齢者には具合がいい

 などなど

 

つまり

男女の差だけではなく

高齢者用の道具が出現したら

そのまま使うのではなく

高齢者自身が、工夫して、使えるように

打ち方など改善していく姿勢が必要だということ

 

・・・

 

高齢者と呼ばれたくないと考えて

年寄いに変装すべく、髭を生やした

 

でも、それだけでは、不十分なのである

 

高齢者としての振る舞いというか

高齢者用道具の正しい理解だけでなく

慣れるための工夫と訓練など

あちこち自分で試してみて

自分の道具にしておく努力が必要となる

 

自分から、いまの生活の言動を

『リハビリ』と称している訳は

そういう日々の工夫・実験こそが

これまた楽しくやりたいからだ

 

・・・

   

2011年5月20日

山岳編 デイサービス

 

きょうはデイ・サービスの日であった

 

MENU

 

①健脚リハビリ

 

タイトリスト・オープン・ゴルフコンペ

26組88名参加

 

富士山麓900-1050m歩き2万歩

7kmコースUpDownを、自分の球を最後まで運ぶゴルフ・プレー

同伴者みんな年下の若者たちからエネルギーもらう

 

 

②入浴

 

ゴルフ場の浴場にて疲れを自分で癒す

のんびりタイム

 

自分のプレースタートは、いつも、一番早い組にしてもらっている

そして入浴後にすぐ、富士山を降りる理由がある

次のデイサービスメニューの消化のためだ

だから、このあとの表彰式には、出席したことがない

 

 

③自動車運転

 

高速道路の往復路

神経を張りつめ、安全運転に集中する

 

 

④身体ケア

 

スポーツ整体院へ通院

 

足絞りで血液を心臓に戻す15分間

肩背中腰に電気低周波マッサージ15分間

整体師による全身指圧整体マッサージ20分間

整体師による下半身ストレッチ10分間

 

一時間のクールダウン・ケアを必ず行う

 

 

⑤ショッピング

 

デパ地下の食材売り場

夕方の格安食材特売にてお得食材を探し調達する訓練

 

 

⑥食事と団らん

 

調達したおかずで家族と楽しく食事する

 

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

以下、本日撮影した写真集

 

GWが終わった頃から

暖かくなったので、富士山の冠雪もだいぶ解け始めている

 東からの太陽を受けさわやかな感じを受ける

 

6:45am

20110520fujichuo.jpg

 

クラブハウスから久しぶりに富士山が見えた

7:32am

20110520fujiasa.jpg

次の写真 

向こうのティーグラウンドからショット

グリーンのパッティングが終わって

後ろを振り返ってみた富士山の雄姿

 

GWを過ぎるとこのようにフェアウエイはもう鮮やかな若葉色になってくる

20110520fujiike.jpg

 

下の写真

折り返したショートコース

手前の池に映ったさかさ富士

風がなかったから素晴らしいダブルプレゼント

 

20110520fujisakasa.jpg

 

☆。:*:。.:*:・☆。:*:。.:*:・☆。:*:。.:*:・☆。:*:。☆

 

" 本日の一枚 "

 

10:07am

20110520tanuki.jpg

コース内に「たぬき」が朝の散歩していた!

 

白い杭はOBを示すための棒で40cmほどの長さ

たぬきの大きさが想像できる

 

☆。:*:。.:*:・☆。:*:。.:*:・☆。:*:。.:*:・☆。:*:。☆

 

かくして

無事にコンペは終わった

 

今回の同伴者たち

会員、去年一緒だった人、このゴルフ場で初プレーした千葉からの人

プレー&チャットは、いつもの通り盛り上がって、お互い楽しんだ

 

豪快はショットを放ち同伴者の歓声を受け満足のプレヤー

正確なショットで攻めるプレヤー

攻め方を熟知したプレヤー

 

自分は、今日ほど林の中に打ち込んだ数の記憶はかってない

横に出さないでチャレンジした脱出ショット

全部綺麗に木の間をすり抜けて

同伴者の歓声を呼び寄せ

 

・・・

 

晴天、風がなかった絶好のゴルフ日和だった

平地では真夏日?猛暑に近かったらしい

ここはさすが別天地 20℃前後くらいかな

 

・・・

 

ところで

山岳だから平地よりも

紫外線は、想像以上に強烈なのである

 

自分の紫外線除け対策

顔・首・腕に日焼け止め薬を塗布

目を脇まで覆うサングラス着用する

 

 一年中曇天でもゴルフプレーで

この装備は欠かしたことがない

 

普段の生活でもサングラスは欠かさない

 

多くの人々が、裸眼で外出している

知らず知らずのうちに目を傷めておられる

 

絶対に目だけは

紫外線から防御した方がいい

 

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

最近、高速道路の工事があちこちで行われている

昨日までの片車線工事が完了した今朝

幸い、すいすいと、普段通りに走行できた

 

・・・

 

しかし、帰路にハプニング!

五台を巻き込む大事故に遭遇したのである

 

頑丈なベンツでさえ、フロントクラッシュ、前輪パンク

一台軽自動車は、跳ね飛ばされたのか、反転し、大破していた

 

バンパーなど部品が飛散した脇の中央分離帯に頭を抱え込んでしゃがみこむ若者

路肩には呆然と立つ人たち、首を抑えている、鞭打ち?

