2017年4月アーカイブ

2017年4月30日

ゴールデンウイーク 街は若者で溢れ

20170430hanamizuki.jpg
連休に入り友達と逢うので出かけた


陽ざしはすでに夏近しの強さ

ハナミズキの並木みち

白い花が元気で咲いている

・・・

やっぱり

ゴールデンウイーク

街には若者たちが沢山行き来している

珈琲ショップでは

スマホたくさんいじっている

・・・

このままいい天気がつづくといい

・・・




2017年4月29日

皐月晴れ 公園で読書するがごとし

20170429parkbench.jpg
今年も連休に突入した

やっぱり太陽の光線の強さがいままでと違う

五月晴れ

気持ちも明るくなってくる

・・・

そんな中 玄関ドアそとに 

若い頃ゴルフ賞品でもらっていた

ディレクターチェアを置いてみた

・・・

何故ここに置いたか

・・・

実家修繕工事において

防音/断熱対策を重点的に強化した

・・・

冬暖かく夏涼しい家づくりは

むかし信州で働いたとき

自宅新築設計で

いろいろ実験しておいたから

それらからの経験データを活用した

・・・

防音強化した壁やドアなどで

気密性恒温性が高まった家屋は

防音効果が高まった

・・・

そのせいで

家の前にある6m幅員道路に

自動車や人が通るときの雑音がまったく

聞こえなくなってしまった

・・・

すると

このあたらしい静かな佇まいは

あたかも

山荘のごとし

ひっそりとし過ぎたのである

・・・

もとより

それを求めたことは間違いない

けれども

雨音さえ聴こえなくなってしまったから

かえって気味が悪いほどの静けさとなってしまった

・・・

とうとう改修後三年経過して

ようやく

その静けさに慣れてきたのかな

と感じるこの頃である。

・・・

人間は

あるていど

生活感のある冗長性雑音がある中で

暮らす方がいい


ましてや

子供の頃

てるてる坊主と雨音とはセットで

覚えていて

想い出とは

分解できない心の栄養だからであろう


・・・

そういう意味から

このディレクターチェアの出番となった訳

20170429denenfukei.jpg

ここに座っていると

この構図のように

塀が目線すれすれとなってくれるから

敷地から下がっている道路を

車・自転車・人がたまに通っても

また

歩いている人の頭がちらっと見えるだけで

座っているこちらも気にならない

・・・

だから

その先にずっと広がる

40年間変わっていない田園風景を

眺めながら

語学の本をのんびりと読んでいる

・・・

そのうち

イヤホーンつけて

語学ヒヤリングも

試してみよう

・・・

自宅にて

若葉の木陰から陽こぼれがある公園のベンチに座って

読書に勤しむ

五月晴れの風を受けながら

自分だけの時間を楽しめている

・・・


2017年4月28日

耐久力ある ゲーム専用キーボード


20170428newkeyboard.jpg
【最近手に入れたキーボード】


今まで使ってた人間工学的な曲線をした

マイクロソフト・キーボードの更新が近づいていた

・・・

下の写真が

いままで使っていたキーボード

・・・

これは人間の両手を置くと

自然に

両手の甲が高くなって

かつ

指先がお互い寄って来る

その性質に添って

このキーボードは

キーボードの中央の位置が高くしてあり

先の方が低くなっている
201704oldmicrosoftkeyboard.jpg


今回耐久力を必要とする

ゲーム用キーボードに目を付けた

幸いほとんど新品のいわゆる新古品を格安で見つけた

一か月使ってみて具合がいいので

ブログにUPしてみた

・・・

長年に亘り

平面型キーボードを使って来ていたから

曲面型から平面型に元に戻しても

違和感は感じない

・・・

2017年4月23日

散る桜は何を語るか 新陳代謝の春

20170408sakurachiru.jpg

四月の言葉として
よく引用される歌がある

散る桜 残る桜も 散る桜
良寛作

巷ではいろいろ解説されている

いまの時代にも相通ずるところがある

・・・

様々な情報が溢れる分だけ
悩みが多き世の中

幸せだなあと感ずる
よりも
悩ましく肩にのしかかることも多い

どうしても
マイナスの部分を 多く見てしまう

たとえば

何かを推し進める際に

目指す結果をどこまでやればいいか

やったら満足するのか

それも
充実しているのだろうか

悔いの残らない

それって
一体どういうことか?

