ピアノ・レッスンの最近のブログ記事

2020年5月19日

リモート会議 ZOOM やってみた!


12年前に 発売されて お蔵入り になっていた

ビデオカメラ と マイク

一体 何のために 使うのか?

・・・

幸か不幸か 今の時代が これらを 必要としている


202005Corona&Zoom.jpg
【インターネット上で 見つけた 風刺ロゴを  引用し 少し着色してみた】


この風刺で 訴えている 内容は こうであろう!

・・・

新型コロナウイルス パンデミック 世界流行下

各国 外出自粛などで 社会活動に 制限が掛かってしまった

感染拡大を 防ぐために 危険な三密を避けたい

自然と 世の中のニーズは

テレワーク テレビ会議利用を 急激に 加速させてしまっている

コロナと テレワーク 共存の時代

そんなことを 示唆している

・・・

このZOOMは テレビ会議の アプリの名称 である

アルファベットの O に コロナウイルスを 風刺的に ハメ込んでいる

・・・

= 新型コロナウイルス と テレワークとが 共存する 世の中 =

・・・

2020年1月から 新型コロナウイルス感染が 日本でも 始まったいた

この五か月間 通学途中だった 語学教室を 当初から 問題視 していた

新しい感染症で 危険とされる 三密の条件に 当てはまるし

語学教室は 非常に 顔を 合わせながら 会話をする場面が多い

居酒屋と 同じような 危険極まりない 状態そのもの だからだ
 
・・・

そこで 世の中よりも 早く 自発的に こう考えた

集団で 学ぶスタイルの 会話教室を 避けるべきだ!

と考えた末には

1月下旬から 自発的に 週一回の語学教室 を欠席し続けた

・・・

結局 10-2月期の後半分 五回/五週間分 ほぼ 25%ほど 故意に 欠席した

幸運にも 親切なクラスメイトの 助けに 感謝しながら

進捗の遅れは 被らずに 済んだ

・・・

一方

シニアだから 現在 会社勤務は してはいない

自分の時代とは 変わり

世の中の 若い人たちは テレワークで 仕事し始めていた

・・・

勤務・生活スタイルが 変わりつつある

自分も そう 悟ったから

それなりに 調査し 準備 し始めていた

・・・

ドライブレコーダー や 防犯カメラの 高画質は すでに 承知していた

一般に Webカメラを 使う方式が 流行し始めていた

だから

その Webカメラを 使えば楽だし 

使ってもいいが

自分は 理系だから 他の選択肢を 探すことにした

・・・・

手持ちの デジカメ や ビデオカメラが 古いけど ある

これらを 使えば 比較的 高画質の映像を流せる システムが 構築できる

そう 判っていたから 調査 準備に 入っていた

・・・

いまさら 高画質の映像が 必要? 

そう思われる かもしれない

ま 顔の皺も 年輪だ! 見えても 恥ずかしがることは ない!

・・・

やっぱり 不思議 ちゃんと 時代に 即した そんな機会が 訪れて来た

まず 知人らが ZOOM飲み会を やってみた という 報告が入った

その刺激に 当方も 加速される ことになる

・・・

ちょうど タイミングよく

若い人から ZOOMミーティングの お誘いを 受けた

相手も 会社の命令で これから チャレンジ

よし! やろう! やろう!

渡りに舟 とは このことだ

20200519ZoomMeeting001.jpg
今回は 招待される側で 主催者の決めた時間帯で 参加する形だった

こちらは iPhone スマホで 対応することに した

ZOOMの アプリを ダウンロードしておく

メールが届き 指定のURLを クリックすれば 参加できる

無事 リモート・ミーティングは 成功した

・・・

ちょうど

自分のシステム構築をしている最中だった

もう少し時間が 必要だったから

とりあえず

流行りの リモート会議を 試して おきたかった訳

・・・

スマホでも 出来ることを 知っていたから

躊躇なく スマホで 体験してみた顛末

・・・

一時間弱程 かけて ZOOMミーティングを 終えた

新しい 体験は 新鮮で 楽しかった!

