2011年6月アーカイブ

2011年6月30日

発芽した フウセンカズラ

 

先日植えたばかりのフウセンカズラの種

(6/15ブログ記事)

庭のプランタンから早くも発芽している

先に発芽していた様々な種類の朝顔の芽に迫る勢いだ

 

左端のブラウンのプランタンがフウセンカズラの発芽

右の四個のプランタンが朝顔の発芽

20110630hatuga.jpg

いずれももう少ししたら

苗を分けて所定の場所に植付を行う

 

・・・

 

 

2011年6月29日

保証書 リニューアル効果

 

ブログ制作でもっぱら活用している

コンパクト・デジカメ

 

定年退職後、働きながらも、時間ができたから

楽しんでいる

コンパクトデジカメの我が履歴

 

すべて中古だったが

(新品のカメラは買ったことがない) 

200,300,400,500,800、1400万画素とグレードUPしてきた

高画素数化、動体自動フォーカス、顔認識、手振れ防止

シーンモード、インテリジェントモード・・・

日進月歩の改良の速さには

只々驚くばかりだ

 

【左がFX70、右のFX66の後継機】

76fx66fx70.jpg(真ん中のユウメイゴルファーマスコットは、D証券のノベルティ) 

 

今日はこれらデジカメの話

 

右のバイオレット色の方

2010.11.9ブログで掲載した

パナソニック DMC FX66 1410万画素

2010.2.19発売

店頭価格35千円

 

 昨年秋にピカピカの在庫新古品を数千円でゲット

 

・・・

 

FXシリーズは一番の売れ筋

女性ユーザーを意識したスタイリッシュかつ小型軽量ボディー

光学式手ブレ防止、インテリジェントISOオート、おまかせiA

新機能広告展開し他社にも影響を与えた

 

・・・

 

半年間、使ってみて

なかなか使い勝手がいいから

このあと発売されたモデルの中古を探していた

 

・・・

 

改良型

パナソニック DMC FX70 1410万画素

2010.6.18発売

店頭価格35千円

 

FX70        FX66

 f2.2         f2.8

                    24mm広角~120mm     25mm広角~125mm       

 LEICA DC VARIO-SUMMICRON

 

FX70の方が

より明るい、より広角なレンズ

 

使いやすいタッチパネル方式が売り

タッチして自動焦点エリアを自由に移動できたりする

タッチでシャッターも面白い

 

ハイビジョンムービーデジカメ

 

・・・

 

インターネットでやっと見つけた

格安の数千円

 

*************************

 

ここからが、きょうの本題

 

こんな安い価格だから多少の使用感は覚悟していた

それなりに使っている生活痕はあった

 

しかし

 手元に届いてよく現物をチェックしてみたら

なによりも致命的な欠点を発見

レンズ表面に傷があり曇っているではないか

 うっ!?

そこでクレーム連絡したら

気が付かなかった、返品すれば全額返金する

と回答があった

 

・・・

 

そこで化粧ケースの中でふと目に入ったのが

2011.9月までの保証書

 

うっ!?

これまだ使えるんじゃん?

 

先方に連絡した

修理が無料だったらこのまま使っていきたい

有料だったら返品でいい

と先方の弁に

わずかだったら自腹で使うよ、勿体ないから

という話し合いをあらかじめ済ませてから

こちらで修理手配することにした

 

・・・

 

どこに持っていけばいいのか?

調べ始めたら

 まさに今の時代らしい

 

なんとインターネットで簡単に修理を申し込めた

 

・・・

 

そのあとが、なんと、超素早かった!

 

6/23申請

6/24宅配集荷

6/26修理センター到着

6/27修理センター発送

6/28宅配配達

 

5日目には

手元に戻ってきたのだ!

 

・・・

 

修理明細にはこう記述してある

 

外装・ネジ取付確認

レンズ・液晶の埃

フォーカス機能

フラッシュ機能

メニュー・モニター機能

 

出荷点検表ですべて動作正常とあった

 

つまり

レンズの傷はなくなり、ついでに、点検し

完全動作品として生き返ったのだ

 

・・・

 

先方に連絡した

レンズがきれいになって戻ってきたので

このまま使用しますから返却しません

よって、ご心配なく

気分的にか、カメラの顔は明るくなり

再び活躍できる!と嬉しそうな眼(レンズ)していますよ

モノを大事に使うエコ志向が

今回、うまく行って、本当によかったですよね

 

先方から

恐縮しきりの返事が届いた

 

*************************

 

野菜の種でもいくつかの種だけが

人の手で撒かれ発芽し生育し収穫されて

人間の食として一生を終える

そんな彼らはハッピーに違いない

 

動植物だけでなく

人間の作った造作物=ハードウエアでもおなじ

 

不運にも故障しても修理され機能復活されて

大切に長く使われたら本望ではなかろうか

 

・・・

 

後継機FX70は

FX66のダイヤル式ではなく

より大きな液晶画面でタッチすることで

メニューを選択できる

シニアにはまことにありがたい

ユーザーフレンドリーなギアに仕上がっている

 

・・・

 

いいものを安く手に入れて、大切に使いこなしましょう

 

そして

 

 人間もせっせとリハビリに励むことで機能回復し

前向きなリニューアル志向で

自分を大切に使いこなしましょう

 

・・・

 

  

慣れる 左ハンドル

 

米国旅行するとき、国際免許証があれば、レンタカーすれば

左ハンドル運転を経験する

 

今日は左ハンドルをテーマに取り上げたい

 

【CLKAvantgardeの内部】 

33clksheet.jpg

自分が左ハンドルと出会ったのは

42年前1969年29歳

 

米国出張の準備の一つとして

麻布のヤナセに出かけ、ショウルームに入った

そして、セールスマンに

米国出張なので、アメリカの車の運転席を説明してほしい

 

そこで外車の中に座って

生まれて初めて左ハンドルを握った

 

日本車と異なる点を見つけた

 

運転席が左側にあるというだけでなく

方向指示レバーがハンドルの左側

 

そして

パーキングブレーキは、左足で踏んでロックするタイプ

リリースはダッシュボードの下のレバーを手で引く

 

アメリカでレンタカーした際に

運転操作に迷わないためだった

 

・・・

 

当時日本からアメリカ本土への直行便はなかった

ハワイのホノルル空港を経由する

米国のホノルルだからそこで入管手続きを済ませた

 

ホノルルからサンフランシスコに飛んだ

 

入国手続きを済ませ空港内のHertzレンタカーカウンターに出向き

予約しいた一番小さいサイズ

空港外の広い駐車場から探しだし

実車走行目的で、初めて左ハンドルを握った

サンフランシスコ空港

 

当時の出張報告書備考欄には

「あっ!?四畳半が動いた!」

と記録されている

 

レンタカーが下の写真

フォード・フェアレイン

1969first_uscar.jpg

空港から向かったのが、南のパロアルト、シリコンバレー

ヒューレット・パッカード社

初めて訪問した米国のメーカー

(2010.4.20ブログに掲載)

 

米国内をデモ機を背負って一人旅がらす

西海岸中西部東海岸南部の放送局などを行脚する一か月間

各地でレンタカーし、一か月後に

駐在員事務所のあるロスに到着した

そこで会社のロス駐在事務所所長とはじめて面会した

 

結婚式のスピーチで所長曰く

彼から、サンフランシスコまで迎えに来なくていい、と連絡が来た

一か月間米国内を一人でデモして旅し

日本に帰る間際になって、やっと

米国代表者の私のところにやって来た人間だった

半世紀におよぶ社史の中で初めてのケースだ

いやはや赤面の至りだった

 

・・・

 

余話

 

世界中一般論として

車は左側通行、または、右側通行と分かれ

前者が右ハンドル 、日本、英国など

後者が左ハンドル、米国、欧州大陸、韓国など

 

進駐軍が上陸した沖縄も返還前は右側通行

 

西独駐在時代に聞いた話として面白いのがあった

スエーデンは右側通行で左ハンドル

デカい国だから田舎など道路の路肩がもろくて危ない

右ハンドルならよく右路肩が見えるから

運転が安全だと右ハンドル車の方が人気だとか

真意ほどは確かめたことはない

 

・・・

 

米国で日本人が初めて車運転でよくやるうっかりミスとは

人気のない交差点で左折する際に

左のレーンに入りそうになる錯覚が起きることだ

 

