2013年1月アーカイブ

2013年1月20日

南京玉すだれ 餅つき大会の余興


初春の自治会の催し
餅つき大会
ちかくの自治体のホームの玄関前の広場であった

・・・

炊き出しまでに時間がある
ちゃんと余興が用意されていた

自治会の中の同好会だろうか

日本の大道芸の一つ
南京玉すだれ

ファン、さて、さて、さてさてさてさて、さては南京玉簾

威勢のいい掛け声とともに
玉すだれをおもむろに取り出し
ちょいとひねれば、ちょいと、ひねれば、日米国旗をちょいと延ばせば、・・・

簾の形を次々と変えていく

子供たちも練習したのだろうか
一緒に不安げなちいさな顔が対照的にかわいかった

20130120mochitsuki.jpg見ている住民たちもそのうち参加に誘われた

かみさんも
恐る恐る指導を受けながら
なんとかトライして出来ていた

・・・

やがて
餅つき大会がはじまった

元気なシニアがいて、力強く大きな音立てて
ついていたので
雰囲気が盛り上がった

そのうち子供達も参加し
より賑やかになってきた

やっぱり
寒い冬だからか
御年よりも
子供連れが多かった

手でちぎった不揃いの餅だけど
色々な餅とけんちん(建長)汁とが振舞われ
美味しかった日曜の昼飯

風はあったけど
陽ざしは暖かでよかった

・・・


2013年1月14日

太平洋低気圧通過 久しぶりの1月雪


太平洋低気圧通過すると
関東地方は雪となる

昨年1月23日都心積雪だったから
今年は早い

成人の日
朝からの小雨はだんだんとみぞれに変わっていった

やがて雪が舞い
あたり一面が真っ白の銀世界になった

20130114yuki.jpgフラッシュで撮影したら、かろうじて、画面に舞う大きな軽い雪が捉えられている


午後15時ごろには
みぞれにもどって
小雨にもどった

雨が少し止んだところで
玄関先から門、そして、門の外まで
シャーベット状になってしまった雪を
きれいに掃きだしておいた

明日は晴天
今晩そんなに冷え込まないだろうから
凍結の心配はいらない
明日朝には溶けていることだろう

・・・


2013年1月12日

季節限定ケーキ パエリア郷土料理


普段の生活のリズムとは違って
ウイークエンドはまた
色々な気分転換ができる

・・・

かって
ケーキ店『銀座ぶどうの木』に招待する

約束していた
若いお客様を金曜午後からお迎えした

午前中
郊外のデパートに出店している
『銀座ぶどうの木』店


ピンクのクリームにストローベリーのった
季節限定

華やかなケーキを買って来ておいた

・・・

丁度
わがやの午後のお茶の時間

新年にお客様をお迎えし
お茶とケーキとで
明るい話題に咲いた楽しい時間だった


。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜


そして
土曜のランチ
Pizza-laのチラシで宅配を注文

パエリア

20130112piza.jpgもともと
スペイン東部のバレンシア地方の
郷土料理

パエリアとは、もともと フライパンの意味

スペインを代表する世界的に人気の料理のひとつ

しらべると
残った食材の処分のため
木曜日にパエリアを作っていたらしい

余りもので作る料理なんだそうだ

・・・




2013年1月 7日

建築部材 ショールーム調査必須 



普請(ふしん)とは
昔の由来はともかく
家を建築したり修理したりすること

2000年定年となり地方勤務から実家に帰郷して以来
両親と一緒に住んでいた

それ以前から両親が老いているため
生前、ガタガタやかましく落ち着かない工事は、時間と心労とが重なるから
なにかと、体に障るからと
大きな普請ごとは避けて来ていた

つまり
やるべきだった家の補修や改修工事をサボっていた

・・・

昨年春に
トイレ、風呂場、洗面所のリフォームをやっている
最中に
一階の軒が3mほど崩れかかっているのを
大工さんが発見した
そのままにしておくと崩落する恐れがあった

