2012年1月アーカイブ

2012年1月31日

厳寒の富士 夕陽に浮かぶ


今年の冬


特に
寒さを感じるのである

冬の夕陽に浮かぶ富士山

寒いだけに
その雄大さよりも美しさの方が
心に焼きつく

20120131mtfuji.jpg
春が
待ち遠しい

でも
もう少し
冬の景色を
楽しめそうだ

・・・


2012年1月26日

スカイツリー 新しいタワー


世の中に
新しい建築物が登場する


自分たちの生活の中にも
新しい命が芽生える気がしてくる

生活で
いつも目にできる
から

たとえ

建造物が
いつも変わらない姿であっても

なんだか

自分が成長

あるいは

生きている


感じることが出来る


【新宿副都心の北に見えるスカイツリー】
20120126skyt.jpg朝、昼、夕方
どこから見える高い建造物は
特にそういう道標

いうか

自分の人生の中では
道しるべとして
日々
生活が過ぎ行く

・・・


2012年1月24日

大寒あと 初雪化粧   


今年の冬は雨が多い

きのうから降り出した雪
夜になってもやむことはなかった

今朝我が家の前は、ガリガリ、ジャリジャリと
人と自動車が通る音が聞こえた

雪が凍結したのだ

・・・

以下正午ごろに撮影した写真

庭のサンデッキ
猫が歩いた足跡とが残っていた

20120124yuki11.jpg足跡をたどって調べたら
門の脇の塀を越え、玄関前のタタキ、そして、木戸門の隙間から庭の方に回って
雪の少ない家の軒下を通ったらしい

・・・

庭は久しぶりに雪化粧になった

枯れ木に積もった雪も朝はこのように凍結し正午でもまだ落ちていなかった

20120124yuki12.jpg昨晩急に冷え込んだ証拠である

ここのところの雨や雪は、それだけ水分が多いから、畑には天の恵みとなった

今月中に収穫を終えて農園の畑を整地することにしている

・・・


2012年1月23日

ウイーン・フィル 新年コンサートBD


◆毎年1月1日世界で最も注目されているクラシックコンサートの一つウイーン フィル ニュー イヤーコンサートが開催されたウイーン楽友教会からのライブ映像がNHKで放映された。ウインナワルツやポルカなど定番の知っている曲、華やかな新年お祝い祭り演奏会である。

◆1月5日S氏から「BD再生機能をお持ちですか?」と問合せが来ていた。丁度今冬にはBD環境を構築する計画があった。それが先週までに完成。(経緯はブログ掲載)

◆1月20日「BD環境が整いましたあー」と連絡したら、このブログでも取り上げたことのあるAVプロのS氏が、雪が降った1/20金曜の夜遅くまでダビングし、翌朝、雨の中投函していただいたBD(ブルーレイディスク)が、1/23に手元に届いたのである。

20120123wpnycbd.jpg
◆右上のライトブルーの帯に、「〇〇様BD稼働記念」とある。特別謹呈版とは嬉しい驚き。奇しくもこれがBD再生第一号になったから、ダブルメモリアルディスクである。

◆S氏が所有する機器はパナソニックBDレコーダーDMR-BZT850。今回自分が設置したCATV/STB/BDレコーダは2009年製パナソニック製品DMR-BZT870で,ほんと販売時期がすこし新しいと同時期だから、仕様・性能は類似している。

◆S氏の850使用講評とアドバイスからほぼ同じ頃の製品の環境が出来上がった顛末は決して偶然ではなかった。むしろ自分が選定する過程でコストパフォーマンスの視点から最新ギアにしなくてもいいという示唆を得られたし当時の製品が見つかる確信が付いたから揃えたかった。つまり、S氏のアドバイスを無駄にすることなく大いに役に立ち最適のシステムが構築できたわけだ。

◆S氏によれば、このBDの圧縮音声レートは400kbpsで圧縮としては高レート。方式もAAC5.1chでハイレベルのオーディオ素材。プロならではのBD制作逸品なのだ。

◆早速BDプレヤーで再生したらそれだけの価値を発見できた。美しい画面!素晴らしい5.1音声!さすがブルーレイ再生は最高に美しい。素材がいい上に、同じころのパナソニックBD環境だから相性もいい。

◆ウイーン楽友教会の内部の建築物の内部装飾の美しさ、華やかな演奏など、あたかもディスプレーの枠の向こうで今、オーケストラが演奏しているのを実際に眺めているかのような錯覚さえを覚える。