次は、ロータリーがある交差点で体験した自分のケース

西独時代は右側交通だから左ハンドル

英国に出張した際には当然右ハンドルになる

郊外でレンタカーし運転していたところ

ロータリーに差し掛かった際に、周りに車が見えなかった

思わず、ロータリーの右側に入りそうになってしまった

はっと気が付いて慌てて左に入リ直した

 

ロータリーがない日本で左ハンドルで運転しても

道路標識がしっかりしているから

そういう間違いは起きない

つまり

悪条件が少ないから

左ハンドルでも、どうってことない

 

・・・

 

2008年68歳で働くことから退いたが、その頃まで

米国出張でレンタカーし、流通系業者周りや展示会参加などで

左ハンドル車をがんがん運転していた

 

【フォード・エクスプローラ】

rent_a_car.jpg

 だから

自動車のハンドル操作に関しては

42年間、両刀使いに慣れきってしまっている

左か右か気にしないことにしている

 

・・・

  

でかい アイダホ・ポテト

 

思い出していた

 

米国に出かけてレストランで食事したことある人は

料理が運ばれて皿に置いてある

でかいジャガイモ

見覚えがあるだろう

00idahojaga.jpg10-15cmほどのジャガイモが、銀紙で包んで蒸してあって

テーブルに持ってきた時には、銀紙が開かれており

ジャガイモの上の方は十字にカットされている

 

食べ方は簡単

切り口を広げてから

ついてくるバターの塊か

サワーマヨネーズをかける、あるいは、かけられている

 塩を少しふりかけ

スプーンでバターやマヨネーズごと食べていく

皮を残し掘っていく感じで、中身を全部たいらげる

 

ジャガイモの美味しさとバターやサワーマヨネーズとのコラボ

じつに絶妙な美味しいさ

 

1969年渡米した際

飛び込みで郊外のレストランでにて食事を注文したら

メインディッシュに、これが添えられていた

 初めての食感だった

 

これは,一体何だ?と聞いたら

アイダホ・ポテトだ、答えてくれたのを

はっきりと覚えている

 

・・・

 

 

 

 

 

 

2011年6月28日

遠のく 歩きゴルフ

 

車検で車を出している間

車屋さんの代車では正直遠出はきつい

 

富士山歩きゴルフからの「デイサービス」は取り止めるしかない

きょうゴルフ場に電話し予約した複数のコンペをキャンセル

 2009,2010,2011年三年間とも

6月に車検だったから、いつもキャンセルしていた

 

・・・

 

今日は急激な猛暑になった

今週予報では、曇りがちだから、代わりの仕事を見つける

 

梅雨模様だったから

我が家の庭木、梅などの枝が、かなり伸びて来ている

 

春に受けた無料剪定講座で取得した

腕をふるう時が来ている

 

・・・

 

いつになったら、富士山に行けるかなぁ~

12clkface.jpg

 真夏は避暑地になるから山ゴルフはいい

しかし

2万歩歩きゴルフは、楽ではない

健脚リハビリだから、楽しくかつ面白くやっている

 

・・・

 

南九州がきょう梅雨明け宣言した

例年より三週間ほど早い

観測史上一番目の記録

 

ということは、すぐ

こちらも梅雨が明けてしまうことを意味する

 

今年の夏は、長い暑い日々が続く?

 熱中症対策を万全にしておく必要がある

 

昨年エアコンが故障したため、熱帯夜30℃以上4日間体験

その苦しさは勘弁してほしい

幸い新しいパナソニックのエアコンは優れもの

おまかせ自動の性能が凄い!

 

・・・

 

例年通りに、エコクール作戦に取り掛かる

車庫の西側にブルーシートでテントを取付けた

 

二階西側ベランダにもテントを張ったり

また一階お袋の寝室の縁側の外のベランダの上に

冬に格安ゲットしておいた中国製のテントを張る

矩形のテントの片側を、軒下に何か所か固定し

垂らした反対側端二箇所からのロープを

2本の庭木に縛るだけの簡易テント

日陰が出来さえすれば

室内の温度上昇を軽減できる

 省小電力となる

 

・・・

 

庭の朝顔の苗を分ける時期が来ている

朝顔や野菜も、今年は煽られて大変な夏になるだろう

 

・・・

 

下駄 ママチャリ

 

実用的なものしか関心がない

修飾語的な贅沢な機能は必要ない

あればあれで上手に使うが

贅沢さはなくてもいい

 

・・・

 

実用性の高い基本性能が、ちゃんと備わっていれば

どんな車でもかまわない

 

∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴

 

車検の時に、いい実用車に出会って、かつ、格安なら交換する

 

20110623clk320naname.jpg

11年前2000年に発売された車

平均毎年2500km走行し

11年間で27千kmしか走行していなかった

 

・・・

2000年といえば

定年退職の年、それから8年間

2008年まで働いていた

 

この車も、同じ年月を過ごして来ている訳だ

 

20110621clk320ag_002_r.jpg

 

自家用車は

生活上、ママチャリリだ、下駄だ、と考えている

 

 

先日車検で訪れた外車中古屋さんで見とれたこの車

実用的には、まだまだ使えそうだった

早く

次のオーナーが見つかるといい

 

・・・

 

 

2011年6月27日

ブランド ひかり農園

 

初めて収穫した大根

先日

福島県の親戚に出荷ときが初出荷記念日だった

 

今日は

福島県の親戚、都内の親戚宛てに

ジャガイモを出荷した

 

原発事故で現地の野菜が食べられないから

電話で知らせたとき、喜んでいたそうだ

 

このジャガイモの種類は

「北あかり」

 

20110626jagashukaku.jpg 

自分が作った家庭菜園から出荷するブランド名を決めた

「ひかり農園」

宅配便の伝票にそう書き添えた

 

・・・

 

太陽の光を受けて育つ野菜

種から一生懸命競い合い生育するけなげだが強い生命力

 

・・・

 

自称ニックネームも変えた

髭爺から、ヒゲメン、そして、これからは

ヤサイメン 

 

・・・

 

 参考

ジャガイモ原産地は、アンデス山脈の高地

 

・・・

 

 

うしろ姿 目を引く

(自嘲)

うしろすがたのしぐれてゆくか

 

・・・

 

自由律俳句といってこれも俳句らしい

 

意味は

毎日修行を続ける身なるも

時々脱線し周りに迷惑をかける自分を情けなく思う

時雨れの中でそう思う

時雨れの中にだんだんと消えていきそうな自分の姿を

もう一人の自分が黙って見つめている

 

情景と心情とが遠景との中で融け合う

そういう表現らしい

 

短い俳句なら

解釈がいろいろ出来るところが

おもしろい

 

22clkrearlamp.jpg

夕方の街の車のラッシュアワーの慌ただしい情景の中

赤いテールランプが尾を引き、家路と急ぐ車のうしろ姿も

何かこれに似ている気がする

 

そういう思いは多くの人が感じているかもしれない

 

・・・

 

だからか

自動車のランプ・デザインは、各社各車とも重要視している

 

スカイラインのリング・テールランプ

BMWのイカリング・フロントランプ

などなど

特徴を表現しているから、そうだろう

 

[ MB CLK320 Avantgarde]

11clk320taillamp.jpg

 

学生のころ、「バック・シャン」という言葉があった

 

意味は

バックは、英語で、うしろ

シャンは、ドイツ語のシェーンで、美しい

英語と独語と混合成語

 

・・・歩く姿はユリの花、じゃなけど・・・

はにかむ学生が

通りすがりの後ろ姿の美しい女性のことを

振り返りながら発する

しかし、今では

この言葉を女性に発してしまうと、思わぬ誤解を生むから、ご用心

 

・・・

 

言いたかったのは

そう、車でも、後ろ姿が美しいのがいい

 

・・・

 

前からみる姿と後ろからみる姿のバランス

調和した美しさがある

自動車は美しい

 

11clk320headlamp.jpg

 

もちろん中身もよければ、それに越したことはない

 

・・・

 

 

2011年6月26日

農学校 第11回目6/26

 

今週末には

農学校で受講と実習とがある

 

きのうが晴天で蒸し暑かった

いつものように、今日曇天に、出かけた

 

・・・

 

本日の畑仕事の教科内容

 

①ジャガイモ(北あかり)