・・・


いま 自分が準備しているシステム構築で

また やろう と 約束しといた


****************


その間

いろいろ 調査していて

ゲーマーが Youtubeに アップするために 使う

ビデオキャプチャー(単体/ボードか、外の箱)などが

世の中で 使われている 

メリット/デメリットなど 個々に それぞれ 大体の様子が 分かって来た

・・・

その中から 自分のシステムを構築しようと 試みた訳

現在は 部品が 届くのを 待っているところだ

もちろん 言わずもがな 

半額王子だから 部品は 中古値段か

世界中探してみて 最安値安で 手にいれた次第



・・・

本日のところは

ZOOM会議を 体験してみた

 という 

報告まで である

・・・

このZOOMのアプリのように

新型コロナウイルスの おかげで

脚光をあびた  仕組み 商品 業種 人物など

新たに 現れたのが 特徴的だった

・・・

社会が変わる

その予感は 世界中の 人々が 感じた筈

それらが 悲観的でなく いい兆候であることを 祈りたい



****************



定年退職後 SOHO構築し

通勤と 自宅とで 仕事をした 時期を 経年している

将来 歩けなくなっても

インターネットがあれば

さびしくない

そう考えていた


・・・


プラス

ちょっと前に

このブログで紹介した

世界のFM局の音楽も聴ける

ネットチューナーも 運用中だ

それも そういう時期になったら 必要だと 思っての縦鼻である


・・・

プラス

今回 追加した

リモート会議も 加わる ことになったから

シニアライフは 寂しくない

・・・

まさしく

世の中は

人生125歳時代に 入っている

その実感が 続く限り 老けることはない


****************


参考

★ 構築中のシステムとは? ★

方針

なるべく 手もちのギア プラス 中古ギアを 収集し まとめる



■ カメラ ■

パナソニック ミラーレス一眼レフ LUMIX DMC-GX8

映像音声の HDMI 端子付

中古品

2015年夏 発売



 OR


ビデオカメラ Victor Everio GZ-HD40

HDMI 出力端子 付

昔使っていて お蔵入りしている 機器が 再利用できる

2008年8月発売



■ 外付けマイク ■

パナソニック DMC-GX8 専用マイク

DMW-MS1

2007年4月発売

在庫処分品 特価

ビクター ビデオカメラ Everio GZ-HD40 用 マイク

MZ-V8

2007年1月発売

中古品


■ ビデオキャプチャー ■

Elgato CAM LINK 4K キャプチャー

2018年12月発売



・・・

背景

国内市場では 新型コロナウイルス非常事態宣言下 テレワーク需要急増した 

そのため ビデオキャプチャー機器が 途端に 品薄となった

結果 発売当時よりも 2-3倍近くの売値で 高騰中であるから

とても シニアには 手が出ない状況にある



そこで 世界を捜してみたら 一般的に 同様の高騰状態がつづいている

幸運にも 一個 手に入った


****************


■ USB3.0拡張ボード ■

ELUTENG USB3.0 増設ボード

USB3.0 に対応させるために 必要があるため パソコンに 追加増設する

新品









■ デスクトップ パソコン ■


自作 Windows 10 (64-bit)

2018.8.14記事

> 画面クリックで 拡大表示<

自作のため 集める 部品に 関する 方針がある

簡単な 考え方!

1~2年前に 先端を走っていた部品を 探し集める

当時 高価すぎて 手が出なかったが 今なら 手に入るから

それらを 集めて 組み立てれば

結局のところ

1~2年前から 使用していたデスクトップパソコン

と 思い込めば いい訳

・・・

半額王子だから 新品だけど 値崩れ品を 買って 集める訳

・・・

これは 西独駐在時代に ドイツ人の 節約する 生き方から 学んだ

半世紀前に 帰国して以来 ずっと 

その方針で 生活している



■ 三 脚 ■

昔 調達していたが 使用頻度が少なかった いま 再利用



★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★...★



参考

> 画面クリックで拡大 <


(ビデオ)カメラと パソコンとの 間に 接続する 機器が 必要
202005elgatocamlink4k_002.jpg
(ビデオ)カメラに HDMI出力端子 

パソコンに USB入力が あることが 必要条件

USBは 3.0であることが 十分条件
202005elgatocamlink4k_001.jpg
高性能カメラ/ビデオカメラを 使うから

WEBカメラ としては

必要以上の 高画質の映像が 得られる
202005elgatocamlink4k_003.jpg
つまり

★ カメラとパソコンとの間に 必要ツする 機器の 必要かつ十分条件とは ★

(ビデオ)カメラは HDMI端子付 であること

パソコンは USB3.0対応 であること

・・・

市販の いわゆる WEBカメラ を使うより 

準備に 手間は かかる が

利点は 高画質が 得られること

なのである

・・・

高画質が不要なら 市販のWEBカメラで OKという訳

一般には WEBカメラを ちょこんと ディスプレイの上に つける ことが 多い


****************
 
追って 構築システムの 具体的な内容について

UPしたい



つづく




2020年4月22日

WiFi便利 ポータブルアクティブスピーカー


WiFi Bluetooth 便利になっている 時代の オーディオ小物製品

性能がアップしている

・・・

手軽に ワイヤレス音楽再生を楽しめるBluetooth

・・・

Bluetooth

20200420SRSHG10S_06.jpg
WiFi
20200420SRSHG10S_05.jpg
ずっしりと重い境涯に しっかりした スピーカー システム