どうすればいいのだろうか?

いつも
悩ましいばかりの沢山の難題を
自然と
抱え込んでしまいがち

・・・

見方を変えてみよう

与えられている時間を大切にする

あるいは

明日またいい事がある

と思いたい

のが

普通の心情であろう


しかしながら

はかない桜のような人生なのかもしれない

・・・

桜を見る度に

こうしたことに思いを寄せて

人生を送りながら

今生きている 現在を中心にし 
過去および 未来を考える

その中心を
過去に据えれば

現在までしか見えないで
未来は見えにくい

逆に
中心を未来に据えれば
現在まで意識できても
過去は忘れがちになるだろう

つまり
現代に生きているときなら

過去現在将来とが見えているから

幸せだと感じることも多くなる!

そういうことを

高校時代に
私に教えてくれたクラスメイトがいた

・・・

つけ加えると

今生きている命に対して
如何に生きるか

そういう命題になってしまう

・・・

現役を退いて判った事があった

それは周りの様々な人から

たくさんの支えがあったからこそ

今の自分がある


それに気づけたのは幸せだった

これからも
忘れないようにしたい

・・・

感謝の気持ちを持って 日々充実した生活を過ごしたい

世間ではそういう表現をしばしば使う


今の自分が

そんな心境にあるときづくと

すこしほっとする

・・・

良寛曰く

残る桜もやがては散ってしまう

これには

大きく二つの意味があろう


どんなに 美しく咲いてる桜でも いつかは散る

または

咲く時間があるなら きれいに咲いてみたい

にわとりが先か卵が先か

・・・

そうしている(現在形)でも 

そうなればいい(条件法)でも

そうなるだろう(未来形)でも

どれも「アリ」だろう

つまり

いずれも

現在から未来志向だ

・・・

そこには

「変化」というキーワードが

潜んでいそうだ

・・・

変えない

イコール

現状維持もいいだろう


もし良い変わり方があっても

それはそれで

新鮮な事なのかもしれない

・・・

20170408sakurachiru_2.jpg

左にある大きな地主さんの前のこのおおきな桜の木は

半世紀前からここに鎮座ましまして

道行く人々の人生と共にあった訳だから


ここを通りながら

自分の若い頃の事を思い出す人も

少なくはないだろう


・・・



2017年4月10日

Espresso2 教科書/DVD イタ語の予習しておこう

20170410espresso2.jpg
【左< Espresso1 イタ語教科書 Espresso2 >右】

UK現地から直接届いた

ビデオコースが学べるDVD付を注文した

・・・

Espresso1のビデオコースのページを

自分で復習する

4-6月8-10課再受講するので

ちょうどいい

・・・

Espresso2は 読解と文法と そして ビデオコース とを

自分で予習するため


通学中の語学教室で

Espresso2が始まる計画はまだない

その時のため

まさかの保険である

・・・

復習も計画的にやって行きたい

・・・

のんびり 確実に 楽しく

あとは

ケセラセラ

成るように成る

・・・


試してみている 外国語練習問題テキスト 

20170409franch_reflets1_exercices.jpg
【届いたばかりのフランス製フランス語練習帳】

<教科書REfLETS本誌は外国から間もなく届く>

・・・

今年度は のんびりと 語活を勧める

新学期前に そう総括し スタートしたばかりである

・・・

最近 注目しているのが

その国で作られた 語学教科書と同練習帳

やってみると

意外に

自分の思わぬ欠如した欠点を

見つけられる

・・・

イタリア語
フランス語
ドイツ語

その国で外人向けに作られた練習帳が揃って来た

・・・

外国語大学のフランス語先生から

的確なアドバイスと力強いエールを頂戴した

これから

虚心坦懐・朝鍛夕錬・刻苦勉励

自分の努力しかない

・・・

2017年4月 8日

イタ語Espresso1最終三課を再履修 2017春新学期4-6月

201704itago_espresso1_fukushu.jpg
イタリア語教科書
Espresso 1
最終三課は
2017.1-3月で修了していた

・・・

新しくイタリア人先生が後を引き継いだ

下のクラスがEspresso1を受講する

・・・

しかし
自分と同じクラスメイトの多くが
再び

Espresso 1

に挑戦するという事が判った

・・・

嗚呼、自分はバスに乗り遅れた!