◆プラズマ50インチ大型テレビディスプレーで表現するには最高の映像素材である。BD環境構築記念に相応しいブルーレイディスク再生していると、今回タイミングよく素早い構築が推進できた事実が祝福された形になり、「完成した!」という実感を持てたから、一層、嬉しかった。


2012年1月22日

デジタル家電④ TVドアホン

きょう雨は止んだ。1/21のブログ記事「デジタル家電 2009年製品で統一」の最後、門塀外のドアホンを、音声からカメラ付へと、交換する工事をした。


。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。




◆我が家の門のそばの外塀には、塀壁に埋め込んだ「ナショナル製郵便新聞入れ+牛乳入れ+蛍光灯付」の真四角な一体型のボックスで、そこに従来の音声インターホンの組み込みスペースがある。(完成時写真は末尾)

◆その従来の音声インターホンを取り外す。撤去あとの穴に、新TVドアホンの台座を当ててみたら、台座が穴より若干大きくそのまますっぽりと入らない=二本のねじで取り付かない、と判った。

◆そこでこの週末、何か工夫し ようと考えた末、ねじ止めは諦めた。この一体型BOXの穴の内側枠と台座との間に針金を通し引っ張ることで固定できた。脇にあいた隙間には雨滴侵入防止のため壁に使うコーキング処理した。


【以下のイラスト類はパナソニックWebや取説から引用】

20120122vl352doahon.jpg
◆2009年製パナソニック社TVドアホン(子機付) VL-SWN352KL、在庫処分新品、通販最安値は発売当時実版価格の半額になっていた。

◆この型名を探した理由は、CATV局レンタル品 STB/BDレコーダ TZ-BDT900Jが対応できる機器としてすでに把握していて通販で最安値を探し一週間前に入手しておいた。


20120122tvkamera.jpg◆取り付けた時のカメラレンズの位置は地上高135cm。青年なら見下ろす感じ。自宅門も脇に撮影できるように角度を調整。LEDライト付で夜の訪問者の顔を照らすから判別できる。

20120122vl352panel.jpg◆親機は、すでに使用中の2009年製パナソニックのデジタル電話のデザインに似て大きなボタン群でゆったり配置なのでたいへん操作がやり易い。この点は大事なことだ。
5.2インチ液晶画面は大きく明るい。広角レンズのピントも予想以上にいい。

◆推奨ケーブルは0.62 ~ 0.8mmΦ2芯 単線とのことだったが、従来の壁に埋め込まれていたケーブルでもカラー色彩・明瞭度は申し分ないから交換せずそのまま使用した。量販店のデモ画面よりも精細に映っているのには驚いた。


20120122tvsystem.jpg◆CATV局が設置した、STB/BDレコーダー一体型、パナソニック DIGA 2009年製 TZ-BDW900J。 HDD 500GB内臓。

◆TVドアホン親機からのLANケーブルで接続されると、TVドアホンの屋外カメラが撮影した映像を録画できる。(ブログ紹介済み) このコラボができることは前もって承知していた。


20120122tvdorokuga.jpg◆次の写真説明。左上に懐かしのナショナルマークがある。
上から一段目が新聞郵便投入口、二段目左白い部分が蛍光灯照明、右が新しく取り付けたTVドアホンのカメラとインターホン、三段目が牛乳入れ。牛乳ビン配達が廃止されたあと小包など投函受け口になっている。
この牛乳ビンの形の白い部分は、太陽光を検知し、照明が自動点滅する。当時としてはハイカラな製品だった。

◆実家新築時以来40年弱近く、風雨に晒され頑張っているが、まだまだ大丈夫使える。
カメラ本体のブラウン色がレトロボックスに馴染んで溶け込んでくれたから違和感がない。

20120122tvdoakansei.jpg
◆かくして冬休みの間に計画実施した我が家の『デジタル家電再構築』は完成した。

①iPhone4s、 ②iPad2、 ③CATV STB/BDレコーダ、 ④TVドアホン の四点セット。

◆終わってご近所のドアホンをチェックしてみるとほとんどがTVドアホンに変わっていた。
晩生(おくて)でもいつかは諸兄に追いつくから慌てることはない。
のんびりのんびり、せっかちの自分には、プラスマイナス調整には具合がいい。
そうしても諸兄よりもいつも新しいギアかもしれないし、これから楽しめばいい。