小型なのに ずっしりと 重量感あり

低音も 響く

20200420SRSHG10S_04.jpg

性能が 生半可でない

20200420SRSHG10S_03.jpg
ハイレゾ対応

20200420SRSHG10S_07.jpg

家庭内の 様々な オーディオシステムと コラボできる

ポータブルだから 持ち運びでき

非常に 高品質の オーディオが 楽しめる

・・・

半額王子だから もちろん

新品同様を 半額以下で ゲット

見つけた お店は なんと 古本屋チェーン だった!

まさに 穴場!

・・・

いいものを ひとつだけ 手に入れる

この思想は 健在なり


2019年11月26日

脳活にいいもの 音楽・語活・そのほか

201910noukatsu_ongaku.jpg

健康寿命という言葉を聞いて久しい

以前 認知症について こういう解釈があった

悪い認知症

良い認知症

この説は 悪い 良い の区別を

その時の状態で 表す

・・・

つまり その人が いいぼけ方をしていたら 良い認知症

その反対が

悪い認知症

・・・

どうせなるなら 良い認知症になる方がいい

・・・

最近

幼少のころから楽器を弾いている人は

認知症になりにくい

そんな説もでている

・・・

諸説に 一喜一憂する 必要はない

・・・

自分で 大丈夫だと 思っている事を

他人なり 家族に 話すのが いい

・・・




2019年10月 2日

ピアノ指活&脳活で 健康寿命を延ばす! 

201910onkatsu_noukatsu_001.jpg

時間がある今 ピアノ教室に通っている中

こんな 講演会があったので 聴講してみた


・・・歳の手習い と よく 言う

ピアノは 指活/脳活にいい と 知っていた

そう思っていた ことを 確信できた!




〇〇の秋 スポーツ 読書 音楽 食欲 行楽 外に出て楽しむ 沢山ある

若い時 あれもこれも 興味を持ち やりたかった

しかし 学校 仕事 忙しく 時間がなかった 


学生時代 「時間があっても お金がない」 「天は二物を与えず」 と悟るのみ

いま 時間が たくさんある 何か やろうと思えば 出来る 

今は 暇を 持て余す ことはない 何故なら やることが 沢山あるからだ



近年 その中に 語活で 体験している 

幼少からの生涯ずっと やってきた 第二外国語 英語に 加えて 

イタリア語 フランス語 ドイツ語 ハングル(韓国語の文字) 教室に 通い 

近年 語活に集中して やっている訳は 脳活のため 

音活では 指を使う 楽器が 刺激を与えやすく 脳活に なる と・・・



そんな中 この秋に  こんな講演会に 出席してみた

通っている音楽教室が主催した 

音活と脳活との効果について  

現役大学研究所の脳医学権威の教授 と 

イタリア「イモラ音楽院」留学卒業した ピアニストとの 


ミニ対談は 予想通り ふんふんと 頷きながら 興味深い 内容だった


また ピアニストが いくつかの曲を演奏披露する中

脳活のために 「一本指でも 弾ける」 と きれいな演奏を 披露していた

その10倍 10本の指を動かせば もっと刺激ある 脳活になる筈

会場の誰もが そう理解できただろう


ビバ! 音楽の秋!



補記

理系エレクトロニクス出身ゆえ

通信・IT関/放送映像/医療福祉保健 などの業界でも 働いた

医療福祉保健業界では

脳波解析を 専用機から パソコンで出来るシステムに関与 

内外大学研究機関との 共同開発や 

販売促進 販売系確立に 携わった

このころ

脳に 関心を持っていたことから

その後の 人生の中に

脳活を 取り入れた次第

。。。

2017年12月19日

2017年クリスマス風景 今年の言葉『リフレッシュ』

20171218saimatuuridashi.jpg
2017年12月今年の師走クリスマス風景

・・・

今年の言葉は  『北』 だった

自分の言葉は何か?