と悟った

申し込みを締めきったあとだったが

残り四人の空があった

ラッキー!

やっと
エントリー出来た

皆が乗っているバスに飛び乗れそう!

待って!待ってくれっ!

皆やさしいから迎えてくれるだろう


・・・

そうそう 思い出した

イタ語でプレゼした中で

こんなのがあった


【下の図は、2016.10最初にプレゼした"ジャンボ機に飛び乗った"のイラスト】

20161012itaprs_A1_4.jpg
今回も ぎりぎり バスに飛び乗る話である


それらを知ったクラスメイトから

「色々な行き先が出来て 沢山の刺激がもらえるから 良かったネ」

とエールが寄せられた

なるほど「行き先」とは ピッタリな言葉である

自分が行きたい国が この一年間で沢山出来た

いわば語学教室は

空港トランジット待合室みたいなところ

うろちょろしていると

多くの乗り換え客とすれ違い

「やあ、やあ、元気かい?」


声を掛け合いながら

ボンボヤージュ


お互いの旅の幸運を祈り合う

いい感じ

・・・

この一年間で目指している国がこんなにもあった

と判った


イギリス

米国

ドイツ

フランス

イタリア

韓国

日本(自宅書斎)

・・・

迷ったり

乗り遅れたり

飛び乗ったり


どうも いつも

ワンテンポ 遅れている みたいだね?

<笑い>

・・・

Espresso 1の最終三課とは

<最初の写真の左から並べてある>

8課: イタリアの味
9課: 日常生活
10課: 家族

という訳で

身近な話題を取り扱っているから

復習するには、テーマが親しみやすい

気楽に 参加できそう

・・・

このイタ語授業の日には

13時のEspresso 1 と 15時の入門会話

とが 夫々

90分授業を連荘で 受講することになる

・・・

楽しくやろうヤ!

2017040italiamarkets.jpg

2017年4月 7日

春桜爛漫 ドイツ語もやり直し

201040doitsugosaikai.jpg
ドイツ語初級教室が4月から開講した

・・・

去年三か月ドイツ語は途中からだった

教科書の5課あたりからで

実際は7課まで進んだ

・・・

イタリア語フランス語の教室も、それ以前から、継続していた時期と重なり

宿題作文やプレゼ作文で予習準備に過酷に追われたため

ドイツ語の方は疎かになってしまって

教科書5課~7課10回の内 5回しか出席できなかった

その点

自分は劣等生だった

・・・

先生に かくかくしかじかと言い訳する

ドイツ語レポートを提出しておいた

・・・

今回の教室は 4月新学期だから

幸い教科書最初から終わった範囲である

1課~7課までを、4月にざっと復習し直してくれる

そして

8課から新規に始まるカリキュラム

この配慮は、本当にありがたい!

・・・

ドイツ人の先生が 自分の顔と名前とを覚えてくれていた

クラスメイトもいい人ばかり

きっと

安心して のんびりと 楽しく

ドイツ語に触れられそうだ

・・・

今日の練習で どの言葉を話すか?

という設問があって

答えてみたら

日本語・英語・フランス・イタリア語・少し韓国語

気が付いたら この一年間だけで

並行して

そんなに沢山の外国語を学んでいたんだ!

あらためて

ちりも積もれば山となる

そう思った

・・・

きょう ついでに

イタリア語Espress1の最後を復習するため

3月までに一度学び終えたアドバンス③を

再度申し込んできた

先生が違うから、また興味沸くだろう

・・・

先週

友達が沢山すでに出席している

と気が付いた

嗚呼!?自分だけバスに乗り遅れたんだ!

と 

遅まきながら悟った

・・・

これから 愉快な仲間たちと一緒に

和気藹々と学べるだろうから

楽しくなりそうだ

・・・

新学期はいい

フレッシュな気持ちになれる

ファイト!