 

20110520jiko11.jpg

16:16pm

20110520jiko22.jpg

誰かが無茶な運転をしなければ

こんな大事故なんて、起きる筈がない!?

cautiontrafic.jpg 

50mにわたり飛散した車体

破損残骸をよけて

スラロームで通過

この先50mが自分の降りるべき高速出口だったので

渋滞は10分ほどで済んだ

デイサービスのメニュー消化の工程に支障はなかった

 

・・・

  

精根尽き果てるほどの負荷かもしれない

デイサービス

健脚リハビリ高地山岳メニュー

 

バッタンQと熟睡できるほどのインパクト

無事にデイサービスが完了

 

・・・

 

健脚リハビリ

平地畑作業メニュー

農学校

 

5/21土曜日は休養に充て

5/22日曜日に農学校に通学する

 

・・・

 

2011年5月17日

農学校 課外5/17

 

今日は曇天

NHKあさイチ番組では

『紫外線の常識】について

解説していた

 

「快晴」、「晴れ少し曇り」、「曇天」

さあ

どれが紫外線がもっとも強いか?

 

答えは

「晴れ少し曇り」

 

地面で反射された紫外線が

再び雲で反射され戻る分だけ

余計に

人間に照射されるから

だそうだ

 

本日は曇天

でも

いつものように

ゴーグルメガネ着用で通学した

korobanusaki01.jpg

ヘルメット、ツーリングスーツ

作業中は、はずす

半袖シャツ、野球帽に

 

・・・

 

今日の作業内容

 共有区画

共③水菜 間引き 1本残す

共④小松菜 全部 収穫する

 

・・・

 

以下本日の畑の様子

 

農園全景

東から西方向

 

左も以前は他人の農地だったが売却し団地に

 

向こうんのビニールハウスの先までこの農園の農地

 

手前は農園の各種ジャガイモ畑

その先、ビニールハウス前

体験農園エリア

 

20110517zenkei.jpg

 ・・・

5/17時点の自分の区画

東から見た様子

5/15作業完了時から少し生育した程度

20110517status.jpg

 

西から見た様子

20110517zenkei_a.jpg

①ジャガイモ

生育中

 

②枝豆

5/15 苗二本補充したが、それらも鳩にやられた

もう少しあとで、大きくなった苗を植えることに

 

③トウモロコシ

生育中

 

④トマト、きゅうり

トマト(大、ミニ)

生育中

来週の作業はこのネットの列

20110517tomato.jpg

 

きょうり

生育中

20110517kyuri.jpg

 

⑤ナス/ししとう/ピ-マン

 

ナス

生育中

20110517nasu.jpg

 

ピーマン/ししとう

生育中

20110517pimansisito.jpg

⑥大根 

間引き1,2回目完了

生育中

 

⑦いんげん

生育中

 

⑧エンツアイ(空芯菜)

生育中

 

⑨サトイモ

まだ芽が出ない

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

今日の作業エリア

共有区画

始める前の写真

20110517kyo&komatu_na.jpg 共①水菜

間違えてカブを植えたので

先週全部収穫

 

共②かぶ

間引きは済んでいる

生育中

 

共③水菜

本日 間引き 1本に残した

 

共④小松菜

5/15 半分収穫

本日 残り 全収穫

 

・・・

 

10-11時、一時間で作業完了

 

買い物袋、2袋に

ずっしりと収穫野菜がいっぱい!

 

さらに

農園主 「キャベツ食べる?」

春キャベツひと玉お土産

 

MTB前後に

収穫した野菜を積んだ

 長靴みえるから

通行人は

畑の帰りと判る

この時間平日の割に以外に道は空いていた

 

・・・

 

予報では午後から雷雨だった

 

強い雨に打たれたら

水菜は、倒れペッチャンコになる

 収穫出来たのは

グッドタイミングであった

 

農園主は

ねぎなど倒れることを心配していた

 

・・・

 

農園では、小さいなあ、と見えても

家に持って帰って見ると、いやぁっ~でっかい!

野菜に「食べて!食べて!」と追いかけられる

夢を見るよ

そう冗談に農園主に話した

 

・・・

 

嫁と姑との間で

野菜の取り扱いに論争の種になっている

 

おしたし? 塩して?

 

姑(自分のお袋)の発言の出番が増えた??

 

知らないぞぉっ!?

 

・・・

  

 

2011年5月15日

農学校 第7回5/15

 

今週は晴れの週末である

5/15日曜の朝、農学校へMTBで通学した

 

・・・

 

栽培計画からの本日の作業

 

③トウモロコシ

間引き 一回目 一本にする

追肥 化成14・3・9 1/2杯

マルチの間、および、周辺に撒く

 

⑥大根

間引き 二回目 一本にする

追肥 化成14・3・9 1/2杯

マルチの間、および、周辺に撒く

 

共有企画

小松菜 収穫

水菜 間引き 一本にする

 

・・・

 

以下、畑の写真

 

20110515begin.jpg【写真右が北方向】

 

 ⑨サトイモ、しょうが

まだ芽が出ていない

 

⑧エンサイ

まだ芽がていない

 

⑦いんげん

一か所芽が出ていなかったから

温室で育てた苗を植える

 

20110515daikon.jpg 【写真右が北方向】

 

⑥大根

二回目の芽を間引く

 

・・・

 

20110515tomorokoshi.jpg

【写真右が北方向】

 

③トウモロコシ

二本の芽を間引き 一本にする

 

 ・・・

 

20110515edamame.jpg

【写真右が南方向】

 

②枝豆

二回目手前の列に撒いたタネ

少し芽が出かかりの時期に

 ハト襲来、全部取られてしまっていた

(他の区画もやられた) 