全部収穫してしまう

手で掘ってジャガイモを掘り起こす

上の葉っぱは、廃棄処分する

20110626jagakarimae.jpg  

②枝豆

生育中

 

③トウモロコシ

生育中

 

④トマト(大・小)、きょうり

ミニトマトいくつか赤くなっているのを収穫

きゅうり沢山収穫

 

⑤ナス/ししとう/ピーマン

いくつか収穫

 

⑥大根

すでに収穫済み

 

⑦いんげん

最初の半分が、だんだんと、収穫でき始める

 

⑧エンサイ(空芯菜)

少しずつ収穫できる

 

⑨サトイモ/しょうが

生育中

 

*************************

 

①ジャガイモ跡地

 ニンジン(向陽2号)

植付

 

雑草を取り、クワで耕す

 

ジャガイモは石灰を嫌うから撒かなかった

 

初めての土壌改良のため

カルメイト(有機石灰)

を撒く

 

ネマトリン(土壌病害虫薬剤)

を撒く

 

施肥する

 

20110626ninjinmulti.jpg区画端から指示通りの寸法を計測し正しい苗床を作り 

マルチ8215を引く

5x16=80穴

ニンジンを80本収穫するプラン

 

種まき(1穴4粒)

 

ネットをかぶせる

そのわけは

雨の衝撃を緩衝させる

種まきが浅いから、雨粒で土が跳ね飛ばされ除去されると

種が土の上に現れて、種付け自体が失敗するのを防ぐ

 

20110626zenkei.jpg上の写真の農園中央の通路から二番目が自分の区画

 

①ジャガイモ収穫の跡地に

マルチ引き、ニンジンの種を撒いて

さらに白いネットでマルチの上を覆って作業終了した直後

 白いネットが手前に撮影されている

 

*************************

 

農園から帰宅した時の写真

20110626kitaku.jpg

あぁ~疲れたぁ~

そう顔の表情に出ている

 

さもありなん

ジャガイモ収穫、ジャガイモ葉の廃棄、耕地、石灰/施肥/ 薬剤混合

計測/マルチ引き/種まき/ネット張り/野菜収穫

今日の仕事は、実に、中身が濃かった

 

(計量正味)ジャガイモ13kg

MTB前バスケットに積載し帰路についた

 

MTBはハードテイル・タイプ

つまり

前輪軸と本体との間にだけショック緩衝機能が備わっている

人間の乗るサドルでは、路面からのショックが和らぐ

 

前バスケット支柱は

前車輪軸で直接支える仕組み

 

走行中直接路面からの衝撃は

直接バスケットに伝わり

ガタガタ異音を発し

肝を冷やした

 

、バスケットの取付部板やネジ類が緩み破壊されんばかり

復路ずっと心配しながら帰った

 

前荷重過剰によるバランス操作も難しさを増し

ハンドル保持しなければならない腕へ負担は

まさに筋トレ並みの強さだった

 

幸か不幸か 

畑仕事で全身運動になったから

昼食後すぐ

快い昼寝が出来た

 

これこそ

畑仕事がリハビリとしても

けっこう大変だけど、一方、楽しい所以なり

 

*************************

 

【本日の収穫野菜】

20110626shukakuall.jpg

ジャガイモ、ミニトマト、ナス、ししとう、きゅうり、いんげん、エンサイ(空芯菜)

 

これから7から8月は暑い夏になる

正式な授業は9月に再開される

いわば夏休みに入る

 

随時に

農学校の農園の自分の区画を訪れては

春野菜の収穫や管理などに励む必要はある

 

 暑さよけの畑仕事の時間帯は

早朝、夕方がいい

 

∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴

 

体験農園小唄

 

体験農園の畑で 取れる野菜も

デパ地下の売場で 買う野菜も

野菜に変わりは ないじゃないし

食べて美味しいけりゃ みなおなじ

 

好きで好きで 大好きで

死ぬほど好きな 野菜でも

自作という字にゃ 勝てやせぬ

泣いて別れた デパ地下売場

 

∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴

 

自分で作る野菜の素晴らしさ

 

人間と野菜とが、こんなに親しくなれる

なんて

未体験ゾーン

 

自分の祖先は

野菜の種だったのかも?

 (笑い)

 

なんだか親しみやすい野菜たち

そう感動する日がつづく

 

・・・

 

 

2011年6月25日

足回り 質実剛健

 

引き続き、さらに調べてみた 

2000年式CLK320アバンギャルド

 

実用品としての『足回り』の話

clk320agw208_run.jpg 

かって1973年からの西独勤務在住時代

 

速度無制限のアウトバーンで平気に200km/h疾走している乗用車

車の性能についての話になると

明らかに

居住性よりも足回り性能が優先されていた

 

当時一般に認められていた車は

メルセデスとBMWだけだった

 

このことは何度もこのブログで取り上げている

 

実用品・質実剛健

機能の中では重点的に、安全安心の確保を優先しているから

まっさきに最低基準を足回りに置いてあった

 

だから当時クラウンなど日本車はすぐダメになる

そう評され論外だった

 

*************************

 

話は戻る

 

エンジンと足回りを見てみよう

 

2000年CLK320Avantgarde

エンジン

 

CクラスからSクラスまで用いられる

メルセデスの定番ユニット

 112型 V6

 

全回転域にわたって大きなトルクを発生させ

日常走行における

扱いやすさ、力強い加速、追い越しなど様々な走行シーンで

優れたドライバビリティを約束

 

電子制御式共鳴吸気マニホールド

エンジン回転数に応じて

吸気経路の長さを切り替えるて

低回転域から高回転域までの広い範囲で十分なトルク確保

 

1気筒当たり2個のスパークプラグを

タイミングをずらして点火させる

デュアルイグニッションが理想的な燃焼を実現

 

コンパクトな燃焼室

1気筒当たり吸気バルブ2本/排気バルブ3本など

と、相まって

燃費向上と確実に排気ガスのクリーン化を促進

 

排気バルブは、冷却性に優れたナトリウム封入式とし

連続高速走行時などの耐久性を飛躍的に向上させている

 

112型エンジン

スペック上の動力性能的には

最大出力218PS(馬力)、最大トルク31.4kg・m

それ以上のパフォーマンスがあるのでは?

と錯覚させられる

 

静粛性に優れ、走りの愉しさに満ちている

 

サスペンション形式はCLK320専用にチューニングされた

ロールを抑えるリバウンド・バッファー・スプリング内臓の

ガス封入式ショック・アブゾーバーやスタビライザーによって

高度な操縦安定性を実現

 

ロアーウィッシュボーンのボディー側へのマウント側に採用した

オイル封入式ブッシュが

乗り心地をより快適なものにしている

 

リアサスペンションには

メルセデスが世界に先駆けて開発した

マルチリンク方式を採用

 

独自に位置決めされた5本のリンクが

後輪の運動を制御し

路面と走行方向に対して、後輪を正しい方向に保つことで

安定したライントレース能力と高いコントロール性を発揮する

ニュートラルステアリングを実現

 

また

リアサスペンションにも

スタビライザーが装備され

ボディーのロールを適切に抑え

コーナリング時の安定姿勢をはじめ高い走行安定性を生み出す

 

さらに

ラバーブッシュを介してボディーにマウントされているため

ロードノイズやサスペンション振動の室内への侵入を抑制

 

常に安定した走行姿勢を維持するための

EPS(エレクトロニック・スタビリティー・プログラム)やABSが

絶妙に作動するコンピュータ制御

 

夜間走行で威力を発揮し

ライトの光軸を車高から自動調整する

純粋の明るいキセノンヘッドランプを装備

 

<参考資料> 

2002.5発行雑誌OnlyMercedesの特集記事

WANNA THE CLK CLASS

 

*************************

 

まとめ

 

ドイツ人や西洋の人々がそうであったと自分が体得したように

自動車は実用品・道具であるという考え方

 

これは

現代の節電、エコ時代

今にも通ずるものがあるのではないだろうか

 

何も背伸びし気張らないで

そういう「実用品」というころに基準値を置きながら

世の中に立っている方が

ずっと気楽である

 

隣の芝は青い

なんていう表現があるが

人の持ち物を気にすることはない

 

日常で使うギア・道具選びは

実用的な要素だけで、まず、選んでみることが

失敗をしない賢明な方法ではなかろうか

 

もし実用で必要な以外の何か付加価値があったら

整理(捨てる)整頓(並び替える)しながら

選んでいけばいい

 

車なら安全安心の装備などを重要視したいなら

そうした観点から選び始めればいい

 

それ以外の装備は

もし贅沢な範囲だったら

使ってもいいし使わなくてもいい

でも、せっかくついているのだから

大事に使えばいい

 

なによりも

その道具・ギアと一緒に、この上もなく楽しめばいい

 

かつ

その道具と生活を面白くやる工夫は自分自身の努力次第

長続きのために必須条件である

 

面白くないことは無理してやることはない

 

自分の生活が面白くやれるかどうか

他人がどうこう決めることではない

 

本人の意思次第で

どうにもなるのではなかろうか

 

・・・

 

自分が何か格安の逸品を見つけた時は

実用的な面だけを最初にチェックするように心がけている

 

・・・

 

もしある道具を手に入れたとき

 

こらっ!それがお前のいつも主張している

最低限度の実用品とみなして購入したという道具なのか?

