2018年8月アーカイブ

2018年8月14日

自作パソコン2,3,4,5台目 今回の更新は終わる

今回の更新の メインの1台目は ひとつ前の記事から 続く

完成前の様子が 下の写真

20180814PC_CPU_kumitate-010.jpg
左上に 以前のPCで使用していた 内臓HDD4台の外付ケース が見える

これらHDDを 本体内の左下のHDD収納トレイに 移設すれば 完成する

このほかに 外部USBタイプ HDD  4台を 使用

20180814PC_CPU_kumitate-012.jpg
空気の流れを考慮した ケースでは いくつかのファンを装備している

前面のファンには 赤LED 後面のファンには 青LED(回転照射)

遊び心がある ゲームマシーンの 筐体そのもの

・・・

グラフィックデザイン系の ハイスピード マザーボード

ハイスピード CPU メモリー など 厳選部品を 使用している

メモリーは DDR3 とCNソケット形状が違う より高速な DDR4タイプ



Intel 第6世代CPU「Core processor "Skylake"」 に対応

Corsair Vengeance LPX

CMK16GX4M2B3200C16

DDR4 16GB  (2X8GB) 3200mHZ

One set US$205 (日本発売当時¥3万円)

Over Clock 対応

高耐性8層PCB 選別ICチップ採用

永久保証

現行販売品

・・・

中古品 をゲット


20180814PC_CPU_kumitate-014.jpg
CPUは

前オーナーが所有していた マザーボードに

マウント済みで Over Clock で 動作確認済み


Genuine Intel(R) CPU 0000 @2.2GHz

(0000は 研究コード 正規販売前のロット)

・・・

OSは

Windows 10 Professinal 64bit


20180814PC_CPU_kumitate-011.jpg


ちなみに

CPU(Central Processing Unit;マイクロプロセッサ)

CPUは 開発何世代 と分類され 

ソケット形状が異なる

必然的に

対応できる マザーボードも 異なる

あるいは 

高性能の 対応メモリーも 必要となる

・・・

つまり

パソコンを 高速に グレードアップしたいなら

高速のCPUを決めてから

CPUをゲットしても

同時に対応する 関連部品を 適切に

手に入れて 揃えてから 交換する

これらは 整合性が 適切に 確保された条件下であること

特に 1-2年前新発売部品を使い 節約するが

これらの 適合ある部品が すべて揃わないと

グレードアップは 実現しないことを

意味するから

企画計画してから 部品を選定しながら

実際に集められるか 検証したうえで

一気に 部品をゲットしておねば ならない

今回の三台分は

一昨年秋から 去年春までに 収集しておいたもの


****************


今回 合計三台を 更新する計画である


・・・

あと二台ある

20180814PC2renewal021.jpg
2台目組み立てが完成し

OS Windows10 インストール済み

これから 必要なプログラムをインストールするところ

・・・

マザーボードは MSI P55-CG53

ソケット:1156 サポート:CPU i5/i7

サポート メモリー:DDR3


20180814PC3renewal001.jpg


Intel製で いわゆる 第四世代 2013.6日本新発売時 @US$243 だった

新品在庫品を 2017年春 格安でゲット

・・・

CPUクロック 3.4GHz(max 3.8GHz)