温室で育てている苗を植え付けた

 

・・・

 

追肥

14-3-9

 

20110515tuihi.jpg

 

・・・

 

共有区画

小松菜は収穫時期に来ていた

半分摘み取った

夕食におしたし

 

・・・

 

今週は、もう一回、通学し作業をする

 

小松菜の残り

水菜の間引き

 

・・・

 

< 詳細は、間もなく立ち上げる新しいWebサイトで紹介 >

 

・・・

 

こうして農学校で野菜作りを学び始めて

知識も増えてきた

 

いよいよ

我が家の庭の方に着手し始めている

 

プランタン

アピオス球根の芽が出始めた

農園では網で弦を誘引している

自分も棒でなく網であろう

 

プランタン

水菜、カブ、京菜

市民農園に撒いた残りの種の芽が出てきている

 

庭に畑

庭の一角を耕し、3列の苗床を作った 

 

こちらで植え付ける品目の検討に入った

 

・・・

 

 

2011年5月14日

花も 種まきから

 

家庭菜園

農学校(体験農園)、市民農園、自宅の庭

三か所で

タネから育てることを

4月から学んでいる

 

・・・

 

お袋が庭に出て楽しむものとして

フラワーガーデニング

趣味がある

 

これまで

安い花の苗を買ってきてあげて

自宅庭でプランタンなどに植え変えたりし

花を楽しんでもらっている

 

・・・

 

ブログにも書いたが 

野菜の苗の値段

数が増えるから買うのにも高い

 

それで

ふと

花の苗の値段も高いなあ

と気が付いた

 

花は収穫がない

咲き誇る時間が価値となる

 

・・・

 

そこで

試しに

花の種を買って来て

苗を育ててみよう

思いついた

 

きのう、買い出しのついでに

少し花の種を買ってきた

 

・・・

 

お袋にそのことを話したら

「えっ??」

と反応

 

おそらく

「(先行き短いのに・・・)」

という想いもあってのことだろう

 

しばらくは

花の苗を買う数を少し減らしながら

その間に

種を庭に撒いて

花を咲かせる作業に入ってみよう

 

tane_hana.jpg

ほとんどが@100円余

上の真ん中だけが@200円余

 

上段がミックスした花のタネ

下段が朝顔

 

・・・

 

果たして

髭爺が庭に花を咲かせる

ことができるか?

 

New Try!

 

・・・

 

 

2011年5月12日

松本 おひさま

 

今週は雨模様の日が続く

ゴルフ中止と生活リズムが狂っている

 

NHK連続テレビ小説

いわゆる、朝ドラ

「おひさま」

ヒロイン 井上真央

 

物語の舞台

信州の松本

安曇野(あずみの)

 

・・・

 

今朝5/12のNHK番組「あさイチ」では

安曇野を

取り上げていた

 

そば汁にわさびを入れる

安曇野では

砂糖つけてわさびを擦る

紹介されていた

 

自分は松本に住んでいた時

やったことないから

今度試してみよう

 

・・・

 

<5/13追記>

5/13の「あさイチ」のゲストに

「おひさま」ヒロインが登場

 

今週は天気が悪いけれど

「おひさま」特集のようだ

 

・・・

 

会社人生の中

松本に縁があった

医療保険福祉関連の企業に再就職

 

1987年

松本に移住し、この土地に根付くべく

一年で家を建てる

 

そう宣言し

1988年自宅新築が完成した

 

サテライト・ハウス

と命名した

 

・・・

 

それまで働いていた業界

放送局に納入する電子通信機器を開発設計していた

 

放送局のサテライトスタジオ

ちなんだわけ

 

サテライトスタジオ

とは

たとえば

銀座、六本木、渋谷のにぎやかな街角に

ガラス張りのスタジオがある

あれが

サテライトスタジオ

 

そこで使用されるコンパクトな可搬型オールインワン装置

サテライトスタジオ流行始まった時期

各局向けに設計し納入していた時期があった

 

たとえば某局の朝の番組では

銀座の名所、円形の三愛ビルと

田園調布の解説者の邸宅と

放送局と

三元放送に使われ

ホットな話題をリアルに流していた

 

・・・

 

松本はさわやか信州と呼ばれる

夏の避暑観光地

 

松本平は南北に長く

西に北アルプス、東にも山を抱き

山々に囲まれている

 

自宅は東の山腹750mに建てた

 

夕方西の夕日の中に見える北アルプスの山並み

冬は、冠雪の槍ヶ岳・穂高、遠くに白馬連峰が眺望できた

 

・・・

 

1988年新築松本自宅(売却)

ペンション風にデザイン

 

黒いとんがり屋根(屋根裏三階あり)

格子枠付き窓

白い壁、門の構造物なし

 

節電対策として

分厚い外壁、壁床天井に分厚い断熱材

これで、エアコン不要

 

・・・

 

【写真左が西、北アルプスの方角】

matsujitaku1991.jpg

1991年

新築後、3年目の様子

 

・・・

 

下の写真は

1998年

新築後、10年目に撮影

 

matsumotojitaku.jpg

山林風に植えていた庭木が成長した

 

なにごとも10年あれば

それなりに

計画した構想は、完成した姿に近づく

 

matsumotohana.jpg

【写真を「水彩」というソフトで処理している】

 

家を建てる前の更地から

生息していたコスモスは予想以上に根強かった

 

毎年秋になると

庭のあちこちから咲きほこって咲いていた

 

・・・

 