 

と問われたら

 

自分の最低限の実用的要素は入っているよ

幸い破格の格安で買えそうだからゲットしてみただけなんだ

こんな贅沢ないろいろな機能がついていたとは知らなかった

せっかくついているんだから、使うかどうか判らんが

とにかく大事に使うよ

 

そう

答えるだろう

 

・・・

 

だから基準値以上の余分な贅沢さが付属していても

異常に関心を寄せてしまうことはしない

 

・・・

 

いつも

道具の本来の基本的な機能が

ちゃんと実用的に役に立つのかどうか

そうした気持ちで、道具を使いこなそうとしている

 

・・・

 

 

2ドアクーペ モータースポーツ

 

車検の時に、偶然、格安の凄い名車に出会えば

関心を持つのは

自然な成り行きとしても、あり得ることだろう

 

・・・

 

その車とは

 

メルセデス・ベンツ

CLK320Avantgarde

初代W208

発売期間1997.9-2003.1

 

201106clkagleft.jpg

 

出会ったこの車については、一部、先日(6/19)にも紹介してある

 

形式GF-208365

クーペ・スポーツ・スペシャリティー

2ドア

定員四名

 

全長4565mm

車幅1720mm

車高1375mm

ホイールベース2690mm

回転半径4.9m

 

エンジン形式 112

最高出力 213ps(160kw)/5700rpm

最大トルク 31.4kg/m(307.9N.m)3000-4600rpm

エンジン種類 水冷V型6気筒SOHC18バルブ

総排気量 3188cc

 

・・・

 

 2000.3初年度登録

十年間で27千km走行距離

車庫保管のワンオーナー所有

極上品

201106clk320ag.jpg

スリー・ポインテッド・スター 

メルセデスのマーク

大小エンブレムが並んでいる

  

201106clk320yoko.jpg

2000年式CLKアバンギャルド

201106clk320ushiro.jpg ・・・

 

さて、現在ではどんなデザインだろうか

思想は受け継がれている

 

(ヤナセ ショウルーム 2009年8月撮影)

200908clk200.jpg

現行のCLKシリーズ

200908clk2001.jpg贅沢な2ドアクーペ

上質かつ実用的な、高級スペシャリティー

 

初代から10年間以上も

伝統を守り続けるメルセデス

 

不動の人気の秘密

日本のようにコロコロでデザインを変えることはしない

愛用者は長い間持っていても

新鮮感、安心感、信頼感とが持てる

 

・・・

 

いいものをひとつ

 

自分もその伝統と長く付き合いができるなら

今からでも、楽しめ、面白くなる

 

・・・ 

  

リハビリのメニューの一つ

モータースポーツ

 

また 

新しい展開が待っている

予感がする

 

・・・

 

 

2011年6月23日

前衛 アバンギャルド

 

最近つぎの単語に触れた

 

アバンギャルド

avantgarde

前衛芸術

 

元々フランス軍の前衛部隊

という意味から来ている

英語なら

advanced guard

 

何かへの攻撃の先頭に立つ

フランスでは革命運動の前線にいる事を指すらしい

 

西洋美術史の派生系図では

アバンギャルド

20世紀前半に表れている

 

範疇としては

映像、芸術、建築に及ぶ

最前線という意味

 

画期的、前衛的

 

・・・

 

これで思い出したことがある

 

1969年29歳渡米した折

N.Y.市にて

MoMA

Museum of Modern Art

現代美術館

を訪れた

 

そこで 

フランスから来ていた

若い美人の女性教師と絵のことで友達になり

MY市内のいくつかの観光地を歩きながらチャットし過ごした

 

フランス語は話せないから

二人とも英語を話した

 

ワシントン広場で

通りがかりの人に撮影してもらった 

【Wikipediaから引用】

1969nywashingtonsq.jpg

二人で一緒に写した写真を、帰国し同僚に見せたら

たちまち評判になったらしい

 (今すぐその写真が出てこないのでここに掲載できない)

 

・・・

 

もちろん

ただの友達会話だった

そんなこともあった

独身の頃の思い出の一幕である

 

・・・

 

当時は

他人に対しておじけつかないで

誰とでお話をしようとしていた理由があった

 

・・・

 

たとえば

駅にどう行くのか?

と通行人やお店の人、十人に質問したら

十人十色の答えが返ってくる

 

すなわち

十通りの表現の仕方を覚えられる

 

語学と会話とを勉強していたから

実地で効率的にやるには

工夫がいる

 

こうした積極性とか工夫とか何回も聞くとか

粘りがどうしても必要だったのだ

 

・・・

 

外人と仕事をしていると

まず積極性に気が付く

だから

そんな性質を海外では必要だったのだ

 

しかし

日本に帰ると、たちまち、

図々しい、鉄面皮だ、と評されるのが落ち

おとなしい奥深い日本人には、そぐわない文化だからだ

 

自分には

世の中のことを知るには

黙っていたらダメと判っていた

だから

気にしなかった

 

・・・

 

アバンギャルド

前衛、革新、積極的

だった

青春に

まったく悔いはなし

 

・・・

 

 

種から 朝顔の芽

朝顔の種まいていた

芽が出始め日増しに伸び始めた

いろいろな種類をランダムに植えてある

 

20110624asagao.jpg

株分けするのが

楽しみである

 

・・・

 

2011年6月19日

車検 BMW525i

 

午後から厚木市に出向いた

2002年式BMW525iを昨年購入し一年間乗って

3+2+2+2、9年目の四回目の車検

 

・・・

 

この外車中古屋さんについては

追って触れたい

 

*************************

 

整備工場つきのここを訪れると

特徴ある中古の外車が置いてあるので

いい車に接することが出来る

しばし

男の浪漫の世界に浸れる


・・・

 

まず

MBメルセデス・ベンツ

2ドア・クーペ

oh_clk320face.jpg

独特のデザイン、いい顔している

なによりも、2ドアが贅沢である

 

・・・

 

2002年モデルチェンジする前のモデル

CLKシリーズは、ここから始まった

 

2000年式CLK320 W208

アバンギャルド(左ハンドル)

3.2L 218馬力

車幅1720mm

2ドア・クーペ、しかし、四人乗り 

 

ohclk32.jpgリア・シートの真ん中は、物入れだから、座れないから

5人乗りでなく、諸元4人乗り


Cクラスよりも上で、ワンクラス上のEクラスに近づけた

2ドアクーペを実現したモデル


 サイズを抑えて、高級感を演出すべく

Cクラスだけど、装備はEクラス

いいとこ取りし

うまく、まとめている

 

興味ある車種である

 

・・・

 

この実車は、ワンオーナー

ヤナセで購入しヤナセがしっかりメンテ

走行距離たったの27千km

かつ

自宅車庫保管だったから、隅から隅までピカピカ

2000年新発売当時価格 730万円

 

たまにこういう 逸品が出てくるらしい

 

・・・

 

スエーデンのVOLVOの特別なモデルが展示してあった


2004年式VOLVO

S60 AWD R

 Rは、Refinment 特別仕様の意味

 

2004年新発売当時価格 615万円

 

2.5L 直5気筒 ターボ&ツインインタークーラー 300馬力 四輪駆動

oh_s60volvo.jpg

S40とS80との中間にあるミッドサイズサルーン

 

特徴の一つ 

Active Chassis Setting

COMFORT/SPORT/ADVANCED

通常/スポーツ/サーキット

電子制御減衰力可変ダンパー装備

 