Socket H3/LGA1150

オーバークロック対応


20180814PC_CPU_i5-4670K.jpg

****************


3台目は 集めた部品で これから 組み立てるところ

このマザーボードは ゲーミングギア と ハイスピード

勿論 ハイスピード CPU メモリー を使用する

このPCには DDR3 タイプを使用する


20180814PC2renewal001.jpg

集めていた部品で 二台目に取り掛かった


20180814PC2renewal002.jpg

CPUを 取り付ける 様子

CPUソケットの蓋金具を開けると

ピンソケットがあり

CPUッ本体の ピン面側を 差し込む


20180814PC_CPU_kumitate-001.jpg
CPUを ソケットに金具蓋で抑え込み

固定したところ

20180814PC_CPU_kumitate-002.jpg

熱を出すCPU と 空冷するFAN

CPU表面 と FAN との接触面に

好熱伝導率のシリコングリースを 塗布しておいて

FANをひっくり返した形で CPUの上に載せ 合わせ

FAN側の四個の支柱で 基盤に固定する



20180814PC_CPU_kumitate-003.jpg
この圧着固定で CPUとFANとの間が密着し

CPUの熱がFANのフィン(放熱用多層アルミ羽)から

FANが起こす風の流れで

空中に熱を逃がす


20180814PC_CPU_kumitate-005.jpg

左下に 電源 

そして

マザーボードに ビデオカードを と 夫々 取り付けた様子

電源からの配線は これから

20180814PC_CPU_kumitate-006.jpg


メモリーは CPU同等に 重要な部品

Corsair Vengeance Pro 

CMY16GX3M2a2400C11R

PC3-19200 DDR3-2400 8GX2 16GB

Intel 第4世代Core Processor対応

高耐性8層PCB基板 選別ICチップ採用

アルマイト処理を施した特殊ヒートスプレッダ搭載

オーバークロック機能
Extreme Memory Profile 対応

永久保証

20180814PC_CPU_kumitate-008.jpg
発売当時 ¥23,000/one pair

2013.10.10発売

五年経過しているから 50% less


こらなら シニアでも 手に入れられた訳


【主要部品が装着された様子 】


電源は 自作シリーズで 最大の 750Wタイプ


20180814PC_CPU_kumitate-009.jpg
残るは 中央のビデオカードに 追加電源CNをはめたり

マザーボードの左端に並ぶ

SDDやHDDなど ストーレッジに接続する SATA3コネクター

USBや 電源リモートCN周りへの 接続が終われば 

組み立て 最終段階となる


控えている部品類


****************

こうした マザーボード上の部品配置を 見ると

IBMが 初めて パソコンを 発表した時代から

位置が ほとんど 変わっていない

そこに 標準化 互換性が 維持されて来ている

だからこそ


この自分でも

長年もの間

デスクトップパソコンを 一晩で

自作し 組み立てる事が 可能だった訳

20180814PC_CPU_kumitate-015.jpg
前時代の DELL PC の 古い 筐体があって

これも 中身を変えれば 使える


最後の 5台目は

新しいバージョンの マザーボード CPU メモリーなどに

換装しさえすれば 筐体は古いが

中身は 新しい速い性能に 化けると いう訳

20180814PC_CPU_kumitate-013.jpg
格安で 組み立てるには 日ごろから

コツコツと 部品を 集める 忍耐が要る

だから アレコレソレと なんだかんだ 近く 5台が グレードアップ完成する


・・・

次のパソコンの組み立ての様子


この H87M-PLUS マザーボード は オークション中古で落札したもの

ところが CPUソケットピンが 傷ついていた

つまり 使えない!

ヤオフク には こうしたリスクはあるが

出品者の良心でこれまで

不良品をつかまされたことはない

今回が初めてである


・・・

そのあと

ちゃんとしたパソコンショップで 中古良品と保証したものを

購入したものが

この上のクラスの モデル

H87-PRO

20180814PC_CPU_kumitate-020.jpg

組立完成の様子


CPUは 第四世代 i5-4440S

五年前の 2013年発売なるも 現在も取引がある

この中古品をゲット

20180814PC_CPU_kumitate-021.jpg


20180814PC_CPU_kumitate-017.jpg

インターネット環境について



ISDN時代から 光回線時代へと 利用してきた

 光回線は はじめは NTT au  Softbank 再び au に 戻った 

むろん 有線/無線LAN 提供だから

メインのPCは LANケーブル接続

他室のPCは WiFi接続となる

二種類のWiFi受信機を使う

USB接続で PCの近くに設置する受信機タイプ

もうひとつは 下の写真のように

あらかじめ PCに内蔵するモデル

前者は 近くの部屋のPCに

後者は 遠くの部屋のPCに 夫々使い分ける
20180814PC_CPU_kumitate-016.jpg


従来まで 使用していたPCらは 比較的速度が遅lくても

予備機として まだ十分に使える

夫々の目的別 使用者別に

パソコンを 配置している

・・・

これにて 今回の 自分と家族用のPCの グレードUPは 終わる


ちなみに いずれの パソコンも 

インストールする 基本プログラムは 統一している


Windows10professional

+

Office Professional 2016 (Office 365)