昨年秋になって
きちんとその部分だけを修理をした

・・・

屋根、壁、バルコニーの防水工事もとっくに補修時期が過ぎていたのだ


雨水が壁に入れば、木部を腐らせてしまう
住宅の耐久年数を縮めてしまう危険信号だったのである

・・・

昨年秋に
それら大改修を行う計画を立てていたが
いろいろあった、思うように、準備がはかどらなかった

仕切り直しとし
正月から再開し始めている

・・・

大工さんが点検して判った事があった

木製の雨戸を使っていてその木枠が腐って
家屋に雨水が侵入している形跡が
見つかったのである

・・・

塗装やる前に
補修をやっておかねばならない

・・・

しかし腐った木部を交換するのには
問題がある

木部だからまた腐る

・・・

もうひとつは

近年きびしくなった防火規制がある

この住宅地区では、境界線からの距離で
一階は、3メートル、そして、二階は、5メートル

つまり、
一階の木製雨戸は境界線から2.5mと1.8mにあるから
規制違反となる

金属サッシ雨戸でなければならない

・・・

新築では規制順守
一方
既製の雨戸についてわざわざ変えなさいと命令は来ないらしい

問題は別にある

塗装と雨水とのことを考えると
今回金属雨戸への交換を検討した

つまり
防水を確実にするために
塗装は最後にやる

サッシを交換した後に
塗装すれば
雨水の侵入はない

反対に
塗装したあとにサッシを交換すれば
雨水の侵入の怖れが残ってしまう

そのさいシーリングで隙間を防ぐが
シーリングは経年変化でまた隙間があいてしまう

雨水が壁とサッシ戸の間から室内に浸水し
木部をダメにする

・・・

今回大改修では
この順序をきちんと守ることにした

・・・

リフォームに使う部材のサンプルは
実物を見学できたら、触ってどんなものか、自分で確かめられるなら
いろいろ情報収集しておいて
大工さんとよく相談しながら進めれば
コストパフォーマンスを最適化出来るから
素人でも
リフォームという一大イベントをこなせる筈

・・・


【Wikipedia から引用】

20130107tenjijo.jpg首都圏最大級の旗艦ショールームが入っている高層ビル

・・・

もっとも大事なことは
普請事は家族の生活を乱すから
慎重に進めることが肝要である

・・・


2013年1月 1日

変わるもの 私の代になって


2013年(平成25年)が明けた

今年は これまでよりも 前を向いて
あたらしい時間を創りながら元気に過ごしたい

・・・

去年はお袋が他界した
喪に服した2012年のあとには
古きものから新しき者への継承がある
その時がきた

私の代になったから
いくつか
変わるものが出て来る



。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜



我が家では
お袋が健在だった2012年正月までは
手料理のおせち料理だった

お袋が去年2月に亡くなり
家長となって
新しい時代が始まった

・・・

そこで
我が家では初めて
デパートのおせち料理を注文してみた

いまやインターネットの時代である
通販に慣れたシニアらしく
ホテルやデパ地下のおせち料理のWebサイトを開く

予算に応じて
アレコレソレ比べられ選ぶのが楽しい

写真から
これがいいかな

選ぶだけ

晦日に
クール宅急便で届いていた

・・・

家族揃って健康な元旦を迎えることが出来た
ことを感謝し

家族料理の御雑煮と
おせち料理とをつついて
元旦の朝を迎えた

・・・

このおせちの豪華さこそ
お正月の気分になる舞台しかけだろう

Webでは
3重箱と4重箱とあった

やっぱり
4重箱の方が見栄えがいい

20130101osechiryouri.jpg
正直我が家でこれだけの仕上がりのおせち料理を求めたら
費用と時間とを計算するまでもなく
とても手料理では実現できない

日本食で正月を愛でる

最も簡単な方法は
この手のおせち料理がいい

コストパフォーマンス度は抜群に高い

・・・

天気は
元旦にぴったり
風はなく 穏やかな 日差し

今年
この晴れのように
できるだけ
安全・安心・安寧・健康な
そして
明るい一年で
ありますように

・・・


2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。