車幅1810mm、車高1430mmと低い

 

回転半径が6.5mと大きいのが要注意

 ちなみに

2000年式ベンツCLK320 4.9m

2002年式BMW525i 5.3m

と車庫入れ時のハンドル操作がずっと扱いやすい


・・・

 

この展示車いずれにも共通している機能

 後部座席が前に倒れ

後部トランクが広くなり、長尺物が収納できる

 

今所有の2002年式BMW525iには

その機能がない

・・・

 

余話

 

BMW135iクーペ M-Sport

この車の加速の凄さを語ってくれた

サイズは3シリーズクラス

 

*************************

 

こうして古い名車をみている間は 

男の浪漫、しばし夢の中

このくらいで、大いに楽しめる

 

帰宅すれば

現実の世界に戻され

頭の中は、Autoリセット

 

清く・貧しく・美しく

でも

プラス・アルファ

くらいなら、いいかな

 

・・・

 

 

農学校 管理&収穫6/19

 

今週末の農学校は、休講になっていた

管理・収穫のために農園に出向いた

 

・・・

 

梅雨だが幸い曇天

今日の午前中、農園を訪れた生徒は自分だけだった

 

20110619mine.jpg 

①ジャガイモ

手さぐりし、大きなものをいくつか収穫してみた

来週が収穫予定なのでその頃がちょうど具合がいいだろう

 

ここの農園の土は、関東ローム層、黒土

バウンドケーキみたいに柔らかい

手さぐりで大きなジャガイモを探し易かった

 

 

②枝豆

だいぶ大きくなっているがまだ先

 

③トウモロコシ

1mほどに成長し穂も大きくなりつつある

 

④トマト(大・小)/きゅうり

トマトの茎を上方に誘引しておいた

ミニトマト赤くなったのを少し収穫できた

きゅうりの成長は予想外早いと驚きながら収穫した

 

⑤ナス/ししとう/ピーマン

ピーマンいくつか収穫

 

⑥大根

すべて収穫済みの更地のまま

 

⑦いんげん

いくつか収穫できた

 

⑧エンサイ

ひきつづき収穫できた

 

⑨サトイモ/しょうが

生育中

 

*************************

 

作業を終えていつものように農園内を散策する

 

農園主が栽培しているスイカの畑で見つけた

 「これは何ですか?」

農園主に質問したこの銀色の敷物

20110619noen_suika00.jpg藁の上から伸びた茎は、苗床と苗床との間に敷いてある

ビニール製の「わらいらず」

 

目的

敷き藁の不足を補え、作業が省力化できる

網目が均一ゆえツルの絡みが確実

藁と比べ吸収性がないから、腐らず病気の発生を抑える

ツルものを植えるとき重宝するらしい

 20110619noen_suika.jpg

スイカがまだ小さいが結実している

 

・・・

 

綺麗な花が咲いた20年くらいの木

フェイジョア

feijoa

フトモモ科常緑低木(3~7m)

食用果物

南米原産(ニュジランドなど)熱帯果樹としては珍しく耐寒性あり

20110619feijoa.jpg 農園主から勧められて花びらを味見したら甘かった

花が咲いたあと、緑の実が出来るそうだ

 

・・・

 

梅雨の代表アジサイが農園の温室の近くに咲いていた

20110619noen_ajisai.jpg

 

来週は、農学校の授業と実習とがある

 

ジャガイモ収穫し、そのあとに、ニンジンの植え付け

耕し直し、マルチ引き、施肥

ニンジン種まき

あと

きゅうり、エンサイ、トマトなど収穫がつづく

 

・・・

 

今日の午後は

BMW購入した厚木市の外車中古屋さんに

車検のため車を持ち込む

 

・・・

  

 

2011年6月16日

静かな 富士山麓

 

今日は

朝早くから、富士山麓から始まる多々のリハビリ・フル・メニューをこなす

終日『デイ・サービス】である

 

天候、曇天、風はまったくなし

 

・・・

 

静かな佇まいの富士山麓の施設の池

朝7時シーンとしている

20110616narusawa.jpg

 

オープンコンペ 第一組8:28スタート

見知らぬ同伴者は、最年長者でも、15歳ほど若い三人さん

エネルギッシュな若者たちと競い合うことで

リフレッシュな気持ちに切り替えるリハビリ

 

・・・

 

入浴リハビリのあと

残りのリハビリメニュー消化が控えているから

表彰式を欠席し山を降りるのが通例

 

・・・

 

通所利用者の施設の駐車場

2時半帰る時に撮影

 

【右端が自分の車BMW】

 

20110616cars.jpg100km圏内の都県から施設通所利用者が集まってくる

 

30歳前半、西独駐在時、MBやBMWのドイツ車の他の車種で関心を持ったのが

この写真の真ん中にある、イギリスのランド・ローバー

当時SUVは世界にあまり作られていなかったから珍しかった

 

もちろん

斜めのスタイルの簡易車庫を壊さない限り屋根にぶつかり入庫不可能

帰国して以来我が家でこの車種を所有するのは諦めている

 

 左が、ベンツCLKアバンギャルド

これもなかなかの名車である

 

*************************

 

 

富士山麓の手入れの行き届いた美しいコース

(乗用カートを使わない仕組みだから)

いつも歩きゴルフができる

 

そんな高いいい評判・人気のこの施設に入会している会員さんたち

所有する車は、なぜか、この手の高級車が多い

 

20110518narusawa.jpg 

昔は接待専用のゴルフクラブだった伝統がつづき

クラブハウスからコースまでメンテの良さもある全体的な美しさだけでなく

当時の高級感の雰囲気は、建物やスタッフのホスピタリティーにまで

そのまま残っている

 

著名人、スポーツ業界、芸能人たちも来場するこのゴルフ場

 ゴルフダイジェスト主催、「もう一度プレーしたいゴルフ場」投票No.1

 アマチュアの中でも評判が高い

オープンコンペで参加される外から訪れるプレヤーたち

異口同音に

「いいゴルフコースですね」

と褒める

 

・・・

 

中でも

通所する利用者、すなわち、会員さんたち

「この素晴らしい雰囲気を壊したくないなあ」

 

服装だけでなく、自家用車のブランドも

この舞台にふさわしくフィットさせておこう、と、そう考えたに違いない

 

自分は、すでに、隠遁(世事を離れ、隠れ住む)生活の身

現役時代の勤続(金属)疲労を回復させるリハビリのために通所している

 

通所する手段、自家用車は

いまさら、彼らが乗ってくるような新車でなく

程度のいい中古車で十分間に合う

 

・・・

 

 たまにオープンコンペだと、ジャケット着用しないでポロシャツで入場する

(エチケット違反の)若者たちを見かけることがある

 

ま、総論としては

この施設は、いい雰囲気の伝統が、いまも保たれている

 と思う

  

 

*************************

 

 

高速道路無料化実験は19日まで、今日が最後の恩恵をもらえる日

 

山を下りるのが30分早くかった

一年ぶりに談合坂サービスエリアに立ち寄れた

 

わさび漬け、野沢菜づけ、信玄餅、野沢菜漬ラー油、ほうとうなど

あれがいいなか?と考えたり店内をあちこち歩きまわることは

脳トレにもなる

久しぶりに土地柄のお土産を手に入れた

 

まだうす暗い程度の夕方走行では、ヘッドライトつけなくて

このスモールランプを点灯する

イカリングと呼ばれれる特徴あるライトは目立つ

backhome_bmw.jpg 

次は、市内に戻り

整体院でのクール・ダウン・メニューの消化

 

「背中の肩甲骨のあたりがかなり固くなっていますね」

高齢者だから、仕方がない

 

 しかし

最近になって気が付いていることがある

 

月平均三回の(山の部)歩きゴルフに

今春からプラスされた

毎週の(畑の部)家庭菜園の畑仕事

 

足腰鍛錬メニューが強化されたせいか

太ももとふくらはぎが、一回りほど、太くなり、硬くなって来ている

 

高齢者でも筋トレを続ければ

効果あるということだろう

 

・・・

 

マグロとイワシとが豊漁でかなり値が下がった

 

タイムサービスで格安にゲットしたマグロ刺身

夕食で舌づつみしながら

家族との歓談に花が咲いた

 

・・・

 

かくして

デイサービスのすべてのメニューを、どれもこれも無事に消化でき

静かな一日を終えた

 