2000年

定年退職し、この土地を離れ

実家がある東京に帰郷した

 

2002年

家の売却手続きで再び訪れた松本

厚生年金会館ホテル

60歳以上は安く泊れた

 

2002matsumoto.jpg その窓から撮影した

冬をまじかに冠雪しつつある

常念岳(じょうねんだけ)と北アルプス

 

NHKテレビ番組「おひさま」の中でも

松本の代表的な風景

 松本城とともに

この三角の形をした常念岳と北アルプスの山並みが

頻繁に登場している

 

常念岳が映っていたら

そこは松本である

と判る

シンボルになっているのだ

 

・・・ 

 

松本に住み始めた頃から

「自然」がテーマになっていた

と思う

 

それから

いま畑仕事で手で土いじりするまでに

20年も時間が必要だった

ことになる

 

・・・

 

東日本大震災

未曾有の被害

 

いままで目立つことのなかった

東北の人々の実直さ、忍耐強さ

住んでいた土地へ戻りたいという強い愛着心

 

世界の人々に日本人の頑張りの凄さを知らしめた

日本のイメージが格段にアップしている

 そのことに

国民誰しも誇りに思うばかり

 

・・・

 

あらためて

故郷への想いを持った

 

・・・

 

自分の人生では

出身地以外に

 住んだり長期滞在した場所は

日本でも海外でも

複数にのぼる

 

すべてが自分の故郷になっているわけだ

 

・・・

 

2011年は 

農学校通いながら、野菜作りを勉強している

 

手を汚し土いじりをしながら

土と人間との関わり合いに触れている

 

70年間、口だけで

「自然」と言っていた

 

いまほど

「自然」が身近に感じる時は

かってない

 

残りの人生、10年間を

自然とともに

大切に生きる意味の大きさを噛みしめたい

 

・・・

 

故郷の語源を調べてみた

「出て行った」

この条件が最初にある

 

古里

田んぼ+土

 

その土地に帰りたい

そうなる

 

自分はこの土地を一旦離れ

海外に住んだり、ほかの土地に住んだりし

定年退職で、ここに帰郷して

今にいたる

 

もはやここが最後の骨をうずめる土地である

 

いま

農園の土いじりで

この土地に馴染んで親しんでいる姿

 

これこそ

まことで自然なのかもしれない

 

 ・・・

 

東日本大震災の被災地

一日も早い復旧復興を祈りたい

 

・・・

 

2011年5月11日

春雨に 鴨の散歩かな

 

今日はあいにくの雨である

富士山1000m歩きゴルフ予定だった

雨で最高気温数度と冬並み

 

ベチャベチャ、グチャグチャ

900-1050mを歩き回るには

疲れるし気分もよくない

 

高齢者だから

雨のゴルフはやりたくない

 

ゴルフプレーは

晴れ渡った青い空のもと

残雪の富士山を見ながら大らかに楽しみたい

 

・・・

 

というわけで

自宅で日頃の整理整頓に充てた

 

・・・

ふと2階の窓から

家の前の市民農園を見た

 

 

20110513siminzenkei.jpg5月やっと市民農園らしい風景になっている

手前右端に自分の区画がある

20110513siminlarge.jpg

手前右の区画

二列の苗床を作った

 

手前の列

初めて菜園をやる家族の分

自由にやらせている

 

たくさん種を撒いたみたい

間引きが必要と教えている

 

その向こうの列が自分の担当

京菜、カブ、水菜の種を撒いていた

 

20110513simin.jpg

農学校と同じく

15cm間隔で種数粒ずつ

マルチを引く予定だったが

棚まきが遅くなり暖かくなったので省略

 

やっと発芽した

 

・・・

 

ふと目を凝らすと

畑に二匹の鴨が歩いていた

20110513siminkamo.jpg

農学校の方でこんなことがあった

畑の周りの家の近くの区画にハトが舞い降りて

枝豆の種を全部食べてしまった

 

鴨たちは口の形状のせいか

畑を荒らしに来たわけではなさそうだ

 

・・・

 

早速デジカメを持って家の前に出て

市民農園の方に向かった

20110513kamo33.jpg

鴨たちはすでに農園内の散歩から

6m道路の歩道に出ていた

近づいても驚かない

20110513kamo11.jpg

仲良しのつがい

大きい

20110513kamo22.jpg

ここらは

昔移住してきた一族が開拓開墾した土地

同じ苗字がの家が、百数十軒もあって

田んぼや畑があちこちたくさんある

 

だからこの広大な土地にいる鳥たち

いろいろな種類を見かける

 

数年前

鮮やかの色彩の南洋にいるような鳥もいた

たぶん誰かかっていた鳥らしく

歩道の並木に止まって見下ろして

通る人々を楽しませていた

 

たぶんこのあたりは

歩いている人間の数より

鳥の数の方が多い

彼らも遠慮しないんだろう

 

我が家の庭にも鳥かごを置いている

雀だけでなく大きな鳥も舞い降り

殻つきのエサをついばみにくる

 

冬の風景はこんな感じだ

こんな春になっても、餌を置いていると

飛んできてはきれに平らげている

suzumenoko.jpg  我が家の二階の北側にあった

(昨年リフォーム時に撤去)

水槽の囲みの中に巣を作っていた

だから

この家は自分たちの縄張りだ

と思っているのか

いまもそのそばの北窓の桟に飛んで来る

 

・・・

 

富士山1000mのゴルフ場の池のそばにも

たくさん鴨がいる

 

今日見た鴨たちの水場はどこか?