◆いいものを一つだけ買う。これが30歳代からの信条で続いている。イコール、なかなか買わないことに通ずる。これが晩生(おくて)として、遅く買うことになっているわけで、それには若い頃の経験からそう育ってきた。

◆30歳初頭西独駐在中に見たのは、ドイツ人が新品を買わないで中古品をお互い売買する習慣があったこと。その後、帰国した日本との間でアンティーク物品売買の手伝いをしたことがあった。その経験を通じて学んだ事は、新品でないから代替品がないし、つまり、この世の中に数少ない品物ばかりだし、売買の時の価値判断と値踏みの能力だけでなく、売買の決断のタイミング、待ったなし、ワンチャンスに、的確な言動を求められたのだ。

◆これらの習慣はビジネスに通ずることもあるので、積極的に西洋人から学んだ。一方、優柔不断、わびさびの世界は日本人らしくて自分はもともと好きな方だ。でも、何かを決める時は、正反対のアクションがいつも求められていた気がする。今回の再構築を回顧するとまあまあの結果だろうから、まだ現役時代の習慣・勘が残っているということかな・・・。



2012年1月21日

デジタル家電③ STB/BDレコーダ


冬はアウトドアがオフでインドア生活になるから、毎年冬の間は整備・更新作業をを行うのが恒例である。過去35年間IBMクローン・デスクトップ型パソコンの自作やノートPC修理やWindowsOSの更新などは、決まって冬の間に作業をやることにしてきた

◆年末にソフトバンク携帯電話(VIERA930P)の契約期限が到来し更新するチャンスに、アップルの iPhone4sと iPad2と 同時にモバイル更新を終えていた。 (ブログに掲載済み) これらが、IT家電更新の第①弾と第②弾であった。


【Apple Webサイトから引用・加工】
20120119ipadphone.jpg


。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。




地デジ移行後CATV会社から機器巡回点検を年末に受けていたその際に地デジの画像の質がCATVを通すのとパススルーのと比較すると、CATV通した方が明らかに劣化していることを発見したから、CATV会社に最新のセットボックス(STB)に交換するように要請し日取りを調整していた。

自分は生来晩生(おくて)だから、家庭内家電はなかなか更新しない傾向にある。古いモデルでも長く使い更新は我慢する。我慢すればするほど、最新の製品に出会える。しかし、購入する時は「いいものを一つ」買う主義である。30歳頭の頃、西独駐在でドイツ人に教えてもらった個人の生活術で身についた習慣である。

◆大型テレビは、2000年以前から出現し、諸兄が買いだしてもじっと我慢し待っていた。十年以上も待ってから購入したから、自分は家電文明から
遅れがある、それは承知している。 2008年6月発売の60型につづき、10月に発売したモデルを半年後2009年初夏にようやく希望の大型テレビそれも最高級品質と評された、50型、KURO KRP-500A。実は、パイオニアが2009年春に生産中止をアナウンスしたため急ぎ注文するも望みなしで、市場を探したところ大手量販店で数か月間電源入れないで展示していた製品を探し当てた。交渉の結果、破格の1/3価格で購入できた幸運さがあった。個人で所有しているケースは滅多にないだろう。(ブログで掲載済み)

◆キャッチコピー「ユーザーの持つ映像へのこだわりを余すところなく表現する」フルハイビジョンプラズマモニター。 "Seeing and hearing life never before" 見る人を引き込むようなかって経験したことのない感動をお客様にお届けし所有することに喜びを感じていただけるような商品。

◆解像度1920x1060、約207万画素新開発高画質フルハイビジョンパネル。黒輝度を約1/5まで低減、映像ダイナミックレンジ拡大、豊かな色彩再現。輝度調整120ステップ。64mm超薄型ディスプレー。高性能3次元インターレース/プロgれっしぶ変換。高性能ノイズ低減システム。フィルム・スムーズ機能。「ディレクターモード」で監督のように色味調整や画質補正を加えることなど可能。「リビングモード」。パイオニアが最高の技術を結集した製品。

◆しかし2009年春の生産中止アナウンスおよび社会問題化した出水工場の閉鎖で失業した技術者諸兄の不幸は他人事ではなく悲しいニュースだった。会社人生最初の20年間勤務した放送機器製造業で東京オリンピックから機器開発に携われた証の記念品としても、今回BD環境を整えたことで一件落着したあとも、せめてこの日本が誇る最高性能レベルのKUROを、これからも大事に愛用していきたい。