・・・

 

 

2011年6月15日

草花 種まき

 

草花の種まき

まとめて記録しておく

 

・・・

 

5月から6月にかけて

自宅庭に

何種類かの花が混ざった種

コスモスの種

蒔いておいた

 

コスモスはすぐ芽が出て

いま5cmほど

 秋が楽しみ

 

・・・

 

6月9日

やはり朝顔の何種類かの種を

一晩水に浸して

芽が出そうな状態にし、プランタンに蒔いた

 

 

*************************

 

 

昨年の秋

東北の親戚宅を訪問した

 

201111mybmw.jpg写真の門塀に絡んで茂っていたツルに付いていた茶色の殻

何個か貰っていた

 

フウセンカズラ

との

出会いだった

 

・・・

 

フウセンカズラ

Cardiospermum halicacabum

北米原産

ツル性植物、一年草

7-9月5mm白い花が咲く

花から

風船のような実になる

  

201011fusenkazura.jpg

 

ホオズキのように空洞になった風船みたいな茶色の殻の中に

何粒かの黒い種子が入っていた

 

・・・

 

今年は寒さのせいで少し春が長引いていた

ひと月遅れの種蒔き時期として

グッド・タイミングだろう

 

きのう

 殻から種子を出し

プランタンに蒔いておいた

 

・・・

 

しばらく様子を見ながら

このプランタンを庭から玄関の塀の内側に移そう

 

そして

ツルが伸びて来たら

庭の塀の内側に移植してみよう

 

 一年草だが

種が自然に地面に落ちて

毎年増えるそうだ

 

・・・

 

調べてみた

 

属名

Cardiospermum halicacabum

ギリシャ語

 cardi(心臓) + sperma(種子)

確かに

種子には

白いハート形の模様があった

 

・・・ 

 

ちなみに

フウセンカズラ

花言葉

 

 " あなたと共に 飛び立ち "

" 多忙 "

" 期待 "

" 魅力ある性格 "

" 自由な心 "

 

・・・

 

????

 

 

2011年6月12日

農学校 第10回6/12

 

梅雨シーズン、沖縄だけ明けていた

 

寒冷前線に南からの暖かい空気がぶつかり

西日本は大雨の週末となった

天気予報は雨となった土曜

農学校が休講になった

 

あけて日曜きょう

雨予報が好転し、曇り空

 

・・・

 

農学校に殆どの生徒が集合し

共同作業をやった

 

共有の農園が提供する特別区

カブ、水菜、京菜を収穫したあとの跡地

 すでに

幅15cm深さ20cmの溝が

南北方向に何列か掘られていた

 

溝の構造は、垂直の壁を持つ凹型と特殊

 これを先に作らねばならない

すでに農園が作業済み

 

東側の垂直の壁にぴったりと

30cmほど生育したネギ苗を、当て置いていく

根の付近に少し土をかぶせる

 

そして

藁束を横に敷き置く

 

それから

反対側から土をすこしずつ落していくと

藁が壁方向に移動するから

ソフトにネギを横からホールドするという仕掛け

 

【詳細は近く立ち上げる菜園のホームページ】

20110612negiue.jpg

生徒が手作業した特別区画

自分が植付したのが矢印の区間

 

カブ・水菜・京菜の時のように

利用者の区画を固定してしまうと

境目が出来収穫量減るし、収穫物の出来不出来もあろう

だから

利用者全員の共同作業とし個別の貸与区画を設けず一斉に植えて

 秋の収穫時になって初めて区画割を行い

改めて抽選し、当たった区画の収穫物を

公平に分配する

 

・・・

 

さて、このネギ苗植え付け作業

聞くのと、やってみる、とでは

天国と地獄との差

 

かなり強烈に

足腰に、ズシ~ンと来たぁっ!?

 

一本100円のネギだが

農家では

足腰きついそんな苦労しながらの手作業の成果だったのか!!

と、理解できた

ネギを大切に味わって食べないと、天罰が下る

 

・・・

 

農園主のネギ畑は、この通り、整然とした様子、見事である

20110612noennegi.jpg

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

以下本日の農学校の写真集

 

今朝9:30頃の自分の区画の様子

20110612first.jpg

開校したときは更地だった

梅雨時期になるとこんなに野菜で茂って来る

なんて、夢にも、思わなかった

 

だから

感激の気持ちは、ずっと続いている

 

20110612jaga.jpg

①ひたすら茂り続けるジャガイモの葉っぱ

ジャガイモが鈴なりに育っているのだろう

 

20110612edamame.jpg

②枝豆も、立派な葉っぱになり生育中である

 

20110612tomorokoshi.jpg

③トウロモコシ

急に伸びて来た、穂が出てきた

風の影響で振動しないように、保護するために

支柱で茎を保持した

 

20110612tomato.jpg

④トマト

伸びた茎の誘引を上方にもやった

 

20110612kyuri.jpg④キュウリ

どんどん長く生育している

 

20110612kyuri00.jpg

二週間も空いたので長すぎるものあった

きょう何本か収穫した

 

20110612nasu.jpg⑤ナス、シシトウ、ピーマン

風が吹いて、茎がフラフラしないため、ネットを張ってある

 

20110612daikon.jpg ⑥ダイコン

二週間遅れの南部分の葉っぱも広がっていた

きょうこの残りすべてを収穫した

マルチも取り剥がした

 

20110612ingen.jpg ⑦インゲン

かなり生育し葉っぱから ツルが

空をめざし伸び始めている

 

20110612ensai.jpg⑧エンサイ(空芯菜)

先に種まきした北部分のエンサイ

きょう摘み取りした 

 

20110612satoimo.jpg⑨サトイモ、ショウガ

きょう、マルチ(ビニール)を、取り剥がした

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

この農園の他の畑の様子

 

20110612ninjinnegi.jpg 手前がニンジン畑、向こうがネギ畑

先日見えたネギの脇の藁には

すでに土が盛られ地面は平坦になっている

 

そんな様子だけ見た素人には

ネギの栽培は、ネギ苗を植えればいい

としか思わないだろう

 

しかし

実際は、冒頭で記述したように

かなりきつい作業が必須だ

ということだ

 

あらためて

農家の人たちは

一般にほとんど知られていないけど

大変な仕事をこなしている

 

ただただ

敬服するばかりである

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

収穫姿のスナップ

 

農園から帰るときに撮影

 

20110612shukaku00.jpg大根、キュウリ、エンサイ

先週同様、野菜満載となった

 

MTBのハンドルが見えないほど

 前かごは前回よりも重いが、何とかハンドル操作は出来た

 

このハードテイルというタイプのMTB

前輪シャフトには、アブゾーバー(緩衝バネ)が装備され

地面からの衝撃を吸収する仕組み

 

この手のMTBを

農学校に使っている所以である

 

・・・

 

我が家の前に到着し、収穫の喜び満面のところパチリ!

 

20110612shukaku.jpg

というのも

自宅の前の市民農園の利用者さん

デッカイ大根満載の収穫の自分の姿に

吃驚してか

こちらを、ジロジロと見ている

 

この市民農園では

20cm下は石ころだから、野菜が垂直に長く生育しない

大根の栽培は、初めから諦めている

 

そんなこと、JAマインズの説明でも承知しているから

 ちと得意顔でご帰宅させてもらった

という場面

 

・・・

 

種植えてから手入れしないでどうなるか?