・・・

桜の命は短けれ

自分の語学は

のんびり、楽しく、長く、ケセラセラ

肩の力を抜いて

親しめればいいじゃないか

・・・

いまのところ

30歳頭に西独フランクフルトに住んだ経験があったが

不思議なことに

ドイツ人は

当時もいまも

やたら英語を話したがる国民である

だから

当時しっかりと

ドイツ語をマスターする必要性がなかった

・・・

幸いいまのところ

この教科書のドイツ語は、だいたい解る範囲にある

・・・

今回はいい機会でもある

文法の観点から 

しっかりと

自分のドイツ語を精査して行きたい

そんな自分をチェックする

教室となれば

よしとする


・・・


2017年4月 5日

イタ語会話入門へ やっと振り出しへ戻れた

2010405itagonyumon.jpg
イタリア語入門会話が今日からはじまった。

最初は自己紹介のドリル

先生と生徒全員

生徒同士

たのしく学べた

・・・

イタ語の会話は最初から望んでいたが

チャンスが無かった

・・・

これから楽しくなりそうだ

・・・

2017年4月 4日

遊び心で始まる ことしのイタリア語

20170405itagojishutext.jpg
【Espresso 1 のあと、教室が無くなったから、自習のためのテキストを揃えた】


・・・


今日からイタリア語教室が新たに始まる

「旅先で使うイタリア語」

・・・

通学していた施設では

Espresso1のあとの教室を準備していなかった

これには驚いた

・・・

自分で自習するしかない

・・・

自分で何をするか選ぶ必要がある

選んだ教材は

Espressoより以前からあったイタリア製イタリア教科書

Qui Italia 1.Lingua e grammatica 入門文法

Qui Italia 2.Quaderno di esercitazioni 練習問題集

写真のテキストである

・・・

巷のイタリア語学校で使われている教科書類でもある

これを自習することにした

・・・

イタリア車が白かった

白いキャンバス

絵がかきたくなった

絵の代わりにステッカーを貼った

ステッカーはイタリア語だった

だから

イタリア語を学ぼうと考えた

というのが

自分のイタ語を学ぶ動機だった

・・・

15ヶ月間のイタ語教室で Espresso 1 を終えた

このあと 2,3と続くと ようやく 

初級が終わるのに

続けられない

・・・

通学していた近くの施設で開催される教室では

続きをやらないアナウンスがあった

生徒たちは 梯子を外された形で 放り出された

・・・

生徒側としては

こういうケースがたびたびあると

なす術がない

・・・

今日からその施設では

イタリア語入門

『旅先でのイタリア語会話』

が始まる

・・・

Espresso 1 から始めたイタリア語

予習復習はきつかった

・・・

希望していた会話が

やれなかったから

やっと会話に入れる嬉しさがある

・・・


2017年4月 3日

デスクトップ・パソコン グレードアップ

2010403jisakupcs.jpg

恒例の自作パソコンの更新時期がやって来た

このブログで何度も紹介している
自作PCの歴史

若い頃 米国でIBMが作ったパソコンが発表された

米国出張時に一台購入し持ち帰って来た

それから、自作することを始めた

米国から台湾に部品生産拠点が移った

台湾からパーツを取り寄せていたら

日本の代理店になってくれないかと誘いがあった

・・・

その後スパンアウト先のベンチャー企業の系列だった

コンピュータランド店が販売する

企業向けワークステーションIBM5500 一式を

自宅でテストしたことがある

2010403ibm5550workstation.jpg
自作PCについては

以前

このブログで取り上げている

http://www.blog.vivo-honda.jp/mt5/mt-search.cgi?search=%E8%87%AA%E4%BD%9CPC&IncludeBlogs=4&limit=20


2010403jisakupcscasesboxes.jpg
今回は ゲーム用の贅沢なケースを手に入れることが出来た

生産中止品だが新品在庫品

2010403jisakupcscases.jpg
空気取り入れと排出口とが大きく目立つ

使用するマザーボードとCPUのグレードアップについては

オーバークロックで計算速度を上げられるタイプ

・・・

昔だったら徹夜でやっつけた仕事だが

今年度からは

ケセラセラ のんびり 楽しく

モットーだから

あたかも

盆栽や庭木の手入れのように

暇を見ては 手を入れて 育てる感じにしている


夏の陽ざしが強くならないうちにやっつけようと

サンルームを作業場としたところ

・・・

パーツ調達は、昔ながらの手法である

何年か前に、高価だったパーツを格安で手に入れて

それらを組み立てていた

と思えばいい

こういう方法なら

コストパフォーマンスが高い 凄い性能のパソコンが出来る

という考え方

・・・


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このアーカイブについて

このページには、2017年4月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年3月です。

次のアーカイブは2017年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。