思い当たるのはひとつ

ここから数百m離れた多摩川に違いない

 

・・・

 

 

2011年5月 9日

防災 LEDランタン

 

3.11東日本大震災

混乱させられた計画停電だった

 

世の中一斉に

懐中電灯が必需品と認識した

パニックになった日本

 

たちまち

単一乾電池が品不足に陥った

 

ようやく量販店で目にするまでに

5月GWまで品不足が続いた

 戦後の日本では始めたのことだった

 

・・・

 

あの地震直後

防災意識が芽生えた

 

節電

そう頭に浮かんだ

蛍光灯はランプの寿命がある

いまなら

LEDランプしかない

 

なによりも

消費電流が少ない

電池が長持ちする

 

なにも高価で手に入らない

アルカリ電池でなくていいわけだ

 戦前からあるマンガン電池で十分だ

 

・・・

 

インターネットで探した

マンガン電池と、LEDランタンの最格安を探し注文した

 

生産国中国は日本からの受注ラッシュで

すぐには手に入らなかった

 

注文していた40個のマンガン電池は

4月末に届いていた

 

LEDランタン

ようやく今日5月に届いた

 

・・・

 

このランタンの特徴

LEDの数の多さにある

 

オンすると

半分の数の30個の白色LEDが点灯し

 

もう一度押すと

全部60個の白色LEDが点灯する

 

20110509ledlantan.jpg

巷に見かける

LED懐中電灯や自転車LEDライト

LEDの数が3個が多い

ライトの位置を示すためだ

 

インターネットで調べた限り

ランタンで最大LED数は

この60灯だけだった

 

・・・

 

3.11から、徐々に

防災グッズを格安でそろえている

 

格安がなかったら

待てばいい

 

大震災が先か、格安が見つかるのが先か

誰も判らない

 

・・・

 

 

交換 野菜収穫かご

 

今週は天気が崩れる予報だ

今日の月曜日だけはなんとか晴れた

 

 そこで

午前中

赤いマウンテンバイク

フロントキャリア

から

バスケットを取り外した

 

・・・

 

取り付け取り外しの作業を見越し 

あらかじめ

簡単に取り外しがやり易いように

蝶ナットと六角レンチボルトで止めてあった

 

・・・

 

ルイガノ・オリジナル 

フロントキャリア

 

・・・

 

問題は取り付け穴の位置が

合うかどうかだ

 

新しい幅広かごの前方に止め穴板がついている

フロントキャリアの一か所の穴と

ぴったり合致した

 

(小さい籠の時は網だったから挟む板を介し固定)

 

・・・

 

フロントキャリアの後方の取付穴は2ヶ所

 

ところが

かごの方には、取り付け金具が無く、網だけ

(小さなかごも同じ状況だった)

 

 今まで止めていた方法でトライ

 

挟むための「穴あきステンレス板」を用い

スプリングワッシャーを介し

フロントキャリア側の穴2箇所に

しっかりと止めることが出来た

 

20110509newkago.jpgフロントキャリアに装着した

新しい幅広バスケット

 

サンデッキにあるのが

取り外した小さいバスケット

 

・・・

 

下の写真を見れば

これまでのかごとの容積の差は歴然だ

 

2倍の容積になった

 

20110509kagohikaku.jpg

 

野菜とか軽い積載物なら

ハンドル操作に殆ど影響ないだろう

 

・・・

 

今週末はこのスタイルで農学校に出かける

 

・・・

 

  

2011年5月 8日

農学校 第6回5/8

 

きのうは雨天だった

今日は青空に太陽が顔を出し久しぶりの晴天日

農学校へ通学するMTRも快調である

 

・・・

 

農園主の奥さんの話では

おじいさんがよく

雨の日は畑仕事するな

靴も汚れるし土が固まるから

と教えたそうだ

 

今日はほぼ全員が集まった

久しぶりの賑わいのある畑仕事が始まった

 

・・・

 

9:30に到着したときの自分の区画30㎡

20110508firststatus.jpg

 

今日の作業計画

 

①じゃがいも

・芽かき 2~3本残し

・追肥 化成1/2

・土寄せ

 

④トマト

・トマトトーン処理

本日、省略

 

⑥大根

・間引き(1本にする)

 

共有区画

①水菜

ここにカブを植えてしまったから全摘

②かぶ

・間引き(一本にする)

 

・・・

 

以下、作業の記録写真

 

じゃがいもはほとんど2本だった

だから、一本しか抜かなかった

追肥したあと

土寄せし高く盛り土した

20110508jagaend.jpg

境界線から30cm空ける

 

・・・

大根の間引き

元気な苗を一本だけ残す

20110508daikonmabiki.jpg

 

作業が終わったところ

間引きした野菜が籠に入っている

20110508workend.jpg

 

その他、自分の区画の様子は順調

20110508amijotai.jpg

ネットの中の苗はすくすくと育っている

④トマト(大・小、きゅうり)

⑤ナス/ししとう/ピーマン

 

・・・

 

共有区画の方の作業

 

20110508mabikisample.jpg

共有区画

①水菜(右)

②かぶ(かぶ)

手前の方は間引き作業した後の状態

 

ところが自分は水菜の種を撒かなかった

①区画にかぶの種を撒いた

自分一人間違っていた

 

20110508kabuall.jpg

①水菜があるべき区画

かぶが生えて来たから全摘した

 

②かぶ

一本だけ残す間引き作業

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

農園の東側

ジャガイモ畑の様子

プロの盛り土はこんな具合

20110508projaga.jpg

 