という実験をしている市民農園で

きょう

カブ、水菜も、収穫してきた

 

農学校での植付から時間差で始めた市民農園

そして

日数を空けて始めた我が家の庭の畑

収穫は、順番に次々にやって来る

 

最近、家の中は

野菜、そして、野菜・・・・

だらけ

 

・・・

 

話は変わるが

原発運用と野菜栽培との間で

似たところがある

 

家庭菜園(原発)共

栽培(原発運用)中も、水が必要

収穫(事故)後も、洗う(冷やす)ために、水が要る

 

宇宙でもやっぱり水耕栽培

将来どうするのかな

 

収穫野菜の泥を洗い落とすのも

そう易しい作業ではない

 

ふと

そんなことを思いながら

日は暮れていく

 

・・・

 

さて話は戻って

午後、早速

福島県の親戚宛てに

収穫した大根を、宅配クール便で、発送しておいた

 

地震震災&放射能不安へのお見舞い

気持ちが少しでも届けば

嬉しい

 

・・・

 

そして 今日

  2011.6.12

 を

自分が手作りした野菜を初めて出荷した

 我が家の記念日

したのである

 

 ・・・

 

 

2011年6月10日

必須 クールダウン

 

今日は久しぶりのデイ・サービス

 

富士山のツツジ

 

昨年より半月以上遅れで開花となった

 

20110610tutuji.jpg

下の写真は参考

2010.5.31に撮影

すでにぎっしり咲き誇っている

20100531tutuji.jpgこのゴルフ場、今年3/19にオープンした

しかし天候不順の初春だったから

三日間営業したあと降雪でコースはクローズのまま

再開したのが4/1だった

 

その途中

3.11地震津波大震災と原発事故が発生し

自粛ムードで利用者は激減し

自宅待機を余儀なくされた

スタッフとキャディーさんたち

 

そういう意味で

きのう若者のコンペも入りにぎやかだったし

だんだんと活気が出てきて

よかった、よかった

 

元気にやれる人たちが

元気でないと

日本中に活気が出てこない

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

自分のデイサービス

富士山麓での「歩きゴルフ」のメニュー

 

実はきょう

真剣にやらないで、適当に遊んでいたら

 ミスショットやミスパッティングが多発した

 

ここに通所して以来三年目になるが

史上最多の 打数を記録

初心者並みのスコアだった

 

判ったことがある

適当にやるのも意外に疲れてしまうのだ

真剣にプレーに集中してやった方が疲れない

 

というのは 

足の脹脛(ふくらはぎ)が痙攣(けいれん)したのだ

 

富士の山の神に

お灸をすえられた感じ

 

反省、反省

 

ということで

今日のテーマは

クール・ダウン

 

・・・

 

先月末で集中工事が終わった 

往復路の高速道路は普段通りの流れ

運転はすこぶる順調だった

 

・・・

 

デイサービスの次のメニュー

整体院での

マッサージ整骨ストレッチ

 

運動時に生じる疲労物質の一つである

乳酸の除去を促進する効果があり

飛行回復を進めることが出来る

クールダウン

 

今日は、いつもと違う症状で訪れた

プレー後に足のふくらはぎが痙攣してしまった

丹念に措置してもらうことに

 

【イメージ】

legstretch.jpg

 

ゴルフの後に、必ず、この整体院に直行する

リハビリ・メニューに決めたきっかけがあった

 

2008夏、暑い炎天下での歩きゴルフ

小金井カントリークラブでのコンペ

プレー後の入浴のあと、足が痙攣して動けなくなった

帰宅途中にスポーツ店に飛び込んだ

どこかスポーツ専門の整体院がないか?

 

紹介されて以来三年間

腰痛・肩・足の故障治療で通院しボディーケアしている

ゴルフの後は、100%通院するから

パーティーに出れない

 

・・・

 

継続通院しいるしっかりした理由がある

  

地区のスポーツ少年たちのスポーツサポート顧問だった

整形外科医の元に勤務したあと

この整体院を独立した院長さんは

元調布リトルリーグ選手で、運動障害に詳しいし

 スポーツとの関わり合いが強い

だから

小中学高校生の運動選手たちが

運動での身体故障障害のアフターケアの治療で

数多く来院している

 

自分もゴルフの後

ここでクールダウン・ケアをして貰っている訳

 

本当は

前日にも、ここで、ストレッチをやってから

ゴルフに臨むのが一番

高齢者だから

そろそろゴルフの前後に通院するつもり

 

・・・

 

もう一つの理由は

彼らのリハビリ技術の素晴らしさ

 

若い男女の整体師たちは

勤務のオフ時に、学校や講習会に通ったりし

知識と実習を常に触れており

 また

スポーツ選手たちのサポート・チームの

ストレッチやマッサージに入ったりし

実習し知識とリハビリの腕をも磨いている

 だから

マッサージ、整体、ストレッチは

本物である

 

・・・

 

彼らに

そんなクールダウン措置をしてもらうと

痛みと疲れとが軽減し

その日のうちに回復し、翌日はけろりとできる

 

いつも家の中でも、ストレッチをそれなりに励行している

はつらつ教室からもらったセラ(ゴム)バンドを使ったり

教えてもいらったストレッチ体操をやっている

 

柔軟体操やストレッチ体操は

自己管理のリハビリメニューだからだ

 

ここのところ十分にやってこなかったきらいがない訳でもない

 

意識してこれからも

丹念にやるように改善したい

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

最後のリハビリメニューは

頭の体操

眠たくぼっとしているが最後のチャレンジ

 

デパ地下食材半額買い出し

あちこち売り場を歩き回り

格安でお得で美味しそうな食材を探しまわり

これとこれとの組み合わせがいいな

と調達する

 

新鮮なマグロとカツオの刺身

我が家の夕食卓を飾る

 

自分はゴルフ場で食事券を謹呈されているから

一番高い御膳もの

ステーキ、てんぷら、刺身と贅沢ならランチだった

 

俺は現役の仕事でも贅沢なものを食べてきたから

お前たち遠慮しないで食べろ食べろ

家族に勧めるだけ

おいしそうに食べる家族の顔をみながら

夕べの宴の歓談はひとしお賑わった

 

sashimi.jpg

家族は、あたかも

寿司屋で食べているかのように

味を楽しんで喜んでくれた

 

・・・

 

明日明後日は農学校があるが

 天気予報が雨だから気になっている

 

・・・

 

 

2011年6月 6日

石畳 郷愁

 

ついでに

車の話のつづき

6月6日(SIX)に、ちなんだテーマ

 

石文化の欧州には

古い街並みと石畳のくねくねした道が

いまもなお、多く残っている

 

このブログでも

いくつかの古都を取り上げている

 

石畳は街に溶け込みそのままで絵になる

 

tireonpave.jpg

サスペンス映画「第三の男」

ウイーンの古都

逃げ回る主人公の姿の影が石畳の上を走る

光と影と上手に使い撮影されたモノクロ映画の傑作

 

あるいは

西洋映画007、イタリア映画など

多くのアクション・シーンの中では

石畳の道路を縦横無尽に

スポーツカーが疾走する、カー・チェイス・シーンも多い

 

自動車と石畳とは

いわば

お互いを必要とする存在なんだろう

 

石畳、タイヤ、サスペンション

これらの条件から

欧州の車は固いサスペンションが常識である

 

その組み合わせで

足回りやエンジン機関など自動車車体を振動から守る

 車体の安定走行が約束されている

 

実は

意外と思うかもしれないが

人間の居住性は

二の次なのである

 

・・・

 

西ドイツ赴任時代に体験したこととして

自動車の評価には

決まって

基本の足回りの良さが、一番目の話題であった

 

実用派のドイツ人にとっては

室内の居住性には

ほとんど関心がなかったのである

 

ドイツでベンツやBMWに

最初に乗った時

室内の質素さには

えっ!?と叫ぶくらいに驚いたくらいだ

 

・・・

 

トヨタクラウンに代表されるように

室内の豪華さ、乗り心地など

日本人は良い居住性を追及した理由があった

 

家の中が快適でなかった

その反動か

車の中だけは豪華にしたい

そういう思いがあったのかもしれない

 

その延長なのか 

この文化は今も残っている

 

室内掃除、車体清掃

これらは日本人だけの習慣である

 

実用品と心得る外国人は

そういう余計(無駄?)なことは

一切しないのである

 

・・・

 

だから 

外国では車の居住性に関して

いつになっても無関心だった

 

世界市場競争の中でやっと居住性が条件に加わってから

ベンツなども、やむなく、取り入れた形

 

反面

欧州の固いサスペンション

(路面からの衝撃を緩衝するショック・アブゾーバー)を

懐かしがるファンも多い

 

昔のベンツからすると、今のは、ベンツではない

やわらかすぎる

そう酷評する人も、かなりいる

 

・・・

 

カーブの路面を走行するときに

その差が出る

クラウンは揺れるが、欧州車は揺れない

 直線道路の少ない欧州の古都で

走るには

具合がいい

 

・・・

 

ブリジストン「レグノ」は

静かに走行するのを目的としたタイヤ

 その手のタイヤは

日本で開発された

その理由は、居住性重視からと同じ

 

反面

路面からのタイヤノイズが減るから

走行しているという反応を、運転中に感じられない

 