【パイオニアWebサイトから引用】
kuro_plasmatv.jpg◆上の写真のディスプレーは、60型の方、対角線で10インチ(25cm)ほど短いが、個人宅の応接リビング室内なら50型でも、有効液晶画面だけでも1104mmx621mmもあるから、家族はなおさら当初超でっかさに驚愕するも、いまじゃ家族もこの大きさに慣れてしまっており、何よりも、人間と等身大の大きさで映る人物、顔、しわまでくっきりとその場で対面しているみたいだし、高齢者だけでなく家族みんなが、映像の臨場感の中に浸れている。

◆パイオニアの5.1chサラウンドシステム装置も付属しているから、音声の臨場感もと、AVバーチャル経験が出来ている満足の域にあり、映画や音楽番組時には、5.1chサウンドの劇場に変わる。

この大型テレビ生産中止アナウンスのあった2009年春頃、市場にやっとブルーレイレコーダーが出現。性能が安定しコストパフォーマンスが落ち着くまで我慢し待っていた。とうとう今年で三年目に入り、そろそろ検討しようかな?と、年末から少しずつ調査を始めていた。そのきっかけは、冒頭のCATV会社の巡回点検の際の画像劣化発見からだった。かくしてタイミング的に更新実施が嵌ったのである。

◆去年あたりから3D立体テレビ用機能が追加された製品が現行販売品に変わった。つまり、3D機能がない一世代まえの製品の在庫処分が始まる。それを待っていたのだ。

案の定、当時のBDレコーダーが半額になって来ている。半額王子としては、まさに、この機会を逃すわけにいかない。家庭電化システムがほぼ完成していた2009年頃の製品を集める、と、我が家も近代化できる、と、すでに読み始めていた。そして、定評のあるパナソニック製「DIGA」、2009年製のBDレコーダーHDD 500GB を一応選定しておいた。

一方、CATVに必要なセットボックスSTB(CATVチューナー)の最新モデル交換要請中に調査が進む中、いくつかの代替案が浮上してきた。まず、セットボックスSTBにHDD 250GB 内臓の製品がCATV会社にある。HDRという製品でiLinkで市販のBDレコーダーを接続できる。これも一つの案にしておいた。

◆さらに調査の途中から、パナソニックがCATV業者向けに製造しているセットボックスSTB/BDレコーダ製品があることを知るに及んだ。セットボックスSTB、プラス、HDD500GB、プラス、BDレコーダー、つまり、各ギアがオールインワン・一体収納型製品だ。接続ケーブルが省けるメリットは、高画質伝送性能が改善される。これには直ちに食指が動いた!


【パナソニックWebサイトから引用・加工】
20120119bdrecdr.jpg

2010年1月から13万円で提供していたCATV会社もあった。パナソニック TZ-BDT900J ((市販モデルなら2009年発売市販品 DMR-BW870 相当品で1TGでなく500GB版、ほぼ同額の高額製品と判明)。 早速CATV会社に問い合わせたら、「そのモデルはもう在庫はない」とのそっけない返事。「探せば必ずあるから探して欲しい、それでないとやらない」と強く要請したらすぐ返事があって、「残り一台が見つかった」とのこと、この幸運を逃す手はない、即座に「それでやる」と予約し抑えた。

◆その間にも、複数のCATV技術者に質疑応答しヒヤリングを続けた。結果、これ以外に、KUROとのコラボに於いて、他にベストチョイスはあり得ない!、と確かな結論を導き出せたのである。


【パナソニック取説から抜粋引用】

20120119stbbdcan.jpg

1月19日午後CATV技術者が設置に来宅。「CATVで訪問先にKURO500Aは見たことない」そう話していた。地デジはパススルーとCATVとの画質の差はわずかになっていた機器の伝送系が格段に高性能化し改善していたのだ。

録画が簡単になった録画は基本的にDRモードしか使わない。BDブルーレイディスク再生もハイビジョンクラスで美しい、もちろんBDにダビングもできる。

◆また、LANケーブル接続すれば、
次に記載するパナソニック製TVドアホンからの来訪者の画像を録画できる。つまり、2009年にはすでにこうしたホームセキュリティー構築がほぼ完成していたのだ。この事実が2009年製パナソニック製品群を探し出して、ホームセキュリティー構築をやろう!と決断した大きな理由であった。


【パナソニック取説から引用】

20120119ouyou.jpg

◆2010年13万円もしたこの装置は高級レベルにある。2年も経過している分だけCATV社との二年契約レンタルでは半額弱になっている。現行の3Dタイフ゜が次のレンタル品になれば交換してもいい。レンタルの利点は品質保証・故障修理無料だし、かつ、2年後なら最新版に同額交換できるだろうし必要ならいつでも解約出来る。地元のCATV会社が、幸運にも、他社と違い、売り切りでなくレンタルだからこそ、その負担軽減のメリットを今回生かせると踏み切ったのである。


◆浮いたり沈んだりする人生の中には、不思議と思えるこうした幸運さがいくつもいくつもタイミング良く重なる時がたまにある。今回がそれに相当する。感謝!感謝!




