2013年5月アーカイブ

2013年5月27日

介護予防 膝腰トレーニング

20130527nagare.jpg
4月から
自治体の介護予防推進センター主催
膝腰トレーニング教室に
毎週一回通学中

2000年に履修した床運動のような
激しい運動は無い

静かなストレッチ体操
やわらかいBGM
呼吸法

・・・

骨の周りの筋肉をトレーニングして強くすれば
筋肉が体重や運動を支えられ
骨にかかる荷重を軽減できるから
膝や腰などの健康を維持できる

運動不足で固まりつつある高齢者には
普段からやっておくべき
トレーニング

それも激しい運動は難しくなっているから
静かなストレッチ体操を基本にしている

・・・

ゴルフコースでスタートする前に
ゴルファーは
プレー中に怪我をしないように
ストレッチ体操をやる

首、肩、肩甲骨、スクワット・・・
柔軟体操するのは
普段ゴルフやっていないからで
準備体操というわけ

あれと同じ

・・・

日常生活でも
高齢になるとだんだんと動かなくなるから
足首周りの筋肉が衰える

すると
つまづいたり、怪我したりする確率が高くなる

日常生活を安全に過ごせるために
必要最低量のトレーニングは年齢を重ねるほどに
普段からやっておくことが必要だ

ということ

すなわちそうすれば介護されるまで
元気に過ごせる

・・・

裏を返せば

社会的には
自治体の医療費削減のためである


個人的には
やっていて損は無く、楽しく生活が出来るから
得の方が多い

そんなプログラムなのである

・・・

基本を一通り覚えてしまえば
自宅で自分一人で
毎日トレーニングが簡単に出来る

だんだんと
動くのが億劫になる傾向がある
特に高齢者は
セルフケア・プログラムとして
早くから
身につけておいて
普段から実践しておくことを勧めたい

・・・

血流もよくなりすっきりと若返る

20130527remon.jpg


2013年5月26日

譲り合いの社会? バギーカーのスペース

20130526dabi.jpg
ダービーが熱気のうちに終わった
あの瞬間のために
はるばる東京競馬場に大勢の観客が

先日所用があり外出した際に
ある私鉄を使った
車内ぜ~んぶダービー広告だった

・・・

この写真を撮影した時の小話

ドアの脇には席がない車両だった

途中でバギーカーが乗って来た
この車両に乗った理由があった

母親は窓に沿った席が設置されていないスペースに
バギーカーを横にして置こうとしたのだ

しかし
同時に乗っていた若者二人がその窓側を塞いでしまった

しばらくバギーカーを動かしていたが
若者二人はスマホ操作で気が付かない

とうとう仕方なく
座っている私の方に向けてバギーカーを配置した

その席から撮影したあと
次の駅から
そのバギーカーが乗って来た

・・・

早親は困った顔し
特急電車の終点都心まで
バギーカーが横倒しにならないか
気を付けていた

自分もずっと気になっていた

母親と目があった
譲ってくれればいいのに
暗黙のテレパシー

・・・

そこで
「君たち、ちょっと、そこを空けてあげたら?」
と言おうとした

しかし
はっきりした表示が無かった

老人にとっては
都会の若者は怖いから
黙っていた

・・・

何故
バギーカーを上から見たイラストが
床の上に描いてないのか
不思議に思った

さすれば
若い人たちも譲っただろうし
周りも声を掛け易すかった筈

多国籍の外国では
イラストでカバーしている

同じ島国でもロンドンでは早くから多国籍表示だった

・・・

日本は国際化が遅れている

これは田舎の話ではない
世界で最も巨大な都市
東京での話

本当にオリンピック誘致できる資格があるのだろうか

足元をよく見る必要があるのではないか


・・・

2013年5月18日

カラフル&カジュアル ロールペンケース

20130518fudemaki.jpg

久しぶりに文房具店に出かけた

「筆巻き、ある?」
「????」
「筆箱は、箱だけど、巻く奴!」
「???」

若い女性の店員さん
首をかしげながら、ようやく、案内してくれた

・・・

ところが
見せてもらったのは
習字用の毛筆とか、絵をかくための筆とか

自分のイメージと違った

「ちがう!ちがう!」
「(・・・・)」
「そっか、筆でなく、ペンとかサインペンとか・・・」


文房具店で聞いてみた
絵の具などの専門店でも聞いてみた
でも、無かった!?

えっ??
この世の中の格差って、何んだ!
驚いた!