農園の西側

ねぎの苗床の様子

20110508negidoko.jpg

自分には初めて見る光景だった

そこで

農園主から説明を受けた

 

なかなか工学的に考えている

 

ねぎの苗を植え付ける前に堀った溝

溝の左側は、底まで垂直に壁を形成してある

その目的は

ねぎがまっすぐ生育させるため

 

右側には、わらが敷かれている

クッション材として、ねぎを横から支える仕組みだ

 

これにより白い部位を長くできるという

 

いつもいつも

なるほどと感心するばかりである

 

・・・

 

ところで

今日の作業でやらなかった

トマトトーン処理

 

トマト、ナスの着果、肥大、熟期を促進するために

ホルモン剤を負荷する

 

20110508tomatotone.jpg

 

何回かこの処理をやるそうだ

 

・・・

 

帰り際に、親切な農園主

水菜持って帰らないのは可哀相と

農園主の区画から

水菜を間引かせていただいた

 

また

市民農園に何を植えたか?

はい、水菜、かぶ、京菜です

じゃ、モロヘイヤの苗もっていく?

あ、いいんですか?

 

・・・

 

GW5/1から種を植えスタートし始めた市民農園

水菜、かぶ、京菜は、いまだ芽が出て来ていない

その日に植えた庭のプランタンの方は、出てきている

 

先日もらったアピオスの球根を大きなプランタンに植えといた

1,2本芽が出てきている

 

・・・

 

市民農園の土地の貧弱さが影響しているのかな

 

 

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

今日が初めて収穫をした記念日となった

 

20110508firstshukaku.jpg

Look at this photo!

赤いMTBに初めての収穫野菜が積載されたぞー

 

後ろの荷物収容するバスケットは

ワンタッチ脱着式

 

前のは、ねじ止め=半固定式のバスケット

 

次回から収穫が伴うから

すでにゲットしてある幅の広いバスケットを

フロントキャリアに取り付けたい

20110508kokanplan.jpg 

3/14に撮影した写真である

 

農学校が始まる前の準備していた

開校3/26、10日前のこと

 

・・・

 

つまり

リアバスケットはワンタッチ脱着式とし

フロントバスケットについては

半固定交換式と

設計していた

 

そして

収穫用の幅広サイズのバスケットが

先々絶対に必要になる筈だ

と予想し

あらかじめ

インターネットで最格安で手に入れていた新品

 

これを週末までに

フロントキャリアにネジ止めで取り付ける

 

備えあれば、憂いなし

 

先々を見通しいろいろ企画や作業をやることは

これまた楽しからずや

 

・・・

 

さてさて

農学校に通うときも、帰える途中も、実に楽しい

朝と昼との違いは

帰りの方が道路に人々が多い

 

長靴に、収穫した野菜が積んだ

赤いマウンテンバイク

 

赤いサイクリングスーツに

ライムグリーンのサイクル帽子かぶっていれば

目立たないわけがない

 

農園のすぐ近くにある

「あさひ自転車」店の前のお客さんたちや通行人

こっちをちらっと見ている

 

なんだ!こいつ!超派手な老人め!

あ、そうか!

畑仕事帰りなんだ!

と、振り向く

 

子供たちも

なんじゃ、このおじさん

目をくりくりしながら

キチガイ髭爺さん

だと

じろじろ見ている

 

そんな人の目を尻目に 

春風頬を吹く道路を爽快に走り切る

赤いマウンテンバイク

 

元気な老人だってこの世の中にはおるんだぞ!

というPR

自画自賛で喜んでいる

わけ

 

・・・

 

これから野菜の買い出しは激減しそうだ

 

・・・

 

 

2011年5月 6日

菜園 タネから育てる

 

きようは富士山麓でゴルフコンペの日だった

急用で急きょ参加中止になってしまった

 

しかし

スケジュールのうち、歩きゴルフ+入浴+整体院を中止しただけ

後半のデパ地下食材調達は予定通りだ

なにしろ

家族の食事を料理するための維持存続がかかっている

 

午後から早めに出かけ途中

ホームセンターの園芸コーナーに立ち寄った

 

母の日が間近

カーネーションの花かご

所狭しと並んでいた

 

売っている野菜の苗を見てみたら

なんと

4個も買えば千円を超える高価

 

とても貧乏人には

苗なんて買えないよ!

 

我が家の前の市民農園の利用者の多くが

苗を植えているではないか

みんな金持ちなんだ

 そう理解した

 

・・・

 

他の区画のほとんどは

支柱を立てたり

苗が伸びて畑らしく立体感があるのに

 

自分の区画は

ようやく

タネから芽が出始めたところ

苗床はまだ平のままだ

 

慌てる乞食はもらいが少ない

そういうではないか

 

のんびりー、のんびりー

焦らない、焦らない

 

・・・

 

家庭菜園なら

やっぱり種を撒いてから育ててみたいんだ

 

農学校

(農園主が栽培計画で指導する体験農園)

では

 

15種類のうち

トマト(大・小)、きょうり、ナス、ししとう、ピーマン

6種類がけが苗だった

 

苗を植え付ける作業はいとも簡単すぎた

 

むしろ

種まきの作業は、手間がかかったけど

いろいろ面白かったし

発芽したのを見たとき

なによりも嬉しく感動を受けたからだ

 

自分が蒔いた種から、発育する様子を見る方が

ずっと楽しい

 

・・・

 