。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。




【パナソニックWebサイトから引用】

20120119tvdoaphone.jpg
次は、テレビドアホン。これが第③弾になる。我が家は、音声ドアホンで我慢し中継アダプターを以前中古でゲットして、2009年製パナソニック・デジタル電話機系統に連携させていた。その中継アダプターが故障してしまった。新品8千円もするから再構築にはちょうどいいタイミングとみて、テレビドアホンにグレードアップすることにした

◆パナソニック、2009年製品で2011年秋まで販売していた製品VL-SWN352KLの在庫処分が始まっていた。量販店でインターネット通販最安値でゲット。

◆室外機インタホン・カメラは撮影角度をセット可。夜間LED照明でカラーで顔など確認可。室内親機に録画記録可能。5.2型カラー液晶。TVト゛アホン親機から、LANケーブルが接続された、上記のSTB+BDレコーダーの方に、来訪者画面を録画でき、再生できる。

◆TVホン親機本体プラスTVホン子機のセット。この子機ならワイヤレスでパナソニック・デジタル電話系の子機として登録できるし、既存の複数台の子機から音声応答内戦通話も出来る。


【パナソニックWebサイトから引用】
20111116oyaki.jpg

◆また、火災警報器、セ ンサーカメラ、回転灯、電気錠など、ホームセキュリティーシステム構築が出来る。これら利便性こそが、2009年製のパナソニック製品に統一した理由で ある。

【パナソニック取説から引用】

20120119tvdoaphsys.jpg
◆TVドアホン関係工事の方は、この週末に自分でやる予定にしていたが、雪と雨のため延期中。これらが完結すれば、この冬のIT家電更新のメインイベントが終わることになる。

12/7大雪、12/22冬至、1/6小寒、1/21大寒、2/4立春、3/5啓蟄、3/20春分と春までにまだ節目がある。目安として、立春までには、今年のこれらの冬の整備・更新作業を終えることが出来だろう。



2012年1月18日

農学校 管理&収穫1/18


農園訪れた15日から
三日も経過していないが

週末土日に
雪の予報が出た

だから

きょう晴天だし
気持ちがよい

午後から
農園に出かけた

・・・

里芋、ニンジン、キャベツ、白菜
ターサイ、大根、カブ
ブロッコリー

収穫した

・・・

畑は2/11までに
担当区域を農園に一旦返還する

利用者
(農学校生徒)

今月中に収穫を終えて
整地しておく
きまり



。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。



本日の
畑の写真はこれ

里芋の生育と収穫の様子

まとめてみた

20120118satoimo.jpg
・・・

体験農園
農学校
第一年目

すべてが
生涯初めての作業だった

・・・

春作は
4月から始まった

・・・

割り当てられた区画の東端にある
苗床9番目
ここに植えた
さといも

4月24日
だった

・・・

5月17日
まだ芽が出ていなかった

そして

6月4日
生育し始めた時
10cmほどだった

そのあと
急に生育し始めた

6月12日
マルチを剥がした

・・・

暑い夏は
大きな葉っぱを広げて
自分に日陰を作り
がんがん育っている
みたいだった

・・・

時が過ぎ
やがて

12月寒さが到来し
大きな葉っぱは枯れ
地面に落ち始め
自らを覆う姿は、霜よけ対策

・・・

12月31日
最初の一個目の収穫

蒸したサトイモ
一ヶ月間
食卓にあった

・・・

1月18日
最後の二個の収穫

その日の夕方
被災地の親戚などに
出荷

今年の初荷
だった

・・・

栽培の苦労は
ひとくちに

植栽、管理、収穫
を通じて

いつも新しい
出会いがあり

ちがった満足感を
味わうことができた



。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。



一方
畑の様子

見るかぎり

夏までは
一面華やかな緑の天国
だった

・・・

秋作が始まり
冬に収穫する頃になると
様子が
一変してくる

・・・

今や
まさに

兵(つわもの)どもよ
夢の跡

この一言に尽きる

・・・

すなわち
豊穣な畑

頑張った野菜

自分の労
とに
感謝、感謝

・・・

もちろん
農園主からの
ご指導にも

・・・


2012年1月15日

農学校 管理&収穫1/15


厳寒の冬の真っ最中
きょうも曇天だが
幸い風はない

2012年初めて
農園にマウンテンバイクで出けた

・・・

農学校生徒
(体験農園利用者)