『リフレッシュ』

・・・

詳細は省くが 『若返り』 の年であった

・・・






2016年6月22日

ステッカーが 生活スタイルを変えた

20160622italfrancpianosticker.jpg

自分の6月のシニアライフの状態がこの一枚に表れている


その原因はなんだったのか?

・・・

それを「みんカラ」のブログにUPしている

http://minkara.carview.co.jp/userid/2630996/blog/

詳しくは そちらを 読んていただきたい


【 ☟ 最近 右ヘッドライトの上に 筆記体のステッカーを貼って 「みんカラ」に登録 ☟ 】

20160622italia_alfagt_stickers.jpg

アルファロメオのステッカーが きっかけとなり

なんと

イタリア語を 昨夏からやるようになったし

今年もなお続けている

また

今年から ついでに フランス語をやり始めているし

いまもなお 大学夜間部にアルファGTで通って続けている


つまり

薄っぺらなステッカーが 自分の生活スタイルを変えた

そんな話を披露してある

・・・

イタリア語教室4-6月は来週で終わる

そこで

今日のイタリア語教室の放課後

イタリアレストランで打ち上げ式夕食会があった


おたがいみんな イタリア語がたいへん大好きで もっともっと 勉強したい

イタリア旅行の話 イタリア語勉強の話

みんなの共通の話題ばかりで 盛り上がり 沢山の情報交換ができた

・・・

自分は初級レベルで 一番下手だけど

みなさんのイタリア語のレベルは高いし 学ぶファイトには 敬服するばかり

いい人ばかりで 話を聞いていると

こちらも 元気をもらえて また やる気が出てきた

とてもいい刺激を受けたから 参加して良かった

・・・

そういえば

1-3月フランス語講座を受けていた

フランス人教師の都合で 4月以降ディスコンになった

そして

4月にオフ会があり

クラスメイトが再会しいろいろ情報を交換し合った

空中分解を避けたく自分は

大学夜間部通学でフランス語を学び続けている

・・・

青い空の下で

クラスメイトたちはどうしているかな

歌詞にもある

映画「パリの空の下(Sous le ciel Paris)」

パリの空が機嫌がよければ 大きな虹を空に架ける

森高千里「休みの午後」

元気でいるよね ねぇみんな
どこかの空の下で
どんなにつらくれてもきっと
頑張って生きているんだね

などなど

次のオフ会(生徒さん達との再会の意味)までには

まだたくさんの時間があろう

イタリア語もフランス語もうまくなっていよう

・・・


2016年4月 3日

新学期スタート 2016.4桜満開

20160331sakura.jpg
今年も桜が満開となるなか
貴重な一週間の春休みが今週で終わる

・・・

4月からまた
ピアノ・イタ語・フラ語が始まる

ピアノは自選曲
『春の夢』
メンデルスゾーン

3年目のチャレンジ

テンポが速い曲だから
奏法練習になる

・・・

イタ語は
ひきつづき
イタリア人教師の教室に通学する

フラ語は
残念ながら
フランス人教師の教室が続かない

代替案として
大学夜間部のフラ語講座に通学する

アルファGTの夜間走行テストを兼ねる
車屋さんでしっかりと整備終わっているから
走行になんら心配はしていない

・・・

先日
お世話になったンターの職員さんに
春のご挨拶周りしてきた

隠遁生活に入り
地域社会の多彩な有能な様々な職業の人たちとの
忌憚ない交流をさせていただいている

そのことは
モノトーンだった会社人生とは
大きく違う点である

こうした新しい様々な刺激をいただきながら
楽しく元気にシニアライフを
過ごせていることを
支えていだいたみなさんに
感謝する毎日でもある

・・・

親戚の学者さんから
対数の話が出た

学生のころ数学のことだけしか
気が付かなかった

実は
自然や物理現象を対数で表すと
判り易い

様々な現象に当てはまるから面白い

・・・

例えば
年齢のカーブが急上昇している

そんなとき
対数だと直線近くになる

つまり
自然・物理現象も対数の目線で見れば
さほど驚くことはない

世の中の変化の多くが
対数で表されることは知られている

対数目線なら
加齢で長生きしたから
凄いな
いう事を
ことさら評価しなくていい

・・・

人間の感覚で捉えるのと
対数で捉えるのとは
こうも違うという事例である

つまり
年齢の自然現象だから
対数目線なら
長生きしても
そう驚くことではない

・・・

わが身に
我田引水的に転ずれば
いつも
若者気取りで脳活していればいい

わざわざ年寄りだと構える枕詞は
ことさら必要がない

・・・

一派の人々に
デイサービス三点セット
ピアノ・イタ語・フラ語話をすると
決まって
私より若いみなさんは
大笑いする

みなさんは
年齢機能カーブで急上昇する途中の一点に
私(年寄りと決めつけて)を置いて解釈しようとする

実は
対数カーブで見ると
同じ直線部に位置しているんだから
その感覚のギャップが出ているせいで
大笑いしているに過ぎない

・・・

都合よくまとめると
プラス思考の自分なら
加齢による物理的な身体機能劣化があっても
脳は対数目線の感覚でよく
若く維持できる環境にいつも居るんだ
と思うことである