つまり

何事も近道はない

 

急がないで

初め(基本)から育てる

 

根気がいるし時間もかかる

その分

たくさんの楽しみや収穫が待っている

 

それこそが

菜園の面白さ

だと思う 

 

その大事なポイント

端折りたくない

 

・・・

 

ところで

先日スーパーで買った豆苗

水栽培し再収穫した経過をブログ記事にした

 

そこで

園芸コーナーを探してみたら

あった

 

商品ジャンル名「スプラウト」

家の中で育てるこの菜園のキット

 

写真のキットは「かいわれ大根」

kaiware_sprout.jpg

 細かい水栽石と種とが、あらかじめセットされており

 指示書に従って、グラスの中に植え付ける

発育の様子がガラス越しによく見える仕組み

 

インターネットで調べてみると 

いろいろな会社から販売されているから

どこのホームセンターにもある筈

 

何種類か買ってみた

自宅で試してみよう

 

・・・

 

ちなみに

伊勢丹デパ地下の食材調達の魚介類では

半額セールまでの遅い時間まで待てない

今回は

新鮮なさばきたての静岡産のサバとサワラとを調達した

たまには

高級な魚を家族と一緒に食べてみたい

 

・・・

 

参考

 

言葉の意味

 

「スプラウト」

 

英語

sprout

【動詞】成長し始める、発芽する

 

日本では一般に

「新芽」のことを指しているらしい

 

・・・

 

 

2011年5月 4日

招待券 国際バラ展

 

ただで貰えるものは嬉しい

 

・・・

 

ゴルフコンペの賞品

カレーライスとロールケーキ

fujisanbokujocake.jpg 

 

毎年このシーズンになると

プレゼント応募し当選した招待券が

ぼちぼちと届くころである

2011baraten11.jpg人気があるのか

出足が遅い 

  

果たして何枚届くか

 

自分は見学に行ったことはない

毎年

待っている友人たちがいる

 

・・・

 

第13回国際バラとガーデニングショウ

5月11日から16日まで

西武ドーム開催

 

・・・

 

自分が幼少の頃を思い出した

親父がバラを庭で作っていた

親父の会社の仲間たちとバラの花の展示で競っていた

 

いつか

自分も、庭でバラを育ててみたい

 

・・・ 

 

2011年5月 2日

いよいよ 市民農園

さて我が家の前の市民農園の方はどうか?

 

きょう2階の窓から、ざっと見渡すと

このとおり

殆どの区画で植付が終わっている

 

利用者たちは

所狭しと、植え付けている

いつもの風景だ

 

このあたり界隈ずっと地主さんの土地

20110502simin.jpg自分は、農学校の春作の植付が完了したところだ

これから

こちらに取り掛かる時期が来た

 

20110502siminmine.jpg市民農園の最小区画

3mx2m=6㎡しかない

(2年間無料貸与)

 

自分は農学校の畑30㎡があるから

ここは

ゆうゆう家庭菜園ということにし

苗床二列に整地した

 

家族には一列(1番)をやってもらい

自分は一列(2番)で作付けすることにした

 

・・・

 

農学校の農園主からアドバイスをもらっていた

 

手入れの少なく虫が付く前に早く摘める野菜がいい

農学校でやっている

水菜、カブ、京菜

など

 

午後野菜の種と肥料とを買いに出かけた

 今日はおだやかな天気であった

 

無事に

植付を済ませた

 

 種が余っているので

庭のプランタンにも植えた

 

・・・

 

 

 

2011年5月 1日

農学校 第5回5/1

 

2011年ゴールデンウイークが始まっている

 

28日(金)終日、富士山高地、歩きゴルフ、リハビリ・デーサービス

29日(土)AM、植木の剪定講習会

30日土曜は晴天、本来畑仕事で農学校通学だがのんびりと休養に充てた

5月1日きょうは曇天、予報では小雨もある、風はかなり強い

農学校に通学した

風がかなり強い

 

・・・

 

朝9:30の畑の様子

 

20110501asa.jpg体験農園の東側に植え付けた農園の各種ジャガイモ

すでに葉っぱが大きく育っている

4月初めは更地だったのが

だんだんと畑らしく変化している

見ていると感動してくる

20110501start.jpgきのう土曜日は、晴天だったから

殆どの受講者が集まったらしい

 

第4列、第5列の今週の作業を

きのう土曜日に終えていた

網かけしてある列がそうだ

 

・・・

 

きょうは三名だけ

曇天、強風と悪条件だ

予報だと昼ごろ弱雨

 

作業を急ぎたい

 

⑤第5列目(銀マルチ済)

ナスx2、ピーマン(大・小)x2、ししとうx1

それぞれの苗に、斜めに鉄棒と立て

紐で苗を添え縛り付けた

 

⑥第6列目(銀マルチ済)

トマトx4、ミニトマトx2、きゅうりx4の苗を植付

鉄棒と立て紐で苗を添え縛り付けた

 

・・・

 

第5,6列目に苗を植付けた後の様子

<手前から第5列目、第6列目・・・>

20110501naeuetuke.jpgさらに

それぞれの列に

三本の鉄棒1.8mを曲げて半円支柱を立てる

立て方には、要領がある

 

その支柱の上に、ネット(網目サイズ:1mm、0.8m)を被せる

ネット、鉄棒、紐などの部材

20110501amijunbi.jpg

マルチ床の上に、ネットを張るスタイル

ネットの端をきちんと埋めるため

脇を深く掘る必要がある

先がとんがった形のクワが使い勝手がいい

ネットの端を土で再び盛って埋め込め易い

20110501naenet.jpg

完成した写真

手前がネット1.0mmで柔らかいから作業がやり易い

その向こうがネット0.8mm目が込んだ分こわばって作業がやりにくい

どちらがいいか?