秋作の収穫を
今月中に
終えなくておかねばならない

・・・

2,3月は
農園の方で耕し整地し直し

4月からの
2012年度体験農園の準備だからだ

畑は収穫のあとなので
見てくれは
荒れ始めた

兵どもよ、夢の跡



。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。



本日の目玉

これ

・・・

℃auliflower

・・・

Cの前に
" ° "がついているから
"度"と読む

つまり

度でかいカリフラワー

・・・

素晴らしい
出来具合に感激した

20120115karifu.jpg農園主のノウハウで
栽培中太陽が当たらないように

周りの葉っぱで
カリフラワーの実を
覆っていたから

比較的に
白く仕上がっていた



。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。



秋作で
カリフラワーの収穫は
合計2個

・・・

二か月前11/15に収穫した
一個目より

この二個目

かなり大きく育った

・・・

一個目は
農学校生徒の畑の中では
一番大きい

評価されていた


【11/15収穫の一個目】
20111115karifrwr.jpg
・・・****************

早速
今晩の食卓を飾る

・・・

当分の間
カリフラワー・レシピ
続く

・・・



2012年1月 1日

2012年 一年の計は元旦にあり


2008年末
自ら仕事を辞めることにし
家庭中心の生活にするために

敢えて

隠遁(世事を離れ、隠れ住む)生活者
になって
以来

身勝手ながら
現役時代の諸兄との間の
正月の年賀状は
欠礼させて頂いている


****************


もっとも
現役時代の諸兄のお世話になっている
それは確かなこと

そもそも
自分が現役時代に働いて来れた
大きな要因


多くの周りの人々のお蔭だ

心から恩義を感じている

・・・

所詮
ひとりのサラリーマン

自分の実力
だけ
実際
あっても
そんなものなんて
ほんの微力でしかない

それだけでは
縦横社会の組織の中では
到底仕事が出来るわけがない

・・・

だから
まわり人達からの支え

無かったら
何もできなかった
はず


****************


そう回顧してみると

お世話になった中で
そういう指令を与えられた立場の方々

その人たちの支えがなかったならば
自分はいろいろなことがやってこれなかった

そういう方々へは
お礼と感謝の意を込めて
年賀状を出した



。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。





20120101gajou.jpg

。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。



最近は
単語、熟語で
世の中の様子や
心情などを
表現する

2011年度の世相を表した
漢字が
京都清水寺で披露された

『 絆 』

(きずな)

だった

・・・

3.11から報道では
頻繁に
この言葉が使われていた
から

自分も
そうなるだろう

予想はできていた



****************


一方
自分はある見方をしていた

これまでの世の中を
ずっと眺めながら
現役時代も
その中にいた

インターネットの世界が象徴するように
あまりにも
無条件がごときに
世界が人々が社会が
密接につながってしまった

連携してから
文化文明を考えよ
だけでは
追いついていけない

欧州連合が
なぜ経済破綻をきたす国々まで
統合を急いだのか

昔から疑問を持っていた

今回の破たんは
さもありなんと
大災害と同じく
悲惨な出来事に
思うわけ

・・・

いつも
ある距離を保つ

『 間合い 』


必要では
無かったのか?

それに
気が付いた

この年賀状の文脈に
そのことが
ながれている

・・・

また
シニアライフ
これも
どう過ごすのか?

一度
振り返ってみた

・・・

『 行雲流水 』

一点の執着もなく
物に応じ
事に従って
行動すること

・・・

それでも
自分と地域社会との間
ほどよい
距離が必要だと
思っている

それを

『 間合い 』

という
言葉で表してみた


****************


『 隠遁 』

申しても

まだ

『 脱俗 』


至ってはいない

・・・

少しの関わり合い
残している

・・・

今年三月72歳になる

70歳は
第二の還暦だった
気がしている

あらためて
これからの十年間を
元気に、明るく、前向きに、楽しく
かつ
面白く

活き活きと
過ごしてみたい

・・・

そう再確認できた
元日

・・・


2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。