・・・

これら三点セットの予習復習は
実は予想よりハードであった

判ってきたことは

たとえ
脳活で疲れても
熟睡が出来ることだ

これは大発見であった

裏を返せば
脳活しないと
ボケが早く来るかもしれない

両方を自分の脳で試せないから
前者の方針でやっていくことにした

・・・


2016年2月29日

ヒントを得た自選曲 男性ピアニストのパワー

20160228ensokai.jpg
レッスン教室の今年のピアノ演奏会があった

去年は女性ピアニストだったが
今年は男性ピアニストだった

先生から男性と女性と演奏が違う
との説明を受けて
興味深く
演奏会を楽しんだ

・・・

『月光』はじめベートーベンの激しい曲を
選んでいるのもあって
巧みに叩く技術で激しい打法演奏だった

明らかに
男性はこうした力強い曲を選んだ方がいかもしれない

・・・

しかし
自分の考えはこうである

ピアノ始めた動機がこうだった

施設に入ったら聴く方でなく弾く方になりたい
だったから

今回の演奏会からヒントを得た

覚えたい選曲が簡単となる

激しい曲は向かない
暗い曲も向かない

施設で弾くなら
明るい穏やかな旋律の曲がいい

・・・

かくして三年目の自選曲を
改めて仕切り直しで選ぶことにしたのである

・・・


2016年1月24日

デジタルからアナログへ変換 ピアノも語学も似たとこあり

20160124digitalanalogmode.jpg
【鍵盤はデジタルの切れた音であり隣の鍵盤との間の音は叩けないから存在していない】
【アルファベットは切れているが会話では繋がって聞こえる】



今日のテーマは
デジタルからアナログへの変換

・・・

デジタルとかアナログとか専門的な情報は
ここでは解説しないが
世の中のいろいろな事象について
素人でさえ
なるほどと気づかされることが沢山ある

・・・

ここではピアノと語学とのある類似点を考察してみよう

・・・

楽器の中でピアノは一本一本の鍵盤の集合体がゆえに
その一つの鍵盤から一つの音しか出ない
唯一の楽器である

理由は
隣の鍵盤との間の音は出せない

弦楽器などは指で押さえる位置をずらせると
簡単に出せる

一方
ピアノという楽器はその間の音を出すことは絶対に不可能である

・・・

実は
この固有の性質こそが
ピアノを弾く際には新しい難しい課題を刻せねばならない

指一本で鍵盤を叩くと
音が切れる

ところが
手の指をフルに使って
ドレミファソラシドと弾くときは
音がつながる

なぜか
ド+レ レ+ミ ミ+ファ ファ+ソ ソ+ラ ラ+シ シ+ド
と二つの音が押される瞬間があるからだ

一般には
当たり前の常識だが
これがピアノの特徴でもある

・・・

一方語学の方はどうだろうか?

記号アルファベッドが存在し
それらを並べて記述されている

会話で単語や文章を発声したら
滑らかに繋がって聞こえる

・・・

つまりデジタル(パルス)が連なるときに
一つ手前のデジタル値が残っていると
次のデジタル値にスムーズにつながるという
錯覚なのである

ピアノも会話も
旋律として流ちょうに流れてくれる
理由がここにある

・・・

語学はテキストを読んだだけでは発声できない
母国語話せる外人の発生を聴き
真似しながら学ぶしかない

似た話がある

若いころ
語学練習はカラオケと一緒だ
主張していた

語学練習は難しくない
音や音楽と同じように
旋律を覚えてしまえが簡単

今はやりのスピードラーニング手法は
これを売り物にしているだけ

・・・

これらの事象は
丁度今日のテーマである
デジタルとアナログとの関係を説明している

・・・

ピアノも会話も
大きな特徴がある
それは
話し出したら弾きだしたら
最後まで言い切る弾き切る必要がある

つまり
旋律で流すしかない

断続的に切って実行できない訳

・・・

もちろん
デジタルからアナログにするには
それなりの工夫が必要となる

そういう処を眺めながら
ピアノ・イタリア語・フランス語を
学んでいる

・・・

技術者的に説明するとすると
交流電源から整流して直流を作るとき
半波整流した波形は
波みたいである
そこにコンデンサー蓄電器をかますと
充電放電を利用して波が立たないで穏やかになる
そんな気回路にわれるコンデンサーの役目に似ている