ここらあたりは

趣味と実用との境目となる話

 

・・・

 

自分は

趣味というよりも実用本位から

自動車をいままで扱ってきた

 

だから

BMWの直列6気筒ピストン・エンジンの滑らかな音

シルキー・シックス・トーン

そして

固いサスペンション

そして

ミシュランのプライマシーHP

グリップのいいタイヤ

 

この組み合わせのBMW525i

運転していて面白く楽しい

 

すこぶる、いい感じのコンビだと

そのまま好んでいる

 

・・・

 

そういう意味からすると

いま日本では石畳の道がほとんど見当たらない

 

路面のノイズを感じられないで走行する

BMWの気持ちは

きっと

ふるさと欧州に郷愁を馳せているのかも

 

・・・

 

BMWのスローガン

joy_run.jpg

駆け抜ける歓び

 

英語

Joy ride on

 

・・・

 

Silky Six Tone

直列6気筒エンジンの絹のような滑らかな音

 

・・・ 

 

 

2011年6月 5日

変えた 外車への評価

 

所有のBMW525iは、6月に車検が来る

購入した外車専門中古屋さんに予約をすませた

 

ベンツC240(2004年式)を一年間乗って

後述の理由から

それを下取りに出して

ワンランクサイズアップするために

このBMW525i(2002年式)

 に乗り換えた

 

・・・

 

気が付いたことは

二種類の外車共に

まったく故障が無いのである

 

外車は壊れやすい、という昔の評判が

自分の頭の中にあった

 

どうも

2000年以降の車なら

その悪評は当てはまらないような気がして来た

 

・・・

 

このBMWは、正規のBMW代理店から発売

3+2と二回車検で一年残りのワンオーナー所有だった

その6年間

きちんとBMWサービスで整備されていた

 

3+2+2=7年目の今年車検

 

・・・

 

C240も520iも

走行距離が数万km

このくらいの走行距離の車なら

初期不良など出尽して安定している

ということだろう

 

bmwa.jpg 

こんな年になるまでさまざまな車を楽しんで来た

(そのうち整理してブログにUP予定)

いまさら車種は何でもいい

 

デイ・サービス通所に欠かせない車

いまや単なる移動手段の実用品でしかない

 

・・・

 

 

2011年6月 4日

農学校 第9回6/4

 

ここのところ

梅雨シーズンに入り、毎日湿り気があった

きょうは、晴れあがったが、湿気がある

 暑い日になりそうだ

 

・・・

 

先週末は農学校が休校になってため

久しぶり

 

土曜の農学校の出来事を学習した情報を得られる日曜に出席している

しかし

二週間ぶりだから

畑の管理のことも気になっていたから

土曜、きょう、出席した

 

・・・

 

前回半袖で腕がかなり焼けたことから

顔、腕に災害線防止の薬剤をたっぷり塗布

万全の備えOK

 

・・・

 

 今日の予定

 

肥料・農薬講習会

 

追肥

③トウモロコシ

④トマト

⑤ナス/ししとう/ピーマン

⑦いんげん

 

大根(半分)収穫

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

2週間ぶりの9:40頃の農園の全景 

 20110604zenkei.jpg

 

今朝の自分の区画の様子 

20110604begin.jpg 

①ジャガイモ

②枝豆

20110604jaga.jpg

 

③トウモロコシ

20110604tomorokosi.jpg

 

④トマト/きゅうり 

20110604tomatoasa.jpg

 

⑤ナス/ししとう/ピーマン

20110604nasu.jpg

 

⑥大根

この写真の右半分(北側)を収穫した

左半分(南側)は、週遅れで種を撒いたから、収穫はあとでいい

20110604daikonasa.jpg

 

⑦いんげん

20110604ingen.jpg

 

⑧エンサイ

⑨サトイモ/しょうが

20110604ensaisatumaimo.jpg

 

追肥

14-3-9

20110604tuihi.jpg

 

トマトの結実

誘引を上に引き上げる麻ひもを追加しておいた

20110604tomato.jpg

 

農学校終業後から離れる前に撮影したスナップ写真

 

前カゴに大根七本、後カゴに京菜がいっぱい

収穫物を満載したMTBも小さく見える

 

  向こうの赤区画が自分に貸与された畑である

20110604shukaku00.jpg

 

帰路

荷物が多くなったから、バランスを心配したが

MTBは安定走行してくれて

まったく運転に支障はなかった

 

国道大通りの交差点では

この姿と満載の収穫物で通り過ぎたから

超目立った!

 

汗かいた畑仕事の帰りは

まことに

すがすがしい気分だった!

 

収穫っていいもんだ

そう思う瞬間だ

 

★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★

 

我が家の前には市民農園がある

 この農園の土質は「荒木田」という田圃(たんぼ)土

昔は川の氾濫で河原になったりした地域

20cmも掘れば河原の石ばかりとのこと

 

だから

土質は乾きカサカサで白く貧相である

つまり

農学校の高保湿性・やわらかい黒土(関東ローム層)と違うから

きょう収穫したこんな立派な収穫は

この市民農園では絶対に出来っこない

 

 この市民農園で誰か大根を植えたら

15cmほど生育しても下部が石にぶつかり根が横に広がるから

辞めた方がいいと忠告された

だから葉っぱものに限定している

 

・・・

 

帰宅し我が家の門に到着

満載の収穫物のMTBの雄姿

20110604mon.jpg

家の前の市民農園で作業していた利用者たち

この立派な収穫物が目に留まったらしく

何んだ?ありゃっ?

そんな顔し眼を細めてこちらを眺めていた

 

 もちろん

気分はよかった

 

自宅玄関前でも収穫記念撮影パチリ

20110604kitaku.jpg

自宅庭で大根を洗って

サンデッキに並べてみたところ

20110604daikon.jpg

 広い畑では小さく見える野菜

家に持ち帰ると、やっぱり、でかい

 

大根は

農学校から畑から収穫した中で

これまでで一番インパクトが強かった

 

 いうまでもなく

夕食は

大根料理(煮物/味噌汁)

 

汗を流した畑仕事の収穫の料理 

ひとしお

美味しかった

 

・・・

 

特別区(農園主のご厚意からの利用者共有区画)

京菜/かぶ/水菜

収穫が、今日ですべて完了した

 

来週の実習では

この跡地に

秋作であるネギの苗を植え付ける予定

 20110522negicut.jpgプロがやる作付け方法をとる

凹垂直に溝を堀り、片側に苗を沿わせ、片方から藁で抑える

 

・・・

 

 

2011年6月 3日

面白く 大切な要素

 

自分のシニアライフのモットー

元気に・楽しく・前向きに・明るく・面白く

 

これを実行している

 

・・・

 

いつも格好いい姿で

さっそうと元気でプレー人が居らっしゃる

 

たまたま

久しぶりにお会いした

「ずいぶん、久しぶりですね?」

と尋ねたところ

「最近ゴルフが面白くなくなってきた」

とお答えになった

 

・・・

 

そのことを実はずっと考えている

 

つまり

自分のモットーの中にもある

面白く

 

この重さが一体どのくらいあるのか

ということを

 

・・・

 

彼のその理由を聞いた自分は

こう対応していた

 

なるほど

シングル・クラスにゴルフがお上手なのに

飽きが来るんですか?

 

私がここにきている理由は

リハビリだと申し上げた

 

そう思っているからこそ

はるばる

ここまで来れているのかもしれません

 

自分も何かの理由で

ゴルフを諦める時が来るかもしれませんな

 

心で話したか声に出したか

彼の耳に聞こえたかは

わからない

 

・・・

 

その時あたまにあったのは  

自分の好きだったゴルフの趣味に簡単に飽きてしまう?

そんなことが、果たして、ありうるのだろうか?

 

・・・

 

サラリーマン的な理由

体力不足、お金が無くなったから

とは

違う次元の話である

 

だから

自分には正直わからない

 

・・・

 

そこで

気が付いた

 

omosiroku.jpg

 

自分のモットーの中では

この

「面白く」

最も重要な必須条件なのかもしれない

 

・・・

 

これから

このキーワード

「面白く」

シニアライフの

メニューを企画し実行してみよう

 

そう決心した

 

・・・

 

  幸い

富士山1000m高地UpDown歩きゴルフ2万歩も

農学校菜園畑仕事講座&実習受講も

面白く

愉しめている

 

・・・

 

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。