2016年3月アーカイブ

2016年3月23日

春の彼岸のころ イタリア語最終回

20160323carabinieri_AlfaRomeo159.jpg
【Wikipedia "Carabinieri" のPublic Domainから引用】

・・・

本日イタリア語講座最終回があった

昨秋の初回で 何故?という言葉があり
何故イタリア語を勉強するのか?
という命題があって

自分はイタリア車アルファロメオを手に入れた
生涯の夢は赤い車に乗ることだったが
いざ買う段になると
家族の反対に遭った

いい年取った紳士が乗るには
赤はいかがなものか!?
そんな近所の噂も気になるし
というものだった

土壇場にそうなるとは思わなかった

・・・

そこで仕方がないから
お目当ての「赤」をあきらめて
探したところ

すでにブログでUPしたように
(代表的な記事は2015.6.12)

2009年式Alfa GT 日本向限定ホワイトエディション
地方から手に入れることが出来たのが
一年前の三月のことだった

これまでお付き合いした
外車中古専門店が
地方から引き取って整備をして納車していただいた
その際いくつかの部品は
念のため交換して頂いている

・・・

なにしろ19千kmしか走っていなかったから
初期不良が出尽くしてはいなかった

この一年の間の走行中

片道一車線路上で 車が止まってしまったり
ドアウインドウ開閉がダメになったり
などなど
整備のための入退院を繰り返して来た

懇意な車屋さんの親切かつ誠意ある整備のおかげで
車はいい状態にあり
落ち着いている

・・・

さてイタリア語にの話に戻ると

昨夏のイタリア語教室で最初
『何故イタリア語を学んだか?』の問いの練習があった
自分はこう答えていた

イタリア車を手に入れたが
希望の赤でなく白になってしまった

白はキャンバスと同じだから
ステッカーを貼ると決めた

ステッカー貼りは
素人では無理な作業である

そこで
ステッカーは自分が集めるが
いままでお世話になっている車屋さんに
作業をお願いした

特注していた大きなデカールを貼るのは
専門のデカール屋さんの仕事となったが

車屋さんの営業担当の方が
無料でステッカーを貼る作業をやっていただいた

やっぱり
プロが貼るから綺麗に仕上がった

・・・

また
イタリア語勉強のためにイタリア映画をみる

たとえばCATVで放送中の
Don Matteo 7
この映画の中に出てくる郡警察のパトカーは
アルファロメオ159セダンである
(冒頭の写真)

車体の文字の意味は
『軍警察官たち』
と複数形である

彼らが主であるが
主人公はマッテオ神父で
いつも
神父が犯罪を解決する人間模様ドラマ

もう一つのドラマ
『モンタルバーノ』は舞台がシチリア島で
シチリア方言なので

マッテオ神父のドラマの方が
イタリア語ヒヤリングには
参考になる
(まだヒヤリング能力はないが慣れるため)
・・・

次回アドバンス編は
4月第一週からまた三か月間の授業である

・・・

来週だけが春休みという訳

・・・


2016年3月13日

フランス語を続けるべく 夜学通学の選択肢

20160313frenchtext22.jpg
フランス語は4月から教室がない

そこで
大学の夜間部に通うことにしている

継続は力なり

今年中にマスターしたい
と考えているのが
イタリア語とフランス語である

参考書の一冊に
イタリア語スペイン語フランス語というがある

ラテン系の言語だから
これらは似ているという訳

4-7月週一回@2時間

・・・

新しい外国語は
最初読み書きから始まって
最後のヒヤリングに時間がかかる

・・・

これら三か国語は
混乱もあるが似ているから
かえって参考にある面もあるから
面白い

・・・






春色めくころ フランス語最終回 

20160312finalfranchroom.jpg

今日はフランス語教室最終回だった

1月から3月の三か月間毎週一回ペース@2時間

・・・

時間があるから予習復習に余念がなかった

イタリア語とフランス語と予習をしていると
こんがらかることがある

似ているからである

・・・

インターネット時代の恩恵も受けた
辞書や参考書は評判のいいのを簡単に探せる時代となった

ある人はスマホに
私が持っている仏和和仏両方とも
ダウンロードしていた

自分は昔の人間
辞書に赤線で引くタイプ

蛍雪(大学受験)時代
英和辞書は真っ赤になった
これが流行った世代である

・・・

フランス人の先生への別離のメッセージメモには
フランス語の手紙を添えておいた

感謝の気持ちを伝えた

・・・


2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このアーカイブについて

このページには、2016年3月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年2月です。

次のアーカイブは2016年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。