・・・

最後は
通販の最安値で買おうと思っていた
現物を見たかっただけだった
見れなかった

・・・

結局
通販から探すこととした

価格帯が2-5千円と、高い文房具である

最安値を探した

@945円

帆布製
ロールペンケース

これならイメージ通りだろう

・・・

新品の鉛筆は入らないが
14cm程度の筆記用具ならOK

使う筆記用具を厳選し
クルッと巻いて持ち運びできる

しっかりした帆布で滑らないし
肌触りもいい

高価な革だと
中にいれる筆記用具もそれなりのアイテム

これなら
気軽に庶民的に
カジュアル

・・・

オレンジ、カーキ、ベージュ、ブラック、ピンク
イエロー、ブルー、ダークブルー、グレー

・・・

老眼鏡と一緒の考え方

あちこちの部屋に置いておくことにしている

・・・

写真のは、左から
ブルー、イエロー、グレー、オレンジ

・・・

2013年5月17日

車庫入出警告 LED回転灯

20130517ledlamp.jpg車庫から車を出し入れするとき
シャッターの左右の柱に
車庫の外の道路の夫々反対側の様子を写すために
2個のミラーを取付けていて
道路の安全を確認している

今回
補助として
回転灯を考えた

・・・

最近省電力タイプLED回転灯が格安で手に入るようになった

現物の仕様

AC100V 50/60Hz
7W LED 36個
85Φ x 168mmH
回転 または 点滅 スイッチ付
オレンジ色
ステンレスビス プラスチックL型取付台

・・・

問題は
これ点灯させる方法

・・・

シャッター扉が動くから
その機械的な移動を検知した
接点スイッチ
これが普通のやり方

大掛かりになるから
別の方法を考えることにした

・・・

リモコンでオンオフできる電灯ソケットを見けた

無線で動作するから
具合がいい

・・・

車庫から出る時

車に乗ったら

リモコンで回転灯を点灯する

リモコンでシャッターを上げる

・・・

エンジンをかける

安全を確認し
車を外の道路に出す

道路わきに停車する

・・・

シャッターリモコンでシャッターを下ろす

リモコンで回転灯を消す

・・・

安全を確認して車を出す

・・・

帰宅したら
道路わきに停車する

リモコンで回転灯を点灯する

シャッターリモコンでシャッターを上げる

車を車庫に入れる

・・・

エンジンキーを切る

シャッターリモコンでシャッターを下ろす

リモコンで回転灯を消す

車から降りる

・・・

近日中に回転灯を
シャッター上部で、道路からよく見える位置に
取り付ける

・・・

ちなみに
回転の仕組みは
LED一列が
順番に回るだけだから
光線が弱い

点滅なら
36個全部のLEDの光だから明るい

点滅にセットする

・・・


2013年5月12日

農学校前期 春作植え付け完了

20130512harusaku.jpg
土日が農学校実習日だった
きのう土曜は朝から雨になっていた

本日朝から農学校に出向いた
春作計画分の最終農作業を済ませた

・・・

これにて
自分への貸与区画3mx10m内の
9個の苗床全部に
栽培計画で指示された春作分の
野菜の植え付けが
すべて完了した

・・・

畑の状況は次の通り
〇番号は
西から数えた苗床の順番


①大根

農業用べたがけ資材不織布パオパオ(白)
寒さや霜、病害、害虫、鳥から守るためにかけていた

光透過率90%、保湿性、通水

発芽した苗がある程度生育したのを
確認したから
撤去した

四粒の種をまいていて
芽が出て成長し始めたので
一部間引きをした


②いんげん

点検
生育中

③エンサイ/モロヘイヤ

点検
生育中


④サトイモ/セレベス/しょうが

耕作、施肥、苗床つくり、穴なしマルチ引き

里芋x2、セレベスx1、しょうがx3
きょう植え付けた


⑤ジャガイモ

点検
生育中
めかきはまだ早そう


⑥枝豆

点検
生育中


⑦トウモロコシ

点検
生育中

生育していなかった3苗を
追加植え付けした


⑧トマト/ミニトマト/きゅうり

トマト(桃太郎)
植え付け

ミニトマト
誘引上げ
生育中

きゅうり
植え付け


⑨ナス/ししとう/ピーマン

点検
誘引上げ
生育中


全体的に生育状況を確認した

・・・

これからは
管理体制に入る

・・・

帰りに珍しい農機具を見せてもらった
小型の脱穀機だった

また
サッカーボールほどの大きさの立派なキャベツを頂いた
早速夕食卓を彩り
新鮮な野菜がすごく美味しかった

・・・

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。