といえば

0.8mmの方が、虫よけにはいい

 

・・・

 

ネットの効果

いくつかあるが、その一つ

たちまち理解できた

 

吹いていた強風

風速7m以上

なのに

ネットの中の苗は微動だに動かない

つまり

苗の茎が折れない

風よけ抜群

 

プラス

虫よけと、駆除効率とを兼ねる

 

つまり

防疫作業時には

このネット上から薬を噴霧できる

すると

たとえネットの中にいた虫は逃げらず

完璧に駆除できる

 

そこまで考えてネットを張っている

と理解できた

 

恐れ入りました

 

・・・

 

実は、このあとのケアの中で

トマトの苗が伸びて来たら

高い支柱を立てる

 

20110501tomato.jpg ちょうど自分の東側の区画に

模範的な植え方の場所がある

 

そこでは

近いうちに、こういう支柱に変えるぞ、と

示してくれている

 

つまり

ちゃんと初歩的に

鉄棒の曲げ、取り付け方

ネットの張り方、ネットの効用

それらを、順序よく

学ばせようとしているわけだ

 

だから

畑仕事のいろいろの作業を

覚えることが出来る

農学校

 そう自分はここを呼んでいる

20110501final.jpg 東から西方向をみた自分の区画の様子

第4,5列目にネット被せて完成

 

・・・

 

残りの植付け作業に取り掛かる

 

②第2列目、枝豆の種、残り半分(1穴1粒)

発芽していない穴には、小さな苗を追加

 

③第3列目、トウモロコシの種、南側残り半分(1穴2粒)

 

20110501final11.jpg

縦とか横とか、半分ずつとか、日差を設けたとか

こんな手間をかけた理由とは

 

隣の生育で日照の影に入って野菜が込み合うのを避け

日照が不足する影響をなるべく受けにくいように

工夫された植え方

 

畑作業でも

物事には順番がある

というわけ

 

・・・

 

幸い

強風での土埃がひどく舞っていたが

常用の(花粉症予防用)ゴーグルメガネで防げたし

雨は一滴も降ることはなかった

  

 本日にて

春作の植付作業は完了したことになる

次回から菜園ケアが始まる

これからが大変だそうだ

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

いつも

この農学校には、30分早く着いて

30分遅く帰る、居残り生である

 

この30+30=60分間は貴重である

農園主からいろいろと直接話が聞ける

独占時間帯

 

・・・

 

前回耳にしていたつづきの情報を

取材した

 

植物防疫協会が各都道府県にある

 

東京都植物防疫協会

協会が毎年作成している防疫に関するデータ集

『病害虫防除方針』

(付 除草剤使用指針)

 

【上がH22年度版、下がH21年度版】

gaichuboueki.jpg特記事項

 

このH21年度版の「まえがき」を書いた会長さん

実は

ここの農園主(わたしの農学校の校長先生)である

(H21年まで6年間会長に就任)

 

・・・

 

この前書きの中に、こう書いてあった

 

H18年残留農薬基準にポジティブリスト制度が導入され

農薬の使用には、一層の注意が求まられる

 

・・・

 

この植物防疫バイブルの中には

野菜項目ごとに

防疫作業の際に

どんな薬品をどう使えばいいのか

詳細に基準が示されている

 

出荷の何日前までにやっていいとか

植付から何回までとか

詳細は作業工程を規制し

安全性を厳しく求めている

 

いわゆる

目下放射能汚染で話題になっている

いくつかの「基準値」を決めている

あんなものだ

 

世の中

いろいろな事が起きたら

その時代に相応し改正し規制していく

 

職業人は、 常に、

規制される基準値の最新版で

仕事をして行かなければならない

 

・・・

 

農家では

きちんと防疫の記録を残しており

その記録を添付して初めて野菜を出荷できる

 

薬ビンの注意書きなど

多岐にわたり慎重に農薬を注意深く取り扱っている

 

そんな資料も見せてもらって理解できた

 

居残りすると

勉強することが多くて

これまた楽しい

 

<これらの詳細は、立ち上げるWebサイトにて>

 

・・・

 

 9:30-12:30と三時間の農作業を終え

マウンテンバイクで帰路途中

我が家の近くで見つけた

こんな高い樹木

20110501tree.jpg

この時間帯にいつも出会う

犬を連れたお嬢さん

有名なゴールデン・リトリバー

おとなしく、人なつっこい、でっかい犬

(写真を撮るのを忘れた)

 

大型犬を連れて歩く

お嬢さん

スラリと背が高いから恰好よく似合う

 

犬を刺激したくなかったので

いつもすれ違うのを待っている

 

待っている間に

ちょうど向こうに見えた

この木だったから

問いかけた

 

「あの木って何て言うだろう?」

彼女は正確な名前を知らなかった

 

でも会話の中でわかったことは

このあたりの元地主の家には大きな樹木が多いらしく

中には自治体が指定した記念樹になっているのもあるそうだ

 

我が家の近所だし

ここらの(150軒ほどある)同じ性の地主さんの誰かに

ふと聞けるチャンスは、間もなく、あることだろう

 

わかったら

ゴールデン・リトリバー(のお嬢さん)に

教えてあげよう

 

・・・

 

 

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。