それがピアノ鍵盤はデジタルだが
指の移動で二つの鍵盤を押している時間あれば
ピアノのレガートの余韻で滑らかになる

語学のアルファベットはデジタルだが
母音があるとき発音が変わるリエゾン等がある

・・・

特徴は
いずれも実行段階で必須の技法だということを
知っていないと
ピアノも語学の習い事では
進化していかない

トロイメライの原譜楽譜では
音が途切れないように
途中同じ鍵盤の上で指を置き換えるしぐさをすることで
旋律としてきれいに奏でることができる
レッスンで先生からの解説を拝聴し
よく理解でき体感できたから
「先生それでは叩くピアノから奏でるピアノに変えます」
そう先生に先週のレッスン時に
そう申告したのである

外国語の方は既に知っていたから
きょうこの記事をこんなタイトルでUPした次第

・・・

冒頭の写真は
デジタルである鍵盤とアルファベッドがある
その前提から
教科書や楽譜はアルファベッドや音符で表示されている
それらを学び習得し実際に身に着けるためには
このデジタルからアナログに変換する能力が求められて
初めて習得できたことになる

そのためには
演奏や会話という音楽旋律として覚えてしまうのが
一番近道となる

語学やピアノのレッスンとは
デジタルからアナログに変換するための
途中経過にある手段に過ぎない

そこから先は
自分が話す奏でるには
もっと高度な脳活が必要とされている

・・・

視点を変えてみてみると判る

大昔の人間は
歌を歌い始めた会話をし始めた

道具がなかった時代だから
楽器もなければ楽譜もなければアルファベットもなかった

楽譜もアルファベッドも
伝承のため
後から付け足した記号でしかない

・・・

「記号」

終戦後の小学校時代に
初めてBBC短波放送を聴いて衝撃を受けた

アルファベッドの絵本で英単語を習った
ローマ字とは違う発音に驚いた

やがて
その少年は
海外に行きたいと母親に話していたそうだ

70年以上生きて
その頃のそんな自分を振り返る
アナログからデジタルに変わりITが進化したとは言え
デジタルからアナログへ変換する能力は
人間には絶対必要なことである

世の中にはそんな可逆性をも見逃せない

そんな風に考えると
語学もピアノも面白くならない訳がない

朝鍛夕錬
そうしたものに親しみ楽しむべし

・・・

思い出すと
ある会社に再就職した際
社内ジャーナルに投稿したエッセイのタイトルが
『記号』だった

自分は昔から
人間と記号との関係について
生涯関心を持ち続けていることになる

・・・


2016年1月 9日

2016年脳活メニュー ピアノレッスンスタート

20160109pianonotes.jpg
正月時点の楽譜

今日から2016年のヤマハピアノ教室のスタート

・・・

先生に年始の挨拶
そして正月休みに新たな楽譜を手に入れたこと
それは紅白歌合戦でAKBが歌った曲
「365日の紙飛行機」
右の楽譜がそれ

これは叩き弾きが多いからトレーニングになるから
自宅練習で使います
そう説明した

・・・

左の楽譜は2年目の自己申告課題曲である
シューマン トロイメライ

完成の域にある

・・・

今年3月から第三年目に入る

三年前に自己申告したのが
「三年目に月光を弾く」というものだった

途中月光を聴く機会があったり

レッスン教室で高校二年女生徒が
月光第三楽章を弾くメニューを見て尋ねたら
小さい時からピアノやっているとのこと

いまのところ
第二第三楽章は難しすぎると判っているから
第一楽章どまりになりそうである

・・・

正月の宿題が和音を分解しアルペジオで弾けというものだった
メロディーから見ると伴奏の立場の和音
音感を確かめるには
和音を分解し弾くと訓練になるらしい

ただ問題がある
耳には選択性があるから
気にしている音だけが聞こえてくる

録音すると全部の音が聞こえる

気にしている音が内容に
引き込まないとならない

そこらが第二年目に発見した
自分の鍛えるべき感覚になっている

・・・






2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちピアノ・レッスンカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはぐるめです。

次のカテゴリはリハビリです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。