・・・


マザーボード

CPU

メモリー

SSD HDD 

グラフィックボード

基本プログラム

など

中枢となる部品は

絶対 ケチらないで ハイレベルのものを 使用している

・・・

そのために だからこそ

1~2年発売遅れの 新品を探してくる訳

さすれば

1~2年前から使っていたと思えば

性能は高くなっているわけだけら 何ら 心配はなく

グレードアップしたパソコンが

コストパフォーマンスよく

所有でき堪能できる という仕組み


これも パソコン部品の進化が急速だから

少し前の部品価格が急激に下がる


そのメリットを生かし

我 半額王子は 自分で組み立て更新ができる


・・・


当時トップクラスの部品なら

現在も ハイクラス性能に 十分に 君臨してくれる

・・・

我 半額王子 曰く

待てば 海路の 日和あり

待てば 回路の 費より在り

ハイコストパフォーマンスある 自作なら

最先端の パソコンが 使えるという

リターンの方が はるかに 大きい

という 損得の話

・・・



2018年8月 6日

デスクトップパソコン自作は IBMPC発表1982年以来の趣味

20180804PCselfbuild.jpg
先週末から 新しい 自作デスクトップパソコンを 運用開始している

自作し始めてから もう何年だろうか

Wikipedia で IBMが発表したPC(パーソナルコンピュータ)を しらべた

・・・

【Wikipedia より 引用】
20180804IBM-PC launch.jpg
初代IBM PC のあと 各社から IBM PC 互換機が 登場した

たまたま ベンチャー企業勤務時代に 渡米出張したときに

互換機を 手に入れて 現地で仕事で使っていた

・・・

それを持ち帰って 分解したら いずれは 自作できる予感がした

やがて 当時OEM生産していた 台湾で

部品販売が始まるのを機会に

帰国後 自分で 台湾の部品製造企業宛てに 発注し

部品を集めて 自作に取り掛かった

・・・

1981年 最初のIBM PCが 発表された

1982年には 他社から 互換機が 発表された

1982年 東証一部企業から ベンチャー企業にスカウトされた年だった

・・・

家族や 甥に デスクトップパソコンを 自作し プレゼントしていた

そのうち 台湾の部品メーカーから 日本の総代理店を

やってくれないか? と打診があったが

自分は 会社の方で 残業残業で多忙だったので お断りした

いまでは こうした部品は 国内で調達できるようになっている

・・・

自作するとき

最新部品を集めると 財政的に 破綻する

だから

コンピューターの進化が速い

そういう特性を利用する

つまり

一年ほどまえの 部品を集めればいい

一年間使っていたと思えば済むし

性能的には ハイエンドのものが 自作できる

・・・

今回 家族のPCリニューアルを 兼ねて自作しているから

三台分の部品を 時間をかけて 集めてきた

・・・

この写真のは 自分用

このケースは ゲームマシーンなど ハイエンド用と でかい

実は

このデスクトップPCのケースは 自作した中では 最もどでかい

オークションで 誰も入札がなく 格安で ゲット

近くだからと 届けに来られた

お話を聴いたら

彼の親父さんが 50歳代後半で 自作しようと集めた部品とのこと

あいにく 心臓まひで他界された その話を耳にし

このケースを役に立てましょうと

お話をさせていただいた

・・・

これら部品は 実は 2017年3月に すでに 集め終わっていた

(2017.4.3記事)

・・・

マザーボードは 最速の中古を探した

前オーナーが オーバークロックで使用していた かなり最速

20180804IBM-PC launch_001.jpg
つぎ 高性能ビデオカードが 必要となる


20180804msigtx950gaming2g.jpg

20180804IBM-PC launch_002.jpg

かくして 三十年間

サラリーマン時代 そして SOHO勤務時代を 通して

比較的 最新式のデスクトップPCを 自作し使いづづけている

新品デスクトップ完成品を購入していなかった分

多額の節約になっている筈

我 半額王子は こうした 維持にかかる経費も節約してきた

・・・

生涯学習センターのドイツ語の教室のドイツ人の先生に

ペンホルダーを プレゼントした

20180804Fude_maki.jpg
日本では

習字の筆を収納する 筆巻き がある

そう ドイツ人に

実用的だし まとめ買いをし コストを下げた


説明した


さらに

節約の考え方は 西独駐在中に おしえてもらった


付け加えた

・・・

我 半額王子は その教えを 守っている

・・・









2018年8月 4日

激暑に日焼け顔で通う 2018外国語大学サマースクー

20180730flagsineurope.jpg
外国語大学 生協で みつけた 各国ステッカー

上から

イタリア

フランス

ドイツ

英国/米国

これだけの外国語を 学んでいる

そうした アピール よりも そう確認したい


【この校舎に 通う 三年目の夏】
20180730summerschool_gaidai.jpg

2018外国語大学サマースクール 今年で 3年目

ドイツ語 フランス語 受講中


・・・


今年参加したドイツ語コースは

去年も受講した大学院生

単行本を使った

・・・

自分が復習しておきたかったところを

自分なりに 復習できた 成果があった

・・・

20180803doitsugobook.jpg

二年前からイタ語 フラ語 独語 とやっているが

いままで 上を目指していた その分

予習復習が 過酷で 追いつくので せいっぱいだった!

・・・

今年夏から 復讐モードに入った

気がずっと楽である

・・・

ちなみに

我 半額王子は 考えた

13:00 ~ 16:30

五日間しか使わない このテキスト

新品 2200円は 惜しい


中古本 や オークション出品 をさがしたら 

新品 @350円 で入手できた

・・・

半額王子は まだ 健在だな

・・・

20180730summerschool_gaidai_002.jpg
3年目の大学構内 学生食堂も 懐かしい

8月後半 あいにく 所用で 受講できない

・・・



2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2018年8月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年7月です。

次のアーカイブは2018年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。